FC2ブログ







2012年12月29日(土)

2012年のまとめ 

昨年の大晦日更新を反省して、今年は早めに。といってももう29日ですけどね。

2012年に読んだ書籍は122冊でした。昨年より多く読むことができ、また毎月10冊くらい読めるといいなーという願望のような目標を達成できて良かったです。時間的にも経済的にも、これを超えるのは……現時点では難しそうです。

その122冊の内訳ですが、

小説 (26)
ライトノベル (24)
漫画 (34)
4コマ漫画 (7)
随筆 (3)
社会・歴史 (13)
心理・哲学 (4)
自然科学・医学 (4)
言語 (0)
実用 (7)
WEB漫画 (0)

となっています。昨年のまとめにも書いたように、推理小説のカテゴリーを廃止しました。

自然科学・医学が減って、社会・歴史がかなり増えました。それと実用が増えましたが、これはどのカテゴリーにも属さない本を全てここに収めているからだと思います。自己啓発やビジネス書は分類に迷います。新たに増設すべきなのかな。

漫画と4コマ漫画は全体の約33.6パーセントでした。昨年とほぼ同じ数字です。漫画はある程度好き勝手読むことにしたので、かなり多くなると思ったのですが予想が外れました。凄く読みたい漫画が少ないのが原因かも。面白い漫画を発掘しよう。

小説はライトノベルより多かったのでよしとします。でも、メディアファクトリー文庫をラノベとして換算すると逆転しそうです。このレーベルに限らず、表紙がイラストの小説って最近増えましたよね。何でもラノベに見えてしまいそうだ。


また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 2冊
〔A〕 15冊
〔B〕 86冊
〔C〕 18冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

昨年同様、今年もEがゼロで良かったです。結果を見るとDよりSが多くて良いように見えますが、実感としてはそれほど良好ではなかったと思います。ま、自分でも評価が辛めかなーとは思っていましたが、それを差し引いても平均点は昨年より良くなかった印象です。Sが2つのみで、しかも両方ともS-なのが寂しいですね。来年はS+をつけたくなるような凄い本に出会えますように。

今年の収穫は、野崎まどを知ったことでしょうか。あの急転回が好きです。未読の他の作品も気になります。それと、「漫画版・罪と罰」と「付喪堂骨董店」の2つのシリーズを完結まで読み終えることができて満足しています。

来年の読書の抱負はまだ何も決めていません。うーん、何も思いつかない。本を選ぶ際に、値段を重視し過ぎないとかかな?(笑) それでは、良いお年を。



スポンサーサイト



[ 2012/12/29 22:45 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2012年12月29日(土)

2012年12月の読書メモ 

幻獣ムベンベを追え(集英社文庫)〔A〕
幼年期の終わり(光文社古典新訳文庫)〔B+〕
黄昏乙女×アムネジア4〔B〕
シスタージェネレーター 沙村広明短編集〔B+〕
子供の名前が危ない〔A-〕

そして扉が閉ざされた(講談社文庫)〔B+〕
神と世界と絶望人間 03-08 雷撃☆SSガール2〔B+〕
アカンプリス〔B〕
上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか?〔B-〕
NIGHTMARE MAKER4 〔B〕

街場のメディア論〔B+〕
ミニッツ―一分間の絶対時間〔B-〕


以上、12冊でした。見直してみたら、CがなくてAとBのみ。まあBは評価の幅が広いので、同じBでも結構差があるのですが、それはそれとして全てB以上で良かったと思います。

思ったより漫画とラノベが少なかったです。今月は先月に比べて時間が取れたので、余裕を持って読むことができました。その割には冊数は、先月11冊の今月12冊と、あまり変わりませんでしたけどね。

来月あたまに読む本はもう決まっているので、年末年始はのんびりゆるゆる読むつもりです。



[ 2012/12/29 22:27 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)