FC2ブログ







2014年08月03日(日)

O/A 3 

O/A (3) (角川コミックス・エース 216-6)O/A (3) (角川コミックス・エース 216-6)
著者:渡会 けいじ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
出版日:2011/03/04

評価〔B〕 主役の2人ではなくあの人について。
キーワード:アイドル、ラジオ、仕事

こうして私は、ヨレヨレの字でサインをした。(本文より抜粋)


表紙を飾る海江田ミホが、実質この巻の主役です。ちょっと寄り道といったところでしょうか。

彼女は今までもちょくちょくゆたかのライバルとして顔を出していましたが、どのような人物かは深く語られませんでした。しかし、今回はアイドルになった経緯や、ある運命的な出会いが明かされます。この巻を読めば、ミホに対する印象は違ったものになるはずです。

一方、主役のゆたかとはるみはあまり変わらず、順調にラジオを続けています。事件らしい事件も……まぁあるにはありましたが大筋とはあまり関係ないしね。番組と彼女たちがどのように成長していくかは、今後のお楽しみということで。



スポンサーサイト



[ 2014/08/03 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年08月03日(日)

月見月理解の探偵殺人 3  (シリウスコミックス) 

月見月理解の探偵殺人(3)<完> (シリウスKC)月見月理解の探偵殺人(3)<完> (シリウスKC)
著者:白梅 ナズナ
出版社:講談社
出版日:2013/04/09

評価〔B+〕 心理描写が豊かでした。
キーワード:探偵殺人ゲーム、人狼、漫画化

「明日だな。明日もうじき答えがでる」(本文より抜粋)


ライトノベル原作の漫画化、3冊目です。クラスでの一騒動、ネットでのゲームの行方、そして過去の事件の真相が明らかになります。

原作小説と粗筋は同じですが、絵があるぶん迫力があります。怖い表情がうまいのはもちろん、その他の心理描写も読み手に訴える力があると思います。理解が初に、彼女の能力とそれにまつわる過去を話す場面が良かったです。

原作を既読であるにも関わらず、結構漫画は漫画で楽しめました。活字では想像するしかなかった場面も、絵があることによってより物語の中に入り込みやすかったです。絵の力は分かりやすく大きいと改めて感じました。漫画を先に読み後からライトノベルを読んだら、どのような感想を持つのでしょうか。聞いてみたいですね。





[ 2014/08/03 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年08月03日(日)

2014年7月の読書メモ 

Q.E.D.証明終了 36〔C〕
偶然のチカラ〔B+〕
超巨大密室殺人事件〔B+〕
ハニカム 4〔B〕
ハニカム 5〔B〕

月見月理解の探偵殺人 1 (シリウスコミックス)〔B〕
月見月理解の探偵殺人 2 (シリウスコミックス)〔B〕


以上、7冊でした。先月は少なめだったので、今月こそはと思っていたのですが、だんだん忙しくなって時間がとれず漫画ばかりになってしまいました。漫画なら少ない時間でも読み終わるので、かたよってしまいがちです。

漫画を除くと、新書と小説が1冊ずつか……あまり活字を読まない一か月でした。来月は活字も漫画もたくさん読めるといいなあ。



[ 2014/08/03 21:29 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)