2011年11月27日(日)

桐咲キセキのキセキ 

桐咲キセキのキセキ (GA文庫)桐咲キセキのキセキ (GA文庫)
著者:ろくごまるに
出版:ソフトバンククリエイティブ
発行:2010/09/15

評価〔C〕 次期当主競争+ボーイミーツガール
キーワード:競争、頭脳戦、駆け引き、異能力、ファンタジー、

「やっぱり、あなたは黒い白鳥です。鬼七郎の安全より他人の安全を考えるなんて、遊撃部長として、異質過ぎますよ。」(本文より抜粋)


大昔、ナイルのほとりで悪魔と契約したと噂される絶大な力を持つ桐咲一族と、メデュースとよばれる彼らの次期当主を決める競争を描いたバトルあり、駆け引きあり、異能力ありの物語です。それでいて、基本的にはボーイミーツガールものかと。

一族の特殊部隊の一員であるKと、当主候補のキセキが出会うところから始まります。表紙を見て『ヤンデレが主役か……』と勝手に思い込んでいたのですが、彼女は良識と知恵のあるまともな少女でした。他の候補として登場する団三郎も味があって好きです。

目標に向かって競い合うも知的勝負も盛り上がるのですが、どうも展開が唐突で、盛り上がる前に次の話題に進んでしまうように感じました。一つ一つのバトルは面白いとは思うのですが、急で落ち着かない印象が強かったです。特に終盤ラスボスらしきあのキャラの突然の登場は、かなり面食らいました。それと、鬼七郎や悪魔の恐ろしさや当主候補たちの凄さが、いまいち伝わってこないのが残念でした。うーん。

登場人物の多さや詳しく説明されないキーワードは、今後の展開のためとはいえ詰め込み過ぎている感があります。知恵比べは好きなんですが。本書は、「貴方に合うラノベ探しました」で推薦されていたので読んでみたのですが、感想は惜しいの一言に尽きます。しかし、これから面白くなりそうな予感もするので、今後に期待かな。




スポンサーサイト
[ 2011/11/27 21:31 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2011年11月25日(金)

生徒会役員共6 

生徒会役員共(6) (講談社コミックス)生徒会役員共(6) (講談社コミックス)
著者:氏家 ト全
出版:講談社
発行:2011/11/17

評価〔B-〕 ちょっと勢い落ちたかな
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「私をオチに使うな。」(本文より抜粋)


桜才学園生徒会周囲の出来事を、ゆるく楽しく卑猥に描いた学園4コマです。今回の表紙はご覧のとおり、他のキャラを抑えて他校生徒である魚見さんです。もっと今までで活躍したキャラのほうが良かったのでは、とも思ったのですが、畑さんや出島さんでもなー……まぁ妥当かもしれないですね。

その魚見さんですが、学校が違うにもかかわらず予想より出番が多めでした。シノと似てはいるけれど彼女とはまた違うので、変化がついて良いと思います。彼女の愛称はウオミーなのでしょうか、それともウオミンなんでしょうか。どっちもか?また、コトミは5巻に引き続き例のキャラで突き進んでいます。「伝説の力」が楽しい。

新キャラがいなかったせいか、ちょっと勢いが落ちたように感じましたが、概ねいつもどおりです。相変わらずです。とても安定しています。本書も5巻同様、DVD付きの限定版があります。アリアの表紙が目印です。なんかだんだん見てみたくなってきました。TV版アニメ見なおそう。




[ 2011/11/25 21:35 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年11月23日(水)

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))
著者:根本 橘夫
出版:文藝春秋
発行:1999/11

評価〔B+〕 気にすんな行動しろってことですか。
キーワード:心理学、人間関係、人生観、

人と接するのがつらいという性格を変えることにエネルギーを費やすのではなく、ただ素直に自分であることに関心とエネルギーを向け直すことです。(はじめにより抜粋)


いや、辛いというほどでもないんですが、気後れすると言いますか気疲れすると言いますか、どこか気が進まない時もあるようなってやっぱりこれはつらいってことなんですかね。そうゆう訳で本書です。この本を手にするような人には、レジに持って行きづらい題名です。後から気がついたのですが、「なぜ自信が持てないのか」を書いたのと同じ著者です。

前半は原因究明に重点が置かれ、具体的解決策は後半に書かれています。幼年期の経験が元になって人間関係が苦手になることは、他の本でも似たような論を読んだので少々退屈でしたが、相手との精神的位置を考慮する相補交流や無意識に行動を束縛する禁止令、役割を演じるゲームの概念は共感・理解しやすく良いです。

