FC2ブログ







2014年04月03日(木)

“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 

“菜々子さん”の戯曲  小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)
著者:高木 敦史
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
出版日:2010/10/30

評価〔B+〕 前のほうがスリルがあったと思います
キーワード:学園、サスペンス、推理、

「なんでそんな回りくどいことを……」
「ん? だって、その方が面白いかなって」(本文より抜粋)


高校に入学し映画研究会に所属する“菜々子さん”。彼女に心奪われた新入生・宮本剛太は、同じ会に入って親しくなろうと試み、いろいろな出来事に巻き込まれていきます。日常系学園ミステリーです。

各章ごとに小さな謎解きをし、全体として学園で起きている大きな事件に挑むのですが、異色のミステリーだった前作に比べると、どうしてもインパクトに欠けます。あの不可解な雰囲気はかなり薄まり、普通の学園推理ものに近くなっています。菜々子の性格は高校に入っても相変わらずなので、その点は楽しめるのですが、知っているからこそ面白さが半減してしまうこともあります。仕方ないとはいえ残念です。

謎自体はややこしいですが、おおっと思う仕掛けもあって良かったのではないでしょうか。ただ、やっぱり込み入っていて分かりづらい。



スポンサーサイト



[ 2014/04/03 18:56 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2014年04月03日(木)

2014年3月の読書メモ 

戦闘破壊学園ダンゲロス 1〔B+〕
熱帯夜(角川ホラー文庫)〔B+〕
パラドクス・ブルー 5〔B〕
羽月莉音の帝国 8〔A-〕
ヘレンesp 1〔B〕

ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編 上 (講談社BOX)〔B-〕
ひぐらしのなく頃に 解 第一話 目明し編 下 (講談社BOX)〔B+〕
欲ばり過ぎるニッポンの教育 〔B+〕
今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)〔B〕
Another 4〔B+〕

アラクニド 8〔A-〕


以上、11冊でした。漫画とライトノベルで8冊、それ以外が3冊。なかなかの偏りっぷりです。

ひぐらしの「目明し編 上」は結構好きで、アニメで知っているにも関わらず小説版を読もうと思った理由の一つは、この巻が読みたかったからです。小説を先に読んでいたら評価はAだったかも。

4月も漫画とラノベが多くなると思います。



[ 2014/04/03 18:46 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)