2012年01月28日(土)

付喪堂骨董店〈2〉―“不思議”取り扱います 

付喪堂骨董店〈2〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈2〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
著者:御堂 彰彦
出版:メディアワークス
発行:2007/06

評価〔B-〕 アンティークに人生を左右される人々
キーワード:骨董店、オカルト、連作短編集

「それは防音だからよ。でも『明鏡』は違う。音を遮断するのよ」(本文より抜粋)


不思議な力を持つ道具・アンティークにまつわる悲劇あるいは喜劇の短編集です。一話完結で4話収録。前回に引き続き、付喪堂骨董店~FAKE~の面々が様々な出来事に遭遇します。

音を消し去る鏡、人間をコピーするマスクと不思議な道具が出てきますが、いずれも大きく人生を変える可能性があるものです。便利ですが危険でもあります。動機は何であれ、アンティークに深入りしすぎたあるいは虜となってしまった人々の未来は、順風満帆とは言えないでしょう。道具ではなく使用者次第。

全体的に1巻と同じような感じです。捻ってはいますが、衝撃的だったということもありませんでした。少しだけあの人の過去をにおわせた場面もありましたが、あれだけではちょっと不満です。もう少し何か欲しかった。意表を突かれたのは、「化粧」で咲がドアを開けた時の刻也の発言です。言われた時の咲の顔が見てみたい。

今回出た人物では、「死目」に登場する麗華が印象深いです。なかなか強烈な個性を発揮しています。

口絵の右5人の中央の人物は誰なんでしょうか。都和子?そういや彼女は今回も影が薄かったです。メインの3人のひとりなのだから、もう少し出番があっても良いよね。咲、刻也の過去と共に次の巻以降に期待です。




スポンサーサイト
[ 2012/01/28 18:02 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年01月25日(水)

アラクニド1 

アラクニド 1 (ガンガンコミックスJOKER)アラクニド 1 (ガンガンコミックスJOKER)
著者:村田 真哉
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/07/22

評価〔B+〕 いわゆる殺し屋もの。
キーワード:殺し屋、現代

殺される前に、殺すしか無い。(本文より抜粋)


裏社会を描いた作品はあまたありますが、本書はその中でも人気のありそうな殺し屋が柱となっています。ある日、突然裏の世界に関わることとなった少女・藤井有栖のお話です。

アクションシーンが多いせいかスピード感があります。戦闘になった時、アリスが恐怖を感じ、その後覚悟を決めるまでが緊迫感があって良いですね。「殺すしか無い」の時の表情が凛々しくかつ気迫に満ちていて、結構好きです。いや、すぐ「殺す」と決断しちゃうのは短絡的じゃないかなーとは思いますが。それにしてもアリスはいったい何歳なんでしょうか。中学生か高校生か書かれていません。1年生らしいので、おそらく高校生だとは思うのですが……。

最初に登場する蜘蛛をはじめ、殺し屋たちは雀蜂などの昆虫のコードネームで呼ばれています。名前や立場で呼ばないのはどこか外国的です。こういうネーミングは伊坂幸太郎の小説を連想させてくれます。グラスホッパー。

あとがきを読むとコードネームの意味が分かりますが、なぜこういうストーリーにしたのかと別の疑問も浮かびます。ま、それはそれとして、続きものにしては綺麗なくらい切りの良い場面で終了しているので、試しに読んでみるのも良いでしょう。1巻完結でも満足ですが、アリスの今後も気になるところ。





[ 2012/01/25 22:45 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年01月25日(水)

ビン ~孫子異伝~1 

ビン ~孫子異伝~ 1 (ジャンプコミックスデラックス)ビン ~孫子異伝~ 1 (ジャンプコミックスデラックス)
著者:星野 浩字
出版:集英社
発行:2008/07/04

評価〔B〕 もう一人の孫子の物語
キーワード:古代、中国、戦国時代

「中原を平和にするんです。」(本文より抜粋)


