2011年08月29日(月)

イマジン秘蹟1 魔女症候群(ヘクサドローム)の春 

イマジン秘蹟(サクラメント)〈1〉魔女症候群(ヘクサドローム)の春 (角川スニーカー文庫)イマジン秘蹟(サクラメント)〈1〉魔女症候群(ヘクサドローム)の春 (角川スニーカー文庫)
著者:本田 透
出版:角川書店
発行:2007/10/01

評価〔B+〕 魔女や現実と戦います
キーワード:学園、オカルト、現代

「あたしたちの本業はぁ~、悪い魔女を狩って捕らえて拷問して祓う仕事なワケ」(本文より抜粋)


ライトノベルによくある設定として、平凡な男子生徒が、奇抜な女子生徒が所属する変な部活に参加しますが、本書はまさにそれです。高校生の尾津智弘は、初登校の日に妙な女子生徒たちと出会います。彼女たちは、イマジンと呼ばれる部に所属していて、訳の分からないうちに行動を共にすることになって、とよくあるパターンです。ちなみに、秘蹟=サクラメントは、「キリスト教における神の恩恵を信徒に与える儀式」だそうです。辞書を引いてしまった。

前半はキャラも展開も普通かなーと思って読んでいたのですが、後半から急にシリアスな面が出始めてきて、徐々に引き込まれていきました。予想していたのと違う方向に盛り上がりました。登場人物の言葉を借りると、唐突なキャラぶれが意外でした。田中ロミオの「AURA」が好きならば気に入る、とどこかの書評に書いてあったのですが、なるほど似ているかな。現実と向き合う重いところが。

巻頭の見開きカラー挿絵を見て、智弘って実は女なのか?と勘ぐって読んでいたのですが、別に叙述トリックでもなんでもなく男性でした。男子でセーラー風の制服とは珍しい。どこかで見たことある絵だと思ったら、狼と香辛料の人でした。なかなか合っていると思います。

著者の名前は本を探しているとき、ときどき目にしているので気になってはいました。こういう本を書く人だったのか。総合点ではAURAのほうが上かなーと感じましたが、これはこれで続きが気になるところです。





スポンサーサイト
[ 2011/08/29 20:08 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2011年08月27日(土)

ネトゲ廃人 

ネトゲ廃人ネトゲ廃人
著者:芦崎治
出版:リーダーズノート
発行:2009/05/01

評価〔B-〕 題名の意味を知らない貴方へ
キーワード:ネトゲ廃人、ネット、子供、教育、社会問題

「ところが、ある一線を越えてしまうと、もうゲームじゃなくなってくるんです」(第7章より抜粋)


数年前、ネットゲームで遊んでみようか迷ってた時期がありました。その時に、偶然「今からネットゲームをする人を止めるサイト」のようなところを見つけ、ネトゲ廃人たちの体験談を読み、大変驚いたのが印象に残っています。ネトゲ廃人とは、簡単に言えばネットゲームに凄くはまっている人のことを指します。中毒ではなく廃人です。はまりすぎて現実の生活にしている、そんな彼・彼女たちの体験談をまとめた本です。

ゲームは好きだけどネットゲームには疎い著者が、現役あるいは元ネトゲ廃人たちにインタビューをしたものが書かれています。数多くの人たちから集めているため、様々な意見や経験がつめられています。ネトゲに心を奪われた理由は十人十色で、ゲーム仲間との繋がりだったり恋愛だったりと、単にゲームが面白いからではないことが分かります。ネットでは現実とは違って、他人とすぐ心が通じ合う感覚があり、そのため夢中になりやすいという意見は、分かるような気がします。また、彼・彼女たちは廃人にならないためには「やらないこと」、自分の子供には「やらせない」と言っていて、経験者の言葉の重さを感じ、唸ってしまいました。

ネトゲ廃人が社会問題となっている韓国の例も取り上げて、客観的になっているのは良いのですが、著者が経験者でないためどうしても単調になりがちなのが残念です。我を忘れて遊ぶ姿や、プレイ時の台詞のやり取りや心境の変化などは、ネットにあがっている体験談のほうが興味深いです。上記のサイトのほうが生々しさやあって、言い方は悪いのですが面白かったですね。個々の記事を少し減らし、もう少し掘り下げてくれれば、より怖さが理解できるものとなったのでは。


テレビやネットで知っている方には、あまり目新しさはありません。ですが、まったく知らない方には、ネットゲームを始める前に読み、こういう可能性もあることも知っておいてもらいたいです。





[ 2011/08/27 21:09 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2011年08月24日(水)

