FC2ブログ







2014年08月17日(日)

蔵書の苦しみ 

蔵書の苦しみ (光文社新書)蔵書の苦しみ (光文社新書)
著者:岡崎 武志
出版社:光文社
出版日:2013/07/17

評価〔B-〕 蔵書が万を超える収集家たちの日常。
キーワード:本棚、整理整頓、実用、

本を必要以上に際限なく溜め込む人は、個人差はあるだろうけど、どこか真っ当な人生を投げてしまっているのではないか。生活空間のほとんどを、本が占領している住居というのは、一般的な通念からすると、どう考えてもまともではない。(第四話より抜粋)


長年本を読むと生じてくるのが、本の置き場問題です。特に本を集めているわけでもない僕でも、さっき気になって大まかに数えてみたら、漫画が200、活字本が580、自炊した電子書籍が100ほどありました。これでも場所を取られるのに、千、万と持っている収集家たちはいったいどうしているのか。そんな人たちの一人、古書集めが趣味の著者が、蔵書についてあれこれ語ります。

持っている人は五千くらいかなと漠然と思っていたのですが、本書に登場する人々は数万、十万を超える人もいて驚かされます。部屋の壁が全て本で埋め尽くされていたり、本のために家を建てる話はなかなか興味深いです。しかし、登場する人物は著名人や本の関係者が多く、一般の本好きとはレベルが違い過ぎていて遠い世界の話のようでした。もう少し身近に感じられる話が読みたかったです。

古本屋に売るなど蔵書処分の方法もきちんと書かれています。個人的には、「鮮度を失った本は手放す」「読み返せる本を多く持っているのが真の読書家」が印象に残りました。場所がない人にとっては百でも一万でも苦労しているはずなので、参考になると思います。

本書で語られるのは魔法のような整理整頓術はなく、あくまで現実的な方法です。思い切りが重要みたいです。



スポンサーサイト



[ 2014/08/17 22:28 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2014年08月17日(日)

スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの 

スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの (ハヤカワ文庫JA)
著者:籘真 千歳
出版社:早川書房
出版日:2013/07/24

評価〔A-〕 揚羽のお願いが印象的。
キーワード:SF、未来、人工妖精、ヒューマノイド・ロボット

「生まれつき裏返っていたとしか、考えられません。あれは……あの子は、本物の天然殺戮者です」(P249より抜粋)


次々を殺人を犯す人工妖精・麝香を追う揚羽、とある暗殺事件に巻き込まれることとなった真白、ひとつの転機をむかえる幼い人工妖精。先の3作とは違って、これらの3つの物語が交代で進行していきます。

結末に至るまでの粗筋はそれほど目を引くものではありませんでしたが、結末がとにかく衝撃的でした。あれが良いって人もいれば、Extraは余計だと言う人もいて賛否両論のようです。急展開だったので、じっくり見せてほしかったかも。真白も活躍しましたが、やはり本シリーズの主役は揚羽だと思わざるをえない。

また、彼女をはじめとする、登場人物たちはいつもどおり十分魅力的でしたので、その部分は良かったと思います。いつもある鏡子の説教(問答?)が見られて満足です。結構楽しみにしていたので。今回は哲学だったのでややこしかったですが、こうしたやり取りが読めなくなるのは残念だなあ。

舞台や人物描写は良かったのですから、ストーリーももう一つ何か欲しかったような気もします。まあ、なにはともあれ、しっかり終わって良かったです。本書はBかAか迷ったけれどA-で。シリーズ全体の評価はAあたりかな。理由は好みだから。こうした魅力ある登場人物が活躍するSFをまた期待しています。



[ 2014/08/17 22:22 ] 小説 | TB(0) | CM(0)