FC2ブログ







2014年12月29日(月)

センゴク外伝 桶狭間戦記 1 

センゴク外伝桶狭間戦記(1) (KCデラックス)センゴク外伝桶狭間戦記(1) (KCデラックス)
著者:宮下 英樹
出版社:講談社
出版日:2008/02/06

評価〔B+〕 桶狭間のだいぶ前から始まります。
キーワード:戦国時代、桶狭間、織田信長、今川義元、

「幼少より仏門しか知らぬ故、戦国大名とはいかなるものに……?」(本文より抜粋)


テレビでも他の媒体でも何度も語られ、演じられてきた桶狭間の戦いを、別の視点から創り上げた作品です。「センゴク」と同じ著者が外伝です。

乱世で武将の物語とくれば、たいてい戦争やその戦術を主として描かれますが、本書は社会背景と政治、戦略が中心となっています。どの戦いであの戦法を!ではなく、どのように強い国にして生き抜くのか、なのです。また、戦国時代突入の要因として気候変動を示したり、戦国大名の定義を単に武力と財力のあるものとしていないのが新鮮でした。

信長が主役になりそうなところですが、今川義元と太原雪斎の二人を中心に始まります。対する織田側は信長の父、信秀です。ほとんど知らなかった彼らの立場、状況、野心が分かりやすく書かれ興味深い内容でした。義元と言えば一昔前は評価が低かったのですが、最近彼の功績が見直されています。そのせいか、ここまでは「海道一の弓取り」の名に恥じない武士として描かれていて良かったです。少々性格が軽めではありますが。個人的には雪斎が気に入っています。

巻末に、この時代の社会構造の解説が載っています。これによって、本書をより深く理解することができるでしょう。桶狭間の結果を知っていても、飽きることなく読み続けられそうです。



スポンサーサイト



[ 2014/12/29 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年12月29日(月)

君は淫らな僕の女王 

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版社:集英社
出版日:2013/02/19

評価〔B+〕 昴の台詞が極端で笑ってしまいます。
キーワード:恋愛、青春、SF、

「あなた…言いましたよね。何でも言うとおり」(本文より抜粋)


恋愛ものでエッチな感じの作品は数多くあると思いますが、それでいて笑えるものはどのくらいあるのでしょうか。本書はその3つがそろった稀な漫画だと思います。

幼馴染で容姿端麗な才女・昴を追いかけ進学校に入学した男の子が、昔のように親しい仲に戻れず、それどころか避けられていて不満を溜め込んでいる――と、よくあるような始まり方ですが、そこはこの著者、ブリュンヒルデ同様、ある不思議な現象を十分に活かし面白い物語にしています。

性的表現は思っていたよりも直接的でした。言葉だけかと思ったら……といった感じ。いやらしいことはいやらしいのですが、単純に性欲が強すぎるからではなく、純愛だからなのが良いところです。とは言え、急に過激な発言をする彼女には、大いに笑わせてもらいました。インパクトがあるのは最初だけだろうと思っていたら、ずっと酷かったです。(褒め言葉) なんであんな台詞が出てくるんだか。純愛とエロスとギャグの配分が非常に上手です。

人に薦めるかと言ったら、うーん、どうしようかな。なんか恥ずかしいから迷います。(笑)




[ 2014/12/29 21:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年12月29日(月)

俺の棒銀と女王の穴熊 4 

俺の棒銀と女王の穴熊〈4〉  俺の棒銀と女王の穴熊俺の棒銀と女王の穴熊〈4〉 俺の棒銀と女王の穴熊
著者:アライコウ
出版社:アライクリエイト事務所
出版日:2014/04/02

評価〔B〕 後半は将棋ラノベらしい展開でした。
キーワード:将棋、高校、部活、

「私はこれを変な戦法とは思ってないんですよ。面白い戦法だと思ってて」(本文より抜粋)


3巻の表紙は金子さん。お気に入りの駒と一緒に表紙を飾れてよかったよかった。

学園祭、女流アマ名人戦とイベントは続きます。恋愛関係はよくありそうな展開になってきていて、あまり魅力的ではなかったかな。将棋のほうが興味深い対戦があって良かったと思います。関西から来たあの人物のあの戦法は面白いですね。また、作中である人物が相手の戦法を「変な戦法」と文句をつけますが、あれ、ネット対戦ですと時々見ますよ。アマチュアだと珍しくないんじゃないかな。

将棋ファンとしては、もう少しだけ具体的な将棋の説明を増やして欲しいところですが、将棋を知らない人にとってはついてきているかどうか少々心配です。このさじ加減が難しそうですが、うまく見せ場を作って楽しませて欲しいですね。




[ 2014/12/29 21:24 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)