FC2ブログ







2010年06月29日(火)

70億の針3 

70億の針 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)70億の針 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
著者:多田乃伸明
出版:メディアファクトリー
発行:2009/10/23

評価〔A+〕 思いもよらぬ新展開
キーワード:SF、現代

「だが今回のことは完全に特異だ…。時間の流れの向き自体が変わってしまったような――」(本文より抜粋)


宇宙から飛来した2つのプラズマ生命体を巡る話も3巻目です。前回、テンガイとメイルシュトロームの戦いは収束し、これからどう話が進むのか分からないところで終わりました。ヒカルの日常に傾いていくのかと思っていたのですが、依然としてSFらしい大規模な話のまま進んでいきます。新しい登場人物が登場し、2巻に比べて展開が速いので、少し戸惑うかもしれません。

メイルシュトロームの言葉を追っていくと、テンガイと違って妙に人間っぽいところがあって興味深いです。意外に笑えます。本当に意外だ。一方、テンガイは相変わらず格好良いです。外見は変わらないのに。不思議。

この巻を読んでみて再確認したのは、SFの要素と人の内面を描いた部分が、上手くバランスが取れている点です。どちらかに偏り過ぎては、この面白さはなかったんじゃないのかな。また、本に挟まっていたMFコミックの小冊子に著者のコメントが載っていて、そこには『少々の勇気で見えていた景色がアナタを受け入れてくれるかも。』とあります。SFとして面白いけれど、これはやはり他者との繋がりの物語なのかな、と思いました。

次回4巻が最終巻みたいで、本当に惜しいです。もう少し続いてくれれば良かったのに。この物語がどう終わるのか楽しみです。




スポンサーサイト



[ 2010/06/29 23:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)