2014年04月28日(月)

紅殻のパンドラ 2 

紅殻のパンドラ (2) (カドカワコミックス・エース)紅殻のパンドラ (2) (カドカワコミックス・エース)
著者:六道 神士
出版社:角川書店
出版日:2013/08/09

評価〔B-〕 方向性が不明瞭な感じ。
キーワード:SF、未来、アクション、コミカル、

「生憎、今は君に売ってあげられる「平和」の持ち合わせがなくてね――――。代わりといってはなんだが――――」(本文より抜粋)


ブエルの暴走を止めるため、福音とクラリオンは奮闘します。前回に比べて性を感じさせる描写は減り、SFのほうへ傾いてきました。SFは好みなので歓迎です。

パンドーラデバイスを使うシーンは格好良いですし、新キャラ・崑崙八仙拓美(コロバセタクミ)もウザル同様極端な人物で存在感がありますが、読んでいてどうも引き込まれるような面白さを感じません。次を読みたい!という欲求が弱いとでも言いますか……。新人レポーターなど好きなところも面白いところもあるのですが、全体としてみるとそうでもないのはなぜなんだろう。慌ただしいからか、謎が多すぎるからか、展開がゆっくりだからか、うーん単純に好みに合わないのかな?

勢いは1巻のままで、ようやく最序盤が終わって本格的に動き出した雰囲気です。面白くなるかどうかはまだ判断できないなあ。



スポンサーサイト
[ 2014/04/28 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年04月28日(月)

俺の棒銀と女王の穴熊 3 

俺の棒銀と女王の穴熊〈3〉俺の棒銀と女王の穴熊〈3〉
著者:アライコウ
出版社:アライクリエイト事務所
出版日:2013/11/24

評価〔B〕 将棋部にも合宿あるんですね。
キーワード:将棋、高校、部活、

夏が熱いのは、何も運動部だけの専売ではない。将棋にも熱き伝統の大会がある。それが関東高校将棋リーグ戦だ。(本文より抜粋)


来是が所属する彩文学園将棋部は、夏の大会に向け毎年恒例の合宿を行います。夏の大会と聞くと、僕は運動部のそれを連想してしまいますが、当然文化部にも大会はありますよね。もちろん合宿も。

部活動ものの定番の展開ですが、恋愛要素を絡めて堅実に話は進んでいきます。著者はストーリーに奇を衒うようなことはあまりしないので落ち着いて読めますが、少々味気ない気もします。しかし、合宿では新しい戦法も出てきたりと、将棋の部分が疎かにしないのは好感が持てます。まさに将棋普及ラノベって感じです。

来是・依恋・紗津姫の三角関係に変化が表れ、終盤では大きく動き出しそうな出来事が起きます。正直言って、もっとダラダラ引き延ばすと思っていただけに驚きました。恋愛は将棋よりも展開が派手です。それにしても本シリーズの登場人物は色恋沙汰が好きなんだなぁ。次で一波乱あるのでしょうか?





[ 2014/04/28 20:54 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2014年04月24日(木)

極黒のブリュンヒルデ 5 

極黒のブリュンヒルデ 5 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 5 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版社:集英社
出版日:2013/06/19

評価〔B+〕 研究所サイドも徐々に明らかに。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「AAAの魔法使い。私とは違う、エリートよ。」(本文より抜粋)


奈波から得た情報を基に、良太は研究所や魔法使いたちの謎に迫ろうとします。一方、研究所では新人・土屋邑貴が配属されることとなります。

邑貴によって少しではありますが研究所の謎が明らかになります。今までは魔法使いたちの知っている断片的な情報しか分からなかったので、こうした内側が見えてくるとドキドキします。

また、なかなか脱走者を捕えられない研究所は、AAAのスカジを使用を決定します。能力は部分的に明かされていますが、かなり凄いと思います。研究所側も切羽詰っているようです。

次の巻では、おそらく激しい展開になるでしょう。本書はそのための助走のような感じでした。


[ 2014/04/24 21:50 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年04月24日(木)

Q.E.D.証明終了 35 

Q.E.D.証明終了(35) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(35) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版社:講談社
出版日:2010/02/17

評価〔B+〕 クイーン再び。
キーワード:推理、謎解き

「浅間刑事に手を貸しますか。上司に迷惑がかからないように」(本文より抜粋)


強盗事件と学校でのいざこざ。重苦しい難事件から軽めのトラブルまで事件の種類が多様なのが、本シリーズの良さだと思います。

運送会社で起きた強盗事件をおう「二人の容疑者」は、水原警部の部下・浅間刑事が事件にのぞみます。この事件は文字通り容疑者が2人しかいません。単純に見える状況ですが、なかなか決め手が見つからなく面白いです。