解決手段として性格改善を挙げる本がありますが、本書は性格を変えることを勧めていません。体験から困難なことを知っているからです。そのかわり、苦しまずにすむ方法が紹介されています。社会的価値の観点でみない、はは良い考え方だと思います。見栄を張らず思い込みを捨て、素直に好きなことをしてみることを薦めていて、この意見には賛成です。

読書中、イライラするようなジリジリするような落ち着かない気分でした。これは不快に思いながらも、分析されているようなことに自覚があったからだと思います。一回読んで終わりにせず、また読み返します。




[ 2011/11/23 17:45 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2011年11月19日(土)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫) 

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
著者:歌野 晶午
出版:文藝春秋
発行:2007/05

評価〔A-〕 うまく騙されました
キーワード:推理、現代、探偵、ハードボイルド風

桜の花は本当に散ったのか?(約束より抜粋)


裏表紙には、「必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。」とあります。ここまで大言している本はそうはないと思います。ただ、帯には2004年度版このミステリーがすごい!第1位、第57回日本推理作家協会賞受賞、第4回本格ミステリ大賞受賞とあり、数々の栄誉に輝いているのでまんざら誇張でもありません。

内容はよくある探偵もので、自称・何でもやってやろう屋の成瀬将虎が、ある悪徳商法の調査を依頼されるところから始まります。調査の進展とともに、彼の探偵時代の事件、また別の話も同時進行で語られ、少し分かりづらいかもしれません。どの話も悪くはないのですが特に面白いと感じることもなく、このまま終わったら拍子抜けだなーと思い始めた頃に、ある真相が語られ、見事自分が騙されていたことに気がつき面食らいました。あんな仕掛けがあろうとは。思い込みや先入観をうまく利用していると思います。うーん、読んでいる際、少しだけ違和感を覚えたこともあっただけに、見抜けなかったことが悔やまれます。

最後の章で某2人が会話をするのですが、説得する側の考え方や価値観はハッとさせられます。いまいち登場人物たちに共感できず、話自体もそれほど面白く感じなかったのですが、あの説得シーンを読めたのは非常に良かったです。それにしても、四百ページを超える量は必要だったのでしょうか。長いです。

多くを語ると仕掛けがばれてしまいそうなので、これ以上は書きません。癖があるので好き嫌いがはっきり分かれそうですが、欺かれない自信のある方は是非挑戦してみて下さい。



ネタばれは続きにて↓

[ 2011/11/19 21:39 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年11月18日(金)

月華美刃1 

月華美刃 1 (ジャンプコミックス)月華美刃 1 (ジャンプコミックス)
著者:遠藤 達哉
出版:集英社
発行:2010/09/03

評価〔B+〕 たたかう月のお姫様
キーワード:アクション、月、竹取物語、

これ以上、逃げてばかりの娘でいてたまるか…!!(本文より抜粋)


竹取物語をモチーフにした和風ファンタジーものです。SFも少し入っているかな。月の皇女である竹之内カグヤは、元服を目前にしながら好き勝手に生きるお転婆な女の子。しかし、そんな彼女の生活も皇太子につく成女の儀の日を境に大きく変わります。同著者の「TISTA」と同じく、戦う女の子の物語です。

「TISTA」は現代で重くシリアスでしたが、今回は昔を舞台にして軽く明るくコミカルにし、でもシリアスな面も残した今では珍しいかもしれない典型的な少年漫画となっています。普段の活発で凛々しさと時々見せる弱さが、カグヤを魅力あるキャラにしています。高度に発達した月と未発達の地球を舞台に、我侭でまだまだ未熟ではあるけれど前向きに強く生きようとするカグヤが、どのように成長していくのかが見所です。脇を固める側近たちや敵役も良い感じ。

また、讃岐ミヤツコマロや子安ガイなどちょっとしたモジリも面白いです。元ネタのビギナーズ・クラシックスを読んでおいてよかった。それと笑ってしまったのは女子力発言。不意を打たれた。

キャラの表情といい見せ方といい本当に漫画が上手いなぁと思うのですが、展開がよく見かけるパターンなので展開が読めてしまわないか心配です。月の権力闘争が続きそうですが、マンネリ化した勧善懲悪ものにならないよう願っています。





[ 2011/11/18 21:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年11月11日(金)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) 

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
著者:伊藤 計劃
出版:早川書房
発行:2010/02/10

評価〔A-〕 質の高い近未来軍事SF
キーワード:SF、近未来、虐殺、管理社会、

この男が入った国は、どういうわけか混沌状態に転がり落ちる。この男が入った国では、どういうわけか無辜の命がものすごい数で奪われる。(第二部より抜粋)


近未来、先進国は何をするにしても生体認証が必要なほど高度な管理社会となったが、途上国では未だに内戦・紛争が続いている世界。米国情報軍所属のクラヴィス・シェパードは、ある人物を追う任務に就きます。その人物は、各地で起こる虐殺と関係しているようだけれど、詳細は不明となっています。謎の人物の目的は何なのでしょうか?……という近未来軍事SFです。

