FC2ブログ







2013年01月29日(火)

舞面真面とお面の女 

舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
著者:野崎 まど
出版:アスキーメディアワークス
発行:2010/04/24

評価〔C+〕 先祖の残した謎解き物語。
キーワード:ミステリ、遺言、現代

「さて。この謎めいた文章は、いったいどういう意味かな」(一二月二五日より抜粋)


もしも、自分の親戚の家に謎の物や言葉が残されていたら、どのようなことを想像しますか? やはり遺産でしょうか、それとも誰かの悪戯だと思うのでしょうか。本書の大学院生・舞面真面は、叔父から頼みたいことがあると言われて尋ねてみると、叔父の祖父、つまり真面の曾祖父の残した一枚の書状を調べて欲しいとお願いされます。彼は従姉妹の水面と別のもう一人とともに、遺言の解明にのりだします。

切羽詰ってはいない、のんびりしたミステリです。舞台の田舎ということもあって、穏やかでのんびりしています。他の作品同様、ちょっとした会話に味があっていいです。ライトノベルほど派手ではないですが。作品の雰囲気は「アムリタ」や「小説家」と似たような感じかな。

でも、終盤の展開は、他の作品に比べると落ちる気がします。真相である曾祖父の意図も良かったですし、どんでん返しも悪くはないと思いますが、意外性や斬新さはあまりなかったように感じました。あくまで著者の他作品と比べて、ですが。これが最初の本でしたら、評価はB-だったかも。

謎解きはいかにも推理小説といった趣ではないと思います。ミステリの部分に期待しすぎないで読むと、良い感じに楽しめるのではないでしょうか。



スポンサーサイト



[ 2013/01/29 21:08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)