2012年09月30日(日)

ひぐらしのなく頃に 第二話 綿流し編 上(講談社BOX) 

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~(上) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~(上) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版:講談社
発行:2007/10/02

評価〔C+〕 日常の描写が長い……。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

「あの……ごめんなさい。言いそびれちゃってたんですけど……私、園崎詩音なんです。……魅音は双子の姉なんです。」(本文より抜粋)


鬼隠し編に続いて2つ目は綿流し編です。続きものではありますが、鬼隠し編の終わりから再開するのではなく、時間を遡って前原圭一が雛見沢に馴染んできたあたりから始まります。

今回は新キャラ・園崎魅音の妹――詩音が登場します。魅音と詩音は一卵性双生児で、見かけはまったく同じですが、性格は違います。どう違うかは読んでのお楽しみということで。彼女の登場とともに物語は広がりを見せ、何が何だか分からないまま終わってしまった鬼隠し編とは違って、村の歴史など色々と明らかになっていきます。アニメを見てだいたい知っている者の印象としては、鬼隠し編が「恐怖」ならば、綿流しは「謎」と言ったところでしょうか。一番サスペンスっぽいかな。

上巻なので、話はまだゆっくりと展開してますが、どうも祭りが始まるまでの日常の部分が長いです。後半の非日常を引き立たせるため、そして必要なシーンも削れないことを差し引いても、冗長だと思いました。2つ目で主要人物の説明を割愛しているのだから、もう少し短くできるような……。

終盤のあの冒険は結構忘れていて、なかなかドキドキしました。いい味でてます。BOXカバーの後ろの絵に気づき、少々驚きつつ下巻を読むことにします。




スポンサーサイト
[ 2012/09/30 22:04 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年09月30日(日)

妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 

妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
著者:オリヴァー サックス、Oliver Sacks 他
出版:早川書房
発行:2009/07/05

評価〔A-〕 奇妙な症状で人生を見つめなおします
キーワード:病気、神経系、人生、哲学、エッセイ

テストは終了したと思ったのだろう、帽子をさがしはじめていた。彼は手をのばし、彼の妻の頭をつかまえ、持ちあげてかぶろうとした。妻を帽子とまちがえていたのだ!(本文より抜粋)


題名を見てまさかと思い、読んでみたら上記の引用のとおり本当に間違えていて、驚きました。本書は、神経科の医師による、非常に珍しい症状の患者たちについて、思うことを綴っています。

裏表紙には「驚きと感動の医学エッセイ」とありましたが、専門的な記述が多いです。前置きと各章の説明は、医学にある程度の知識があれば面白いのかもしれませんが、素人が読むとなると専門用語が多く分かりやすいとは言えませんし、あまり面白いとも言えない気がします。

しかし、患者の描写は面白く引き込まれます。著者もはじめにで書いているように、症状のみを記述するのではなく、患者の生き方や人生を含めて伝える叙述力を重視しているようです。このような奇妙な患者がいるで終わらず、その状況であのように生きている、そのように思っていると、患者が一人の人間として具体的に描かれているのです。記憶が保持できない男性、自分の体の感覚を自覚できない女性、チック症との独自の付き合い方を発見した男性と、健全な人でも人生を考える上で参考になる物語が語られています。また、失語症病棟のある風景「大統領の演説」は皮肉めいていて面白いですし、知的障害の若い女性「詩人レベッカ」はそういう人々に対する見方が変わる新鮮な話でした。

24篇もあるので、さすがに質にばらつきがありますが、どれかは心に響くものがあるのではないでしょうか。解説の部分が少々退屈に感じることもありましたが、著者と患者のやり取り・交流の部分は意義深いものだと思います。



[ 2012/09/30 22:01 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2012年09月25日(火)

罪と罰8(アクションコミックス) 

罪と罰(8)  (アクションコミックス)罪と罰(8) (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版:双葉社
発行:2010/05/28

