FC2ブログ







2012年05月04日(金)

月見月理解の探偵殺人5 

月見月理解の探偵殺人 5 (GA文庫)月見月理解の探偵殺人 5 (GA文庫)
著者:明月 千里
出版:ソフトバンククリエイティブ
発行:2011/06/16

評価〔B+〕 探偵殺人三昧の最終巻。
キーワード:殺人ゲーム、サスペンス風

「教えてやろう……この俺様の前では、お前の言う『真実』なんて、何の役にも立たないということをな!」(本文より抜粋)


ついに最終巻となったこのシリーズ。4巻の続き、グラウンド・ゼロ主催の探偵殺人ゲームの後編です。

最終巻だけあって、主要人物が一堂に会します。メインの敵はやはりグラウンド・ゼロではなく、彼女の後継者のあの人物と、2巻から因縁のあるドッペルゲンガーこと花鶏。危機感を演出するためのルール変更がありますが、このシリーズの題名どおり探偵殺人ゲームですべての決着がつきます。理解の生かされている本当の理由も明らかにされます。決勝戦はテンポが良いのですが、様々なことを詰め込んだためか駆け足気味に感じました。しかし、予想とは違った駆け引きが面白かったです。

後継者の《災禍の中心》はいったい何なんだと思っていたら、前の巻の最後で書かれいた能力そのままだったのでちょっと驚きました。確かに凄いといえば凄いけれど、すべてを統べるって感じではないような気がします。《災禍の中心》の能力は面白いので、これ1冊しか語られないのは惜しいです。

上記の2点より、もう少しじっくり読んでみたかったですね。月見月家のゾディアックたちのなんかも番外編で見てみたい気もしますし。

優勝者の願いは実にその人物らしい願いで、この物語にあっていると思います。綺麗に終わりました。物寂しいですが、ダラダラ続くより良いかと前向きにとらえておきます。さて、著者の次の本は既に出版されていますが、こうしたゲームものではないみたいです。でも、こうしたゲーム性のある話もまた書いてくれないかなと心待ちにしています。



ちょっとネタばれ意見を続きにて↓
スポンサーサイト



[ 2012/05/04 21:42 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年05月04日(金)

クラスメート、上村ユウカはこう言った。1 

クラスメート、上村ユウカはこう言った。(1) (ガンガンコミックスONLINE)クラスメート、上村ユウカはこう言った。(1) (ガンガンコミックスONLINE)
著者:桜井 慎
出版社:スクウェア・エニックス
出版日:2011/12/22

評価〔C+〕 ただの学園ラブコメではなさそうですが
キーワード:SF、現代

「おかしいのはこの世界なのよ。「キミを含めて」…………ね」(本文より抜粋)


ありふれていてつまらない高校生活を送る白崎修士は、気まぐれでクラスメートで変人の上村ユウカに話しかけます。退屈な毎日が変わればと思う彼でしたが、事態は彼の予想とは違った方向へ流れていきます。裏表紙曰く、電波×SF×ラブコメストーリー。

ユウカは自己主張が強い女の子で、冷めている修士を引きつれ何かと問題を起こす……と思いきや起こさない。学園ものにはならないのです。誰かの書評に、出だしは『涼宮ハルヒの憂鬱』のようだが展開は違うとありましたがそのとおりでした。二人が置かれている状況は特殊なもので、ユウカは何か知っているようですが本書ではまだ明かされません。SFサスペンスっぽいです。

謎があって緊迫した雰囲気は良いのですが、何か足らない感じがします。日常のシーンと異常なシーンの転換やバランスがよくないのでしょうか。どちらも少し物足りません。著者とテンポが合わないのかな。読後の満足感もそれほどでもありませんでした。しかし、謎の部分には引き込まれ続きを読んでみたいと思っているので、自覚しているよりも気に入っているのかもしれません。

気になった方はガンガンオンラインでも試し読みできますので、そちらをのぞいてみてはいかがでしょうか。巻末の次回予告を見ると、どうやら本格的に動き出すのは次のようなので、今度はテンポ良く見せてほしいです。




[ 2012/05/04 21:29 ] 漫画 | TB(1) | CM(0)