軍人であるクラヴィスを主人公にし、戦争やテロをテーマにしている一方で、彼の死に関する個人的な考えや心情をもう一つの軸としていますので、シーンによっては心理描写が多く、軍事小説っぽくなくて新鮮でした。クラヴィスの敏感な内面を見ていると、帯に「現代における罪と罰」とあるのも、分かるような気がしました。それに加えて話の中にでてくるちょっとした豆知識や、様々な登場人物たちの哲学的な会話も面白いです。

軍の装備や任務の様子、現金を見るのが非常に稀となった社会の描写は、どのくらい先になるかは分からないけれど、こんな未来になりそうだという雰囲気があって、説得力があります。現実感といっても良いかも。設定や舞台が細部まで凝っていて、とてもしっかりした小説です。内容が社会への問題提起となっている点も見逃せません。

ただ筋書きそのものは絶賛というほどでもありませんでした。軍事ものがあまり好きではなかったからでしょうか。構成や展開は斬新ではありませんでしたし、驚くような伏線もなかったと思います。エピローグは予想と違って、おぉっとなりましたけれど。物語の核となるあの器官の仕組みを、他の部分と同じくらい説明していれば、もっと良かったのになあ。

伊藤計劃という最後の字が何と読むのか分からない、そして凄く評判の良いSF作家がいたのは知っていたのですが、こうして作品を読んだのははじめてでした。しっかりしていて現実感のあるこの小説は、硬派なSFファンにうけるのも頷けます。しかし、軽く明るい夢のあるSFでは決してないので、その点はご注意を。夭逝したのが惜しまれます。著者の最後の長編「ハーモニー」の粗筋を見たら好みでしたので、読むのが楽しみです。




[ 2011/11/11 20:28 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年11月09日(水)

文鳥・夢十夜(新潮文庫) 

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)文鳥・夢十夜 (新潮文庫)
著者:夏目 漱石
出版:新潮社
発行:2002/09

評価〔C-〕 小説と随筆の中間作品
キーワード:SF、現代

こんな夢を見た。腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。(夢十夜より抜粋)


近代日本には、短編小説と随筆の中間あたりに位置する小品と呼ばれる独自の分野があったそうです。文豪・夏目漱石が書いた七編の小品が収録されています。

「夢十夜」が読みたくて手にしたのですが、七編の中ではこれが一番好きです。こんな夢を見た、という書き出し語られるどこか怖くて不思議な物語が印象的でした。何が良いのかは表現しづらいのですが。第一夜は短いですが、綺麗で心に残ります。

「永日小品」と「思い出す事など」はそれぞれ本書の3分の1くらいずつあるのですが、読んでいて退屈でした。後者は闘病日記のようなものなので、大病を患ったことがある人には興味深い文章なのかもしれませんが……。また、「文鳥」は終盤の語り手の責任感のなさが、前半の良かった点も台無しになるくらい不快で後味が悪かったです。これは漱石自身のことなのでしょうか。もしそうだったら性格あまり良くありませんね。

中盤が面白くなかったので、途中読むのが苦痛に感じました。よく分からないところもあったので、読解力不足かもしれません。しかし、本書を全部読んでみて、今まで漱石を教科書でしか読んだことがなかったので、それとは違う面が見れたのは良かったです。




[ 2011/11/09 21:59 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年11月06日(日)

英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 

英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 (中公新書)英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 (中公新書)
著者:斎藤 兆史
出版:中央公論新社
発行:2000/05

評価〔B-〕 方法ではなく情熱と姿勢がすごい
キーワード:英語、近代、伝記、

欧米の英語がまだ絶対的な規範として仰がれていた時代に、『ロミオをジュリエット』を演じる英国人の役者に向かって、「てめえたちの英語はなっちゃいねえ」と英語で一喝した日本人がいた。(第3章より抜粋)


日本の社会では英語は重要だと言われていて、社会人になっても習得に励んでいる方もたくさんいますが、調査によると日本人の英語力はとても低いそうです。日本人は語学に向いていないのでしょうか?しかし、昔の日本にも英語を母国語とする人と同じくらい、あるいはそれ以上に英語を知り操る人々がいました。そんな達人たちの勉強方法と一生を紹介しています。

基本的に日本にいながらにして英語力を身につけた人物が挙げられています。しかし、紹介する人数が10人と多く、どうしても簡略化された説明になりがちなので、面白みに欠けるところがあります。また、彼らの学習方法から学ぶと書かれていますが、その語学力は尋常でない努力と天与の才で得たものが多く、参考になるのかどうか疑問です。

