2013年05月31日(金)

Q.E.D.証明終了34 

Q.E.D.証明終了(34) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(34) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版:講談社
発行:2009/10/16

評価〔B〕 隠していることを推理する。
キーワード:推理、謎解き

「連中は難民キャンプでなにかしでかしたんだ!」(本文より抜粋)


ソフトウェア会社会長で億万長者のアランの慈善団体のお話「災厄の男の結婚」と、腹部を撃たれた男の謎を追う「母也堂」の中編2つで構成されています。どちらかと言うと前者のほうが面白かったかな。

「災厄の男の結婚」は、アランが結婚を機に作った財団と某国連機関のエピソードですが、ここでは普段はあまり語られない某国連機関の負の部分を明確に書いています。現場慣れしていない人々の机上の空論は、本当にやっかいなものです。なぜ某機関が活動から手を引いたのかが焦点となっていますが、解決に至るあの重要な知識があったにも関わらず、燈馬が指摘するまで気づかなかったのは悔しい。事件解決後のアランの啖呵が良いです。

「母也堂」は、岩手県遠野の伝説・母也堂とお金をせびりにきた人間を絡めた事件です。第二の事件の証拠をどうするのかという問題を、見事に解決したのが良かったです。確かに納得がいきます。

どちらも推理するタイプではなく、難しい状況を解き明かすのを見て楽しむタイプのように感じました。こういうのも悪くありません。



ちょっとネタばれ話は続きにて↓
スポンサーサイト
[ 2013/05/31 20:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年05月31日(金)

羽月莉音の帝国 

羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)
著者:至道 流星
出版:小学館
発行:2010/02/18

評価〔B+〕 ビジネスを部活から始めます
キーワード:国家、ビジネス、経済、起業、現代

「だから言ったじゃない。説明聞いてなかったの?建国するのよ。私たちの国を創るんだから」(本文より抜粋)


ライトノベルでは、主人公たちが様々な部を作り活動していますが、国を創る部活はかつてあったでしょうか。高校に入学したばかりの羽月巳継は、従姉の羽月莉音が部長を務める革命部に入れさせられます。部の目標は、自分達の国家を作ること。冗談としか思えない主張に彼は戸惑いますが、部の仲間とともにとりあえず活動をし始めます。

部活を作って遊ぶとなればギャグがラブコメになりそうですが、さすがはこの著者の物語だけあって、話はビジネスや経済を軸に展開していきます。このあたりは雷撃SSガールシリーズと同じです。まさに経済ラノベ。

国家設立には資金が必要ということで、部を法人化して資金集めに励みます。動くお金が各章ごとに爆発的に大きくなっていくのは、見ていて楽しいです。彼らの活動を見ていると、やりたいことをやるのが職人で儲かることをするのが実業家だということが、実によく分かります。学生より社会人、サラリーマンより経営者のほうが、より実感がわくと思いますので、大人向けですね。いや、野心を持った未成年にも読んでもらいたいです。

まだ冒頭なので、これからどんどん話は大きくなっていくと思います。次の巻も期待していますが、雷撃SSガールシリーズのような結末ではなく、最後までしっかり書いてくれることを望んでいます。




[ 2013/05/31 20:10 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2013年05月25日(土)

明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線 

明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線 (ディスカヴァー携書)明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線 (ディスカヴァー携書)
著者:志村 一隆
出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発行:2011/10/16

評価〔B+〕 どのメディアが隆盛するのか。
キーワード:メディア、予測、テレビ、ネット、SNS、広告、

つまり、既存メディアに新規プレーヤーが参入するのではなく、その外側にあるビジネス分野に新しい成長市場ができるのです。(本文より抜粋)


ネットの普及後、新聞とテレビの影響力は以前よりもだいぶ落ちているように感じています。それではネットのサービス、例えば流行っているSNSが一番影響力をもつメディアとなるのでしょうか。海外のメディア事情に詳しい著者が、海外で起こっている変化と現状、そしてメディアビジネスの将来を予測します。

