2013年08月30日(金)

羽月莉音の帝国 3 

羽月莉音の帝国 3 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 3 (ガガガ文庫)
著者:至道 流星
出版:小学館
発行:2010/07/17

評価〔B+〕 アクオス買収戦が決着
キーワード:国家、ビジネス、経済、起業、現代

この役目は、俺がやり遂げなければならない。大切な仲間の未来のために。そして何より莉音のために。(本文より抜粋)


2巻終盤の巳継の問題発言からの続きです。資金調達が難航する革命部はTOBを成功させることができるのか。アクオス買収戦についに決着がつきます。

動くお金がどんどん大きくなり、円は兆の単位の話となりました。雷撃SSガールを読んでいたので、それと同じように世界規模の話になりそうだとは思っていたのですが、早くもといった感じです。買収戦が3巻の軸となっていますが、並行して世界の頂点に君臨する2つの財閥の話がでてきます。ヨーロッパのカルヴァート家とアメリカのスタインバーグ家。莉音の野望の妨げとなりそうな予感がします。……いや、もっと大きな敵が現れるかも。

買収戦は巳継のスピーチと立花社長のスピーチの変化が興味深いです。現実の世界でも、トップの発言で状況が大きく変わるのでしょうか。それほど大きな金額が動くところを見たことがないので分かりません。

また、革命部を大きくするのと同時に、建国にむけて少しずつ動き始めます。本格的に独立宣言するのはまだまだ先のことになりそうです。どこかで3巻までは人物紹介みたいなものという文章を見た記憶があるので、4巻以降どのような展開になるのか楽しみです。




スポンサーサイト
[ 2013/08/30 19:59 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2013年08月30日(金)

非選抜アイドル 

非選抜アイドル (小学館101新書)非選抜アイドル (小学館101新書)
著者:仲谷 明香(AKB48)
出版:小学館
発行:2012/04/02

評価〔B+〕 内側から見たアイドルグループ。
キーワード:アイドル、芸能界、現代、

ところが、そうした予想に反して、選挙後に待っていたのは、それまでと変わらない日常だった。(本文より抜粋)


家族のうち誰もAKBのファンでないにも関わらず、なぜか前回のAKB総選挙の生放送を、ご飯を食べながら眺めていました。順番を呼ばれたアイドルは泣いて喜んだりまたは不機嫌になったりと、個々の名前は知らなくてもそれぞれに芸能人生があって、なかなか面白いものでした。ある程度上の順位しか発表されないため、当然名前を呼ばれない下位のアイドルたちもいます。そうした、非選抜のアイドルの一人、仲谷明香が自分とアイドルについて書いたのが本書です。

結論から言うと予想していたより良かったです。人気アイドルグループの、それほど人気のないアイドルである彼女が、活動を続けてみて何を思い何を感じたのかがよく伝わってきます。彼女が総選挙後に悟った非選抜メンバーの責任、敗者の責任は、共感する方も多いのではないでしょうか。

競争が厳しい芸能界で生き残るために、頑固で何事も引きずらないという個性を活かすところ、訪れたあるチャンスを掴もうと無我夢中で頑張る姿は好感が持てます。自分を客観的に見て、何が強みなのか知り、努力を怠らない。これが彼女の芸能界での処世術なのですが、これは芸能界に限らずどの分野でも当てはまることだと思います。

現役アイドルの本ですが、AKBの内情や秘密のようなものは書かれていませんので、そうしたものが目当ての方はご注意を。調べてみたら、今年の3月にAKBを卒業していました。芸能活動は続けているようなので彼女の夢である声優業がうまくいくことを願っています。




[ 2013/08/30 19:56 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2013年08月25日(日)

こうして彼は屋上を燃やすことにした 

こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)
著者:カミツキレイニー
出版:小学館
発行:2011/05/18

評価〔B+〕 お悩み解決物語。
キーワード:現代、学園、オズの魔法使い、

「一緒にやりません?復讐。死ぬのはそのあとでも遅くないでしょう?」(本文より抜粋)


失恋から自殺を決意した加奈は屋上にあがりますが、そこで妙な三人組と出会います。お互いを『オズの魔法使い』の登場人物の名前で呼び合い、加奈に飛び降りる前に復讐することを提案します。彼女はひとまず思いとどまり、3人からドロシーと呼ばれることとなりました。屋上を舞台にした青春物語です。第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作。

