FC2ブログ







2014年10月30日(木)

Q.E.D.証明終了 37 

Q.E.D.証明終了(37) (講談社コミックス月刊マガジン)Q.E.D.証明終了(37) (講談社コミックス月刊マガジン)
著者:加藤 元浩
出版社:講談社
出版日:2010/10/15

評価〔B+〕 どちらも興味深いです。
キーワード:推理、謎解き

「いかに良質のデータを集めるか、そしてそれをどう読み解くかがプロファイリングの鍵となります」(本文より抜粋)


プロファイリングの講習会で起きた事件を解く「殺人講義」と、アニメ製作会社の災難の真相を追う「アニマ」の二つが収録されています。

前者は、ドラマや映画などでも目にするようになったプロファイリングを、やさしくおおまかに説明しています。簡潔に言えば確率論なのですが、先入観をなくすには良い手法かと思います。「誕生日問題」は知っていましたが、こういう感覚とのズレはもっとありそうですよね。

後者は、本シリーズらしく人の死なない事件なのですが、事故なのか故意なのか、嘘をついている人はいるのかいなのか、様々な可能性を考慮しなくれはならないので推理するのが難しいです。真相が分かる結末まで読むと、色々と考えてしまいます。単に推理もので終わらないのが良いです。

前の巻があまり良くなかったのでちょっと心配しましたが、本書はいつもどおり面白かったので安心しました。Aにしようか迷ったくらい。


スポンサーサイト
[ 2014/10/30 20:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年10月30日(木)

ダーウィンズゲーム 1 

ダーウィンズゲーム 1 (少年チャンピオン・コミックス)ダーウィンズゲーム 1 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:FLIPFLOPs
出版社:秋田書店
出版日:2013/06/07

評価〔B〕 最初の対戦が結構こわいです。
キーワード:デスゲーム、現代、

蛇…!? あの時見た幻覚のことか!? あれはやっぱりただの幻覚じゃないって事か!?(本文より抜粋)


須藤要(スドウカナメ)は友人からのメールに書いてあったソーシャルゲームにアクセスし、生死をかけた理不尽なゲームに巻き込まれてしまいます。最近流行っている生き残りゲーム、いわゆるデスゲームものです。

スマートフォンがゲームの重要アイテムなのは今風でよくありそうですが、参加者は異能(シギル)と呼ばれる特殊能力が何か使えるようになっているのが他の作品とは違います。また、主人公は内向的でもなければ熱血漢でもなく、意外と普通の少年です。でも、そのぶん違和感なく読めます。

初めての対戦者が強烈です。下手な化け物が襲ってくるよりもゾッとします。異能も強く、緊張感がありました。この手のゲームは異世界や無人島など非日常で行われるものが多いと思うのですが、本作品は日常で行われています。少しでも現実に近づけて、恐怖をあおっているのかも。

対戦中にメッセージを送ってきた少女や謎の事件を追う警察官、序盤と最後にあった進化を連想させるシーンはどう繋がってくるのか。今後、能力バトルと頭脳戦のいいとこどりの面白い漫画になると良いなぁ。



[ 2014/10/30 20:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)