2012年10月30日(火)

女と男 ~最新科学が解き明かす「性」の謎~ 

女と男  ~最新科学が解き明かす「性」の謎~ (角川文庫)女と男 ~最新科学が解き明かす「性」の謎~ (角川文庫)
著者:NHKスペシャル取材班
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2011/01/25

評価〔A-〕 ひとつの話題が短く読みやすいです
キーワード:性、ほ乳類、脳医学、生物学、進化

つまり、同じ課題を解くとき、男性は空間を把握する力を使って解いているが、女性は空間を把握する力は使ってはいなかったのだ。(第1章により抜粋)


いつの時代でもどのような文明でも、人の大きな関心事は性、特に異性のことです。書店でも、男性向けに女性の気持ちを説いた本や、女性向けに男性心理を解説した本を見かけます。本書は、NHKが2009年に放送した番組を、書籍化したものです。なお、ダイヤモンド社「だから、男と女はすれ違う」を文庫化したものでもあります。

男性はこうだ女性はこうだというのではなく、どこに違いがあるのか?から始まり、恋愛の仕組み、なぜ離婚に至るのかなど、分かってはいるが科学的に調べてみるとどうなのかに重点を置き、解説しています。進化の歴史とMRIなど科学技術を駆使した調査を組み合わせ、説得力を持たせています。

前半の内容は専門的ではありますが、分かりやすく書かれていて、軽めの科学エッセイのようでした。上記引用の、同じことを考えても男女で頭の使う場所が違う、はなかなか興味深い事実です。驚きと納得が同時に沸き起こりました。また、なぜ人は未熟な状態で生まれるのかの説明も、説得力のあるものでなるほどと思いました。女性のほうが読むのが得意な地図も、関心してしまいました。

一方、終盤の人間の性の未来については、読み応えがあり面白かったです。精子の劣化はいつだか関連記事をネットで読んだ記憶がありますが、染色体の変化の話は初めて知りました。性の仕組みが未だ変化を続けていることに驚きです。

男女それぞれの研究より、男女が向き合う現場を重視しているため、予想よりも身近で軽めに感じましたが、それでも興味深く他人に話して意見を聞いてみたいことが多かったです。





スポンサーサイト
[ 2012/10/30 21:26 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2012年10月27日(土)

付喪堂骨董店〈7〉―“不思議”取り扱います 

付喪堂骨董店〈7〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈7〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
著者:御堂 彰彦
出版:アスキーメディアワークス
発行:2010/03

評価〔B+〕 3人の選んだ結末とは。
キーワード:骨董店、オカルト、連作短編集

それでは始めましょう。彼が忘れている……、いえ、彼の中で消されてしまった真実の物語を。(本文より抜粋)


6巻の終わりから続く大きなエピソードの後編です。

今までは他人が使うアンティークを付喪堂骨董店の3人が対処していましたが、今度は彼ら自身に関する、物語の中核となる話です。6巻を読んで感じた『ヴィジョン』への違和感、隠されていた重要な過去も明らかになります。

書評では構成が上手いと書かれることの多いこのシリーズ。その意味がやっと分かりました。でも、構成が上手いというよりは、最初からきちんと伏線を張っていると言ったほうが合うと思います。

咲の決断、都和子の決意、そして刻也の出した答えはどれも理解できます。最後は予想通りになりそうと思っていたら、意外な結末となったので少し驚きました。きちんと完結して良かったです。シリーズ全体の評価は、Bくらいですね。次回作は、もう少し斬新さや派手さが加わるといいなあ。




[ 2012/10/27 21:29 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年10月27日(土)

丘ルトロジック  沈丁花桜のカンタータ 

丘ルトロジック  沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)
著者:耳目口 司
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2010/10/30

評価〔B-〕 狂った雰囲気が漂う部活動
キーワード:学園、オカルト、現代、

内容は把握できないが、名前から想像するにおそらく丘を研究する同好会のようなものらしい。丘が何を示すか、俺には風景的な丘以外に思いつかなかった。(本文より抜粋)


風景をこよなく愛する高校一年生の咲丘は、掲示板に「丘研」と書かれたチラシに目を奪われます。自分と同じ趣味の人がいて、思う存分語り合うことができるかもしれない! 希望を胸に抱き彼は部室へ向かいますが、そこは丘を研究する会ではなく、変わった人たちが集うオカルト研究会だったのです。第15回スニーカー大賞“優秀賞”。

