2011年04月28日(木)

シフト1 世界はクリアを待っている 

シフト〈1〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)シフト〈1〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)
著者:うえお 久光
出版:アスキーメディアワークス
発行:2008/06/10

評価〔B+〕 まるでネットゲームのようだけど
キーワード:SF、現代、ファンタジー、青春

(――世界はクリアを待っている――) 自分だけではないらしい、ラケルも店長さんも、この世界に来る者みんなが耳にしているという言葉。
(第一話より抜粋)


一部の若者たちに、眠るとファンタジー世界へと送られる不可思議な現象が起きていました。原因は分からないままに、彼ら彼女らは戸惑いながらも現実世界と異世界の二重生活を送ることとなる、というお話です。著者は「紫色のクオリア」で有名なうえお久光。本書は、初めハードカバーで出版された後に、電撃文庫で文庫化された珍しい本です。

不特定多数の人間が異世界の人物になりきるのは、多人数同時参加型オンラインRPG(MMORPG)を連想させます。けれど、決定的に違うのは遊ぶのではなく生きていることです。五感はそのまましっかりあるし、人との会話も剣や魔法を駆使した戦闘も、ゲームのようにやり直しはききません。まさにファンタジー世界の住人となるのです。と、ここまででしたらファンタジーもので良いのですが、このラノベは起きているときは普通に学校生活を送っている点が異なります。夢の世界はあくまで別世界の話、しかし実際そこで生きているのも事実なのです。

主人公の赤松祐樹は、あちらの世界ではトカゲ男、リザードマンとして生活しています。いつも戦闘ばかりではなく、ひなたぼっこや恋愛など日常の部分も描かれていて、一層その世界が実在しているかのように思えてきます。出てくる人物も現実同様、様々です。自由な異世界のためか、キャラたちの個性が行動に強く表れ、興味深く面白いです。ファンタジーの要素よりも、心理描写の部分のほうが多い、かな? だから比較的個人的な話で進むのかと思いきや、途中で話が急展開して緊迫感が出てきたのは、意外で良かったです。意外といえば、第二話では『あの二人の仲がどこまで進んでしまうんだろう』と、少しドキドキしながら読んでました。

まだまだ未解決や謎の部分もありますが、この1巻だけでも十分楽しめます。「悪魔のミカタ」よりも「紫色のクオリア」やこちらのほうが好きだな。




スポンサーサイト
[ 2011/04/28 22:25 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2011年04月26日(火)

罪と罰2(アクションコミックス) 

罪と罰 2 (アクションコミックス)罪と罰 2 (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版:双葉社
発行:2007/11/28

評価〔B〕 弥勒の計画の行方は
キーワード:シリアス、漫画化、

お前の良心に訊いている。それは、悪いことか?(本文より抜粋)


援助交際グループの女子高生ヒカルの存在を知った裁弥勒。彼は彼女を調べるにつれ、心はどんどん極端な方向に傾いていき、ついにある計画を思い立ちます。果たして、彼は計画を実行に移すのか否か。

1巻同様、圧迫感があり重苦しい雰囲気が続きます。前回にまして弥勒の心の内にせまり、後半では話が一気に動きだします。そのスピード感は緊張感のせいもあってか、読んでいた時間は短いのですが疲れを感じました。そして、彼にとって予想外の出来事が起きます。物語が動いている中で2巻が終わるので、あの後、弥勒がどう動くのか気になります。あの終わり方だと、あまり好ましくない展開になりそうな……。

彼の計画は、どうなっていくのでしょうか。次でひと段落しそうなので、初めから読むのでしたら、一気に3巻まで読んでも良さそうです。



[ 2011/04/26 21:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年04月23日(土)

神栖麗奈は此処に散る 

神栖麗奈は此処に散る (電撃文庫)神栖麗奈は此処に散る (電撃文庫)
著者:御影 瑛路
出版:メディアワークス
発行:2006/01

評価〔B+〕 あの神栖麗奈のルーツが明らかに。
キーワード:サスペンス、ホラー、学園、

どちらにしても、私は目的のために邁進する。粉々に砕き散らすまで。粉々に砕け散るまで。(四章 神栖麗奈より抜粋)