大東京トイボックス2 

大東京トイボックス 2 (バーズコミックス)大東京トイボックス 2 (バーズコミックス)
著者:うめ
出版:幻冬舎コミックス
発行:2007/09/22

評価〔B+〕 ゲームを通した社会人漫画
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

「そちらの考える『いいゲーム』とは何か?」(本文より抜粋)


1巻は紹介とモモに焦点を当てた話でしたが、今度は大手ゲーム会社ソリダスが前面に出て、スタジオG3を含めたゲーム業界全体の話となります。

きっかけはソリダスの局長・仙水の考えた構想。大きな企業の大きな企画が中小企業を翻弄するのは、どの分野でも同じだと思います。流れにのるのか、違う路線で張り合うのかは、体力のない会社にとっては存亡をかけた選択です。また、今回登場する別の中小企業の電算花組は、いかにも実在しそうな会社です。花組の社長も個性豊かで、仙水とも太陽とも違う野心が垣間見えて面白いです。見せ場は、終盤G3が提出する企画書。相変わらずアツい。こういう仕事ぶりはホント格好良いです。

一方、動き出した仙水ですが、彼は何を考え、何を目指しているのか。すぐには明らかにはなりそうにありませんが、大企業のサラリーマンはどのような野望を抱くのか、それによって物語はどう展開していくのか興味があります。

野心、夢、やりたいことと様々な思惑をかかえながら働くキャラクターたちは魅力的です。生き生きしています。まだまだ序盤で、今後どんどん面白くなっていきそうで期待できそうです。




[ 2011/08/24 21:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年08月23日(火)

B.A.D.1 繭墨は今日もチョコレートを食べる 

B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
著者:綾里 けいし
出版:エンターブレイン
発行:2010/01/30

評価〔B-〕 ホラーで狂気なオカルト話
キーワード:オカルト、ホラー、狂気、グロテスク

「理由なく人を殺せるくらいでないと、狂っているうちには入らないさ」(Story 2より抜粋)


少々訳ありの少年・小田桐が不思議な能力を持った絶世の美少女とともに、怪事件を解決していく連作短編の探偵ものです。ともにではなくお供としてが正確かな。ただし、推理する類の読み物ではなく、サスペンスとして楽しむ種類のお話。本の紹介でミステリアス・ファンタジーとあるのを、なぜかミステリー・ファンタジーと勘違いして、読み始めてから自分の思い違いに気がつきました。うっかりしてた。

不思議な事件に探偵コンビが挑むのは、わりと良くある形だと思いますが、本書は怖いに近い暗いです。シリアスなのですが、それよりもホラー・グロテスク・狂気・不気味な・サスペンス等の言葉のほうが似合います。どこか狂った人たちばかり。人間の負の部分が描かれています。表紙をはじめとする挿絵のイメージとは合っていないような……。でも、ゴスロリで唐傘のあざかの姿は違和感があって、それが良いのかもしれません。

印象に残ったのは、あざかの置かれた立場が分かる4話です。千花も久々津もなかなかのキャラ。いかにもこの世界の出来事っぽくて良いです。5話収録されていて、どの話も短めでスパッと終わるのは良いのですが、もう一波乱欲しいような感じがしました。

次を読むかどうか非常に迷います。気に入ったようなそうでもないような複雑な気分です。今回はB-あたりで。





[ 2011/08/23 22:04 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2011年08月19日(金)

Q.E.D.―証明終了27 

Q.E.D.証明終了(27) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(27) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版:講談社
発行:2007/07/17

評価〔B+〕 裁判員を疑似体験
キーワード:推理、謎解き

「被告人は有罪か?無罪か? 舞台を見ている生徒諸君も、一緒に考えてみてください」(本文より抜粋)


2009年から施行され、第一回目の公判が行われた時は大々的に報じられました。今ではマスコミもあまり採り上げなくなりましたが、まだまだ未知のものと感じている人が多いと思います。そんな裁判員制度を少し擬似体験できるのが、この巻の「立証責任」です。それと、ある火災事件の真相を追う「鏡像」の2つで構成されています。

裁判員制度の教育のため、燈馬と可奈の高校で実例をもとにした模擬裁判が行われます。検事と弁護人、証人の意見や証言を考慮し、被告人が有罪かどうかを判断するのですが、これがなかなか難しいです。どちらの言い分も本当のように聞こえるので判断に迷います。迷ってくると感情で決めてしまいそうになるのが怖いですね。この話の最大のポイントは、最後の燈馬の台詞だと思います。さすが燈馬君。

前半の「鏡像」は、鑑識に焦点を当てた話です。現場から事件の真相につながるものを見つけ出す仕事は、大変だと思います。以前テレビで見た、交通事故の現場に残された破片から車を割り出す作業には驚かされました。

