FC2ブログ







2013年02月13日(水)

どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 

どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書)どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書)
著者:大内 伸哉
出版:新潮社
発行:2008/08

評価〔A-〕 分かりやすい労働法入門
キーワード:社会人、労働者、労働法、懲戒、解雇

ただ、実際に転勤命令が発せられたときに社員がそれに従わなくてもよいという場合があります。それは転勤命令が「濫用」といえる場合です。では、どうような場合に、転勤命令が濫用と判断されるのでしょうか。(5講より抜粋)


なかなか過激な題名です。読む前は、著者が実際にあれこれ問題行動を起こして、クビになるかどうか試した体験記かと思っていました。もちろん一人で数々の問題を全部実行できる訳ではないので、どこの職場でも起こりそうで問題になりそうなことを、裁判の実例と架空の例を挙げて解説しています。労働法入門です。

どの例も本当に自分の身に起こりそうな事例なのが有用です。上記の転勤をはじめ、残業手当、セクハラ、副業、内部告発など数多くのケースが書かれていて興味深いです。労働法入門と難しそうなわりには分かりやすい文章です。自分の不注意で怪我をした場合は、労災認定されるのか? 酔ったうえでの痴漢行為は懲戒解雇になるの? 産休はボーナスに影響するの?と身近な話が多くのが良いです。

何が問題となるのか何が争点となるのかを、法の観点から解説しているので理解しやすいです。また、一見クビとは関係なさそうな、私的な行動である社内不倫や喫煙問題も扱っていて、単に読み物としても面白いです。

サラリーマンのための、とありますが、雇用する側・雇用される側に関係なく読んでおいて損のない一冊です。これから就職する学生さんたちにも、役に立つと思いますよ。



スポンサーサイト



[ 2013/02/13 21:59 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2013年02月13日(水)

誘爆発作1 

誘爆発作(1) (シリウスコミックス)誘爆発作(1) (シリウスコミックス)
著者:岡村 星
出版:講談社
発行:2011/07/08

評価〔B+〕 緊迫感溢れるシーンが良いです。
キーワード:サスペンス、現代、超常現象

「なぜこんなに胸が痛いの? なぜあなたと話してるの!?」(本文より抜粋)


若い女性整備工・真咲と心臓病の初老の男性・武藤が、20年前に起きた失踪事件に関わっていくサスペンスです。ちなみに、本書は著者のデビュー作だそうです。

2人がある日突然、感覚を共有することになります。序盤は主役たちの混乱が描かれ、説明が続くので落ち着いて読んでいましたが、後半、上記の失踪事件に関するある事を知ってしまってからが、かなり面白くのめりこみました。サスペンスとは言っても推理ものの謎解きではなく、緊張感やスリルを楽しむタイプの漫画です。真咲が見る幻覚のような不思議な光景を見るシーンが凄い。特に、中盤の「知ってた?」は秀逸です。怖すぎ。

漫画はたいていアニメと相性が良いと思いますが、この作品は実写化したほうが雰囲気が出て良さそうです。うまく映像化できたら見てみたい。

デビュー作とは思えぬつくりで驚きました。果たして事件は無事解決するのか、また2人の身に起きている現象の原因は明かされるのか。このままの質で、次の巻でもハラハラドキドキさせて欲しいです。






[ 2013/02/13 21:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)