2014年07月27日(日)

月見月理解の探偵殺人 2 (シリウスコミックス) 

月見月理解の探偵殺人(2) (シリウスコミックス)月見月理解の探偵殺人(2) (シリウスコミックス)
著者:白梅 ナズナ
出版社:講談社
出版日:2013/03/08

評価〔B〕 舞台は整いつつあります。
キーワード:探偵殺人ゲーム、人狼、漫画化

「なあ、れーくん。そろそろ隠すのはやめにしろよ」(本文より抜粋)


ライトノベル原作の漫画化、2冊目です。事件の容疑者は絞られていき、隠されていたことが明らかになっていきます。終盤への助走の巻。

相変わらず怖い場面で怖い顔を描くのが上手いです。理解の悪そうな表情もいいです。

気になる点がひとつあります。元となったニコニコマンガは横長の1コマを順番に見せていくのに対し、本は1ページにいくつかのコマを割り振っていきます。そのせいか、時々見せ方が単調に感じる場面がありました。顕著なのは、1ページに上と下の2コマしかないページです。この単調さがなければもっと自然に読むことができたのにね。

巻末のイラストギャラリーで、著者が小説を読んで想像した理解が描かれていますが、まあまあ分かります。こういうのは面白くて良いと思います。



スポンサーサイト
[ 2014/07/27 21:43 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年07月27日(日)

月見月理解の探偵殺人 1 (シリウスコミックス) 

月見月理解の探偵殺人(1) (シリウスコミックス)月見月理解の探偵殺人(1) (シリウスコミックス)
著者:白梅 ナズナ
出版社:講談社
出版日:2013/03/08

評価〔B〕 理解、再登場。
キーワード:探偵殺人ゲーム、人狼、漫画化

「今度は仮初めの世界じゃない。俺様と君とで、本物の探偵殺人ゲームをしようじゃねぇか」(本文より抜粋)


高校生の都築初(つづきうい)が、突如現れた少女とあるものを賭けてゲームをする物語です。同タイトルのライトノベルをニコニコマンガでコミカライズし、それをさらに単行本として漫画化したものです。

まず、原作は数年前に既に読んで当ブログでも感想を書いているので、詳しい紹介は省きます。すみません。ニコニコマンガは、次のコマが自動で表示され、BGMや効果音もつきます。言わばネット媒体の漫画のようなものです。これを見て興味を持ちました。

内容は原作と変わりませんが、表現の仕方が違うので印象が違います。ニコニコマンガを見ているときも感じたのですが、ミステリーというよりはサスペンスホラーのような印象を受けました。表情が怖い、のようなコメントがたくさんついていたのを覚えていますが、まさにそのとおりです。著者は理解の表情を描くの上手いよね。

分かってはいましたが、粗筋を知っているので新鮮さはありませんでした。残念だけどしょうがない。






[ 2014/07/27 21:25 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年07月19日(土)

ハニカム 5 

ハニカム(5) (電撃コミックス)ハニカム(5) (電撃コミックス)
著者:桂 明日香
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2011/06/27

評価〔B〕 まさかの新キャラ。
キーワード:ファミレス、ラブコメ風

「他人の既成概念が崩れる様って面白いわ~~」(本文より抜粋)


急ではありますが、ハニカムはこの5巻で終了します。最終巻です。

もう最後だと言うのに、まさかの新キャラです。新スタッフの浦方の登場によって、話に幅が広がったと思ったら終わってしまったので少々もったいない感じがしました。終盤、一騒動ありますが、この漫画らしく終わります。もう少し何かはっきりとした変化があってもよかったんじゃないかな。

また、巻末で初期設定が公開されています。律子も舞も今の外見ほうが良いと思います。王里の名前の秘密を、この設定を読んでいて今更ながら知りました。ずっと気がつきませんでした。なるほど、確かに適当だ。(笑)

あとがきで「気が向いたらまたやる」とありますので、著者の他作品でも読みながら、再開を気長に待つのがよさそうです。



[ 2014/07/19 16:41 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年07月19日(土)

ハニカム 4 

ハニカム 4 (電撃コミックス)ハニカム 4 (電撃コミックス)
著者:桂 明日香
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2010/05/27

評価〔B〕 あまり大きな変化はないけれど。
キーワード:ファミレス、ラブコメ風

「お前もいい加減、鐘成に妙なスイッチ入れんのやめろよ」(本文より抜粋)


本棚を整理していたら奥のほうからハニカムを見つけ、読み返していたら続きが読みたくなってしまったので、4巻を手にとりました。いったいいつ以来なんだ?と疑問に思い、このブログを検索してみたら、前の巻(3巻)を読んだのがなんと2009年でした。え、もう5年も経ってるの? ……だいぶほったらかしにしてしまった。

バーベキューをしたり花火をしたりと、年が皆近いこともあってか仲の良い職場だよね。楽しそうです。おおむねいつもと変わらぬ日常なのですが、あの人の魔性に変化が訪れます。どのようになるのかは読んでのお楽しみということで。

梨狩りの時に、御手洗から一言言われた直後の鐘成の表情が素晴らしい。左上のコマね。ああいう間の取り方がうまいと面白いと思います。



[ 2014/07/19 16:38 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年07月13日(日)

超巨大密室殺人事件 

超巨大密室殺人事件 (角川ホラー文庫)超巨大密室殺人事件 (角川ホラー文庫)
著者:二宮 敦人
出版社:角川書店
出版日:2013/11/22

評価〔B+〕 ネットが先か、現実が先か。
キーワード:推理、ネットゲーム、

「僕には見当がついている。アカウント殺し……マーダーだ」(本文より抜粋)


ネットゲームと現実で起きる2つの事件を同時に追うサスペンス・ホラーです。ネットゲームを題材とした小説はたくさんありますが、ホラーの題材としてはどうなんでしょうか?

