FC2ブログ







2009年12月30日(水)

2009年のまとめ 

今年は年が明ける前に一年のまとめを。

2009年に感想を書いた本は、全部で49冊でした。昨年が45冊だったので、少しだけ多かったようです。2年で94冊か……100冊は残念ながら来年に持ち越しですね。分野別の冊数をみてみると、

小説 (5)
ライトノベル (2)
推理小説 (1)
漫画 (26)
随筆 (1)
社会・歴史 (3)
心理・哲学 (7)
自然科学 (1)
言語 (2)
実用 (1)

とまあこんな感じです。カテゴリーは昨年とほとんど一緒です。実用の項目を追加しただけかな。それにしても、やはり漫画が多いなあ。半分を超えてしまった。他の分野の本ももっと読まないとなあと反省です。漫画が悪い訳じゃないけれど、もう少しバランス良く読みたいんです。


一方、評価別の数は以下のような結果になりました。

〔S〕 4冊
〔A〕 9冊
〔B〕 27冊
〔C〕 9冊
〔D〕 0冊
〔E〕 0冊

Sが昨年の1冊から4冊へと大きく増えたのが嬉しいです。AとCの数は昨年に引き続き同数になりました。意外にバランス良かったのかな。また、Bの数が27と多め。もっと評価ははっきり分かれるようにしたほうが良いんでしょうか。あまり同じような評価ばかりでも退屈だけれど、無理に上や下に割り振るのも変ですし……難しいものです。

この評価ですが、当初はDを普通としようと思っていたのですが、感想を書き続けていると、自分では基準はBあたりに設定していることに気がつきました。Bが「まあ満足、読んで良かった」、Cが「少し不満」くらいかな。評価基準については、後で改めて説明したいと思います。




スポンサーサイト



[ 2009/12/30 21:08 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2009年12月30日(水)

2009年12月の読書メモ 

無気力の心理学―やりがいの条件〔B+〕
そのケータイはXX(エクスクロス)で〔C-〕
オイレンシュピーゲル壱 Black&Red&White〔B-〕
SEED1〔A-〕
人はいかに学ぶか―日常的認知の世界〔A-〕
Q.E.D.―証明終了25〔B〕
終わりと始まりのマイルス1〔A-〕
「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ〔A〕

今年最後の月は、以上の8冊でした。先月と同じ冊数です。希望どおり。読むだけならばもっと増やせそうですが、感想を書くとなると、あまり多くても大変そう。文章を考えたりするの遅いしね。

新書、小説、漫画を数冊ずつ。これで随筆やノンフィクションが加われば、バランスが良くなるのかな。新書だけでなく、易しめの専門書も読みたいなあ。その手の本は、たいてい高いなのが難点です。そういえば単行本の小説もだいぶ読んでないなあ……。

評価Aが多いです。少し判断が甘かったのか、それともたまたま良い本を選んだのか。まあ両方かもしれませんが、満足のいく一ヶ月でした。



[ 2009/12/30 20:58 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)