評価〔B〕 結末へ向けての助走
キーワード:シリアス、漫画化、

「奪われたらなら取り返そう…!あなたの罪を――!」(本文より抜粋)


現代日本版罪と罰も8巻まできました。表紙は首藤、あれ? 彼は前も表紙を飾ったことありましたよね? 2回目ですか、まぁ弥勒に大きく影響を与えた人物だから納得と言えば納得か。

弥勒はこれからどう生きるか大きく2つの道を突きつけられ、迷いそして苦悩します。この巻では何人かの重要人物と会い、決断する判断材料を求める彼の姿を描かれています。道を示した2人の他に、もう一人、裏表紙のあの人物も再登場し弥勒の人生を案じます。部屋での会話が緊張感があり、重みもあります。

冒頭でエチカが見抜いたように、弥勒は心配してくれる人が結構いるにもかかわらず、そのことに気づいていません。何かを一心に悩んでいると、まわりの思いやりが見えてこないのは、よく分かります。んー、僕もそうなっているかもしれないので、人の振り見て我が振り直せかな。気をつけよう。

最後のシーンでもうひと波乱ありそうな感じになってきました。あと2冊でどのような結末をむかえるのか。今年中には読み終わらせよう。




[ 2012/09/25 18:51 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年09月19日(水)

付喪堂骨董店〈6〉―“不思議”取り扱います 

付喪堂骨董店〈6〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈6〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
著者:御堂 彰彦
出版:アスキーメディアワークス
発行:2009/10

評価〔B〕 ついに過去が……。
キーワード:骨董店、オカルト、連作短編集

「もう一度言う。君の持つ『アンティーク』が必要だ。そして僕達は――」(第三章より抜粋)


付喪堂骨董店の人々と不思議な道具・アンティークのお話も6巻まできました。この巻もこれまでどおり4章構成ですが、4章とも全部繋がっています。区切りはありますが、流れのある大きな一つの話としてみたほうが良いと思います。

5巻で出てきた男女2人が再び現れます。アンティークの存在を知りつつも、数多く登場してきた人々のように力に溺れることのないように見える彼らは、何を考え何を思うのか? 彼と彼女の話はひと段落しますが、また後で登場しそうです。

後半は、ついに刻也と咲の出会いと過去の一部が明かされます。やっとか!と思いながら読みましたが、やはりこういう主要人物の過去が分かると良いですね。より人間らしさが出てきて。しかし、全てが明かされる訳ではなく、また新たな謎も発生しました。

次の7巻が最終巻です。都和子の過去も語られるのでしょうか? うまく綺麗にまとまることを願っています。



ネタばれはつづきにて。
[ 2012/09/19 21:45 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年09月19日(水)

13階段 (講談社文庫) 

13階段 (講談社文庫)13階段 (講談社文庫)
著者:高野 和明
出版:講談社
発行:2004/08/10

評価〔A-〕 難しい制度について考える
キーワード:死刑制度、ミステリー、冤罪、刑務所、加害者と被害者

「死刑囚の冤罪を晴らすんだ。どうだ?俺と一緒にやってみる気はないか?」(本文より抜粋)


タイトルから連想するとおり、死刑を題材としたミステリーです。推理小説では犯人を暴いて、場合によっては法の裁きを受けさせるところで終わるものが多いのですが、本書は判決が下ってから刑が執行されるまでを描いています。

日本では罪を犯した人に与えられる最大の罰である死刑ですが、犯罪に関係なく暮らしている人々にはあまりピンとこない話題だと思います。時折執行されたことが新聞などで控えめに伝えられる、そんな印象があります。実態はどのようなものなのか、本書はその答えの一つにあると思います。

