2008年09月30日(火)

他人がこわい―あがり症・内気・社会恐怖の心理学 

他人がこわい―あがり症・内気・社会恐怖の心理学他人がこわい―あがり症・内気・社会恐怖の心理学
著者:クリストフ・アンドレ、パトリック・レジュロン
出版:紀伊國屋書店
発行:2007/03

評価〔A+〕 良いコミュニケーションと認知
キーワード:心理学、社会不安、社会恐怖(社会不安障害)

つまり、私たちは、他人に見られたり、他人の評価の対象になったりしていると感じた時に、不安をおぼえるものなのである。(序章より抜粋)


インパクトの強い題名ですけれど、副題のほうがむしろ内容を勘違いせずに連想しやすいです。表題『他人がこわい』は強烈な人間恐怖症を想像してしまいますがそうではありません。相手に言動を見られたりや評価されたりする時、緊張したり不安になったりすることがあります。それが生活に支障をきたすほどになってしまったものを社会恐怖と説明しています。あがり症も内気も社会恐怖も他人の目を気にしているという点では同じです。

精神科医クリストフ・アンドレの本は(他にも読んだ本があるのですが)、本当に判り易く、かといって易し過ぎることもありません。そして何より実例が豊富かつ身近なので、共感できるものばかりです。著者がフランス人なので、フランスの場合について書かれていることもありますが、どの国の人にも共通する問題を取り上げているので気にはなりません。逆に、社会学的要因について言及している項目では、日本を含む他の国々についても書かれているので、良いと思います。

社会不安を感じる4つの状況と4つの社会不安の解説は分かりやすく見事です。例えば、あがり症と内気の違いの1つは、特定の状況か生活全般で感じるかであるなど曖昧な認識を改めてくれます。また、社会不安のピラミッドは不安に感じる頻度と程度をうまく説明できていると納得しました。心に残ったのは、不安によって行動する前に最悪の結果になると思い込んでしまう<予期不安>です。自分に当てはまっているかも。

この本の良いところは、誰の目にも病気だとわかるケースだけでなく、病気ではないが悩んでいる軽度のケースも取りあげている点です。

もし「病気」というものを、「個人に大きな苦しみをもたらし、その人の生活の質を下げてしまうもの」と定義するとしたらどうだろう?(第5章より抜粋)


上記の抜粋にもあるように、心の苦しみを軽視せずに真摯に取り組んでいるのがわかります。この軽度の社会不安についても、具体的解決策が掲示されています。

巻末についている心理テストで簡単な自己診断ができるので、自分のあがり症や内気を気にしている、もしくは興味がある方は1度試してみてはいかがでしょうか。周囲にそのような人がいるときも、この本は助けになると思いますよ。




スポンサーサイト
[ 2008/09/30 22:54 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2008年09月28日(日)

“文学少女”と死にたがりの道化 

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
著者:野村 美月
出版:エンターブレイン
発行:2006/04/28

評価〔B〕 軽さと重さのバランスの良さ
キーワード:学校、ミステリー、本

わたしは、この世のありとあらゆる物語や文学を食べてしまうほど深く激しく愛しているごくごく普通の可憐な高校生で、ただの文学少女です。(本文より抜粋)


ラノベで読んだことのない作者で評価の高いシリーズを何か読みたいと漠然と思っていて、どれにしようかな~と長らく迷っていたのですが、まずはこの文学少女シリーズの一巻を読んでみることにしました。裏表紙の解説にあるミステリアス学園コメディの言葉に惹かれたので。

平穏を愛する高校二年の文芸部員・井上心葉と、彼の先輩で同じく文芸部の文学少女・天野遠子。特筆すべき点は、遠子が文学を、つまり本を実際に食べて味わうことができるところ。文章や本が食べ物の味に例えられる様子は、なかなか面白いです。実在する本で未読の本だったりすると興味がわきますよ。また、彼女はその能力のために語り部である心葉に妖怪よばわりされますが、それ以外は普通の本好きの少女のようです。ラノベだと妖怪といわれたキャラは本当に妖怪であることもあるので、途中まで彼女が本当に人間かどうか疑心暗鬼のまま読んでいました。

ライトノベルは突拍子もない設定や個性の強すぎる人物が多いのですが、この作品は上記の点をのぞけばそうでもなく、それがかえってミステリーとして合っていて良かったのではと思っています。探偵ではなく、タイトルどおり文学少女なのです。

シリアスな話なのだけれど、読後は不思議とすごく重かったとは思いませんでした。心葉と遠子のやりとりが明るいせいか、重いほうに偏ってなくバランスがいいのかもね。文体のおかげかも。終盤、死にたがりの道化の告白はひきこまれます。