「立証責任」は、裁判員を務めた経験のない方に読んでもらいたいです。裁判について大いに啓発されるでしょう。実写版QEDにも採用された理由がよく分かります。おすすめです。



ネタばれは続きにて↓
[ 2011/08/19 21:35 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年08月17日(水)

NIGHTMARE MAKER1 

NIGHTMARE MAKER 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)NIGHTMARE MAKER 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
著者:Cuvie
出版:秋田書店
発行:2009/03/19

評価〔B+〕 自分の願望・欲望が夢に
キーワード:夢、学園、青春、恋愛

あの装置!!まさしく『夢』を実現したと思ったのに!!(本文より抜粋)


将来の、ではなく眠っている時に見る夢を題材にした物語が好きです。夢のなんかこう非現実と現実の狭間にあって、その人の心を反映しているようなところが。その夢を自分の好きなように見られるとしたら、どうなんだろう?というのが、本書です。

発明の天才である高校生・内田は、見たい夢を自由に見ることができる装置を開発しますが、異性関係の夢だけがどうしても上手くいきません。迷った末に、他人に試してもらってデータを取ることになったのですが……と物語は展開していきます。何人も装置を試していくのですが、半分以上がエロチックなものです。食欲や所有欲などの人もいますが、形が違えど性的欲求不満を解消するものばかり。どこかでエロティック・コメディと評されていましたが、的確です。一般向け(全年齢対象)ですが、性的描写が直接的です。あれ?成年コミックだっけ?と疑ってしまうくらいです。夢だからこその過激な内容といった感じでしょうか。

でも、ただ単にエロチックな漫画ではありません。装置は願望を満たしてくれる夢を見せてくれるので、登場人物たちは自分でも気づいていなかった本心を夢で知ることになる、というシリアスな面もあって面白いです。終盤の「下校時間になりました」のシーンは、なんとも言えない気分にさせてくれます。

本編以外に、読みきり2本とおまけ1本が収録されています。おまけのアレ、灯明がむっつりなら僕もむっつりです。エロティック・コメディの色が強い1巻ですが、2巻以降はシリアスな場面も増えるらしいので興味が引かれます。




[ 2011/08/17 21:00 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年08月14日(日)

「不自由」論―「何でも自己決定」の限界 

「不自由」論―「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書)「不自由」論―「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書)
著者:仲正 昌樹
出版:筑摩書房
発行:2003/09

評価〔B+〕 哲学と社会学から自由を考えてみる
キーワード:思想、哲学、教育、社会学、

他者との特定の関係性の中で、その「状況における自分」にとっての“自由”や“主体性”であれば、それまでの学習や経験から何とか答えが出るとしても、それを越えたものは考えにくい。(プロローグより抜粋)


一時期、自己責任という言葉が流行りました。時が経つにつれどんどん個の時代となる中で、主体性・自己決定・自主性・自由などの単語が多用されるようになっていますが、これらの言葉は具体的には厳密にはどのような状態や程度を示すのでしょうか。改めて考えてみて本当に自由なのかを問い、どのように振舞うべきかが提案されています。著者は学生の時は哲学専攻ではなかったのですが、本書は、言葉の定義を突き詰めて考察する哲学的手法で書かれています。

抽象概念の歴史的な背景と厳密な説明は、かなり難しく感じました。きちんと解説されているのですが、一文の中に専門用語が4つも5つも出てくると、噛み砕いて読むのも大変です。普通の新書より読むのに時間がかかりました。それにしても用語をしめす鍵括弧が多いです。括弧だらけの文章だ。また、ルソーの社会契約論やリヴァイヤサンなど、聞いたことはあるが意味は知らない語句に触れている点も良かったですね。

一方、具体的な概念の説明として、教育、医療の分野が挙げられていて、抽象的な説明とはうって変わって分かりやすいです。教育の「生きる力」に違和感を覚えることや、医者に「情報開示」されても自由な感じがしないことが腑に落ちると思います。主体性や自主性を与えられているようにみえるが、実際はそうでもないことが分かるでしょう。「真の生きる力」「主体性は気の短さ」の話は興味深かったです。


分かりやすい本とは言えません。著者もなんらかの自己変革がなければ、哲学の分かり方ではないと言っています。自分のものにするため、また読み直してみます。




[ 2011/08/14 10:53 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2011年08月07日(日)

オセロー (新潮文庫) 

オセロー (新潮文庫)オセロー (新潮文庫)
著者:シェイクスピア
出版:新潮社
発行:1973/06

評価〔B〕 仰々しさは薄れ、話は身近に
キーワード:戯曲、シェイクスピア、イギリス文学、四大悲劇、

邪推にはもともと毒がひそんでいる、そいつが始めは嫌な味はしない。しかし、ちょっとでも血の中に浸みこむと、たちまち硫黄の山のごとくに燃えあがるのだ。(第三幕より抜粋)