刑期を終えた三上は、刑務官の南郷から冤罪を晴らす調査に誘われます。冤罪をこうむりそうなその死刑囚は事件当時の記憶がなく、あるのは階段を見たという記憶のみ。死刑執行まで時間がないなか、二人は真相にたどり着けるのか?といったストーリーです。ミステリーの部分よりも、死刑にまつわる描写や情報のほうがずっと印象に残りました。例えば、冒頭のあのシーンはそういう仕組みになっていることは知っていましたが、物語として見ると非常に迫力があり圧倒されます。もちろん、ミステリーとしても楽しめます。途中ミスリードに見事にひっかかりましたしね。やられた。

本書は現実味のあるで単なる娯楽小説では終わりません。加害者と被害者、犯罪と刑罰、難しい問題ですが考えさせられます。刺激的で影響力がありそうな本です。




ネタばれは続きにて。
[ 2012/09/19 21:39 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2012年09月15日(土)

イマジン秘蹟3 WORLD’S END=SUPERNOVA 

イマジン秘蹟    3.WORLD’S END=SUPERNOVA (角川スニーカー文庫)イマジン秘蹟 3.WORLD’S END=SUPERNOVA (角川スニーカー文庫)
著者:本田 透
出版:角川グループパブリッシング
発行:2008/05/01

評価〔C〕 主役か傍観者か
キーワード:学園、オカルト、現代

「単刀直入に言おう。今回発生した魔女は、日本史上初の感染型魔女だ」(本文より抜粋)


魔女狩りを目的とする部活、通称イマジンが活躍する学園オカルトものの3巻です。今久留主高校で発生した次々と人格が変化する怪奇現象を、制限時間以内に解決しなければならなくなった彼ら彼女らのお話。

本筋があまり捻っていないせいかドタバタしているうちに、急にクライマックスに突入してしまった感じが強かったです。今までの巻と違って、意外性が少なくてちょっとガッカリしました。事件の犯人とのやりとりは深くて悪くはないのですが。物語の主人公と傍観者の話は、このシリーズの重く真面目な箇所を上手く表現しているんじゃないのかな。いやに人間臭いのが良い所だと思います。

印象に残ったのは、混沌と化した高校に表れたあの魔法少女です。彼女にとっての主人公ってあんな感じなのか……なんか分かる気がします。新しく登場した生徒会長の寅屋敷薫は、それほど目立ちませんでした。前2巻と違って、イマジンと玲於奈はあまり活躍しなかった気がします。

この巻の事件とは別の話になりますが、ある人物の含みのある発言によって、状況が変わってきそうです。そのあたりは次に期待しましょう。今度は、2巻のように捻って欲しいです。






[ 2012/09/15 21:53 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年09月11日(火)

「IT断食」のすすめ 

「IT断食」のすすめ (日経プレミアシリーズ)「IT断食」のすすめ (日経プレミアシリーズ)
著者:遠藤 功、山本 孝昭 他
出版:日本経済新聞出版社
発行:2011/11/10

評価〔B〕 使わないほうが良い場合もありますよ
キーワード:IT、仕事、現代

それまではできなかったことが新たな道具によってできるようになることは素晴らしいし、時に強い興奮をもたらしてくれる。しかしそれが可能になったからといって、本当に我々個々人と組織の能力は高まるのだろうか。ますます仕事や時間の「質」を低下させるというリスクと真剣に向き合う必要がある。(第1章より抜粋)


仕事の取引先から資料をもらった時に、「あぁこんなに丁寧な資料、作るのさぞかし時間がかかったんだろうなー。もっと簡単なもので十分だと思うのに……」と複雑な気持ちになったことがあります。頑張りは分かりますが、労力を省くためのパソコンなのに、返って時間をくってしまっているように感じました。どうしてこういうことが起きるのでしょうか。本書はIT業界のプロ2人が、過度なIT依存によって生じはじめた不利益・損失を、具体的な例を挙げて分かりやすく説明しています。

