2012年04月28日(土)

グロテスク〈下〉 (文春文庫) 

グロテスク〈下〉 (文春文庫)グロテスク〈下〉 (文春文庫)
著者:桐野 夏生
出版:文藝春秋
発行:2006/09

評価〔A〕 毒か薬にはなりそうな本。
キーワード:現代、性、

「あなたはユリコさんのお姉さんで、和恵さんの友達でもあったわけだから、二人と一番関係が深いわ。これを持つ人がいるとしたら、あなたしかいない」(本文より抜粋)


「東電OL殺人事件」を題材に、人の内面を描いた小説の下巻です。本書も心の悪い面で満ちています。

下巻も「わたし」の語りが大部分を占めるのかと思っていたら、和恵を殺害したチャン、ある人物と「わたし」の再会、そして和恵の日記とまるで群像劇のようでした。ひとりで語るよりは、多数の視点から人物や事件を知ることができるので、「わたし」だけから聞くよりは公正な判断ができるでしょう。

「わたし」はユリコを怪物と表現したけれど、「わたし」そして和恵も異常な存在・怪物となってしまったかのようで皮肉なものです。なるべくしてなったのか、回避の道はなかったのか、何とも言えない気持ちになります。和恵の日記は結末が分かっているだけに辛かった。女性の何々という言葉はあまり好きではないのですが、この物語はやはり現代女性の生がテーマなのだなと強く感じました。

印象に深く残ったのは、公判後に再会した人物との会話です。その人物の半生は意外にも波乱に満ちていましたが、それ以上に「わたし」の中身の話が衝撃的でした。とても重要なことで、読者も他人事ではないと言われたかのようです。創作ですが執拗に現実を突きつけてきます。凄い。面白いではなく凄いです。

結末はなんかこの物語らしいです。意外でしたが、そうなるのかとどこか納得したような感じ。凄いものを読んでしまった、読んではいけないものだったのかもしれない、というのが読後の感想です。子供の教育には悪い、いや彼女たちのようにならないように読ませるのが良いのでしょうか。迷います。読者はこの2冊で何を考え何を得るのか。性別や年齢にもよると思いますが、今一度6章のあの人の台詞を読んで考えてみたいと思います。




スポンサーサイト
[ 2012/04/28 23:18 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2012年04月28日(土)

グロテスク〈上〉 (文春文庫) 

グロテスク〈上〉 (文春文庫)グロテスク〈上〉 (文春文庫)
著者:桐野 夏生
出版:文藝春秋
発行:2006/09

評価〔B-〕 予想以上に異様です。
キーワード:現代、性、

「ユリコは何と言っていいのかわかりませんが、ひと言で言うなら怪物でした。恐ろしいほどの美貌の持ち主だったからです。」(本文より抜粋)


1997年3月、ある女性が殺害されました。事件後、被害者の女性は一流と呼ばれる大企業に勤めているにもかかわらず、夜は売春をしていたことが発覚しました。本書はこの「東電OL殺人事件」を取材し題材にした小説です。2003年6月に発行された同タイトルの文庫版です。おそらく。

物語は「わたし」が相手に向かってひたすら喋る、取調べまたは取材のような形をとっています。主な登場人物は「わたし」、彼女の妹で絶世の美女のユリコ、努力家で後に一流企業の社員かつ娼婦となる和恵、天才肌のミツルの4人で、「わたし」は和恵と影響を与えた人たちについて語るのですが、その内容は辛辣で相手を肯定することがほとんどないのが特徴です。また、3章はユリコの手記なのですが、手記を読むと「わたし」の証言と違うところがあり、「わたし」の言うことを鵜呑みにしてはいけないと分かります。どれが事実かは読者が判断しなければならないのが興味深いです。

「わたし」に限らず登場人物たちは利己的で、理解できなくはありませんが、読者の共感を得るのは難しいと思います。悪意、嫉妬、憎しみ、ねたみ、高慢と否定的な単語でいっぱいなので、明るいのが好きな方は読まないほうがいいでしょう。途中、読むのが辛くなることもありました。でも、人の負の部分がこれでもかと描写され、かつ女性として生きる辛さ(のようなもの)も表現されているので、何か感じることは確かだと思います。題名のグロテスクとは、人の内面の異様さ・不快さなのでしょう。「毒にも薬にもならない」という言葉がありますが、本書はそうではないと言えます。