一方、演劇部とミステリ同好会が演劇を発表する「クリスマス・プレゼント」は、学校を舞台とした比較的軽めの事件です。失敗続きの演劇部長の白井は、無事公演を成功させることができるのか?が大筋ですが、題名に込められた謎にも是非挑戦してほしいところです。オチが良かった。それにしても、劇のトリックはあの人が考えたにしてはなんかあっさりだよね。

久しぶりに読んだけれどやっぱり面白いです。現在最新刊は47巻。ゆっくり追いかけます。



[ 2014/04/24 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年04月22日(火)

2 (メディアワークス文庫) 

2 (メディアワークス文庫)2 (メディアワークス文庫)
著者:野崎 まど
出版社:アスキーメディアワークス
出版日:2012/08/25

評価〔S-〕 過去の5冊を読んでからお楽しみください
キーワード:演劇、創作、SF、現代

「創作とはなんですか?」
それはあまりにも壮大な質問だった。(本文より抜粋)


役者志望の青年・数多一人は、劇団の入団審査を受けていました。劇団の名は「パンドラ」。日本一と名高い集団でプロとしての一歩を踏み出すところだったのですが、予期せぬハプニングが起きます。ハプニングを起こした張本人は一体何者なのか、目的は何なのか、疑問を抱いたまま彼も動き始めます。

まず注意点があります。野崎まどが本書より前に出した5冊で登場する人物が再登場しますので、本書より先に既刊の5冊を読んでおくと一層楽しめます。読まなくてもおそらく楽しめますが、ワクワク感が違いますので。僕も他の人のそうした書評(助言)を見て、全部読んでから本書を読み始めました。読んでおいて良かった。

主人公がちょっと変わった人物に会い、成り行きで彼女と行動をともにしていく、という著者のお馴染みの展開ですが、既に知っている人物があれこれ絡んでくるのは面白いですね。彼ら彼女らの凄さが分かっているだけに、進行していく創作活動の凄さがよく分かります。

序盤の、とはいっても100ページ超えてますが、あの人物の登場シーンが強烈でした。あれだけでも読んで良かったかなと思ってしまいました。もちろん、著者らしくどんでん返しもあります。ただ、それは過去の作品とは少し違っていて、予期しなかった方向へ進む意外性からくる驚きよりは、推理小説の真相が分かった時の感心のような類のものだと感じました。メインがあの人だから、前の作品を読んでいれば方向性はなんとなく、ね。

中盤の学校で出た話題は興味ある分野だったので、楽しく読めました。こうした部分も面白いのが良いですね。終盤、創作とは何なのかか、ある人物の口から語られます。結果はともかく結論はとても興味深く、いろいろと考えてしまいます。

500ページ以上の長編ですが、比較的軽めの文体のためか苦もなく読めました。厚さにしり込みせず、読んでもらいたい本です。




ちょっとネタばれ話↓
[ 2014/04/22 18:41 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年04月17日(木)

悪の教典 下 (文春文庫) 

悪の教典 下 (文春文庫)悪の教典 下 (文春文庫)
著者:貴志 祐介
出版社:文藝春秋
出版日:2012/08/03

評価〔B+〕 リセットのための大事件。
キーワード:学園、サスペンス、現代、教師、

どうやら、今日は厄日らしい。すでに事態は、中途半端な手段では取り繕いようがないところまできている。(第九章より抜粋)


次々と邪魔者を排除していく蓮実でしたが、彼に違和感を持つ者がいないわけではありませんでした。蓮実の裏の顔は暴かれることはないのか、それとも――――。

少しずつハスミンと生徒たちの探り合いが始まるのかと予想していたのですが、意外にも急展開で大事件が発生します。ジワリジワリとした不気味な恐怖がなくなり、大胆で大味な展開になります。上巻の雰囲気が気に入っていた人には、この方向転換が好きでない人がいるようですが、僕はこれはこれでエンターテイメント性があって悪くないと思います。頭が良いはずの彼にしては軽率に見える処理方法ですし、著者の今までの作品とは違って緻密さが見られないのは残念ですけどね。

やや雑かなーと思いながら結末を読んでいたら、最後のハスミンの言動に驚きが恐怖を感じました。戦慄。この小説に相応しい台詞です。それに対して、巻末にある「秘密」と「アクノキョウテン」は入れる必要があったのかなと思います。むしろ入れないほうが良かったのでは……。

「天使の囀り」や「クリムゾンの迷宮」のような怖さや緻密さはありませんでしたが、サイコパス、サイコキラーを描いた小説として、彼の異質さが印象に残りました。



[ 2014/04/17 21:24 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年04月17日(木)

悪の教典 上 (文春文庫) 