職場によってはそこで働く人が感じている、効率があがったように感じない原因と打開策を論じています。原因として随時送られてくる大量の情報・電子メールと、膨大な価値の低い情報の存在を挙げていますが、こうしたことが問題になっている所は予想よりも多いらしく驚きました。読んでいると規模の大きな職場によく見られるそうです。たしかに大企業では個人がおかしいと思っていても、一度決まったことはなかなか変更するのは難しいようで、こうした情報ばかりが優先され実務が後回しにされてしまうことって中にはあるんだろうなーと妙に納得してしまいました。また、システム部門とモンスターユーザーの話が興味深いです。責任者の決断は、責任を取るからこそ重いのですが……。

「無駄なメールは送らない」「無駄な資料は作らない」と当たり前のような結論はともかく、上司と部下の会話を増やし、顧客と会い現場を見て、自分で考えることの重要さを再認識しました。実にアナログですが、こうしたことは基本だと思います。

本書は新書ではありますがビジネス書っぽいので、職場でのIT断食にしか触れていませんが、私生活におけるIT断食についても語って欲しかったです。最初、私生活が主な内容だと勘違いしていました。うっかり。

ITによって省ける時間は省いたほうが良いですし、機械に頼らないと駄目なこともたくさんあります。要は、使う側の問題なんだと思います。現時点では問題ないと思いますが、機械に使われるのではなく、うまく使いこなせるよう心がけます。




[ 2012/09/11 21:27 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2012年09月06日(木)

なぜ通販で買うのですか 

なぜ通販で買うのですか (集英社新書)なぜ通販で買うのですか (集英社新書)
著者:斎藤 駿
出版:集英社
発行:2004/04/16

評価〔B-〕 日本の通販の歩み
キーワード:通信販売、信用、

人々はなぜ、手のひらを返したように、「コトバと写真だけの商品」を買うようになったのか。それって、ちょっとした買い物の革命ではなかったか。(本文より抜粋)


ネットが発達してから街に変化が現れてきました。町の本屋さんが激減したのは、ネット通販、特にAmazonの登場が大きく影響していると思います。最近では、通販と家電量販店が激しい競争をしているようです。通販はどのようにしてこのように大きく成長したのでしょうか。

本書は、通販生活でおなじみのカタログハウス社の社長が、明治からの日本の通信販売の歴史について語ります。この著者は、かなり昔に大ヒットしたルームランナーを作った方だそうです。

さて、僕は上記のようにネット通販の成功の秘密が知りたかったのですが、内容は主に昔ながらの通信販売についてでした。しかし、読んでみるとなかなか興味深いです。なぜカタログではなくカタログ雑誌なのか、日本とアメリカの通販の違いからはじまり、ルームランナーの成功のカギ、実店舗に勝る通販の強みなど、経験豊かで成功を収めている著者の意見は、小売業の人々にとって商売の役に立ちそうです。

序盤の詳しい記述や引用は読みづらく、正確な解説はその業界の人には良いのですが、まったくの素人に読ませるにはどうかなと思います。2章からは読みやすくなったので良かったのですが。それと、砕けた話口調の文章は好みの分かれるところです。本よりも講演のほうが向いていそうな感じです。

また、現役で商売をしている人が自分の会社を語るので、宣伝ととれなくもない点が難しいところです。著者も本分でそのことに触れていますが、それは読む側の価値観次第なのかもしれません。

どの商品を売るか決めるのが通販の個性であるという主張は、本をとおして読むとよく分かります。でも、本書に全面的に賛成かというと、そうでもないかな。物を売る上で有用な内容ですが、好みではないって感じです。評価するのに悩む本でした。




[ 2012/09/06 23:17 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2012年09月06日(木)

Q.E.D.証明終了32 

Q.E.D.証明終了(32) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(32) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版:講談社
発行:2009/01/16

評価〔A-〕 騙される面白さがあります
キーワード:推理、謎解き

「私が君を驚かしてやろう。見たこともないマジックを見せようじゃないか」(本文より抜粋)


