FC2ブログ







2014年02月28日(金)

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち 

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)
著者:岡田 尊司
出版社:光文社
出版日:2013/12/13

評価〔A-〕 自覚があるので気をつけないと。
キーワード:心理学、回避性、愛着障害、人生観、社会問題、

回避型愛着スタイルの最大の特徴は、他人との間に親密な関係を求めようとしないという点にある。(本文より抜粋)


性格分析の本が好きで結構読んでいるのですが、回避性と呼ばれるタイプがあります。消極的、失敗を恐れるなどの特徴があるそうで、自分はこれに近いかなと思っています。本書にも題名の中に回避性とあったので、すぐピンときて手に取りました。

回避性愛着障害とは親密な関係を避けるタイプで、僕の知っていた回避性の性格を含むもっと大きな枠での分類です。どのような性格であるのか、どうしてそのような性格になったのか、利点と欠点は何かを、具体例を挙げて説明しています。淡々とした解説なので面白みに欠けるのが難点でしょうか。このタイプの人々の一面をより深く考察した4章の愛情・性生活や、5章の職業生活は興味深かったです。

また、こうした人を個人の問題で終わらせないで、少子化・晩婚化社会の原因かと危惧しています。なるほどと思いましたが、全て幼児期の育てられ方で説明がつくとも思いませんでした。経済的事情などもありますしね。

いろいろと当てはまっていることが多く、正直耳が痛いです。でも、こうした事実に目をそむけず、本書に書かれている克服法を参考にし、自分の人生の改善に役立てようと思います。




ちなみに巻末のテストの結果は、A安定が4、B不安が10、C回避が6、D未解決が0でした。分類上は不安型になるのでしょうか。参考にします。


スポンサーサイト



[ 2014/02/28 21:18 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2014年02月28日(金)

空腹力 

空腹力 (PHP新書)空腹力 (PHP新書)
著者:石原 結實
出版社:PHP研究所
出版日:2007/12/14

評価〔B+〕 飽食の時代をどう生きるか。
キーワード:健康、医学、空腹、血液、東洋医学、

現代人の病気の原因の多くは、食べ過ぎによるものです。ですから、私たちが病気にならずに健康に生活を送るには、食べ過ぎを防ぐことが、もっとも簡単で効果的な方法なのです。(本文より抜粋)


腹八分目に医者いらずと言います。僕は便秘ぎみなのですが、お腹いっぱい食べた時よりも少なめに食べた時のほうが、腸の調子が良いことが多いです。満腹や空腹は健康にどう影響するのか。独自の食事療法を保養所で実践している著者が、従来とは違う健康法を伝授します。

まず、食べ過ぎ、特に動物性タンパク質の取り過ぎの弊害と、空腹状態の効果・利点を述べています。それと、体温をあげることによって免疫力がよく働くとも主張しています。西洋医学に加えて、個々の臓器でなく全体を診る東洋医学を取り入れている点が特徴的です。体温を調節するため陽性・陰性で食べ物を判断するのは面白いですね。なんか説得力があります。

断食療法の力を示すためいくつか実例を挙げています。保養所は成功を収めているようですが、絶賛の体験談ばかりですと、事実だとしてもなんだか疑ってしまいます。断食に向いていない症状もあるので注意が必要です。

具体的に何をどうすればいいのかも書かれているので、1週間ほど試してみると自分に合うかどうか分かるのではないでしょうか。毎朝ニンジン・リンゴ・ジュースを作るのは手間ですが、体を温めるために生姜紅茶を飲むのは良さそうです。




[ 2014/02/28 20:52 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)