悪の教典 上 (文春文庫)悪の教典 上 (文春文庫)
著者:貴志 祐介
出版社:文藝春秋
出版日:2012/08/03

評価〔A-〕 社会に潜む怪物が怖いです。
キーワード:学園、サスペンス、現代、教師、

蓮実にとって、晨光町田の大半の教師と生徒は、将棋の駒でしかなかった。いかに操るかには神経を使わなければならないが、逆に言えば、いかようにも操り得るということだ。(第二章より抜粋)


凶悪で残酷な悪者が自分の本性を隠して欲望を満たしているとしたら、どのような人生になるのか――――その疑問に対する答えの一つが本書だと思います。英語教師・蓮実誠司は生徒はもちろん同僚にも人望のある人気者ですが、実は他者に対する共感性を欠く恐ろしい犯罪者です。邪魔者や気に入らないものは容赦なく排除し、彼にとっての住みやすい世界を作り続けていくサイコ・ホラー小説。第1回山田風太郎賞受賞作で、2012年に映画化もされています。

残酷な犯罪者という言葉ではまだ生ぬるいくらい、良心がないかのような化物ぶりです。悪人と言えど躊躇したり気弱になったりしそうな時でも、雑務でもこなすかのように軽く迅速に処理していくのが怖いです。ハスミン(蓮実の愛称)は、外面の良さや人を魅了する話術よりも、その決断力の速さと行動力が凄いと思います。決断に迷いや重みはありません。下手すると何も考えていないんじゃないかと思えるほどです。

また、相手の能力や性格は関係なく、本当に自分の都合のみで次々と他者を貶めていきます。子どもっぽい理由の時もあります。普段は紳士にふるまっているためか、裏では欲望のままにつきすすみます。共感性のなさがよく出ているところです。そして、ほんの少しでも自分の弱みを握る可能性のある者には容赦はしません。予期せぬ事態が起きても強引に解決して、自分の評判を落とさないところも狡賢です。

実は下巻も読み終えてから上巻の感想を書いています。重要な伏線があるので、なるべく読み飛ばさないでじっくり読むことをお勧めします。





[ 2014/04/17 21:08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年04月13日(日)

アラクニド 9 

アラクニド (9) (ガンガンコミックスJOKER)アラクニド (9) (ガンガンコミックスJOKER)
著者:村田 真哉、いふじ シンセン 他
出版社:スクウェア・エニックス
出版日:2013/08/22

評価〔B〕 巨針蟻の暴力が続きます
キーワード:殺し屋、アクション、虫、現代

いや、当たっているようで当たっていない。(本文より抜粋)


圧倒的な強さを見せる巨針蟻に竈午が挑みます。まさに表紙のようなバトルが見られます。

8巻に続き巨針蟻が暴れます。底が知れない強さの彼女ですが、本書ではその強さの一端が明らかになります。なるほど、あの時のあの台詞はそういう意味だったのかと納得。話が進まず同じような展開なので、すこし飽き始めてきましたが、終盤にようやく主役の出番が回ってきて盛り上がってきました。次の巻の戦いはまた期待できそうです。

さて、最後のページは意外性があり驚きましたが、もうちょっと違った表現はできなかったのかなー。アラクニドの魅力はそういうのではないと思っているので。某通販会社の書評にもあったのですが、なるべく品に欠けるような描写はやめたほうが良いと感じました。




[ 2014/04/13 22:03 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年04月13日(日)

イニシエーション・ラブ (文春文庫) 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
著者:乾 くるみ
出版社:文藝春秋
出版日:2007/04/10

評価〔B〕 恋愛小説でどんでん返し。
キーワード:恋愛、昭和、

四人の女性が並んでいる――その二番目の女性に、僕の目は瞬間的に吸い寄せられた。(本文より抜粋)


バブルの頃の若者を描いた恋愛小説ですが、裏表紙に『最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する』とあるようにどんでん返しがあるミステリーでもあります。

何も知らずに読んでいれば驚いたかもしれませんが、騙されないように注意して読んでいたので、途中である程度は予想がつきました。完全には見抜けなかったのでその部分は感心しましたが、凄く面白い!というほどではなかったかな。きっと、恋愛小説として引き込まれなかったからだと思います。恋愛小説としても新鮮だったり面白かったりしたら、また違った評価になっていたでしょう。

絶賛の書評を見て期待し過ぎてしまったのも、評価が良くない原因かも。こうした類の作品は、予備知識なしで読むのが良いですね。こうした感想を書いておいてなんですが。(笑)


↓ネタばれを少々
[ 2014/04/13 22:01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年04月08日(火)

大東京トイボックス 6 

大東京トイボックス(6) (バーズコミックス)大東京トイボックス(6) (バーズコミックス)
著者:うめ
出版社:幻冬舎
出版日:2010/08/24

評価〔B+〕 役者がそろい、何が起きるのか
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

「…貴様の仕事、これからが本番だ」(本文より抜粋)