上にも抜粋しましたが、怪物的美貌のユリコとはどのような容姿なのか? 他人を褒めることが滅多になかった「わたし」が、身内にもかかわらず賞賛したその容貌を見てみたい気もするなあ。そんな妹を持つ「わたし」の感情も分からなくはないのですが……。

読むのは辛いですが、この先に何が描かれ、和恵はどうしてそうなったかが気になるので、引き続き下巻を読みます。





[ 2012/04/28 23:13 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2012年04月25日(水)

月見月理解の探偵殺人4 

月見月理解の探偵殺人 4 (GA文庫)月見月理解の探偵殺人 4 (GA文庫)
著者:明月 千里
出版:ソフトバンククリエイティブ
発行:2010/12/16

評価〔B〕 理解ではなく初が主役
キーワード:殺人ゲーム、サスペンス風

「都築初。かつて『探偵殺人ゲーム』で名を馳せた君を、私は此度のイベントの参加者として、迎えに来た」(Phase1より抜粋)


このシリーズのタイトルは1巻だけのもので、今となっては全然関係なくなってしまったと思っていたのですが、ここにきて『探偵殺人ゲーム』が再び関係することとなりました。しかも本来のネット対戦でなく、リアルで向き合って。

初にとってずっと懸案だった妹・遥香ですが、最近、彼女の行動に変化がおきます。不審に思い調べている最中に、月見月家の関係者《グラウンド・ゼロ》と会い、ゲームに参加することとなります。《探偵殺人ゲーム》の前編です。今まで同様、心理戦となりますが、今回は理解ではなく初がメインで奮戦します。特殊な能力を持った人たちが目立つシリーズですが、彼はそんな能力はありません。それだけに駆け引きと話術が重要となり、盛り上がります。

影は薄いですが《ドッペルゲンガー》もかかわっているらしいこのゲーム。誰が本物で、誰が花鶏なのか推理するのも面白いと思います。本書ではまだ正解は出ないので、少し考えてみます。

次の5巻が《探偵殺人ゲーム》の後編かつシリーズ最終巻となります。遥香の件はきまりがつき、残すは最終決着をつけるのみですが、もう一波乱ありそうな予感。理解らしく思いもよらない展開で驚かせてくれると良いなあ。




[ 2012/04/25 22:45 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年04月25日(水)

わ!2 

わ! 2 (ガンガンコミックスJOKER)わ! 2 (ガンガンコミックスJOKER)
著者:小島 あきら
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/06/22

評価〔B+〕 少し進展したかな?
キーワード:学園、ラブコメ、4コマ

「ためしに会長でダジャレタイトルを作ってみます?」(本文より抜粋)


恋愛がドミノかつループしている、7人の高校生の日常を描いた4コマです。今回も裏表紙に関係図が書かれていますし、冒頭で誰が誰のことが好きなのか丁寧に説明されているので、復習なしで読んでも大丈夫です。

好きな人しか目に入らず好かれていることには気づかない彼ら。いつまでも進展しないのかと思っていたけれど、各々がそれぞれの方法で関係を進展させようとします。色々と努力しますが、簡単には上手くいきません。そのズレのようなものにニヤッとしてしまいます。

また、好きまたは好かれている以外ではあまり接触がなかった7人ですが、徐々に知り合いになって関係が複雑になってきました。話にも笑いにも幅がでてきそう。

ブレイクの二人は変わりなく元気にやっていますので、ファンの方はご心配なく。表紙カバーを外した漫画が結構好きです。次の3巻で無理なく面白く終わってほしいです。





[ 2012/04/25 22:37 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年04月22日(日)

女子中学生の小さな大発見(新潮文庫) 