ドロシーこと加奈はライオン、カカシ、ブリキとそれぞれの問題に直面し、なんとかしようと頑張ります。青春ジュブナイルとありますが嫌なこと辛いことがテーマとなっているので、明るい話や可笑しい話を読みたい方には向かないでしょう。しかし、復讐とは言っても陰湿な印象は受けませんでした。過激ではありましたけど。真面目で重い内容のせいか、ライトノベルというよりは一般小説に近いと思います。イラストがなければライトノベルレーベル以外からでも出版できそう。

問題の解決方法があっさりな気もしますが、希望が持てるような内容で読後感が良いです。なんかこう清々しい、すっきりした、前向きになれるような気持ちになりました。気に入っているのは、仲間の問題がひとだんらくし、加奈の復讐方法を仲間と相談する場面です。実行したドロシーはえらいです。実写化してほしい。



[ 2013/08/25 11:06 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2013年08月25日(日)

論破できるか!子どもの珍説・奇説―親子の対話を通してはぐくむ科学的な考え方 

論破できるか!子どもの珍説・奇説―親子の対話を通してはぐくむ科学的な考え方 (ブルーバックス)論破できるか!子どもの珍説・奇説―親子の対話を通してはぐくむ科学的な考え方 (ブルーバックス)
著者:松森 靖夫
出版社:講談社
出版日:2002/02/20

評価〔C〕 納得しそうな理論の数々
キーワード:科学、子ども、疑問

私自身小学生のころ、母親のおなかに自分がいたときには、母親のへそと自分のへそがつながっていたものと思い込んでいました。(本文より抜粋)


幼いときは何を見ても聞いても分からないことばかりで、頻繁に「どうして」「なぜ」と周囲の大人に疑問をぶつけていました。子どもの疑問はすぐ答えられるものもありますが、本質的で大人も実はよく分かっていないものもあります。そのような大人でも答えるのに戸惑う疑問や論理をあつめて解説しています。

身近な自然現象から導き出された子供の論理の中には、興味深いものもあります。大人でも勘違いしていそうな、上記引用の「胎児のへそと母親のへそ繋がっている」や「砂鉄は磁石につくから鉄」は勉強になります。また、「5円玉を温めると穴の大きさはどう変化するのか」は、説明が分かりやすく上手だと感じました。

ただ、やはりと言いますか幼い子供の論理は拙いものもあります。単純であるけれど答えるのが難しい問いを期待していたので、驚きや感心はあまりありませんでした。期待し過ぎていたのかも。それと、解説も教科書のような文章が多いです。執筆者たちが大学教授だからでしょうか。

幼稚園児から小学校低学年のお子さんを持つ、理系科目が苦手な親御さんに特に役に立ちそうな本です。間違った知識を与えないためにも活用しよう。




[ 2013/08/25 11:01 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2013年08月18日(日)

タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 

タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
著者:川端 幹人
出版:筑摩書房
発行:2012/01/05

評価〔A〕 メディアの持つ数々の弱点
キーワード:報道、メディア、タブー

メディアといってもこの国の場合はほとんどが営利企業であり、自社に経済的損失を与えるような報道、表現はできるだけ回避しようとする。そして、自主規制を繰り返しているうちに、特定の企業や団体、個人が批判の許されない存在になっていく。(本文より抜粋)


非政府組織の国境なき記者団が公表している「世界の報道の自由度ランキング」によると、2013年の日本の順位は53位だそうです。今年に限らず毎年結構低かったと思います。はじめて見たときは、何が理由で低いのかよく分かりませんでした。しかし、本書を読み進めていくうちに、その理由がわかってきました。かつて他社が避けるタブーを書き、現在は廃刊した『噂の真相』の元副編集長が、マスメディアのタブーの実態と原因に迫ります。

タブーの原因を暴力、権力、経済の3つに分け、その歴史と現状を書いているのですが、思っていた以上にタブーが存在して驚きました。業務に支障をきたすほどの電話でのクレームや直接的な暴力に訴える団体、未だにあるのかと思った公的権力による圧力や嫌がらせ、そしてお金の力で脅しそして懐柔する企業と、読んでいるとだんだん暗くなってしまいます。広告主の都合の悪い点は書けないのは予想していましたが、それを差し引いてもタブーが多いと感じました。報道の自由はどこにいってしまったのかと思うくらいです。話題に取り上げられない事が増えたために、ひとたび問題なく発言できる事件が起きた時にはメディアが群がってしまうのは、納得したくありませんが分かります。

著者はただ単にメディア関係者を叩くのではなく、自分も弱いところがあるのを認めたうえで、増長していくタブーをどのように食い止めるのか、報道の自由を守るのかを示している点に好感が持てます。業界の将来を憂えているのは、分野は違えど以前読んだ『「社会調査」のウソ』と同じです。メディアが社会のためになる有益な報道ができるように、視聴者・読者として何ができるのかを考える必要がありそうです。希望となりそうなネットでの暴露も、現実社会でメディアなり公的機関なりが動いたりしない限り、なかったことになってしまうそうですから。