女子高の前生徒会長であり、美しく完璧な存在であった神栖麗奈の過去が語られます。「神栖麗奈は此処にいる」の続編、下巻に相当する本です。「此処にいる」では正体は明かされたけれど、どうしてそうなったのかその原因となる出来事、ルーツまでは書かれていませんでした。本書ではその謎が明かされます。

目次で麗奈自身の章があると知って驚きました。曖昧でつかみどころのない人物である彼女の内面が明かされると考えると、他の章を読むのが少々もどかしかったです。最後の章で全てが繋がっていくのは、疑問だった発言の意味も分かってスッキリします。こういう入れ替わりで語られる一人称の利点は、同じ会話でもそれぞれ違ったことを考えているのが分かることだと思います。ズレが面白いというか。

それにしても相変わらず痛みを連想させる恐怖ではなく、不安や疎外感を刺激し心のもろいところをつくような怖さを感じます。この本を単体で読んでも楽しむことはできますが、やはり著者が言っているように前作から読むことをおすすめします。終わりが始まりとなるのが、この本の怖さのひとつでもあるので。





ネタばれは続きにて。


[ 2011/04/23 23:16 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2011年04月21日(木)

象られた力 

象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)著者:飛 浩隆
出版:早川書房
発行:2004/09/08

評価〔B〕 重厚で感覚に訴えるSF小説
キーワード:SF、未来、中短編集、

「では、お話ししましょう。あたなに見つけていただきたいものがある。――それはだれも知らない図形です。」(表題作より抜粋)


普段SFに馴染みのない人が想像するSF小説とはどのようなイメージでしょうか。まだ実現できそうもない科学技術、地球以外の惑星での生活、物理法則の異なる世界、それらが難解な文章で書かれたものと思っている人もいるでしょう。本書にはそれらの要素を含みつつ、イメージしやすい世界が存在しています。著者の初期中編4つ収めた作品集です。

双子の天才ピアニストや特殊な言語の謎と、SFでもありサスペンスでもあるような小説があって興味を引かれました。アイディアも良いのですが、特徴的なのは、巻末の解説にもあるように、五感に訴える文章です。音、光、臭いと頭の中で再現しやすいように書かれていて、想像しやすいSF小説もあるもんなんだなと感じました。「デュオ」の演奏、「象られた力」のタトゥーは印象的。

4つある中で良かったのは「デュオ」と表題作。特に前者は驚かされました。表題作は結末があまり……。残り2編「呪界のほとり」「夜と泥の」はそれほど好みではありませんでした。評価がはっきり分かれてしまいました。全体的に重厚で、明るくコミカルと呼べるのは「呪界」くらいでしょうか。

ネットの書評を少し見たところ高評価がほとんどですが、結構好みの分かれそうな作品だと思います。同著者の長編であるグラン・ヴァカンスも気になるところです。




[ 2011/04/21 21:49 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年04月17日(日)

生徒会役員共5 

生徒会役員共(5) (少年マガジンコミックス)生徒会役員共(5) (少年マガジンコミックス)
著者:氏家 卜全
出版:講談社
発行:2011/04/15

評価〔B〕 ちょっとした変化が飽きさせない
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

これが日常会話だと?(本文より抜粋)


男子生徒が少ない元女子高の共学高で、なりゆきで生徒会副会長となった主人公・津田タカトシが周囲に翻弄されつつ頑張る4コマ漫画です。アニメ放映も無事(?)終了。しかし、漫画のほうはまだ続きます。

この巻では新キャラが1人登場します。他校、英稜高校の生徒会会長、魚見さん。シノとは違った意味で笑わせてくれそうです。キャラの中で目立ったのは、妹のコトミ。どうしてあんな面白キャラに……(笑)。アリアや横島先生と共に我が道を突っ走っています。そういえばこの巻は横島先生が表紙なんだね。津田君よりも先に表紙を飾ってしまった。いいんでしょうか。

内容は相変わらずですが、ほんの少し違うので、くだらないと思いつつも笑ってしまいます。安定感があります。ちなみに、5巻も4巻同様限定版があって、特典はオリジナルのアニメDVDです。安くはありませんが、ずいぶん豪華な付録だなぁ。




