FC2ブログ







2013年12月27日(金)

極黒のブリュンヒルデ 2 

極黒のブリュンヒルデ 2 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 2 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版:集英社
発行:2012/08/17

評価〔B+〕 新たなる追手が登場。
キーワード:SF、現代

「す…すみません…。ここ天文部の部室でしょうか…?」(本文より抜粋)


沙織との戦いのクライマックスから再開します。1巻の終わりでこれもう終わってしまうのでは?と思ったのですが、あのような展開になるとは。なるほどねぇ。

魔法使いたちは死と隣り合わせの人生なので、真面目で暗く、緊迫感があります。ですがそれだけでなく、1巻同様笑いを挟んでいるので、辛すぎて読めないってほどでもないと思います。このバランスが上手いですね。それにしてもカズミと良太の会話は酷い、いや面白いです。あんな場所でゴミ拾いも怖いしね。

新たな魔法使いも登場しますが、寧子たちの組織がいったい何なのかは未だ謎のままです。ハーネストについてほんの少し知ることができるのみです。

1巻が楽しめた方は2巻も同様に楽しめますのでご心配なく。このシリアスとギャグが適度に混じった面白さを保ちつつ続いて欲しいです。



スポンサーサイト
[ 2013/12/27 22:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年12月27日(金)

パラドクス・ブルー 3 

パラドクス・ブルー(3) (BLADE COMICS)パラドクス・ブルー(3) (BLADE COMICS)
著者:中西達郎、nini 他
出版:マッグガーデン
発行:2010/02/10

評価〔C+〕 テンポが良いのか説明不足か
キーワード:謎解き、現代、推理、クイズ・パズル

「今より1か月後、君達に課される最終試練。それこそが君達人類が乗り越えるべき最後の試練となる」(本文より抜粋)


天使とA校生徒会との知恵比べ、パラドクス・ブルー3巻です。

修学旅行編が完結し、駆け足気味だった展開がさらに早くなります。こうなってきますと、開始当初からあった説明なしでの盛り上がりや勢いが、悪い意味で目立っている気がしました。読者が置いてけぼりのような、盛り上がる場面なのに、よく分からないのでついていけないような感じです。クイズ・パズルを見せたいのか、生徒たちの物語を見せたいのかはっきりしたほうが面白いと思うのですが……。

この巻は人物のほうに重点が置かれていて、試練のほうはシリーズ終盤の前置きだったみたいで、そのへんも残念だったかな。

謎だった天使たちの思惑や生徒たちの過去が完結するまでにきっちりと明かされれば、また見る目も変わってくると思いますので、そうなるよう期待しています。



ネタばれ推理は続きにて↓
[ 2013/12/27 22:38 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)