兵法書で知られる古代中国の戦略家で有名な孫子ですが、歴史上にもう一人孫子がいたことをご存知でしょうか。兵法書の著者・孫武の時代から少し下って周の時代の後期、春秋時代の後の戦国時代に、彼の子孫である孫ビンと呼ばれる人物です。はじめこの漫画を読んで空想だと思っていたのですが、後でネットで調べてみたら実在していて大変驚きました。その孫ビン(孫臏、2文字目は月に賓。)が主人公の物語です。

顔には罪人の入れ墨であるゲイ、両膝の骨を抜くビンの2つの刑罰を受けながらも、孫ビンは己の理想の実現に向けて邁進する姿が魅力的です。現在の中国では賄賂が横行し、法や規則を守る意識が低いように見えます。しかし、彼は古代中国において権力に媚びることなく、また策だけでなく彼自身も危険を冒して戦いに参加するところが格好良いです。

異民族の狄や奴隷の存在は当時の社会を反映していて興味深いです。紀元前から確固たる社会を確立していた古代中国は凄いですね。さすがです。馨逢(シンフエン)の境遇はかなり辛く、そういう時代だったんだなと不憫でなりません。

さて、この作品、どこまでが史実でどこまでが創作なのか分からないのが難点です。序盤の「統率を見せよ」と命じられた孫武の話は本当のようですが。大筋は史実に沿っているとは思いますが、あまり気にせずエンターテインメントとして楽しめばいいのでしょうか。漫画の歴史ものを読むのはかなり久しぶりでしたが、結構良かったです。現代やSFも面白いですが、歴史にはまた違った良さがあって面白いと思います。




[ 2012/01/25 22:42 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年01月20日(金)

地図が読めないアラブ人、道を聞けない日本人 

地図が読めないアラブ人、道を聞けない日本人 (小学館101新書)地図が読めないアラブ人、道を聞けない日本人 (小学館101新書)
著者:アルモーメン・アブドーラ
出版:小学館
発行:2010/10/01

評価〔B〕 アラブ人の生の声
キーワード:アラブ、エジプト、イスラム教

アラブにおいては、特に私の生まれ育ったエジプトでは、人々の最大の娯楽はおしゃべりである。(第二章より抜粋)


ある異国で経験なのですが、色々なイメージに合った国や民族を話し合うということがありました。暴力的な国や民族を挙げなさいと言われて戸惑ったのですが、その国の某は中東地域(イスラムかも)の人と迷いなく答えたのが、いやに印象に残っています。日本においてもアラブから連想するのは、イスラム教がらみの紛争やテロなのが少なくないと思います。でも、テレビで見る衝撃的な映像以外は、あまり触れることのない世界です。実際のところはどうなのでしょうか? 本書はエジプト出身の著者がアラブを紹介します。

序盤は軽いコラムやエッセイのようで、少々内容が軽いかなーと思っていのですが、中盤から面白くなって興味深かったです。おしゃべりが娯楽であったり、他人からの頼みごとに弱いのは意外でした。もっとなんかこう、堅いイメージがあったので。情に弱いかと思いきや、肩書社会であったり仕事が結果重視であったりと、やはり西洋とは違う世界があって興味深いです。

知りたかったイスラム教についても触れていました。宗教がアラブ人の生活や社会に根付いていて、切っても切れない密接な関係になっていることが分かります。しかし、断食などの宗教の厳しさよりも、参加する楽しさが文面から伝わってきて、日本の祭りのようでこれも意外でした。その精神である「インシャーアッラー」は、価値観として面白いです。また、P169の『物事の本質が「宗教」という名のもとに隠されていることを考えてもらいたい』は、目から鱗が落ちました。

だいぶ違うアラブと日本ですが、著者は表現の形が違っていても源は同じと述べています。違って見えても価値観は変わらないという意見は、外国(日本)に長く住んだ経験があるからこそ。頭で分かっていてもなかなか言えない一言ですね。




[ 2012/01/20 23:02 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2012年01月14日(土)

天使の囀り (角川ホラー文庫) 

