FC2ブログ







2009年07月31日(金)

理性の限界 

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)
著者:高橋 昌一郎
出版:講談社
発行:2008/06/17

評価〔S〕 妥協なき知的探求と知的刺激があります
キーワード:哲学、科学、理性

ただいまから、「理性の限界」に関するシンポジウムを開催したいと思います。(序章より抜粋)


人は何をどこまで知ることができるのか?また、その理性や知識に限界はあるのかないのか?といった難しいけれど興味深いことを題材に取り上げています。タイトルを見るといかにも難解で取っつきにくそうですが、この本では論文のように解説するのではなく、架空の登場人物たちがシンポジウムで議論するという形式を用いることで、読みやすくそして格段に分かりやすくなっています。

シンポジウムでは表題の理性の限界について、選択・科学・知識の面からそれぞれ追求していきます。例えば、選択に関する章では、卒業旅行の行き先を多数決で決めた話から始まり、完全に公平な多数決は存在するのか?といった究極のところまで議論は進みます。

選択の章で出てくるアロウの不可能性定理は知らなかったので、驚きと共に感心しました。民主主義のひとつの答えを知ったような気分です。また、有名な囚人のジレンマに最適な答えがあるのかを調べた「繰り返し囚人のジレンマ」は、その結果が実社会ときちんと繋がっていて面白いです。2つ目の科学そのものを考察する科学の章では、不確定性原理など知っていることも多かったのですが、科学の合理性に疑問を投げかけたファイヤアーベントの主張などはとても興味深いものでした。3つ目の論理学と数学を扱った知識の章は、ぬきうちテストのパラドックスや、正直ナイトと嘘つきネイブのパズルといった分かりやすそうな話から、数学の限界について論じたゲーデルの不完全性定理、さらにその先まで説明されています。この章は難しいですね……まだ完全に理解できたとは言えません。

選択の章は予備知識なしでも大丈夫そうですが、残り2章は多少なりとも知識があったほうが良いかもしれません。とは言え、各分野の大まかな流れをつかむことは十分できます。分からない点でどうしても深く知りたいならば、それについての解説本を別に読めばいいんじゃないのかな。

通常ならば3つの章をそれぞれ別々の本として出しても良いくらい興味深く、そして科学の最先端や理性の限界に触れることができたかのような内容の濃い本でした。久しぶりにつけた評価Sは、またも知識といいますか学問の類の本。知的探求は面白いなあ。



スポンサーサイト



[ 2009/07/31 22:57 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)