学園もののライトノベルで、主人公が妙な部活に入部するというよくある設定です。部員が奇人変人なのもありがちですが、丘研は「変な」と形容するよりはむしろ「狂った」「反社会的な」といった言葉が似合いそうです。部員達はライトノベルではあまり扱わない、扱いにくい特徴を持っています。しかし、全員を説明しようとするあまり、ひとりひとりの描写が不足しているように思います。人を減らすなどして、もっとじっくり書いて欲しかったかな。

題名に反してあまりオカルトっぽくありません。期待して読んだのですが、その点は残念でした。また、なぜオカルトと題されているかは、あとがきを読めば分かります。でも、こういうのも本文中で誰かに言わせたほうが良かったのでは。

終盤勢いもありますし、登場人物も個性がありますが、話が荒削りのように感じました。キャラクターの癖の強さも含めて、人に薦めるかどうかは迷ってしまう小説です。




[ 2012/10/27 21:21 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年10月22日(月)

罪と罰9(アクションコミックス) 

罪と罰(9) (アクションコミックス)罪と罰(9) (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版:双葉社
発行:2010/11/27

評価〔B〕 弥勒の決断は……
キーワード:シリアス、漫画化、

「お前の心が……、お前の心の底にあるものが………、お前にそれを教えてくれるだろう。すぐに分かるよ、ミロク」(本文より抜粋)


9巻の表紙は、首藤とエチカの二人です。弥勒に進むべき生き方を提示した彼と彼女。まるで弥勒の心中を表しているようで、緊迫感があります。

これ以上はないくらい重要な決断を前に、エチカと首藤は偶然にも出会ってしまいます。ともに弥勒に大きな影響を与えた二人は激しくぶつかり合います。そして、行動を起こす彼によって物語は終局へと突き進んでいきます。

首藤の言葉は、無視できそうだけれど無視できない、良くも悪くもどこか心を深く揺さぶります。だから弥勒もエチカも、そして読者も色々考えてしまうような気がします。

罪を取り戻す道か、欲望を肯定する道か。どのような結末をむかえるのか。最終巻でうまくまとめてくれることを願っています。



[ 2012/10/22 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年10月22日(月)

アラクニド5 

アラクニド(5) (ガンガンコミックスJOKER)アラクニド(5) (ガンガンコミックスJOKER)
著者:村田 真哉、いふじ シンセン 他
出版:スクウェア・エニックス
発行:2012/02/22

評価〔B+〕 次々に現れる「虫」たち。
キーワード:殺し屋、昆虫、現代

「あなたも「組織」の人なんですか」(本文より抜粋)


ついに幕を開けた蜘蛛狩り。なんとか最初の刺客を退けたものの、次々とアリスの前に現れる殺し屋たちに、彼女はどう戦うのか。殺し屋アクション漫画の5巻です。

この巻はアリスはあまり活躍せず、響先輩と新キャラクターの戦闘がメインとなっています。大コマや見開きをふんだんに使って迫力あるシーンを演出していますが、どうも響が真面目に戦えば戦うほど何か笑ってしまいます。「今のは無しだ」は笑いました。いや、本人はかなり大真面目にやってはいるのですが。未読の方には、ぜひ彼の山篭りの成果を見てもらいたいです。

時を同じくして、アリスは生徒会長・黒川沙羅と、沖と田嶋は別の新たな「虫」と対峙します。黒川沙羅の口から重大な事実が告げられるのですが、それほどは驚きませんでした。あぁやっぱりと言ったところかな。

アクションシーンばかりですが、十分楽しみました。さすがだよ、響先輩。次はアリスの活躍、またはこの巻で戦わなかった「虫」たちの能力が発揮されることを期待しています。




[ 2012/10/22 21:19 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年10月20日(土)

それでもドキュメンタリーは嘘をつく (角川文庫) 

それでもドキュメンタリーは嘘をつく (角川文庫)それでもドキュメンタリーは嘘をつく (角川文庫)
著者:森 達也
出版:角川グループパブリッシング
発行:2008/09/25