仁菜は、友人の照がゲーム内での恋人が突如消え嘆いているのを知り、心配した彼女はとりあえず彼と同じゲームを始めます。ネットゲームを全く知らない人物を主人公としているので、そうした分野に疎い読者でもすんなり入れるかと思います。ネットゲームの特徴である、どのキャラクターが誰なのか分からないのも活かされていて、注意して読んでいたにも関わらず犯人を当てることができませんでした。犯人以上に驚いたのは、やはり最後に明かされるあの事件の真相でしょうか。これはうまいと感心してしまいました。伏線もきちんとあるしね。

サスペンス・ホラーと書かれていますが、推理小説のような雰囲気です。しかし、推理小説と呼ぶにも違和感のある気がします。ネットと現実、どちらの殺人事件もあまり推理するようなものではなかったと思いますので。それと、展開がちょっと強引もしくは大雑把かなーと思ったところもありました。核心の部分なので書きませんが……。

予想していたものとはまったく違った結末だったので少し戸惑いはあったものの、おおむね面白かったです。



[ 2014/07/13 18:52 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年07月13日(日)

偶然のチカラ 

偶然のチカラ (集英社新書 412C)偶然のチカラ (集英社新書 412C)
著者:植島 啓司
出版社:集英社
出版日:2007/10/17

評価〔B+〕 偶然と必然から人生を考えます。
キーワード:偶然、哲学、処世術

自分の力だけでうまくいくことなど、この世にそうたくさんはありません。そんなときにこそ、偶然か必然かという根源的な問いかけが生まれるのです。(本文より抜粋)


人生において、偶然(運)なのか必然(運命)なのか分からない出来事はたくさんあります。偶然を題材にした書籍は、たいてい幸運をつかむ方法が書かれていますが、本書は偶然の仕組みから始めて、占いや確率論の枠を超えてどのように物事に対処するのが良いのか説いたものです。

偶然という分かっているようで分からないものを理解しようと試みているためか、あちこちに話が飛んで、ややまとまりに欠けると思います。しかし、科学なら確率論だけ、占いならひたすら霊的なもののみで解説していくのではなく、ギャンブラーや歴史書の逸話、そして宗教の思想をも取り上げて論じているのが新鮮でした。

いくつか処世術が書かれているのですが、「自分で選択しないように心がける」が印象に残りました。自分の力で運命を切り開く!みたいな自己啓発本が多い中、この考え方は興味深いです。他の本と同じような結論のところもありましたが、説得力があり、かつ押しつけがましくないのが本書の特徴かもしれません。

重要な文は大きめで太めの書体が使われています。最初読んだ時は強調し過ぎて読みづらいなあと思ったのですが、今、こうして見返すぶんにはどこが主張したい部分かすぐ分かり良いですね。




[ 2014/07/13 18:06 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2014年07月03日(木)

Q.E.D.証明終了 36 

Q.E.D.証明終了(36) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(36) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版社:講談社
出版日:2010/06/17

評価〔C〕 どちらも悪くはありませんが。
キーワード:推理、謎解き

「あんた、ゼノンのパラドックスの……『静止する矢』を知ってるか?」(本文より抜粋)


物理学の大物の教授が不可解な状況で殺された「黒金邸殺人事件」と、燈馬が事業の後継ぎ選びを頼まれる「Q&A」の中編2つです。

前者は、燈馬の知人として登場する若い物理学者・烏丸が面白いです。ああいう人って学問の世界で本当にいるのでしょうか。いたら面白いのに。事件はよくある殺人事件です。黒金の事件も、志田の事件も、犯人はどうやって犯行を行ったのかがポイントとなっているのですが、あれってどちらも実行可能なのでしょうか。特に志田の矢のほう。どうもトリックが腑に落ちないなあ。

後者はQEDらしい殺人事件ではない謎解きものです。ひとつの詩が登場するのですが、詩の解読のほうがメインの事件よりも良かったと思います。内容は悪くないのですが、流れもオチも好みではありませんでした。上記の「黒金邸殺人事件」とは違った意味ですっきりしない感じがしました。

どちらも好みの問題なのでしょう。質が大幅に落ちたとは思いませんでしたよ。



[ 2014/07/03 21:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年07月03日(木)

2014年6月の読書メモ 

アラクニド 10〔B+〕
地球移動作戦 (上)〔B〕
地球移動作戦 (下)〔B〕
ロボットは涙を流すか〔A〕
密室殺人ゲーム2.0 ((講談社文庫)〔S-〕

ヘレンesp 2〔B〕
極黒のブリュンヒルデ 7〔B+〕
時間はどこで生まれるのか〔B+〕
リチャード三世 (新潮文庫)〔B+〕


以上、9冊でした。10冊だと思ったら1冊足りなかったか。漫画は読んだけれど、ライトノベルは一冊も読みませんでした。珍しい一か月です。そろそろ小説や漫画など、創作物以外の本を読みたくなってきました。でも、新書は安くないからなあ。

評価Sがでました。「密室殺人ゲーム2.0」を読んでから、前作とともに何度も読み返していました。2冊を比較して読んでみるとなかなか興味深いです。かなり気に入っているので、もうしばらくは再読していそうです。



[ 2014/07/03 21:15 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)