女子中学生の小さな大発見 (新潮文庫)女子中学生の小さな大発見 (新潮文庫)
著者:清 邦彦
出版:新潮社
発行:2002/07

評価〔B+〕 科学の面白さの原点を見た
キーワード:理科、自由研究、中学生

Yさんは、目を閉じたまままぶたを上げると白目になっているけど、眠っているときはどうか調べました。妹が寝ているときまぶたを上げてみたら黒目がありました。(本文より抜粋)


子供の頃、夏休みの課題でやっかいだったのが自由研究です。研究というからには何か難しいことをしなければと妙な気負いもあってか、やる気はそれなりにあるのだけれど何をしていいのか分からないと、色々と悩ませてくれました。本書はそんな理科の研究を紹介する、ある中学校の研究レポート集です。

研究報告集なのですが、堅苦しいものはまったくなくて難しいものもありません。上記の抜粋のような、日常の些細な疑問や観察・実験が満載で興味深いです。1つあたり長くても4行くらいで気軽に読めるのが良いですね。ナメクジに塩ではなく酢をかけてみたり、双子にはテレパシーがあるか試してみたり、万歩計をつけて寝てみたりと、その発想になるほどと唸ってしまうものから、力が抜けてしまうものまで多種多様です。中にはそれは単なる悪戯じゃないの?と思うものもあり、笑ってしまった研究も多々ありました。家族やペットがよく実験台にされていて面白いです。

どれも自分から進んで行っている感じがします。著者である理科の先生が、こんな研究がいいよと紹介したのがきっかけだそうです。育ててみた、見た、集めたでも立派な研究で、別に結論が出なくてもいいと書いています。その結果、彼女たちの研究は、実に個性的で知的好奇心に溢れ、そして楽しそうです。あとがきに、科学の原点を見たような気がしたとありますが、同感です。本来の学ぶ楽しさとはこういうことじゃないのかな。ペットの犬にお酒を飲ませるのも楽しい実験だ。

生徒に問題を解けるようにさせるのは簡単ではありませんが、楽しさを教えて自分で進んで考えるようさせるほうがずっと難しいと思います。学ぶことの楽しさを教えることができる人はすごいです。どの先生もこんなふうだったら面白いのに。

小さい頃から何で?どうして?とよく言っている僕にとって、とても楽しく共感を覚える本でした。




[ 2012/04/22 22:01 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2012年04月20日(金)

わ!1 

わ! 1 (ガンガンコミックスONLINE)わ! 1 (ガンガンコミックスONLINE)
著者:小島 あきら
出版:スクウェア・エニックス
発行:2009/10/22

評価〔B〕 軽いラブコメ群像劇
キーワード:学園、ラブコメ、4コマ

「…どうやら私達の知らないところで、奇妙な恋愛関係が築かれたみたいですよ」(本文より抜粋)


ある人が別のある人が好きなのだけれど、別のある人はまた違う人が好きというのは、珍しくないことです。でも、その違う人もまた別の人が好きで、その人も……と続き、最初のある人が好きと繋がったらどうでしょうか。滅多なことではなさそうですが、ありえなくはない話です。そんな恋愛感情のドミノとでも表現できる人間関係の輪を4コマにしたのが本書です。

高天原学園を舞台に、高校生の男女7人がそれぞれの想いを胸に抱きつつ日々を過ごす日常系ラブコメですが、4コマらしくゆるく軽く、気楽に読めてにやりと笑える内容となっています。裏表紙の関係図が分かりやすく、何回も確かめながら読みました。

よくある変な性格や外見の可愛さには頼っていない点が良いです。扉の性格は、あの程度なら結構いそうですし。登場人物の中で親近感を覚えるのは朝霧さん。なぜか。朝霧さんで思い出しましたけど、髪留めの話は本当なのでしょうか。気になります。

また、本書は1ページに4コマ1作品と、贅沢な使い方となっています。コマの横幅が通常の倍あるので、細かい感じはあまりしません。でも背景はしっかり書いてあるので、通常の漫画に近い雰囲気となっています。ブレイクの二人組がいつも離れて座っているのは、そのせい?