けれど、達人たちの英語に関する逸話は興味深いです。英語でからかわれても、機転を利かせて英語でやり返してしまうのは凄いです。外交や教育など英語以外にも目的のあった彼らは、なんとしても目的を達成させる気概があったからこそ、達人になりえたのだと思います。著者の受験英語の何が悪いのかと書いているのも、こういう人達を見ていると一理あると感じます。

言語習得において、初歩の段階では英語がうまいと言われ、支障がなくなるにつれ何も言われなくなるそうです。また、日本人が英語を学習する場合、ある程度英語ができるようになると英国・米国的な思考に変化しますが、さらに習得するとまた日本人的な思考に戻るそうです。興味深いですね。

結びに著者は、英語を学ぶ際に欧米文化に従属するのではなく日本と日本語についてもしっかり学び、日本人の英語の意味を問いかけています。達人たちの真似をすることは難しいですが、外国語を学ぶときは肝に銘じておくべきだと感じました。




[ 2011/11/06 14:54 ] 言語 | TB(0) | CM(0)

2011年11月03日(木)

死神様に最期のお願いを3 

死神様に最期のお願いを 3 (ガンガンコミックスJOKER)死神様に最期のお願いを 3 (ガンガンコミックスJOKER)
著者:山口 ミコト
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/12/22

評価〔B〕 ヒビキの出番少なし
キーワード:死神、サスペンス、ホラー、オカルト

「ゲームと言ってもTVゲームとかじゃなくて…、本物の死神様が関係するゲームなの」(本文より抜粋)


2巻で終わらなかった北条紅羽の事件が終結します。静かはいつものように用意周到で、周囲の人や状況に対してうまく処理しています。敵対する側だったらさぞやりづらい相手です。また、この事件に関しては最後の最後まで解決策を用意していて、なるほどと感心してしまいます。その様子は巻末の「北条姉妹その後」をご覧ください。

地上勤務の死神たちの仕事ぶりが分かるお話があり、中休みのような感じですが一息つけます。ヨシノの特殊能力にはびっくりですが、ウメのそれは死神としてどうなんでしょうか。地上勤務も頷けるような……。

終盤、正体不明の死神様ゲームに話が移ります。死神が願いを叶えてくれるとネットで噂されるこのゲーム、誰がどのような意図で行っているのか、その謎に挑みます。サスペンスホラーの色が濃く好みです。

カバーを外して読むおまけは前の巻でもそうでしたが、一度読み終えてから確認しましょう。主役のはずのヒビキは出番がほとんどなかったので、次の4巻でがんばってもらいたいです。4巻で完結なので、1巻からの謎だった相田家殺人事件の全貌が明らかになるのを願っています。「北条姉妹その後」もきっちり方がつくと良いね。




[ 2011/11/03 22:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年11月02日(水)

2011年10月の読書メモ 

万能鑑定士Qの事件簿 I 〔B+〕
ことばと文化〔B+〕
ビューティフルピープル・パーフェクトワールド〔B+〕
二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない〔S-〕
笑う科学 イグ・ノーベル賞〔B+〕
万能鑑定士Qの事件簿 II 〔A〕
大東京トイボックス3〔B+〕
蜘蛛の糸・杜子春(新潮文庫)〔B〕
自殺について 他四篇(岩波文庫)〔B〕
空ろの箱と零のマリア3〔B+〕

夢喰いメリー1〔C+〕
エスニシティ ゼロワン1〔B+〕
ファンダ・メンダ・マウス〔A-〕
よいこの君主論〔A-〕
黄昏乙女×アムネジア2〔B〕
六百六十円の事情〔B〕

16冊でした。一ヶ月間で書いた感想の数として最多です。月の初めに最多を狙ってどんどん読んでいたのですが、勢いあまって予定より多くなりました。だいぶ読んだなあ。Qの1巻なんて今月だったっけ?といった感じです。

全体的にやや甘めだったかもしれない評価ですが、久しぶりにSが出ました。「二年四組 交換日記」は、そのパズル要素が面白く満足感がありました。他の書評では筋書きと展開が良くないと批判したものもありましたが、30人以上が入り乱れる話をうまく山場を作ってまとめたので、そこを重視しました。変則群像劇、良かったですよ。

それと目立ったのがCの「夢喰いメリー1」。これは先にアニメを視聴していたので、話をなぞっているだけとなってしまったのでこうなりました。漫画ならではの良さがあまり出ていないように感じました。

読者メーターを見ていると、一ヶ月に20冊や30冊読んでいる人が珍しくなく、お金も時間も本の置き場もよくあるなあと感心してしまいます。羨ましいですね。



[ 2011/11/02 21:43 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)