[ 2011/04/17 22:05 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年04月14日(木)

死神様に最期のお願いを1 

死神様に最期のお願いを 1 (ガンガンコミックス)死神様に最期のお願いを 1 (ガンガンコミックス)
著者:山口 ミコト
出版:スクウェア・エニックス
発行:2010/03/20

評価〔B+〕 よく裏をかく漫画です
キーワード:死神、サスペンス、ホラー、オカルト

「最後の食事は知らないけど、“最期の願い”ならあるわよ。」(本文より抜粋)


悪魔が現れて、魂と引き換えに願いかなえてやろう、という話はよくありますよね。しかし、この漫画は少し違っていて、死神がもうじき死ぬ人間の願いをひとつだけかなえてあげます。それがタイトルにもある「最期の願い」です。

主役は2人の兄妹、死刑判決を受けた兄・相田静と死神となった妹・相田響です。死神がモチーフの作品は、死神が目標となるの生き方を見届ける物語が多いと思いますが、本書はそれと違ってサスペンス風に始まります。可愛らしい絵柄に反して、悲惨で衝撃的なシーンが多々あって意外でした。それと、身の危険と人の異常な面と、2つの異なる恐怖が混在していて、絵柄との落差が怖さを引き立てます。

一方、この雰囲気ならこうくるだろうというこちらの読みを上手く外してくるので、意外性があり面白いです。一言で今までの流れを壊してしまうのが凄い。迫力あるなあ。

漫画としての完成度がすごく高い……とは言えませんが、無難なストーリーでないのは確かで引きつけられます。死神なので当然死を扱いますので、人によって好みは分かれそうですが、結構好みです。このままだとすぐ終わってしまいそうな展開ですが、現時点で3巻まで出ていて完結もしていないようなので、ホッとしました。




[ 2011/04/14 22:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年04月12日(火)

人類進化の700万年 

人類進化の700万年 (講談社現代新書)人類進化の700万年 (講談社現代新書)
著者:三井 誠
出版:講談社
発行:2005/09/17

評価〔B〕 化石と遺伝子が語る人類の足跡
キーワード:人類学、進化、遺伝子、化石、

大空を飛ぶという能力でさえ、鳥だけでなく昆虫、哺乳類でもコウモリなどがそれぞれ獲得した。なのに、直立二足歩行は人類だけだ。不思議だ。(第1章より抜粋)


人類が類人猿から進化したことを常識として知っていても、いつどのように進化していったかをきちんと理解している人は少ないと思います。その人類の歩みを、他の動物から分岐したと推測される700万年前から、順を追って紹介しています。著者は研究者ではなく科学部記者。素人の目線で書かれ、それほど肩肘を張らずに読めます。

他の本で読んで知っていたこともありましたけれど、うまくまとまっているため知識が整理されて良かったです。もちろん知らなかったことも多く、頑丈型猿人やインドネシアの小型人類など絶滅した種の存在は、興味深く驚かされました。また、進化の代償として、モチが喉に詰まったり痛風にかかってしまう体になったのも、面白いです。

前半の人類史も良いですが、後半の化石の年代を調べる炭素14年代測定や、遺伝子から探る突然変異の歴史も興味深いです。ニホンザルから進化する際、色覚が復活する話は面白いと思うし、そんなことまで解明できるのかと驚きました。その反面、まだまだ分からないことも多いので、今後も新たな発見が期待されます。

最近の人類学の本を読んだことのある人には少し物足りなく感じると思いますが、まったく知識のない人には読みやすく、知的好奇心を刺激してくれる良い入門書となるでしょう。





[ 2011/04/12 21:39 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2011年04月10日(日)

数学女子1 

数学女子 1 (バンブー・コミックス)数学女子 1 (バンブー・コミックス)
著者:安田 まさえ
出版:竹書房
発行:2010/09/07

評価〔B-〕 数学専攻の学生生活とは。
キーワード:数学科、女性、大学、

「私は美しくなくていい。私の証明さえ美しければ・・・!!」(本文より抜粋)