天使の囀り (角川ホラー文庫)天使の囀り (角川ホラー文庫)
著者:貴志 祐介
出版:角川書店
発行:2000/12

評価〔A+〕 怖さと気持ち悪さが凄い。
キーワード:ホラー、サスペンス、現代

「『天使の囀り』が聞こえだしたのは、ここ数週間かな。羽ばたきの方は、もう少し前からだけど」(本文より抜粋)


怖くて気持ち悪い強烈なサスペンスホラーです。綺麗で神聖なイメージの題名ですが、全然違う内容です。凄まじい小説を読んでしまった、というのが読了直後の印象。

精神科医の北島早苗は、アマゾン調査隊に同行した恋人・高梨の帰国を待ちわびていました。しかし、帰国後の高梨は人が変わったように死を恐れなくなってしまいます。心配しながらも静観を続けますが、彼を含む調査隊員に次々と不可思議なことが起きます。高梨が聞こえたという天使の羽ばたきや囀り(さえずり)は何なのか? 事件の原因は一体何なのか? 早苗は謎を追ううちに驚愕の事実が明らかになります。

とにかく怖かったです。解説にも書かれていますが、はじめのうちはオカルト・超常現象なのか科学的説明のつく現象なのかまったく分からないので不安になり、同時にひきこまれます。話が進むにつれ、訳の分からない恐怖にグロテスクな面も加わるので、生理的嫌悪感から読むのを止めてしまう人がいそう。その後も、真相が分かって怖くなり終わったと思ったらまた怖くなりと、恐怖を存分に堪能できるでしょう。大浴場の光景も恐ろしいですが、羽ばたきや囀りが聞こえる人たちの幸せそうな様子のほうが正直怖いです。

途中、荻野信一が出てきてHゲーの話になった時は、なんでこの話題がと思ったものです。でも、ガイアの子供たちのサイドもきちんと繋がって安心しました。彼らがどうしてあの結末にいたったのか、もう少し知りたい気も……いや知りたいような知りたくないような。

この著者の他の作品もそうですが、その情報量・知識が凄いです。高梨のアマゾンからのメールをはじめ、様々な分野の専門知識が惜しげもなく披露され、小説に説得力と現実感を与えています。興味をそそるような書き方は巧みで、構成も緻密だと思います。それと、最後までどのように終わるのか分からない点も魅力的です。この作品はホラーなので期待よりは不安がつのるばかりですけどね。

盛り上がると結末が尻すぼみになるものもありますが、本書はその心配はないと思います。面白いですが、気持ち悪いものが苦手な方は止めておいたほうが無難です。多数の方が書評で「映像化はやめてくれ」と書かれていますが、やりたくてもできないでしょう。怖かったです。




※備忘録
同著者の既読作品
十三番目の人格 ISOLA 評価〔B+〕
クリムゾンの迷宮 評価〔S〕
青の炎 評価〔A-〕


[ 2012/01/14 22:31 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2012年01月11日(水)

平家物語 (ビギナーズ・クラシックス) 

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
著者:角川書店
出版:角川書店
発行:2001/09

評価〔B+〕 栄光と没落の一部始終
キーワード:古典、軍記物、平安時代、源平

彼らの権勢と勇猛心それぞれ並はずれていたけれども、最近の例では、六波羅の入道、前の太政大臣、平朝臣清盛公という方の言動は、うわさに聞くところでは、想像も言語も絶するものである。(訳文より抜粋)


「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で知られる、平安時代末期の源平の争乱を描いた一大軍記物です。難しい解説書ではなく入門書です。大まかな内容は歴史の時間で学び、古典としても少しだけ授業で触れたので、まったくの無知ではないのですが、どのような出来事があったのか知りたくなったので手に取りました。今年の大河ドラマが平清盛だからではありません。おそらく。この本、昨年に入手したものですし。