アメリカなどで起きているメディアビジネスは興味深く、この波が日本にも押し寄せてくるのかもと思います。フールーは少し前にテレビCMが流れていましたしね。しかし、フールーのように海外で成功したものが日本でも成功するとは限らないのが面白いところです。本書が出版された2011年10月から1年半以上経過していますが、まだ大きな変化は起きていない気がします。遅かれ早かれ起きるのか、まったく違うことが起きるのか、予測は難しいですね。海外の『一度購入したら、どこででも見られる』は、某で音楽ファイルをダウンロードしたときに実感したのですが、非常に便利です。映像の分野でも、もっと普及しないかな。

目をひいたのは、新しいメディアビジネスの手法です。バナー広告、検索広告に続くものとして、行動データを軸とした広告が挙げられています。何か行動した人が次に何をするのかを、膨大なデータから予測するこの行動データはなかなか興味深いです。例の「BMWを買った人の約半分は、1週間以内に花を買う」は、かなり意外です。確かに今後の新しい指標になりそうです。

本書の図や表が見づらいです。図や表は分かりやすくするためにあるのに、あまり用をなしていないと思います。

メディアというよりメディアビジネスに重点が置かれていて、全般的に取材報告のようでした。消費者視点ではなかったのが残念です。僕が求めるものが本書と少しずれていた感じです。でも、いくつかの新しい動きは興味深かったです。





[ 2013/05/25 22:28 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2013年05月25日(土)

99%の誘拐 (講談社文庫) 

99%の誘拐 (講談社文庫)99%の誘拐 (講談社文庫)
著者:岡嶋 二人
出版:講談社
発行:2004/06/15

評価〔B+〕 大掛かりな誘拐の行く先は。
キーワード:推理、現代

――申し上げました。私は葛原兼介を誘拐するために作られたコンピュータ・プログラムです。(本文より抜粋)


会社の未来がかかった大金を差し出すことになった12年前の誘拐事件と、社長宅に大金を要求してきた新たな誘拐事件。過去のものと似ている今回の犯行は、果たして関係はあるのでしょうか。第十回吉川英治文学新人賞受賞作。この文庫がすごい!2005年版第1位。「クラインの壷」「そして扉が閉ざされた」とともに、3部作の1つとなっています。

元となった単行本は1988年発行ですが、ネットが普及する前に書かれたとは思えないほど、数々のコンピュータ機器を使われていて驚きました。今でこそあって当然のノートパソコンが当然のごとく登場していて、当時としては先進的な機器に、読者の目はひきつけられたのではないでしょうか。全て綿密に計画され実行された事件は、今の時代に起きても不思議ではありません。また、秀逸なのは人質の捕らえ方です。ありそうでなかった手法だと思います。実にスマート。

犯人の指示であれこれ移動するのは現実味があると思いますが、本書ではそれが長いので少々冗長に感じられたのが残念だったかな。それと、事件後の説明があっさりし過ぎていて物足りなさを感じました。もう少し何か喋って欲しかったです。

誘拐劇は好みではないのですが、その事件の斬新さと臨場感ある描写は見事です。400ページ以上あって長いですが、読者を引き込む力は相当ありますよ。




[ 2013/05/25 22:13 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年05月18日(土)

空想科学少女リカ (空想科学文庫) 

空想科学少女リカ (空想科学文庫)空想科学少女リカ (空想科学文庫)
著者:岡崎弘明+柳田理科雄
出版:メディアファクトリー
発行:2012/11/21

評価〔B〕 科学的にドタバタ小説を書く
キーワード:科学、自然科学、SF

「リカだ!神宮寺リカだ。また変なことやらかしたんだ!」(本文より抜粋)


美少女ではあるが有り余る行動力で問題を起こす神宮寺リカは、登校中に空想科学研究部の日下部と知り合います。こうしてトラブルメーカーと怪しげな機械が出会い、さらなる騒動をまき起こすドタバタ劇です。本書は2004年に出版された単行本を文庫化したものです。

