FC2ブログ







2014年03月29日(土)

アラクニド 8 

アラクニド(8) (ガンガンコミックスJOKER)アラクニド(8) (ガンガンコミックスJOKER)
著者:村田 真哉、いふじ シンセン 他
出版社:スクウェア・エニックス
出版日:2013/03/22

評価〔A-〕 予想以上の暴れぶりです。
キーワード:殺し屋、アクション、虫、現代

こ、この戦い方…威圧感、「針蟻」そっくり…。(本文より抜粋)


セーラー服の少女「巨針蟻」が戦いの場へ登場します。軍隊蟻すら狼狽えさせる彼女の能力と目的が明らかになります。

強い。圧倒的強さです。中盤から終盤にかけてのあの人との戦闘が盛り上がりました。やったと思ったらやってない、やられたと思ったらまだ終わっていない、まさにバトル漫画といった感じで面白かったです。でも、殺し屋としては非常に使いづらそう。味方としてもどうなのか。軍隊蟻が頭を悩ませるのも分かります。「巨針蟻」の強さの秘密がまだ分かりませんが、あの強さに納得いくような説明がつくのでしょうか。ま、アラクニドは盛り上がれば理屈は二の次でもいいかなーとも思います。

回想シーンでのみご登場の「蜘蛛」がいつものことながら格好いい。出てくると笑ってしまう「竈午」とはえらい違いだ。(笑)

何しに来たか分からなかった「螽斯」の意図が、ようやく本人の口から話されます。意外な終わり方の可能性が出てきた蜘蛛狩り。はたしてどのような結末になるのか楽しみです。




スポンサーサイト
[ 2014/03/29 21:34 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年03月29日(土)

Another 4 

Another (4) (角川コミックス・エース 170-8)Another (4) (角川コミックス・エース 170-8)
著者:清原 紘
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
出版日:2011/12/28

評価〔B+〕 災厄は止められるのか。
キーワード:ホラー、学園、現代

これはおれの罪の告白…そして未来の後輩であるきみたちへのアドバイスだ。(本文より抜粋)


残されてあったカセットテープは、災厄をとめる鍵となるのか。学園サスペンスホラーの最終巻です。

災厄と<死者>の関係、鳴の口から語られるミサキ、結末へと繋がる<人形の目>の秘密と、重要なことが次々に明らかになり一気に終わりへと収束していきます。綺麗な絵と黒を基調とした演出が、これまで以上に雰囲気を作って、話を盛り上げていました。合宿はアニメほど波乱と混乱に満ちてはいませんが、赤沢や恒一の感情の揺れをうまく描写していて良かったと思います。

あとがきによると、当初の予定よりも長くなったようですが、変に短くまとめるよりも良かったのではないでしょうか。本シリーズには声や音楽があるアニメとはまた違ったよさがあって、こうした漫画化ならば歓迎です。




[ 2014/03/29 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)