以前、本書の著者が体が弱くて入院と書いてあったのを思い出し、wikipediaで調べてみたらやはりそうでした。『わ!』は全3巻で完結しているので、ひとまず安心です。




[ 2012/04/20 22:19 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年04月20日(金)

ネットデフレ ~IT社会が生み出した負のスパイラル~ 

ネットデフレ ~IT社会が生み出した負のスパイラル~ (マイコミ新書)ネットデフレ ~IT社会が生み出した負のスパイラル~ (マイコミ新書)
著者:川北 潤
出版:毎日コミュニケーションズ
発行:2011/06/23

評価〔D+〕 宣伝広告のような本でした
キーワード:ネット、ECサイト、デフレ、コミュニケーション

なぜネット上の取引は、リアルと異なる進化を遂げているのでしょうか。私に言わせれば、ネットはリアルと異なる特別な取引方法を用いなければ成立しないほど、技術が未熟なのです。(本文より抜粋)


いつからデフレになったかは詳しく知りませんが、物が安くなったと感じるときがあります。特に電化製品の広告を見るとそう思うとともに、この値段で利益はでるのだろうか?と心配になってきます。ネットで価格比較サイトが現れた影響でしょうか。外国で安く製造しているからでしょうか。それとも、ネット自体の発達によるものなのでしょうか。その疑問があって、本書を手に取りました。

著者は、この価格下落はネットの構造の欠陥からくる悪性のデフレと説いています。接客が出来ない現在の電子商取引(EC)サイトは、自動販売機と同じで最終的に価格のみの勝負となるという意見は、とりあえず賛成です。しかし、それに続く現状打開策「ブラウザ通信チャネル」には、魅力を感じませんし画期的な道具だとは思えません。前半で既存の仕組みの欠点を挙げ、スカイプもテレビ電話と変わらないと批判したのにもかかわらず、示された解決方法がほんの少し手を加えた閲覧・通信方法だったので落胆してしまいました。あれで大きく世の中が変わるとは思えないのですが……。

さらに悪いことには、その打開策が著者の会社の商品であることです。話の流れから、まるで商品の広告・プレゼンテーションを受けているかのようでした。これでは自社の宣伝のための本だと見られても仕方ありません。新しい知識や面白いものを求めて新書を読んでいるので、なんだかがっかりです。

また些細なことですが、レガシーメディアやレガシー旅行会社と「既存の・従来の」の意味でレガシーを使っていて違和感を感じます。この言葉を常識と取るか専門用語と取るかは判断しづらいですが、横文字を控えて万人に分かりやすく書くのも、本を書く人には気をつけて欲しいです。

序盤は過去のデータを交えて、説得力があっただけに残念です。僕は著者の新商品にほとんど魅力を感じませんでしたが、実際のところこの新技術が普及し世界を変えるかどうかは、年月が経過してみないと分かりません。数年後そのとおりになったら、素直に自分の先見の明のなさを恥じ、改めて著者と本書を賞賛したいと思います。





[ 2012/04/20 22:11 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2012年04月17日(火)

アラクニド2 

アラクニド(2)(ガンガンコミックスJOKER)アラクニド(2)(ガンガンコミックスJOKER)
著者:村田 真哉
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/10/22

評価〔B+〕 現れた組織の殺し屋
キーワード:殺し屋、現代

「いつの間にかいて、いつの間にかいない」(本文より抜粋)


殺し屋たちが暗躍する世界に巻き込まれ、生き延びるためにスレッドと呼ばれる武器を見事に使いこなせるまでに成長したアリスでしたが、行く末はどうなってしまうのか。殺し屋アクションの2巻です。

組織と敵対していくのか、それとも組織の中で生きていくのか、物語の大きな分岐点でしたが、彼女は「蜘蛛」の言葉に従うことに決めます。そして現れる組織の殺し屋たち。1巻で出てきた人々と同じように、皆コードネームは虫です。まあ、有名な虫は出てくるだろうなと予想していたのですが、沖めぐみの異名は予想外で驚きました。あれも虫と言えば虫なのですが、あのコードネームはあれで良いのでしょうか。本人は納得しているのだろうか……気になります。また、最初に出てきたあの人の武器ですが、あれって強いんでしょうか。強さは置いておくとしても、毎回あれを服に仕込んでいると思うとちょっと笑えます。

