2013年07月31日(水)

100文字でわかる 世界の宗教 

100文字でわかる 世界の宗教 (ベスト新書)100文字でわかる 世界の宗教 (ベスト新書)
著者:一条 真也
出版:ベストセラーズ
発行:2006/12/06

評価〔B+〕 宗教の簡易版イミダス
キーワード:宗教、三大宗教、要約、

世界中の宗教について「これ以上は無理」というところまで、徹底的にわかりやすく解説しました。(まえがきより抜粋)


宗教用語を簡潔に説明している宗教入門書です。著者は学者ではなく冠婚葬祭会社の経営者で、日頃から宗教と深くかかわっているようです。学者以外でもこういう仕事をしていると詳しくなるのですね。なんか感心してしまいました。

三大宗教、ユダヤ教、ヒンドゥー教を主に扱っています。まずよく聞くが詳しくは知らない言葉を100文字で解説し、隣のページに補足説明があります。取り上げられている単語は、旧約聖書、カトリック、シーア派、密教と顕教、などです。本書の題名どおり100文字だけ読んでも大まかには分かりますが、興味があれば補足も読んだほうがためになります。雑学を学んでいるみたいで面白いです。

難しい概念はやはり文字数が足りないためか、分かりづらいのが残念です。それと、本書はあくまで宗教についてほとんど知らない分からない人向けなので、興味を持ちもっと知りたくなったら、自分で他の本をあたるなり詳しい人に聞くなりすべきでしょう。ある程度知っている方には既知のことばかりだと思います。

まえがきで触れていますが、国際人、国際ニュースをよく見たり外国の人と頻繁に交流する人にとって、特に役に立つでしょう。手軽に読めて、簡易辞典のようにパラパラ調べることができるので、今後もちょこちょこお世話になるかもしれませんね。




スポンサーサイト
[ 2013/07/31 21:35 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2013年07月31日(水)

人類は衰退しました のんびりした報告 

人類は衰退しました のんびりした報告 (IKKI COMIX)人類は衰退しました のんびりした報告 (IKKI COMIX)
著者:見富 拓哉
出版:小学館
発行:2012/07/30

評価〔C-〕 確かにのんびりですが……
キーワード:SF、未来、外伝、漫画化

「これが妖精さん…」(本文より抜粋)


同タイトルのライトノベルの漫画化です。原作の設定を元にオリジナルのお話が展開されています。内容は田中ロミオではないので、他の人が描いた番外編もしくは外伝ですね。

原作のほのぼのした日常がそのまま再現されています。いや、原作よりももっとのんびりしていて、平和そのものといった感じです。妖精さんと絡んでみたり、昔の遺物を発掘して調べてみたりと、基本的には原作と同じようなことをしています。余談ですが、本書を読んで、カステラと羊羹を組み合わせたあのお菓子の名前がシベリアだと知りました。小さいころ食べたことがあるような記憶があったような。そうとう昔からあったみたいです。

でも、僕はアニメ版しか見ていませんが、原作にあったあの黒さや一捻りしたところがなく、かなりがっかりしました。のんびりしているだけで良いのならば、他の日常系漫画でも変わりありません。この作品ならではの、ひと味違った面白さが見たかったです。

作品の雰囲気は壊していないので、そこはご安心を。巻末のAURA劇場アニメ化が非常に気になります。見てみたい。




[ 2013/07/31 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年07月27日(土)

万能鑑定士Qの事件簿 VIII 

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)
著者:松岡 圭祐
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2011/02/25

評価〔B+〕 莉子、台湾へ
キーワード:鑑定士、知識、雑学、

「凛田さんが信じられないのも無理ありません。私もこの目で見るまでは、科学者として受けいれがたいことと考えていましたから」(本文より抜粋)


波照間島の水不足問題が解決したという知らせを受け、帰郷した莉子が見たものは、信じられないような発明品の映像でした。購入額はなんと12億円。疑問を抱いた彼女は、発明品が本物かどうか調べるべく台湾へ渡ります。シリーズ8冊目です。

Qの海外編、フランスの次は台湾でした。台湾の様子が結構細かく書かれていて、観光地を巡るサスペンスドラマのような雰囲気があります。沖縄とあまり変わらないとありますが、沖縄以外の人にとっては異国情緒があると思います。莉子の勝手が違って戸惑う姿が新鮮です。

Amazonの書評は、真相が拍子抜け、物語が駆け足、などよくない評価が目立ちます。言われてみるとそうかなと思ってきますが、読んだ直後はそれほど気にはならなかったけどなあ。読後感も悪くなかったし。評価が甘くなってきているのでしょうか。