特徴はなんといっても科学的説明です。重力がゼロになったら浮いたという描写では満足せず、地球の遠心力は日本の緯度を考慮して--と細かく描かれます。過剰な説明が面白くてためになります。読んでいて、考えてみれば空気にも浮力が働くんだな~と感心してしまいました。ジャンルはSFなのでしょうが、SF小説とも違う感じがします。小説と科学考察の中間のような印象を受けました。

リカは日常破壊娘の異名どおりの少女で、明るく元気に問題を起こす様は見ていて気持ちのいいくらいです。迷惑ではあるけれど、性格が悪いわけではないのが実に主人公っぽくて良いです。しかし、話自体は単純で、絶賛するほどではありませんでした。

第2話だけ、本文中の語句の補足説明が下の段にあります。一般の小説ならば、読むテンポが崩れてしまうので少々嫌なのですが、本書ではこの無駄とも思える詳しい解説がまた面白いです。雑学に詳しくなりそう。小説として読むのか、科学読み物として読むのかで感想は違ってきそうですが、気軽に読めて楽しめました。



[ 2013/05/18 23:17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年05月18日(土)

Q.E.D.証明終了33 

Q.E.D.証明終了(33) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(33) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版:講談社
発行:2009/06/17

評価〔B+〕 矛盾をどう説明するのか。
キーワード:推理、謎解き

「3人の話す峰山さんの人物像が全然違う!」(本文より抜粋)


3人の証言が食い違う謎を解く「パラドックスの部屋」と、トリックを知っている者が限定されている「推理小説家殺人事件」の2編が収録されています。

最初の「パラドックスの部屋」は、推理小説とは一味違ってQEDシリーズらしい話だと思います。亡くなっていた人について調べていくうちに、故人の人物像が一致しないことに気がつきます。どの証言が正しくて、どの証言が間違っているのか。どう考えればよいのか。解決後もちょっと考えてしまうようなお話です。

「推理小説家殺人事件」は、推理小説家たちが飲み会で話したトリックが、実際に使われてしまった事件です。誰の犯行なのかはもちろん、なぜ皆が知っているトリックを使ったのか?がポイントとなっています。

もう33巻ですが、安定しているので安心してかつ面白く読めるのが、QEDの凄いところですね。




[ 2013/05/18 23:04 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年05月14日(火)

万能鑑定士Qの事件簿 VII 

万能鑑定士Qの事件簿VII (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿VII (角川文庫)
著者:松岡 圭祐
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2010/12/25

評価〔B+〕 強敵出現。
キーワード:鑑定士、知識、雑学、出版、脱税、

「逆錬金術とでも呼ぶべきかな。実に不可解だね。」(本文より抜粋)


膨大な知識と観察力を武器に、難事件を解決していく凜田莉子の物語。今回の舞台は、電子版ファッション雑誌で人気のステファニー出版です。

小笠原君が角川出版の社員なので、出版社が題材なのはあまり新鮮味はないかと思っていたのですが、そうでもありませんでした。カリスマで有能な社長が作り上げたベンチャー企業といった感じで、華やかな世界の裏舞台はこのようなものなのかな~とどこか納得してしまいます。でも、雑誌のチェックはあれほど厳しいのかなあ。多文化を勘違いしている記事や広告なんて結構ありそうだけど。

話の主軸とは別に、純金が他の金属に変わってしまう現象の謎も追います。個人的にはこちらのほうが気になっていました。脱税へと話が繋がっていくわけですが、また違う機会にマルサについても詳しく書いて欲しいです。面白そうです。

ちょこちょこ事件が起きて莉子が解決するのは、スカッと気分が良いのですが、今回は軸となる事件があまり大きく感じられず、意外とあっさり終わったので少々拍子抜けしました。個人的には、はじめからずっと同じ事件を追っていくほうが好みです。



[ 2013/05/14 22:01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2013年05月14日(火)

家電のお買いもの! (マンガ入門シリーズ) 

家電のお買いもの!  (マンガ入門シリーズ)家電のお買いもの! (マンガ入門シリーズ)
著者:るかぽん
出版:飛鳥新社
発行:2012/02/24

評価〔B+〕 新製品を見に行こう
キーワード:家電、家電量販店、通販、買い物、

勉強にもなる楽しい家電選び…。至福…!!!(第7章より抜粋)