決め台詞の「殺すしか無い」は、今回も言います。もはや口癖になっているような気もしないでもない。そのうち些細な事にも勢いで言ってしまいそう。

1巻よりアクションシーンが多く、スピード感があって盛り上がります。今回はなぜか肌の露出が多かったアリスですが、そういうサービスは無くても面白いので、あまり過剰にならないことを期待します。今後も様々な特殊能力を持った殺し屋たちが現れ、読者を魅了してくれるでしょう。




[ 2012/04/17 21:02 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年04月08日(日)

付喪堂骨董店〈3〉―“不思議”取り扱います 

付喪堂骨董店〈3〉―“不思議”取り扱います  (電撃文庫)付喪堂骨董店〈3〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
著者:御堂 彰彦
出版:メディアワークス
発行:2007/10

評価〔C+〕 そろそろ変化が欲しいです
キーワード:骨董店、オカルト、連作短編集

「ただ夢と現実の区別がなくならないように気をつけなさい」(本文より抜粋)


不思議な力を持つ道具が人の人生を左右する、一話完結型のオムニバスです。この巻も4話収録されています。

前の2冊同様、他人が持つアンティークに付喪堂骨董店の3人がかかわっていくのですが、3冊目も同じような感じですと少々飽きてきます。質そのものは落ちてはいないのですが、読むほうとしては新鮮みが薄れてくるからでしょうか。

今回も第4章はあの二人の微笑ましいお話で良いのですが、他の章も二人の恋愛の要素が出てきて、アンティークの不思議さや怖さが弱くなってしまったように感じました。少々残念です。もっと驚きや興奮が欲しいです。

2巻のときも書きましたが、なかなか明かされない3人のうちの誰かの過去が読みたいです。また、短編でなく少し長い話があっても面白いかもね。




[ 2012/04/08 22:09 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年04月05日(木)

Q.E.D.―証明終了30 

Q.E.D.証明終了(30) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(30) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版:講談社
発行:2008/06/17

評価〔B+〕 騙し合いは面白いです。
キーワード:推理、謎解き

「古典的な方法だけど……やってみますか」(本文より抜粋)


不可思議な殺人事件を解くのも良いですが、ちょっとした行き違いや思い違いを解き明かしたり、暴力を使わず知恵比べをするのも、この漫画の面白さだと思います。

「犬の茶碗」は、詐欺にかかった老人たちを救うべく燈馬や可奈が尽力する、騙し合いのお話です。この手の話は久しぶりのような気がします。相手は詐欺師だけあってなかなか手ごわいです。燈馬が呟いた上記の古典的な方法は、途中で分かってしまったのですが、それでも終盤は面白く楽しめました。人形が絡んだ事件を追う「人形殺人」も悪くはないのですが、「犬の茶碗」に比べると落ちるかな。

どちらの回も見開きページがあるのですが、なぜあまり重要ではないシーンで見開きを使ったのか、よく分かりません。なんかページ数合わせのようで違和感があるなあ。引っかかります。

もっと知恵比べの話を書いてくれないかなー。今後に期待します。



[ 2012/04/05 22:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年04月03日(火)

2012年3月の読書メモ 

サヤビト1〔C+〕
円環少女1〔C-〕
鬼灯さん家のアネキ4〔B〕
脳はなにかと言い訳する(新潮文庫)〔B〕
死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死〔A-〕

Q.E.D.―証明終了29〔B-〕
無限の住人27〔A〕
新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)〔B〕

以上8冊でした。漫画と小説が多い一ヶ月になりました。

評価Cが2つありますが、高く評価されている方もいますので、好みの違いなのかなと思います。まあ、そう言ってしまうと、何でもそうなのかもしれませんが。

このごろ新書を読んでいないので、4月は良い新書と出会えるといいですね。





[ 2012/04/03 19:15 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)