次はこうじっくりと謎に取り組む彼女が見てみたいですね。



[ 2013/07/27 11:28 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年07月23日(火)

キャタピラー 1 

キャタピラー(1) (ヤングガンガンコミックス)キャタピラー(1) (ヤングガンガンコミックス)
著者:村田 真哉、匣咲 いすか 他
出版:スクウェア・エニックス
発行:2012/08/22

評価〔B〕 もう一つのアラクニド
キーワード:殺し屋、現代、外伝、番外編

「逃げはするが後退はしない、それが「芋蟲」だ」(本文より抜粋)


裏社会の暗殺者たちの生き様を描いたアラクニドの外伝です。主人公は本編と違って、組織に所属している若い女性「芋蟲」です。舞台はアラクニドの一年前、日々淡々と仕事をこなす彼女したが、ある「蟲」と出会い災難に見舞われます。

作画がアラクニドと違うのが心配でしたが、あまり違和感なく読むことができました。戦闘も「蟲」の能力説明も同じような感じです。ただ、殺しに躊躇がない連中ばかりなので、雰囲気はややハードでダークです。芋蟲は、本編の主人公「蜘蛛」とは対照的に力で相手を捻じ伏せるタイプですが、圧倒的に強いってほどでもないので、見ていてハラハラします。どのように難局を乗り切るのかが見所でしょう。

終盤、彼女の過去編が始まります。1巻で過去が明かされるのは早い気がしますが。稲生姉妹の行方は、次の巻まで持ち越しです。どちらかと言えば本編のほうが好みですが、こちらも興味がわいてきたので読み続けます。

さて、作画担当の匣咲いすかさんですが、今年の4月に急逝されました。27歳でまだまだこれからという時なのに……。ご冥福をお祈りいたします。できれば最後まで同じ人で描いて欲しかったなあ。3巻の発売予告情報を見るとまだ匣咲いすかですが、その後はどうなるのでしょうか。似た絵柄の人か本編の方に描いてもらいたいです。




[ 2013/07/23 19:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年07月20日(土)

羽月莉音の帝国2 

羽月莉音の帝国 2 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 2 (ガガガ文庫)
著者:至道 流星
出版:小学館
発行:2010/04/20

評価〔B+〕 大企業を目指す
キーワード:国家、ビジネス、経済、起業、現代

「おもしろい戦いでしょ。あの自信みなぎる社長に、私が一泡吹かせてあげる」(本文より抜粋)


高校生たちが建国へ。革命部は高校の部活のレベルを超え、立派な上場企業となりました。しかし、国家設立にはまだまだ遠く、資金集めのための企業を大きくする過程です。

一週間の休暇でアメリカへ行って莉音の悪友に会ったり、帰国後沙織が危機に瀕したりしますが、一番の見所は業界一位企業アクオスの社長・立花との争いでしょう。立花は地位に見合った強敵で、莉音たちもてこずります。これまで比較的順調だった莉音の計画も、思い通りにいかない時もあって面白いと思います。ただ、この立花との争いも、この巻では決着がつかず3巻へ持ち越しなところが少々残念でした。

普段縁のないマネーゲームの実態を、小説とは言え少しだけでもこうして見ることができて興味深いです。本書だとTOBについてかな。このあたりのやり取りは確かにゲームのようです。

2巻にして既に動くお金は億から兆に。次の巻では、どこまでいってしまうのでしょうか。





[ 2013/07/20 18:43 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2013年07月12日(金)

誘爆発作2 

誘爆発作(2) (シリウスコミックス)誘爆発作(2) (シリウスコミックス)
著者:岡村 星
出版:講談社
発行:2011/12/09

評価〔B+〕 ついに現れた殺人鬼
キーワード:サスペンス、現代、超常現象

この痛みは俺のじゃないような……。真咲君に何かあったか……?(本文より抜粋)


整備士の久我真咲と娘を殺された武藤勘二。二人の心臓が突如同調して、限定的ながら精神も繋がってしまうサスペンスです。

深夜の調査は一区切りつきますが、事態は急変します。ついに正体を現す殺人鬼。相変わらず緊張感があって面白いです。1巻の幻覚も怖いですが、2巻の現実での危機も恐ろしいです。真咲の恐怖心がこちらにも伝わってきます。著者の殺人鬼に対する考え方や意見が、裏表紙の折り返したところに書かれていて、本編の殺人鬼に反映されています。色々と考えてしまいます。

武藤がピンチになったり真咲が危機に瀕したりと、読者を休ませてくれないのが良いところです。あとがき漫画に「分不相応」とありますが、十分面白いのでこのままがんばって続けてほしいです。