家電量販店に行くのが好きです。買うつもりのなかったものに心惹かれたり、見たこともない新機能を搭載した商品を見ていると楽しいです。色々と便利で楽しい家電ですが、機能が多く進歩も早くてよく分からないという方も多いのではないでしょうか。そんな方々に気軽に読んで欲しいのが本書、家電入門本です。著者が某パソコン雑誌で自作パソコンを紹介していたのに興味を持ち、どのような漫画を書いているのか見てみたくなったので読んでみました。

量販店から連想するのはパソコンでしたが、本書では薄型テレビ、掃除機、エアコンなどと多くの種類の家電を取り上げています。専門用語の解説から購入する際の注意、そして購入後の体験談など、家電コミックエッセイと呼ぶに相応しい内容です。ネットで日々値段をチェック、が親近感がわきました。また、機械に弱い人でも、同じように疎い著者の夫・ムームーがあれこれ質問してくれるので分かりやすいです。掃除機やエアコンは、僕も疎かったので勉強になりました。

ただ、昨年頭に出た本なので少々情報が古いです。エコポイントや地デジ化なんて聞かなくなりましたしね。著者も作中で述べていますが、技術の進歩は日進月歩なので仕方ないです。あと、コミックエッセイはどれも値段が……なぜだ。

家電に詳しくても詳しくなくても楽しくよめる本です。一人暮らしをはじめる人や他人と同居をはじめる人は、読んでおくとかなりためになるでしょう。




[ 2013/05/14 21:53 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2013年05月09日(木)

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン 

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)
著者:本田 真美
出版:光文社
発行:2012/06/15

評価〔B〕 それぞれ得意な認識方法があります。
キーワード:SF、現代

人間は情報の八〇%以上を視覚から得るといわれています。しかし、同じものを見ていても、見たものを写真のように認知する人、言語に置き換えて認知する人、がいるのです。(本文より抜粋)


テストするのは頭の出来ではなく、体験をどのような方法で理解・記憶するのが得意なのか、です。同じ体験をしても、景色をよく覚えている人もいれば、言ったまたは言われた言葉をきちんと覚えている人もいます。その違いを知ることができます。最初、性格テストなのかと勘違いしていました。小児科の医師である著者が自らの体験を交えて、認知特性について分かりやすく説明しています。

上記の引用のように、まず視覚・言語・聴覚の3つに大きく分かれ、それから2つずつ合計6つのタイプに分けることができます。序章の後に、認知特性テストがあるので、選択肢をどんどん選んでいき最後に得点を計算すると、自分がどれに属するかが分かります。僕は4番の言語抽象タイプでした。このタイプは、文章を図式化する、書いて覚えるなど。本の特定の文がどこにあるのか読後すぐ分かる、はそうかもね。引用したい場所はだいたい覚えています。視覚優位の人のように人の顔を覚えるのは苦手、聴覚優位の人のように外国語の聞き取りが得意ではないから、言語優位で合っていそうです。

頭の良さは、創造性、推論力、処理能力などたくさんの種類に分けられるのは理解できるのですが、それが認知特性とどう関わってくるのかの説明があまりないように感じられました。全体的に、能力は能力、認知は認知と分かれている印象でした。もっと密接に関係してくるのかと思っていたので、その点はちょっと期待はずれでした。



[ 2013/05/09 22:09 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2013年05月09日(木)

お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想 (oneテーマ21) 

お化け屋敷になぜ人は並ぶのか  「恐怖」で集客するビジネスの企画発想 (oneテーマ21)お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想 (oneテーマ21)
著者:五味 弘文
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2012/06/09

評価〔B〕 お化け屋敷に行きたくなった。
キーワード:お化け屋敷、緊張と緩和、好奇心、

ここで重要なことは、「結果として楽しませる」ということではなく、意識的に「恐怖を使って楽しませる」という点である。(本文より抜粋)


