FC2ブログ







2013年10月14日(月)

万能鑑定士Qの短編集 I 

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)
著者:松岡 圭祐
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2012/10/25

評価〔B+〕 短編でも変わらず。
キーワード:鑑定士、知識、雑学、連作短編集

「僕もあのバスケットの正体は知りたいよ。安く買い取ったら意外にも高価な物だったなんて、質屋の夢だからね」(本文より抜粋)


豊富な知識でなんでも見破る鑑定士・凜田莉子が活躍する、万能鑑定士Qの事件簿シリーズの短編集です。短編集とは言っても主要人物たちは変わらず登場するので、正確には連作短編集ですね。

彼女が代官山の質屋、ジャック・オブ・オールトレーダーズに代理鑑定士として働きにくるところから始まります。長編同様、膨大な知識でなんでも鑑定し、周囲を驚かせます。短編になってもあまり違和感ないのではと予想していたとおり、雰囲気は長編とほとんど変わりません。ただ、事件簿シリーズの話が過去のものとして会話の端々に出てくるので、僕のように全巻読んでいないかたにはネタばれになってしまうこともあるのでご注意を。Amazonの商品名に、『万能鑑定士Qの短編集I: 16 』とあったのを見て間違いかと思ったのですが、間違いではありませんでした。やはり出版順に読んだほうがよかったようです。また、過去の事件だけでなく他の巻で登場した人物も登場します。誰かは読んでのお楽しみということで。あ、小笠原は当然のごとく出ていますよ。

Qシリーズを本書から読み始めるのも良いかもしれません。試しに事件簿の1巻を読もうとしても、話が続いているので2巻まで読まなければなりませんからね。少しでもネタばれが嫌な方は、やはり出版された順に読むのがよろしいかと思います。




スポンサーサイト



[ 2013/10/14 09:55 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年10月14日(月)

Another 1 

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
著者:清原 紘
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2010/10/04

評価〔B〕 学園ホラーの漫画化です。
キーワード:ホラー、学園、現代

「――気をつけたほうがいい。もう始まってるかもしれない」(本文より抜粋)


「アナザーなら死んでた」で一部の方には有名なあのAnotherを漫画化したものです。一年以上前になりますがアニメ化もされ、その時は見なかったのですが、最近ようやく全話視聴しました。漫画版の出来が良いらしいので、こちらも見てみることにしました。ちなみに原作である小説はまだ未読です。

1998年のとある地方都市、病気の療養のため夜見山北中学校に転入した榊原恒一は、クラスメイトの様子に違和感を覚えていました。何か隠しているような感覚。病院で出会った眼帯の少女・見崎鳴とも話をしてみるが、要領を得ません。クラスの違和感の正体は?彼女は一体何者なのか?

乙一原作でこの著者が漫画化した『失踪HOLIDAY』を読んだ時も思ったのですが、小説を映像化するのが上手いと感じました。怖いシーンは怖く、笑いのシーンもデフォルメし過ぎず、この学園ホラーの雰囲気を崩さず表現しています。怖さと綺麗さが混ざった独特のシーンも印象的です。

漫画版では見崎鳴がアニメ版より大人びて見えます。他の生徒もあまり中学生っぽくはありませんが。そもそも舞台は中学校より高校のほうが良かったんじゃないか、なんて思いました。全4巻の最初の巻なのでまだまだ序盤ですが、次巻以降も期待できます。




[ 2013/10/14 09:51 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)