マジシャンの黒法子が、手品のタネを見破る燈馬を驚かそうとする「マジック&マジック」、ある殺人事件と金融危機が複雑に絡み合う「レッド・ファイル」の2話です。

「マジック&マジック」は実に良かったです。全て解き明かしてしまう燈馬に対し、人を欺くプロがいかに挑むのかが見どころで、最後までどちらに軍配が上がるかワクワクしながら読みました。最後のオチが綺麗に決まりまって気持ち良い。アリバイ崩しも良いのですが、こうした騙し合い・コンゲームこそQEDを知らない人に読んで楽しんでもらいたいです。マジックはエンターテイメントだ。

「レッド・ファイル」は金融がらみの事件で、殺人事件としては今までどおりの出来です。ですが、ポートフォリオなど素人には馴染みのない専門用語を分かりやすく説明してくれて、事件の真相よりもなんというか面白かったです。金融工学の専門家・フライヤの予測の話は興味深いですね。事件解決後のおまけ話も、いかにもありそうで良い感じ。

読後感が良かったです。こうしてまた、うまく騙されたいものです。




[ 2012/09/06 23:09 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年09月03日(月)

ひぐらしのなく頃に 第一話 ~鬼隠し編~(下) 

ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~(下) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~(下) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版:講談社
発行:2007/09/04

評価〔B+〕 がんばれ圭一。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

俺は殺されない。…こんなわけもわからない内には…絶対に。(P94より抜粋)


鬼隠し編の下巻です。なにかが起こりつつも、事件の全貌がまったくつかめない圭一はどうするのか。本書の外箱シールにあるように、「前原圭一、孤軍奮戦」です。

圭一の主観のみで語られるので、他の人が何をしているのか分からず恐怖感ばかりが募ります。事件は一応収束しますが、はっきりした説明がなく終わるので不満が残るかと思います。でも、この不気味な雰囲気がサスペンスホラー的で結構好きです。ミステリーとしてはどうかなと思いますけど。

そういえば、圭一やレナ、魅音は中学生なのでしょうか、高校生なのでしょうか。作中では、まだ断言されていないと思うのですが……。先ほどウィキペディアで調べてみたら、中学生とのことです。そうだったんだ。

上巻も下巻もしおりが入っているのですが、その台詞が良いです。引用に使おうかと思ったくらい。良い味だしています。ちなみに、今回は「仲間ってのは隠し事なんかなしだろ? そうだろ!?」です。後の展開を知っていると、なるほどねぇと思うのです。

あとがきで、社会的に伝えたいメッセージを内包したとあります。このメッセージを今一度受け取るべく、次も読むつもりです。




[ 2012/09/03 22:17 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年09月03日(月)

2012年8月の読書メモ 

エスニシティ ゼロワン2〔B〕
お嬢さん(角川文庫)〔B〕
売れるデザインの発想法〔C〕
ネクログ1〔C+〕
[映]アムリタ〔B+〕

壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか〔A-〕
付喪堂骨董店〈5〉―“不思議”取り扱います〔C+〕
罪と罰7(アクションコミックス)〔B+〕
人はなぜ怒るのか〔B〕
ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上〔B-〕


ちょっとお知らせ、またはお詫びまたは訂正があります。8月の6冊目は付喪堂5ではなく、「壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか」で、評価はA-です。更新日時は、アムリタと付喪堂5の間です。感想を書いたのにアップロードするの忘れていました。読者メーターのほうは、きちんと更新したのに。10冊読んだのに、9冊しか感想がなくてびっくりしました。

ネットの青空文庫で、太宰の「女学生」や「走れメロス」なども再読していました。メロスは久しぶりに読みましたが、やはり友人を置いていくのは酷いんじゃないのかな~、と思うのです。

評価が辛いような気もしますが、読んだ直後の感想を素直に記録していきます。




[ 2012/09/03 22:11 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)