[ 2013/07/12 22:09 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年07月12日(金)

方舟さくら丸 (新潮文庫) 

方舟さくら丸 (新潮文庫)方舟さくら丸 (新潮文庫)
著者:安部 公房
出版社:新潮社
出版日:1990/10/29

評価〔C+〕 もし核シェルターがあったら
キーワード:SF、現代、核シェルター、

「とんでもない、生きのびるための切符です。開けて見てください」(本文より抜粋)


最近は核シェルターという言葉を聞かなくなりました。子供のころは核兵器や核シェルターなんて単語を、今よりは見たり聞いたりしていたような気がします。本書は、世界の危機に備えて一人で巨大な核シェルターを用意した、ある男性の物語です。彼は自分の施設を方舟と呼び、一緒に生きのびる人間を探しているところから始まります。

資産家でもない人が場所を確保し、資金調達や設備管理をほとんど個人でそろえるとなると、この話はかなり現実的だと思います。慎重に綿密に事を運んでいると思っている彼ですが、どうも子供の秘密基地のようなところが可笑しいです。また、用心深い主人公と関係者たちの人間関係も、目を引きます。ノアの方舟と違い、人を乗せるのですからすんなりいくはずがありません。そのあたりの期待や葛藤の心理描写が上手いと思います。

しかし、やや冗長に感じましたのが残念でした。全体的に悪くはないのですが、特に良かったり好きだったりするシーンはありませんでした。他の書評での評価が高いのを見ると、読解力がないのか好みの問題なのか。



[ 2013/07/12 22:05 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年07月04日(木)

人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか 

人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書)人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書)
著者:河野 稠果
出版:中央公論新社
発行:2007/08

評価〔B+〕 難しめだけどためになります。
キーワード:人口、人口学、社会学、統計、出生率、少子化、

新聞、テレビなどのメディアで、その数値が「当たらない」と批判を受ける将来の人口予測だが、経済や社会予測と比較すればはるかに正確である。(はじめにより抜粋)


21世紀に入ってから少子化や高齢化でますます将来が懸念され、人口もついに減り始めました。遠い未来に日本人はいなくなる、なんて予測を出した人もいるようで、これはさすがに行き過ぎだとは思いますが、いろいろと今後が気になる方も多いのではないでしょうか。本書はそれらの問題の大本である人口について考える、人口学の入門書です。人口学は聞きなれない言葉ですが、アメリカにおいては社会学の中でも最も威信の高いものの一つであるとか。簡単に言うと人口の増減を分析し、将来の人口や、年齢別の人口分布である人口構成を予測します。

平均寿命や出生率などよく耳にする言葉はもちろん、同年に生まれた人口集団を指す「コーホート」や、人口増減の惰性である「モメンタム」などの専門用語も解説しています。時間の経過とともに人口構成がある状態に近づいていく「安定人口」の話が興味深いです。また、各国では人口に対する様々な問題をかかえていますが、本書の後半は日本での出生率の低下に重点を置いて論じています。晩婚化と未婚率の上昇、避妊方法、男女の意識の変化など興味深いです。

現代の日本でも、乳児の死亡率が40から50歳の死亡率と同じくらいなのが驚きました。育って当たり前みたいな雰囲気がありますが、昔は育てることが本当に難しかったのでしょう。それと、終章で、家庭政策強化によって合計特殊出生率をかなり引き上げることができるかもしれないとあり、希望が持てます。

前半は学術的ですが、後半は身近な話題でありだいぶ読みやすかったです。著者はもっと書きたいことがあったと記述していますが、本書の内容でも素人では量・質ともに手に余りそうだと感じました。内容は濃いですが、そのぶん入門書にしては難しめかな。




[ 2013/07/04 22:00 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2013年07月04日(木)

2013年6月の読書メモ 

日本人はなぜ無宗教なのか〔B+〕
パーフェクトフレンド〔B+〕
六花の勇者〔A-〕
ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (講談社BOX)〔C+〕
地獄変・偸盗 (新潮文庫)〔B〕

以上、5冊でした。ここ一年くらいでは一番少なかったです。思うように時間が取れなかったのが原因です。

驚くべきことに漫画が0冊です。でも、友人から「テラフォーマーズ」を借りて読みましたので、漫画を読んでいないわけではありません。むしろ既読の漫画を何度も読み直していました。「テラフォーマーズ」はああいう漫画なのか……なるほどなるほど。面白かったです。

7月は漫画を多めに読むつもりです。読みたいのたくさんありますからね。


[ 2013/07/04 20:15 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)