「デスパレート・ハイスクール」の大幅な仕様変更を決め、再び動き出したG3でしたが、はたしてソリダス倫理審査を通過させ、コンベンションでの発表で成功を収めることができるのでしょうか?といった内容です。

品子はドイツに渡り卜部・ジークフリート・アデナウアーの過去を調べ、彼の真意を探ります。徐々に見えてきた卜部の行動原理と目的に、周囲の人間はどのような反応を見せ、行動するのかが今後の鍵となりそうです。

6巻は元気を取り戻した太陽の言葉が熱いです。劇中、ある人物が評しているように、彼の言葉はモノづくりの人にとっては甘美なのでしょう。予算や納期を物ともせず言い切るその姿は格好良いです。皆が皆こうでは組織がなりたちませんが、夢を作る夢を魅せる側の人として、こうした気概は忘れないで欲しいなあ。

また、花子の葛藤や苦悩にも焦点が当てられて、仕事の難しさを別の面から見せています。会社のトップは思い通りにできるところもありますが、その分責任もあって大変ですよね。デスパレのブースに登場した傷でサングラスのあの人には、なんか感動しました。ああいうの、良いよね。

最後に仙水が打った一手がどのように影響していくのか。また、一波乱ありそうです。



(後で推敲あり)


[ 2014/04/08 21:02 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年04月08日(火)

極黒のブリュンヒルデ 4 

極黒のブリュンヒルデ 4 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 4 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版社:集英社
出版日:2013/02/19

評価〔A-〕 ギャグもストーリーもこの漫画らしい
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

(本文より抜粋)


まずはアニメ化おめでとうございます。今月から放映開始です。アニメに追いつかれないように読んでいくつもりです。漫画が先の場合は良いのですが、アニメを先に見てしまうと漫画を読む意欲が弱くなることが結構ありますので。

さて、追手からの逃走と鎮死剤の確保、2つの大きな問題を抱えた魔法使いたちですが、今回は前者に重点が置かれています。新たな刺客・奈波を中心に物語は展開していきます。彼女の能力はキカコとは方向性が違いますがとても強力です。

相変わらず唐突に差し込んでくるギャグが面白いです。おかしな行動を当人たちが真面目にしているのが笑えます。残念と言うかズレていると言うか……。向こう側も面白い人いるんだね。

終盤に起きた天文台でのあの出来事は驚きました。なんというか、この漫画らしく印象に残る巻でした。

(後で推敲)


[ 2014/04/08 21:00 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年04月03日(木)

“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 

“菜々子さん”の戯曲  小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)
著者:高木 敦史
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
出版日:2010/10/30

評価〔B+〕 前のほうがスリルがあったと思います
キーワード:学園、サスペンス、推理、

「なんでそんな回りくどいことを……」
「ん? だって、その方が面白いかなって」(本文より抜粋)


高校に入学し映画研究会に所属する“菜々子さん”。彼女に心奪われた新入生・宮本剛太は、同じ会に入って親しくなろうと試み、いろいろな出来事に巻き込まれていきます。日常系学園ミステリーです。

各章ごとに小さな謎解きをし、全体として学園で起きている大きな事件に挑むのですが、異色のミステリーだった前作に比べると、どうしてもインパクトに欠けます。あの不可解な雰囲気はかなり薄まり、普通の学園推理ものに近くなっています。菜々子の性格は高校に入っても相変わらずなので、その点は楽しめるのですが、知っているからこそ面白さが半減してしまうこともあります。仕方ないとはいえ残念です。

謎自体はややこしいですが、おおっと思う仕掛けもあって良かったのではないでしょうか。ただ、やっぱり込み入っていて分かりづらい。



[ 2014/04/03 18:56 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2014年04月03日(木)

2014年3月の読書メモ 

戦闘破壊学園ダンゲロス 1〔B+〕
熱帯夜(角川ホラー文庫)〔B+〕
パラドクス・ブルー 5〔B〕
羽月莉音の帝国 8〔A-〕
ヘレンesp 1〔B〕

ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編 上 (講談社BOX)〔B-〕
ひぐらしのなく頃に 解 第一話 目明し編 下 (講談社BOX)〔B+〕
欲ばり過ぎるニッポンの教育 〔B+〕
今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)〔B〕
Another 4〔B+〕

アラクニド 8〔A-〕


以上、11冊でした。漫画とライトノベルで8冊、それ以外が3冊。なかなかの偏りっぷりです。

ひぐらしの「目明し編 上」は結構好きで、アニメで知っているにも関わらず小説版を読もうと思った理由の一つは、この巻が読みたかったからです。小説を先に読んでいたら評価はAだったかも。

4月も漫画とラノベが多くなると思います。



[ 2014/04/03 18:46 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)