数学科の女の子たちが活躍したりしなかったりする日常系4コマです。数学科と言えば、一般的に変わり者の集まりと称されていますが、実際はどうなのでしょうか。世間離れした世界なのか?意外と普通なのか? その答えのひとつがこの漫画に描かれています。

冒頭から書かれているように、数学科は女性比率が低いようです。本書では80人中4人でちょうど5%。まあ数学科に限らず理工系は女性が少ないよね。少ないながらたくましく学生生活を送っていて、だいたい本書のような感じだと思います。化粧について疎か……シンプルになるのは分るような気がします。

中心人物の内山まなは、数学女子というより算数女子という言葉が似合う人物。彼女の「大学純数学は難しすぎます!サギです!!」に共感する人も多いのでは。いや、本当に難しいよ。しかし、専門用語が分らなくても楽しめると思います。たいてい枠外に注釈が書かれていますし。そんな彼女がなんで数学が好きかと問われて、答えたまっすぐな意見は良いですね。輝いています。余談ではありますが、まなの服装はどうも幼稚園の子が着ている服(運動着?)に見えて仕方ないです。脚まで描かれないことが多いので特に。なので、すごく幼く見えます。

文系の方には新鮮に感じられると思います。もう少しもう一押し何か欲しい気もしますが、それはそれとして、お茶でも飲みながら気軽に読める4コマです。




[ 2011/04/10 10:45 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年04月09日(土)

神栖麗奈は此処にいる 

神栖麗奈は此処にいる (電撃文庫)神栖麗奈は此処にいる (電撃文庫)
著者:御影 瑛路
出版:メディアワークス
発行:2005/12

評価〔B+〕 不思議な怖さがあるラノベ。
キーワード:サスペンス、ホラー、学園、

神栖麗奈は微笑する。この世にあり得ないぐらい美しい笑みで。(三章P216より抜粋)


4人の登場人物から見た神栖麗奈という少女に関する物語です。ある人物にとっては親友、ある人にとっては仇、またある人にとっては仲間と、様々な面を持つ彼女は一体何者なのか? 一人称で書かれた4つの章に分かれていて、各章の主人公たちは彼女と会い話すことで、展開していきます。ジャンルとしてはサスペンス・ホラーあたりでしょうか。分類が難しいです。

心の暗いところが物語の核心になっているので、明るくはありません。暗い展開が好きな人向け。サスペンス風になっていくので、段々怖さを感じていきますが引き込まれます。血や刃物のような恐怖ではなく、婉曲的な類のものです。しかし、読んだ後にも何か残るような面白さもありました。恐怖と面白さのどちらの印象が強いかは、性格にもよりそうです。

最初の章の結末は予想範囲内だったのですが、次の章、また次の章と読み進めていくうちに、段々と分からなくなっていきます。人型エネルギーで世界が、と某が言い出した時は、「あれ?ブギーポップ読んでたんだっけ?」と少々戸惑ったくらいです。同著者の「空ろの箱」でもそうでしたが、展開を大きく変えて読者の読みを外すのが得意みたい。

読後も何度か読み返したのは、自分で思っているよりも気に入っている可能性が高いです。続き・下巻に相当する「神栖麗奈は此処に散る」があるので、そちらも読もうと思っています。




ネタばれ疑問点は続きにて。

[ 2011/04/09 18:55 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2011年04月05日(火)

リア王(新潮文庫) 

リア王 (新潮文庫)リア王 (新潮文庫)
著者:ウィリアム シェイクスピア
出版:新潮社
発行:1967/11

評価〔C+〕 信頼と真実の姿の大悲劇
キーワード:戯曲、シェイクスピア、イギリス文学、四大悲劇、

リア「お前達のうち、誰が一番この父の事を思うておるか、それが知りたい、最大の贈物はその者に与えられよう、情においても義においても、それこそ当然の権利と言うべきだ。」(第一幕より抜粋)


シェイクスピアの四大悲劇の1つです。老王リアは、三人の娘たちに権力と富を分け与えるため、どれほど自分のことを思っているのかを尋ねた。姉二人とは違って、末娘コーディーリアは本心を口にします。戯曲のため、芝居の台本の形式で書かれています。