評価〔B+〕 ドキュメンタリーは表現だ。
キーワード:ドキュメンタリー、マスメディア、映画、映像

ドキュメンタリーは徹底して一人称なのだ。(第4章より抜粋)


大人になってからドキュメンタリー番組を見るようになりました。日々のニュースとは違って一つの話題に時間をかけている分、じっくり見ることができるが好きです。ドキュメンタリーは客観的な視点で作られ、ニュースの拡大版もしくは特集のようなもの、と思っていましたが、本書を読むとどうやらそうでもないらしいのです。テレビのディレクターや映画監督としてドキュメンタリー作品を手がけ、オウム真理教のドキュメンタリー「A」を撮った著者が、体験や作品をもとに自論を述べています。

ドキュメンタリー映像は表現することで、完全なる公正や中立は不可能だと解いています。確かに、何をとりたいのか、何をどう伝えるのか、と考えていくと主観的にならざるを得ません。人が作るものなので、客観的にしようとしても監督の考えが作品に影響してしまうのでしょう。

また、事実のみ伝えると思われていたドキュメンタリーに、表現するための作為が存在することがあることを知りました。ドキュメンタリーでも取り直しや役者を使うなんて知りませんでした。

タイトルの「嘘」とは、上記の主観やこれらの作為を示しています。客観性が大切なのではなく、作り手の意図や主張、撮る側と撮られる側の関係がドキュメンタリー映画を作ると強調しています。対象への距離ではなく、距離を自覚することが重要とも述べています。

映画以外にもテレビの自主規制の実情も書かれていて、マスメディアの現状が分かります。よく整理された読みやすい読み物ではないと思いますが、これからこの世界で働こうと思う人や、現在働いている人には知っていて欲しい内容です。





[ 2012/10/20 21:35 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2012年10月17日(水)

小説家の作り方 (メディアワークス文庫) 

小説家の作り方 (メディアワークス文庫)小説家の作り方 (メディアワークス文庫)
著者:野崎 まど
出版:アスキーメディアワークス
発行:2011/03/25

評価〔B+〕 どう進んでいくのか分からないのが良い
キーワード:小説、現代、

「はい。物実先生。どうか私に、小説の書き方を教えていただけないでしょうか」(本文より抜粋)


少しは小説を読んできたつもりですが、“この世で一番面白い小説”はどのようなものか?と誰かに問われたら答えに窮します。本書の主人公・物実は新人作家ですが、彼も“この世で一番面白い小説”は想像できません。

ある日、彼は初めてもらったファンレターの差出人・紫から、“この世で一番面白い小説”のアイディアを思いついたと伝えられます。さらに、彼女は文章の素養がないため、彼に小説の書き方を教えて欲しいと頼みます。こうして始まった小説教室ですが、物語は思わぬ方向へと突き進んでいく……という展開です。

本ではなく本の作者に焦点を当てたのは、珍しく新鮮だと思います。近頃珍しくなくなった「漫画を描く漫画」のように、作り手側の心理状況が分かります。途中まではゆるやかに進み、思わぬ急展開があるのはこの著者の他作品と同じです。小説ではなく小説家。読み終わってからタイトルを見ると、また違った感想を抱くでしょう。

前から思っていたのですが、問題の人物・紫や終盤登場する在原と、個性的な女性を書くのが上手いです。対して男性はどうも同じような感じなのが、残念と言えば残念です。

一つ注意すべきことがあります。半分くらいまで読んで、あとがきを読んでおこうかなと後ろからページをめくっていたら、参考文献のページも見てしまいました。そこから、ぼんやりと先が見えてしまい、あぁ見なければ良かったと少々後悔しました。未読の方は前から順にめくっていくことをお勧めします。

どことなく[映]アムリタを思い出す小説でした。終盤のジャンル変更とも思える変化は好みでしたが、終わり方があまり好きではなかったのが残念です。でも、全体的に楽しめました。面白かったです。




[ 2012/10/17 20:43 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2012年10月09日(火)

アクセス(新潮文庫) 

アクセス (新潮文庫)アクセス (新潮文庫)
著者:誉田 哲也
出版:新潮社
発行:2007/01

評価〔C-〕 ぶつ切れ感があるのが、どうも……
キーワード:ネット、現代、サスペンス、ホラー

すぐ、画面には一杯の闇が広がった。登録した誰もが、最初はこの表示に戸惑っただろう。タイトルも何も出てこない、ただ黒い、闇。(第三章より抜粋)


