FC2ブログ







2014年09月27日(土)

大東京トイボックス 8 

大東京トイボックス (8) (バーズコミックス)大東京トイボックス (8) (バーズコミックス)
著者:うめ
出版社:幻冬舎
出版日:2012/03/24

評価〔B+〕 またしても燃える展開。
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

お膳立ては、私にお任せを。(本文より抜粋)


予期せぬ出来事を乗り越え、新作ゲームを完成させることができるのでしょうか。ゲーム製作漫画の8巻です。

視点を変えてソリダスワークス内の勢力争いが始まります。会社に限らず大きな組織だと、よくありそうな話だよね。社内の有力者たちは、それぞれの目的のため行動を起こします。卜部の用意周到さに鬼気迫るものを感じます。また、若き日の御堂代表が語られていますが、予想以上に熱血漢で驚きました。実際にアーケードから家庭用ゲーム機に移る時期は、あのような感じだったんじゃないのかな。

この勢力争いでG3のゲーム製作にも影響がでます。終盤の展開が7巻に劣らず燃えます。太陽の提案に反対するあの人の言葉が良かったです。この漫画らしくて。


スポンサーサイト
[ 2014/09/27 21:23 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年09月27日(土)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫) 

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)
著者:辻村 深月
出版社:講談社
出版日:2010/01/15

評価〔B+〕 伏線回収が心地よいです。
キーワード:現代、クリエイター、若者、

たくさんのアクセサリーを身につけて、立っていた。だけど、すぐにわかった。忘れるわけがなかった。(本文より抜粋)


クリエイターたちが暮らすスロウハイツに動きが出始めます。新しい住人・莉々亜は、どのように関わってくるのか。

評価が高いわけが分かりました。上巻、下巻の前半での何気ない出来事が、終盤で一気に回収されます。物語の中心はやはりコーキの天使ちゃんでした。殺人事件からスロウハイツに至るまで、綺麗に一つに繋がります。最終章のために何百ページも費やしたのが分かって納得しました。読後感も良いです。

難点はというと、やはり長いことでしょうか。伏線のために話が長くなるのは仕方ないのかもしれませんが、重要でない人物の描写をバッサリ切れば、もう少し短く、テンポよくなったんじゃないのかな。そうすれば、もっと好印象だったのに。主役のあの人たち以外の扱いも、多少伏線の回収で見せ場はあったものの、だいぶあっさりしたものでした。ちょっと残念。

読みやすい文章なので、本の厚さほど長さは感じませんでした。住人たちの性格が気に入れば、読み切るのもあっという間だと思います。著者に興味が出てきたので、後で違う作品も読んでみようかなと思っています。



ネタばれ下巻予想の答え合わせは続きにて↓
[ 2014/09/27 20:53 ] 小説 | TB(0) | CM(0)