巻第一から第十二、そして灌頂まで一応ひととおり揃っていますが、量が多いので、物語の軸となる重要な箇所のみ要約してあり、古典に不慣れな読者も楽しめるようになっています。入門書なので流れをつかむのには適しています。訳文は平易で分かりやすいのですが、登場する人物が多くややこしいのが難点です。巻末にある家系図を見ながら読むと良いと思います。源平合戦略図も役立ちます。

「平家一門でなければ人間ではない」は清盛の台詞だと思っていたのですが、実は清盛の妻の兄・時忠の言葉だと知って驚きました。そんな知らない人の言葉だったんだ……。また、清盛をいさめた長男・重盛や勇猛な武将だった教経など、平氏にも有能な人材がいたことも意外でした。それでも滅亡してしまうのだから、盛者必衰ということでしょうか。木曽義仲は名前くらいしか覚えていなかったので、再確認できました。福原遷都にいたっては完全に忘れていました。記憶力に自信なし。

平氏がどのように立身出世したか、また清盛の横暴ももう少し詳しく書いて欲しかったかな。でも、全体的に予想していたよりもすんなりと読んで、楽しむことができたので良かったです。



[ 2012/01/11 22:10 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2012年01月08日(日)

黄昏乙女×アムネジア3 

黄昏乙女×アムネジア 3 (ガンガンコミックスJOKER)黄昏乙女×アムネジア 3 (ガンガンコミックスJOKER)
著者:めいびい
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/07/22

評価〔B+〕 少しずつ謎が明らかに
キーワード:オカルト、幽霊、ホラー、コミカル、学園

「……でも“影”を見たんだ」「?」「陽の暮れた……校舎で」(本文より抜粋)


怪異調査部は霧江を迎え、引き続き怪談や七不思議の謎に迫ります。一学期終わりから夏休みにかけてのお話です。

夕子さんの魅力だけで突き進むのはちょっとなぁ……と思っていたら、きちんとホラーの要素もあって安心しました。黒が多用されているので、雰囲気があります。怖いのが読みたいのでやっぱり怖くないとね。可愛らしさと怖さの両立は難しそうですが、こなれているので大丈夫でしょう。

小此木のポジションに霧江が収まったような感じになりました。キャラに似合わず笑いを提供してくれます。それに引き換え小此木は段々出番が少なくなっています。初登場の佐原部長共に元気にがんばって欲しいです。

おまけマンガも良かったです。貞一と同じ勘違いをしていました。すっきりしました。次の巻では新たな局面を迎えると思うので楽しみです。



[ 2012/01/08 18:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年01月08日(日)

月華美刃2 

月華美刃 2 (ジャンプコミックス)月華美刃 2 (ジャンプコミックス)
著者:遠藤 達哉
出版:集英社
発行:2011/02/04

評価〔B〕 穢星でアクション
キーワード:アクション、月、竹取物語、

守る事以外に使える力… 敵を倒せる力…(本文より抜粋)


穢星で巻き返しを図るカグヤの和風アクションファンタジー。近衛兵ミクニを従え、まずは竹之内家の基地を目指します。1巻の後半の勢いそのままに展開してきます。

今後最大の敵となりそうな梅乃内イズミヤの人物像が明らかになります。同じような立場でありながら、性格や考えはまったく違う彼女。この先、どのようにカグヤの前に立ちはだかるのか見物です。コンサートのポスターや過去のライブ映像がいい味だしていると思います。こういうセンスは良いよね。また元太政大臣や凄腕ハッカーなど、色々と賑わせてくれる人物たちも登場します。

アクション重視なところを見ると、やはり少年漫画であることを強く感じます。「安全弁」のシーンでは、あぁいつ以来かなこういう展開を読むの、と妙に懐かしい気分になりました。少しだけパターン化してきたような気も……いや、まだこれからか。

カグヤは女の子なのですが、女性としてではなく必死さ直向さで魅せている点が好感が持てます。2巻は引きで終わりましたが、あの後どのように進んでいくのかで、面白くもなるしつまらなくもなりそうです。次の巻はどうなることやら。