マスメディア関係者は是非読んでほしいです。仮にも報道の自由を主張するならば、皆が知るべき事実をきちんと正確に伝えられるよう努めてもらいたいですね。ここまで書いた著者の勇気は本当にすごいです。ジャーナリズムに頭が下がりました。




[ 2013/08/18 09:20 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2013年08月18日(日)

六花の勇者 2 

六花の勇者 2 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 2 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
著者:山形 石雄
出版:集英社
発行:2012/04/25

評価〔B+〕 凶魔の知略
キーワード:ファンタジー、ミステリー、

「残された時間はあと二日だ。それまでにぼくを倒せなければ、まずいことになる。とてもまずいことになる」(本文より抜粋)


新たなる7人目の勇者・ロロニアが現れたが、誰が偽物だか分からないまま魔神を倒す旅を始めることになった勇者たち。そして、凶魔の統領の一体であるテグネウが勇者たちを倒すために動きだします。

前回は凶魔の存在感がまったくといっていいほどありませんでしたが、今回は大物のテグネウが自ら動くので、だいぶファンタジー世界らしくなります。7人目が誰なのかも興味を引きますが、主人公たちがデグネウの策略や謎に苦戦するのが見どころです。強い弱いがメインになりがちな剣と魔法の世界で、謎解きがメインになる本シリーズは新鮮に感じます。

冒頭で衝撃的な場面がありますが、あのクライマックスの一部を見せてから時間を戻して物語を見せる手法は、今回は良くなかったと思います。誰がどのような行動を取るのか、物語の大切なところが分かってしまうので、どうなるのか分からないワクワクするような期待感が半減してしまった気がします。

それでも1巻とは違った面白さがあってよかったです。次はどんな謎や謎解きを見せてくれるのか楽しみですね。




[ 2013/08/18 09:14 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2013年08月10日(土)

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫) 

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
著者:道尾 秀介
出版:新潮社
発行:2008/07/29

評価〔B+〕 夏休み、ある少年が事件を追います。
キーワード:推理、現代

――どういうことなんだろう。何で死体が消えちゃったんだ?(本文より抜粋)


小学生・ミチオは先生に頼まれてクラスメイトのS君の家を訪ねます。しかし、そこでS君の変わり果てた姿を発見してしまいます。大人に知らせて家に戻ると、S君の遺体はなかったとの報告を受け驚きます。ミチオが見たものはなんだったのか。事件のことを考えながら過ごすミチオでしたが、ある日、さらに驚くことが起こります。夏休み中の小学生が事件の謎に挑むミステリーです。

あらすじだけ読むと子供が主人公の、よくありそうな推理小説ですが、実際はそうではありません。物語全体を包むどんよりした、どこか不気味な雰囲気。ファンタジーのような不思議な出来事。年齢のわりに不自然なほどしっかりしている妹のミカ。そして仕掛けられたあるトリック。最後まで読めば異色の作品であることが分かります。

賛否両論のあのトリックですが、僕は驚きましたし凄いと感心してしまいました。アレありなのか?ともちょっと思いましたけど。気を配って読んでいたにも関わらず騙されました。でも、読者が気がつくようなヒントがあったのか疑問です。読み返してみて矛盾はありませんが、見破るのは困難だと思います。

凄いのですが物語としては好みではないので、評価が非常に難しい本です。好みも評価も大きく分かれそうなクセのある本なので、興味がある方はそのことを考慮に入れて読むかどうか決めてくださいね。



[ 2013/08/10 19:46 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年08月10日(土)

黄昏乙女×アムネジア 5 

黄昏乙女×アムネジア(5) (ガンガンコミックスJOKER)黄昏乙女×アムネジア(5) (ガンガンコミックスJOKER)
著者:めいびい
出版:スクウェア・エニックス
発行:2011/07/22

評価〔C+〕 中休みのような巻です。
キーワード:オカルト、幽霊、ホラー、コミカル、学園

ホンモノが出る………お化けやしき!?(本文より抜粋)


予告どおり学園祭の巻です。

夕子の過去や影の謎とは少し離れて、学園ものらしく学園祭を楽しむ怪異調査部の面々。そこに、学園七不思議のひとつであるアカヒトさんの噂が流れてきます。コミカルだけでなく、怖い部分もきちんとありますよ。小此木の出番が減り、霧江の出番が多くなっています。

