FC2ブログ







2014年12月16日(火)

つかぬことをうかがいますが…―科学者も思わず苦笑した102の質問 

つかぬことをうかがいますが…―科学者も思わず苦笑した102の質問 (ハヤカワ文庫NF)つかぬことをうかがいますが…―科学者も思わず苦笑した102の質問 (ハヤカワ文庫NF)
著者:不明
出版社:早川書房
出版日:1999/07

評価〔B-〕 質問の幅が広いです。
キーワード:科学、疑問、Q&A、イギリス、雑誌

単純そうに思えた質問が、じつはとんでもなく複雑だったり、はっきりした答えがなかったりもします。ありがたいことに≪ニュー・サイエンティスト≫の読者は、厄介な問題を解明するためにみずから実験をおこなうほどの、並外れた熱意を示してくれています。(編者まえがきより抜粋)


イギリスの雑誌「ニュー・サイエンティスト」に寄せられた質問と、その回答を一冊の本に編集したものです。しかし、編集部が単に答えるのではなく、ある読者が違う読者の疑問に答えるところに特徴があります。そのため、回答も一つではなく複数記載されているものが多いです。質問は定番の「空はなぜ青いのか?」から、生物、物理、錯覚、機械と多岐にわたります。

読者と読者の対話のようで、皆でワイワイ考えているような面白さがあります。真面目に答えないユーモアのある回答もあり、なんかイギリスらしさを感じました。皮肉交じりのジョークが好きな国民性を反映しています。なので、すぐに専門家の正しい意見が聞きたい人には不向きな本です。科学雑誌の本ですが、あくまで知的好奇心を楽しむものだと思います。

前から疑問でした「海の潮汐は、月と反対側でも最大になるのはなぜか」があって、答えを読んでようやく疑問が解消されました。よかったよかった。月と地球の共通重心と遠心力が関係していて少々ややこしいのですが、文章のみでも理解できます。同じ疑問を抱いている人がいるもんですね。それ以外ですと、「ビールを飲んで歩くと、左へ曲がってしまう理由」「いつから船の窓は丸くなったか」「北極点では時刻はどうなっているのか」あたりが興味深かったです。

質問にだいぶ幅があるので、読者によって評価が分かれそうですが、科学にあまり興味のない人でもどれかは楽しめると思います。気軽に科学に親しみましょう。



スポンサーサイト
[ 2014/12/16 21:43 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2014年12月16日(火)

折れない心を育てる 自画自賛力 

折れない心を育てる 自画自賛力 (メディアファクトリー新書)折れない心を育てる 自画自賛力 (メディアファクトリー新書)
著者:原田隆史
出版社:メディアファクトリー
出版日:2011/08/29

評価〔C+〕 自信と成功の関係を強調しています
キーワード:自己啓発、実用、自信、

ノウハウは後からいくらでも学ぶことができます。自分に自信をもてることが、あらゆる可能性の大前提となるのです。(本文より抜粋)


自分で自分をほめる、自画自賛は成功するためには必要不可欠と考え、数多くの生徒や社会人を指導してきた著者が、自信を持つための原田メソッドを紹介しています。

些細な事でもなんでも「今日できたこと」を見つけて、自分を素直に褒めるのは賛成です。反省ばかりですと、どうしても気持ちが落ち込みやすいので、こうした方法は良いと思います。良いイメージを持って本番に挑む重要さも、経験からうなずけます。それと、成功する直接要因ではなく、間接的な要因「下位目標」に気を配るのも良い方法だと思います。

しかし、本書の重要項目であり、著者が提唱している自画自賛日記ですが、どうも気がすすみません。考えていることや感じたことを文章化して自覚し次へと繋げる大切さは分かります。しかし、これは目標がはっきりしている人には向いているけれど、そうでない自分にはあまり向いていないような気がしました。1章では、夢や目標をもてないひとはいないとありますが、うまくまとまりません……。

理解が足りていないためか、悲観的な性格のためか、まだ納得いっていないモヤモヤした気分です。読む時期が悪かったのかもしれません。でも、確固たる目標があるけれど不調の時は、こうした手法が効果ありそうだと感じました。



[ 2014/12/16 21:38 ] 実用 | TB(0) | CM(0)