[ 2012/01/08 18:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年01月07日(土)

イマジン秘蹟2 人でなしの恋 

イマジン秘蹟(サクラメント)〈2〉人でなしの恋 (角川スニーカー文庫)イマジン秘蹟(サクラメント)〈2〉人でなしの恋 (角川スニーカー文庫)
著者:本田 透
出版:角川書店
発行:2008/02/01

評価〔B+〕 智弘の初恋
キーワード:学園、オカルト、現代

「そうね。端的に言えばね、わたしは智弘にずっと憧れていたの。ぜひ、お友達になりたいなって願い続けていたのよね」(本文より抜粋)


魔女狩りをする部活動・通称イマジンと、部の執事として所属させられた尾津智弘のオカルト系ラノベです。今回はある一人の少女との出会いから始まります。彼女の名前は月見里真稀名、車椅子に座る智弘の周囲にはいないタイプの女の子です。次第に仲良くなる二人ですが、話は思わぬ方向へ転がっていきます。

初恋物語かと思いきや単純には進みません。普段と違う一面を見せる真稀名や脅迫のファックス、そしてクライマックスに入る直前に某登場人物から驚きの真相が語られます。驚くと共に感心してしまいました。魔女は関係ないじゃんと思っていたのですが、しっかり魔女症候群が絡んできます。

イマジンの3人も双子の姉・玲於奈も健在で、1巻同様楽しませてくれます。ちこりとサナギの出番は少なかったかも。智弘と光紗や智弘と玲於奈の会話が好きです。話のネタが豊富で、様々なものを挙げていて面白いです。著者の幅広い知識が凄いですね。スタンダールの恋愛論に興味を持ちました。

さきほどこの作品のウィキペディアを覗いたところ、哲学をモチーフにしていると説明されてました。なるほどね。こうして自分の書いた感想を読み返してみると、自分が思っているよりもこのシリーズが好きなのかもしれません。





[ 2012/01/07 22:00 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2012年01月04日(水)

決断力 

決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
著者:羽生 善治
出版:角川書店
発行:2005/07

評価〔B〕 一流の人の考え方は面白いです。
キーワード:決断力、勝負、将棋、

私は、決断をするときのよりどころは自分の中にあると思っている。王をとるか、とられるかの厳しい局面では、最終的に自らリスクを負わなければならない。そういうところでの決断には、その人の本質が出てくるのだ。(第二章より抜粋)


その分野にまったく興味がない人でも、分野を超えて名前だけは知っているという有名人がいます。そういう人はその世界では超一流の人であることがほとんどです。本書の著者である羽生善治もその一人です。将棋を知らなくても名前を聞いたことがない人は、殆どいないのではないでしょうか。その著者が自身の将棋を通して感じた、一般社会でも通じることを記しています。決断力だけでなく彼の思考法全般の本です。

将棋は一対一で行い、勝負がはっきりとつく厳しいものです。その勝負の世界に置いて重要なのは、判断であり決断だと書いています。「決断とリスクはワンセット」「リスクを避けていると次のステップにならず、それこそリスク」の考え方は、耳が痛いですがもっともだと感じました。

他にも直感、集中力、情報の取捨選択などが挙げられていますが、目を引いたのは才能の説明です。著者は長期間同じ情熱を傾けられることが才能だと語っています。トップレベルであり続ける人の言葉は、説得力があります。それと、将棋一筋なのかと思いきや、他の分野にも興味を持って目を向けていることが分かりました。こうしたことが柔軟な発想、ひいては強さに繋がっているのでしょう。

もちろん将棋ファンが望んでいるであろう将棋界でのエピソードもあるので、そのへんはご心配なく。何かで見たのですが、「羽生先生は自分の考えを言語化するのがうまい」とありました。他の新書よりも話し言葉に近く読みやすいです。専門分野の紹介である新書と言うよりエッセイに近いです。将棋ファンでなくてもためになることでしょう。




[ 2012/01/04 22:06 ] 実用 | TB(0) | CM(0)