しかし、全体的にやや物足りなかった感じがします。謎解明の部分に興味があるので、物語に深く入り込むようなことはありませんでした。……それとも少し飽き始めてきているのでしょうか。

先ほど確かめてみたところ、現在9巻まで出ているようです。ゆっくり追いかけます。



[ 2013/08/10 19:28 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年08月04日(日)

古事記 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス) 

古事記 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)古事記 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
著者:角川書店
出版:角川書店
発行:2002/08

評価〔B-〕 日本最古の書をやさしく解説
キーワード:古典、神話・伝説、歴史書、神道、天皇

天上の神々の合議により、イザナキ・イザナミの男女二神に、「この浮遊している国土を固定し、整備せよ」との命令が下った。そのときに天の沼矛という神聖なる矛を授けて委任した。(上巻より抜粋)


アマテラス、オオクニヌシなどの言葉は聞いたことがあるけれど、神様か何か?とぼんやりとしか知らない人が多いと思います。これらの古代の神々が登場し活躍する古典が古事記です。古事記は日本最古の書として知られていますが、歴史書、文芸書、また宗教・民族学の書と様々な側面を持つ興味深い本です。全文漢字で書かれていて、まだ謎が残っていますが、本書は現代文で分かりやすく説明した入門書です。

大きく分けて上巻の神話と、中・下巻の歴史伝説の2つに分かれます。前者が天地創造から神が日本に降り立つまで、後者が初代天皇と言われる神武天皇から後の時代の話です。前者は話自体は難しくないのですが、なじみのない神様が多数登場するので、たびたび混乱しました。P123の系図がよくまとまっているので、それを見ながらよむと理解しやすいと思います。後者は人の世界の物語なので、いくぶん理解しやすくなっています。名前だけは知っていたヤマトタケルの逸話もあり、興味深い内容です。

イザナキ・イザナミの国作りの逸話は、昔ちょっとだけ読んだことがあったので知ったいたのですがやはり驚きます。記憶違いじゃなかったのか……なんであんなに直接的なんだろう。また、通して読んでみると、天皇家が中心の物語だとわかります。神から統治者へと繋がるので、箔をつける、権威づけの意義が強かったのではと思います。解説にも「天皇の、天皇による、天皇のための書」とありますしね。

もう一つの神話集である日本書紀も、古事記と同じ神や人物が登場するようですが、内容がいくぶん違っているそうです。機会がありましたら、そちらのほうも見てみようと思います。





[ 2013/08/04 11:58 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年08月04日(日)

放課後プレイ 3 

電撃4コマコレクション 放課後プレイ3 (電撃コミックスEX)電撃4コマコレクション 放課後プレイ3 (電撃コミックスEX)
著者:黒咲 練導
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2011/01/27

評価〔C〕 オタク系の話題が少ないです。
キーワード:4コマ、青春、恋愛

ガラッ
「あら、いらっしゃい」
(本文より抜粋)


3とありますが前回の続きではありませんので、3巻というよりはスリーです。2の時と同じですね。

漫画研究同好会の会長女子と図書館によく来る男子の会話が中心となっています。今回もオタク系の話題が出てきますが、前の2作と比較すると控えめで恋愛の描写が多めです。彼のほうは勉強を教えている従妹がいて、ただの脇役では終わらないのが今までとは違うところです。どう違うかは読んでのお楽しみということで。

冒頭は1や2の彼や彼女たちが前座のように話をしているので、本書は別物とはいえ前の巻を読んでいたほうが良いと思います。でないと、あまり楽しめなさそうです。

登場人物の性格は個性が強く、話の展開も癖があるので、好みが分かれそうな本です。僕はあまり好みではないかな。ああいうことが起こることもあるとは思いますけど……。本書よりも1や2のほうが良かったなあ。




[ 2013/08/04 11:44 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年08月04日(日)

2013年7月の読書メモ 

人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか〔B+〕
方舟さくら丸 (新潮文庫)〔C+〕
誘爆発作2〔B+〕
羽月莉音の帝国2〔B+〕
キャタピラー 1〔B〕
万能鑑定士Qの事件簿 VIII〔B+〕
人類は衰退しました のんびりした報告〔C-〕
100文字でわかる 世界の宗教〔B+〕


以上、8冊でした。小説、ラノベ、漫画と創作物が多いですね。新書は2冊と少なめです。

結構面白かったと思う本がありましたが、評価Aはありませんでした。どうも評価が辛くなっているような気がします。読んだ時の気分の問題なのかも。




[ 2013/08/04 11:35 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)