シェイクスピアの四大悲劇もこれで4つ目、最後の作品となりました。自分の地位に不満を持つオセローの旗手・イアーゴーは、周囲や地位が上の人々に対して悪巧みをします。要領が良く口の上手い彼に、将軍オセローをはじめ次々と騙されていくという家庭の悲劇です。この本は、文字の大きい改版が手に入らなかったのが残念でした。

他の3作品と違って、仰々しい台詞は少なめで、話の規模自体も小さめです。国を揺るがすものではなく、あくまでオセローやイアーゴーの周囲のみの話となっています。その代わり、小さくなったぶん身近に感じられ、より共感しやすい内容です。イアーゴーの奸計、オセローの不信などは現代の物語としても、十分理解されるものだと思います。うーん、それにしてもイアーゴーの口が回るのには関心してしまいます。主役であるはずのオセローがあまり喋らない分、存在感がありました。

他の3作品同様、巻末に解題と解説がついています。訳者が書いた解題は例によって専門的なので、文学的意義、芸術的意義に興味がある方は熟読すると良いと思います。僕はそれほどでもなかったので、それなりに。解説くらいがちょうど良いです。

今回で4大悲劇を読み終えました。なるほど、こんな感じなのかってのが素直な感想です。筋を追うだけなら、敬遠するほど難しいというほどでもありません。少し自信がついたので、今度は違う古典作品を読んでいこうかと思います。




[ 2011/08/07 21:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年08月06日(土)

超能力者のいた夏 

超能力者のいた夏 (メディアワークス文庫)超能力者のいた夏 (メディアワークス文庫)
著者:寺本 耕也
出版:アスキーメディアワークス
発行:2010/06/25

評価〔B+〕 あまり非日常でないところが良いです
キーワード:学園、超能力、青春、恋愛

「超能力者と呼べる人がいるのなら、それはきみみたいな人かもしれない」(第三章より抜粋)


超能力者はいなさそうだなと思いつつも、そういうのが好きなので手にとってしまった本書。ずっと前に入手したのですが、タイトルに夏とあったので夏になるまで読まずに取っておきました。

長野県の高校に転入した高那聡はある出来事がきっかけとなり、超能力者たちと生活を共にすることになる、とあらすじはそれほど斬新ではありません。よくあると言えばよくある流れです。しかし、問題というか期待はずれの能力を持つ彼・彼女たちは、能力のために色々と悩んだり失敗したりします。ですが、能力以外では普通の若者とあまり変わらないので、身近に感じるところもあり面白いです。超能力という言葉から連想する緊迫感や興奮とは違って、各人の能力が上手く話を引き立てています。

読む前も読んでいる時も感じたのですが、登場人物がやや多いのが気になりました。もう少し人数を絞って、ひとりひとりを深く掘り下げたほうが、より良かったんじゃないのかな。まあ、学校、寮が舞台なので、少なすぎても違和感があるから難しいのですが。

斬新さやすごい展開はないのですが、一般人である聡と超能力者たちの会話が好感をいだきました。ややだらけた雰囲気も登場人物たちにあってます。超能力者がいたらこんな風なのかも、と思わせてくれる物語です。




[ 2011/08/06 12:13 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年08月02日(火)

2011年7月の読書メモ 

Q.E.D.―証明終了26〔B〕
パーツのぱ4〔B-〕
改訂新版 暗号の数理〔C〕
働かないアリに意義がある〔B+〕
無限の住人26〔A-〕
キノの旅10〔C+〕

以上6冊でした。新書を読まなくなったかな、と思っていたのですが、2冊読んでいました。逆に、ライトノベルを読んでばかりだと思っていたのに、この月は1冊のみ。結構、既読の本を再読していたので、勘違いしていたようです。

うーん、全体的に評価か辛いのかもしれません。ここ数ヶ月いまいち評価が低めなのは、精神状態が良くないのが原因かもしれません。どうも、パーッとした気分になれない。

兄弟の引越しの手伝いをし、持って返ってきた漫画をずっと読んでいました。エルフを狩るものたち(大部分)、ゴーストスイーパー美神(大部分)、金田一少年の事件簿(後半)、そしてエア・ギア(二十数巻まで)など。最初の2つは自分のものなので、懐かしさを感じながら読み返しました。笑うポイントは以前と変わりませんでした。

資格試験も終了し、多少は時間に余裕が出てくると思うので、8月は多めに読むつもりです。




[ 2011/08/02 16:41 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)