裏表紙のあらすじのとおり、中心にあるのは親子関係です。肉親なので愛情や誠意を示す者がいる一方、建前を口にし打算や欲望を内に秘めている者もいます。このあたりのズレが見どころ。本書に限らず、古典読むたびに人は変わらないものだなと感じます。ちなみに、母親としての役割を果たす者は登場せず、父親のみを扱っています。時代と当時の社会の影響でしょうか。

もう1つのテーマは、地位も財産も別とした人間本来の姿です。巻末の解題では「虚飾の抛棄(ほうき)」と表現しています。後半、リアの嘆きのには、はっとする台詞もあって目を引きます。台詞回しは仰々しいのですが、マクベス同様はまっていて格好良いです。さすが戯曲。

しかし、どうも筋が好きではないというか不満というか。また、誠意や信頼を見せた人物たちの結末が不満ですし、終わり方もどこかすっきりしない幕引きに感じました。マクベスの悲劇は受け入れられるのだけれど、なんかなあ……。

解題と解説を読んで、まだまだ読解力がないのが分かりました。難しいね。また後でもう1度読み返してみます。




[ 2011/04/05 21:40 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年04月03日(日)

超常現象をなぜ信じるのか 

超常現象をなぜ信じるのか (ブルーバックス)超常現象をなぜ信じるのか (ブルーバックス)
著者:菊池 聡
出版:講談社
発行:1998/09/18

評価〔A-〕 体験からくる信じる心を考察
キーワード:超常現象、認知心理学、確証バイアス、

「自分の目で見たこと」という表現は、しばしば「たしかなこと」「間違いのないこと」の代名詞のように使われます。しかし自分の目で見たことは、それほど確実なことなのでしょうか?(第2章より抜粋)


UFOや霊は見るまで信じなかったけれど、1度体験すると頑なに信じてしまうと言います。実際見たから、過去に体験したから、滅多にないことが起きたから……信じるに足る理由のようですが、本当に疑いの余地のないことでしょうか? これらに疑問も投げかけ、認知心理学の面から分かりやすく検証していきます。ちなみに、この本は「疑似科学入門」で触れていたので興味を持ちました。

いかにも信じてしまいそうな例を挙げ、その後にどこか間違いか解説するスタイルで進んでいきます。個々の事象はあまり長く書かず、心理学の本を読んだことがない人にも理解しやすく解説しています。人間が生きていくうえで持っている心や考え方の偏りのため、いかに誤った判断をしやすいかが分かります。記憶の曖昧さ、直感の当てにならなさは頭の片隅に留めておくべき知識だと思います。

しかし、すでに認知心理学の知識がある方や、超常現象について読みたい方には物足りない内容です。主題はオカルト自体ではなく、どのようにして物事を信じるようになるかの仕組みなのですから。

10年以上前の本ですが、他の本に引用されるだけあって興味深い読み物です。既知のこともあって新鮮味は少ないですが、改めて分かりやすい説明を読むと、復習ではないですが知識が整理され良かったです。




[ 2011/04/03 10:17 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2011年04月02日(土)

2011年3月の読書メモ 

脳と性と能力〔B〕
マンホール3〔B〕
少女ノイズ(光文社文庫)〔B〕
大東京トイボックス1〔B+〕
雷撃☆SSガール〔A〕
竹取物語(全) (ビギナーズ・クラシックス)〔A-〕
鬼灯さん家のアネキ1〔B+〕

以上、7冊でした。新書・漫画・小説・ラノベ・古典と偏りのない読書を心がけました。雷撃☆SSガールが予期せぬ面白さだったのが嬉しい誤算です。講談社BOXはもう少し価格が低ければなあ。

ここ数年買い続けいているムックの今年度版「PC自作の基礎知識2011」を購入しました。パソコンはしばらく見ないとすぐ置いていかれるので、知識をアップデート。それと、資格試験用に問題集も購入。先月の参考書と合わせるとお金が……。

3月中に読み終わった本があったのですが、時間がなかったので4月にまわします。





[ 2011/04/02 22:58 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)