お化け屋敷。大人になってからは聞かなくなりました。もうなくなってしまったのかなーと思っていたのですが、どうやら存続しているようで嬉しくなりました。怖がりなんですが、怖いもの好きなんですよ。著者はお化け屋敷を生業にする『お化け屋敷プロデューサー』です。企画、宣伝から運営まで携わるお化け屋敷のプロが、その魅力の秘密から現状まで詳しく説明しています。

怖いのが良いのではなく、恐怖と安堵の落差を大きくして揺さぶられるのが、面白く楽しいのだと説きます。確かに恐怖ばかりでは、娯楽になりえません。疲れてしまいますしね。また、好奇心や想像力を上手に刺激し、作り物だと分かっていても怖がらせることができるという解説は、分かりやすく納得させられました。

恐怖と快楽の論理が本書の主題なのですが、冒頭と終盤で紹介されてた業界の過去と現状のほうが、正直言って面白かったです。こんにゃくで驚かすなんて手法は現在では使われてなく、ただ見る展示型から体験する劇場型へと進化しているそうです。いくつか紹介してあったのですが、どれも面白そうです。裸足で体験するお化け屋敷なんて、いかにも怖そうで良いなあ。

遊園地はどこも混雑するので行くのは気が進みませんが、こんな面白そうなお化け屋敷があるのならば、今度行ってみようかなという気になりました。



[ 2013/05/09 22:05 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2013年05月02日(木)

クラスメート、上村ユウカはこう言った。2 

クラスメート、上村ユウカはこう言った。(2) (ガンガンコミックスONLINE)クラスメート、上村ユウカはこう言った。(2) (ガンガンコミックスONLINE)
著者:桜井 慎
出版:スクウェア・エニックス
発行:2012/04/21

評価〔C〕 ユウカ、探索続行。
キーワード:SF、現代

「キミには知って欲しい。ちょっと…長くなるけど聞いてくれる?」(本文より抜粋)


ユウカと修士は、自分達の世界に不可解な点があるのを知り、解明に乗り出します。電波×SF×ラブコメストーリーの2巻です。読もうか読まないか迷っていたのですが、最近また気になってきたので読みました。

敵の襲撃が落ち着き、ユウカの過去が語られます。彼女がどのようにして今の性格になったのかを知ることができます。自分の身に起きたら、なかなか怖い話です。修士に語った彼女の推理が正しいかどうかは、今後明らかになっていくでしょう。もっと大掛かりな理由がありそうですが……。

1巻もそうでしたが、SFサスペンスの部分は目を惹き続きが気になりますが、ラブコメの部分はそれほどでもありませんでした。ユウカの可愛さを推すのに力が入りすぎていて、他の部分の完成度が低くなっている気がします。それと、言葉だけの大コマやデフォルメを多用するのは好きではありません。これは演出の好みの問題だから仕方がありませんね。惜しいです。

最後に現れた謎の人物。いったい何を語ってくれるのか。まだまだ謎は続きそうです。




[ 2013/05/02 19:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2013年05月02日(木)

2013年4月の読書メモ 

科学でわかる男と女の心と脳〔A-〕
エスニシティ ゼロワン3〔B-〕
読み上手 書き上手〔C+〕
解決まではあと6人(講談社文庫)〔B〕
無限の住人29〔B+〕

無限の住人30〔A〕
世界平和は一家団欒のあとに〔B-〕
「世界征服」は可能か?〔A-〕
メタボラ(上) (朝日文庫)〔B〕
メタボラ(下) (朝日文庫)〔B+〕

モーフィアスの教室〔B〕


以上、11冊でした。新書、漫画、小説と、思っていたよりはバランス良い読書となりました。評価Aも複数あり良かったです。

印象に残ったのは、最終巻まで読みきった「無限の住人」です。30巻より長い漫画はありますが、これは結構壮大な話だったと思います。最後も納得できる終わり方でしたしね。満足。

久しぶりに一ヶ月で10冊以上読みました。いつ以来だ? この調子で5月も本を読んでいきたいです。



[ 2013/05/02 19:12 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)