FC2ブログ







2014年11月02日(日)

ダーウィンズゲーム 2 

ダーウィンズゲーム(2) (少年チャンピオン・コミックス)ダーウィンズゲーム(2) (少年チャンピオン・コミックス)
著者:FLIPFLOPs
出版社:秋田書店
出版日:2013/10/08

評価〔B+〕 ルールが分かってきました。
キーワード:デスゲーム、現代、超能力

そうだよクソッタレッ!!武器がこの手にあれば、まだやれるって言ってんだよッ!!(本文より抜粋)


突然ゲームが始まり困惑するばかりだったカナメでしたが、なんとか状況を打開しようとシュカと会うことにします。

ほとんど分からなかったダーウィンズゲームの内容が、徐々に明らかになっていきます。しかし、またスタート地点に立ったばかりのような状態なので、詳しいルールはこれからといったところ。そして、少し理解できてきたと思ったら、特別イベントの通知が。どうやら大きな事件へと発展していきそうです。

あのシュカの頼みにはどんな意味があるのでしょうか。そして、二人以外にもゲームの参加者が登場し、事態は複雑になりつつあります。面白くなりそうです。



スポンサーサイト



[ 2014/11/02 18:19 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年11月02日(日)

遺伝子が解く! その愛は、損か、得か 

遺伝子が解く!その愛は、損か、得か (文春文庫)遺伝子が解く!その愛は、損か、得か (文春文庫)
著者:竹内 久美子
出版社:文藝春秋
出版日:2010/08/04

評価〔C+〕 題材が意外にマニアックです。
キーワード:遺伝子、生物学、科学読み物、

ある動物が、何てバカなことをするんだろう、という理解に苦しむ行動をとった場合、それはその動物に寄生する者の操作であると解釈すれば、すんなりと疑問が解消されることが多いのです。(本文より抜粋)


動物でモテないメスは存在するのか?等の動物に関する疑問に、専門家が答えていく動物行動学の本です。一問につき数ページの解説があり、次々と疑問に答えていきます。本書は週刊文春で連載したものを単行本化、それをさらに文庫化したものです。

素人の質問に対して解説は専門的ですが、分かりやすく説明されているので難し過ぎることはないと思います。大まかに章は分かれていますが、人生相談のような形式で質問はそれぞれが独立していますので、ちょっとした時間に少しずつ読むこともできます。気合を入れなくても気軽に読めるのが良いですね。三種類の蜂の関係や兎がフンを食べる理由、人間に右利きの多い訳などが印象に残りました。

ただ、解説が丁寧になるあまりテンポがあまり良くないように感じました。その生物に興味のある人には良いですが、それほど深く関心を持っていない人にはちょっと……。また、生物に欠かせない繁殖も取り上げているせいか、それとも挿絵のせいなのか、品がないような気が。読む人によって評価が分かれそうです。

数多くの疑問が載っていますが、興味を引くものはあまりなかったのが残念です。このあたりは好みの問題かな。



[ 2014/11/02 17:50 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2014年11月02日(日)

2014年10月の読書メモ 

大東京トイボックス 9〔B〕
それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか〔B〕
羽月莉音の帝国 9〔A〕
羽月莉音の帝国 10〔A〕
くまみこ 2〔B+〕

大東京トイボックス 10〔B+〕
世界は分けてもわからない〔C〕
僕が殺しました×7〔C-〕
ウワガキ 1〔B〕
ウワガキ 2〔B〕

ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編 上 (講談社BOX)〔B+〕
ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編 下 (講談社BOX)〔A-〕
ダーウィンズゲーム 1〔B〕
Q.E.D.証明終了 37〔B+〕


以上、14冊でした。一か月の最多記録タイかな?と思って調べてみたら、2011年10月に16冊感想を書いていました。16冊は超えようと思って読まないと、なかなか超えられません。

ようやく「羽月莉音の帝国」と「大東京トイボックス」を最後まで読み終えました。遅くとも今年中には、と思っていたので、ちょっと安心しました。前者はテンポよくスケールも大きく楽しませてもらいました。大人が読んでも面白いラノベです。

10月27日から11月9日は読書週間です。一か月に本を一冊以上読む人は約半数、とどこかで見たような。もっと本を読む人が増えると良いですね。



[ 2014/11/02 17:14 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)