この本を読んでいると、遠子が強烈に推薦するためかこの物語の軸となっている作家の本を読みたくなってきます。全集はそれはそれは良いそうな。今度読んでみようかな。そして、この文学少女の続きも読むつもりです。




[ 2008/09/28 23:46 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2008年09月21日(日)

とある科学の超電磁砲 1 

とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (1) (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (1) (電撃コミックス)
著者:鎌池 和馬
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2007/11/10

評価〔B+〕 原作の設定が活きています
キーワード:超能力、学校、アクション、コメディー

あの方こそが―― 学園都市230万人の頂点 七人の超能力者の第三位―― (本文より抜粋)


この漫画はタイトルにもあるように、『とある魔術の禁書目録』というライトノベルの外伝です。小説のほうを読もうかな読もうかなと思っていたんだけれども、なんだかんだで漫画の、しかも外伝から読み始めてしまいました。たいていの場合は本編を読んでから外伝へうつったほうがいいのですが、まあ仕方ない。

超能力が普通にある世界で、学園都市にある超能力養成学校に通う中学生・御坂美琴を中心に話が進みます。本編の主人公もでてきますが、あくまで主役は彼女。能力は桁外れで性格は直情型と、少し前の少年漫画の主役少年のようです。元気が良いので見ていて気持ち良いし面白い。ストーリー漫画で主人公がこう元気の良いのは、久しぶりに見た気がします。

基本的に学園都市内で起きる出来事を、超能力を使って解決していく話です。途中までは普通かな~と思って読んでいたのですが、主要キャラである当麻が登場したあたりからどんどん話に引き込まれていきました。ひねた複雑な展開ではないし、なにより爽快感があるのが魅力的です。本編を読んだ人もこの外伝は面白いと書評を書いている人が多いので、本編と比べても遜色ないのでしょう。

とはいえ話もまだ始まったばかり。このままのテンポの良さと、キャラ同士のやりとりの面白さを保ったまま続いていってもらいたいです。








[ 2008/09/21 22:24 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2008年09月18日(木)

生徒会役員共 1 

生徒会役員共 1 (1) (少年マガジンコミックス)生徒会役員共 1 (1) (少年マガジンコミックス)
著者:氏家 ト全
出版:講談社
発行:2008/08/12

評価〔B〕 良くも悪くも氏家ト全の漫画です
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

毎日続くの?この感じ(本文より抜粋)


『妹は思春期』を読み返していたら面白くて、同作者の新しい4コマが読みたくなったので本屋に行ったらあったのがこの本です。『アイドルのあかほん』もあったのですが、全1巻だそうなんで今回はパスしました。長く読みたかったんで。

タイトルどおり学園ものです。ただし内容はほのぼのとしたエッチネタの4コマで、他の氏家作品と変わりありません。表現は『妹は思春期』より控えめで、『濱中アイ』と同程度か少しキワドイかな。でもこの人の漫画は卑猥な表現を連発しているわりには、しつこくないと言いますかサラッとしていて嫌な感じがしないのが良いです。

登場人物は、共学化した元女子高に通う高校一年生の主人公・津田タカトシと、その高校の生徒会役員の3人です。本の帯に『男女比率28:524』とありましたが、読んでいてそれほど気にはなりませんでした。タカトシ以外の役員が3人とも女の子だったくらいかな、そう感じたのは。

基本路線はエッチネタですが普通のオチももちろんあって、それが逆にスパイスとなっていて新鮮です。他の作品ではあまり見られなかった形のオチ、例えば『台詞なしのオチ』なんかは、この漫画にはあっていて笑ってしまいます。

何も考えずに何回も読み返すのに良いんじゃないのかな。マンネリと思う方もいるかもしれませんが、飽きさせないギャグは上手いと思いますよ。





[ 2008/09/18 21:24 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2008年09月06日(土)

2008年8月の読書メモ 

それでも町は廻っている4〔B+〕
日本力〔B-〕
数学ガール/フェルマーの最終定理〔S〕

8月も3冊でした。3冊は本を読まない人からみれば多いかもしれないけれど、本をよく読む人からしたら全然少ないですね。しかも漫画をいれて3冊ですし。

でも読んだ数が少なくても、ついに評価〔S〕をつけるような本に出合えたので大満足です。どのくらい気に入ったらSにしようか、このままずっとSなしか?と色々考えていただけに、この本は嬉しい。今後もまだ出ていないDやEがつかないような読書生活になれば良いかなー、と思っております。




[ 2008/09/06 22:19 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)