ネットを使ったサスペンスものを探していたらたどり着いたのが本書です。

親友の死後、女子高生・可奈子に不気味な電話がかかってくるようになります。時を同じくして、彼女の従姉妹・雪乃にも不可解な出来事が起きます。誰かを紹介すれば、自分の携帯電話もネットも無料になるサイト「2mb.net」に登録した高校生たちには、様々な事件が発生していました。何が起きているのか、原因は2mb.netなのか、可奈子たちは降りかかる災難から逃れるため、事件解決へと行動をおこすサスペンスホラーです。

主要人物に高校生、題材にネットと今風の小説ですが、内容は順当と言いますか、あまり新鮮さは感じられませんでした。後半、あの場所とあの「のっぺらぼう」は怖いのですが、ただそれだけといった感じがしてあまり面白くはなかったかな。もう少し納得できる説明や設定があれば、感想も違ったのかもしれませんが。

最後の出来事には、ちょっと「おっ」と思いましたが、本書のもの足りなさを補うほどではありませんでした。各シーンを個別に見ると悪くないのに、全体としてみると、なんだか流れが悪いと思います。まとまりに欠けるのかな。人物の魅力でひきつけるのか、ストーリーの奇抜さを売りにするのか、怖さを追求するのか、どっちつかずのようになってしまっているようで残念です。




[ 2012/10/09 21:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2012年10月06日(土)

ひぐらしのなく頃に 第二話 綿流し編 (下) (講談社BOX) 

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~ (下) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~ (下) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版:講談社
発行:2007/11/02

評価〔B+〕 問題編の中では一番面白いかもしれません。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

「昨日の綿流しの晩さ。……富竹さんと鷹野さんに会わなかった?」(本文より抜粋)


綿流し編の下巻です。綿流しの晩が終わって、翌朝から再開します。

鬼隠し編が前原圭一の物語ならば、今回はご覧のとおり園崎姉妹、魅音と詩音にスポットが当てられています。彼女達が置かれている立場や雛見沢の歴史、村の実力者たちと、「ひぐらしのなく頃に」の舞台をより詳しく知ることができ、ようやく整ってきた感じがします。しかし、相変わらず圭一の主観なので、まだまだ未知の事もあります。そのあたりにも、色々とあるのですがそれはまた後で。出題編ですしね。

ホラーっぽい鬼隠し編とは違って、恐怖を感じつつも事件の裏側が明かされていくサスペンスの面白さがあります。物語として見ると、綿流し編のほうが良いです。

徐々に分かってきた反面、新たな謎も生まれます。ある人物の突然の豹変、終盤の大石の発言。そして、2つのエピソード共通の謎、毎年起きるオヤシロさまの祟りも……。

綿流し編は終わりまた一区切りです。ちなみに、綿流し編の解答は目明し編となっています。出題編はあと2つ残されていますので、アニメを思い出しながらじっくり読みます。




[ 2012/10/06 21:32 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年10月04日(木)

2012年9月の読書メモ 

ひぐらしのなく頃に 第一話 ~鬼隠し編~(下)〔B+〕
Q.E.D.証明終了32〔A-〕
なぜ通販で買うのですか〔B-〕
「IT断食」のすすめ〔B〕
イマジン秘蹟3 WORLD’S END=SUPERNOVA〔C〕

13階段 (講談社文庫)〔A-〕
付喪堂骨董店〈6〉―“不思議”取り扱います〔B〕
罪と罰8(アクションコミックス)〔B〕
妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)〔A-〕
ひぐらしのなく頃に 第二話 綿流し編 上(講談社BOX)〔C+〕


以上、10冊でした。10冊読んで漫画が2冊。これだけ漫画率が低かったことってありましたっけ? なぜか漫画が少ない一ヶ月でした。代わりと言ってはなんですが、ライトノベルが4冊と多かったです。講談社BOXのひぐらしを読み始めたから、今後はラノベ率が上がりそうな予感がします。

Aが3つかぁ……少し評価が甘かったのでしょうか。それだけ読書を楽しんだと前向きにとらえておきます。



[ 2012/10/04 21:02 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)