FC2ブログ







2008年03月29日(土)

零崎曲識の人間人間 

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)
著者:西尾 維新
出版:講談社
発行:2008/03

評価〔B〕 名脇役な殺人鬼
キーワード:人間シリーズ、戯言シリーズ外伝

どれほど仲間内で浮いていようと――零崎曲識がその一員であることを、そして中でも群を抜いて禍々しき殺人鬼であることを、決して忘れてはならない。(本文より抜粋)


戯言シリーズの外伝にあたる人間シリーズも今回で三冊目。今まで本編でも外伝でも名前だけしか出てこなかった零崎三天王の一人、零崎曲識の登場です。前回の人間ノック同様、時系列バラバラで本編が始まる前から本編に絡んだものまである全4話で構成されています。シリーズが零崎一賊が中心だけあって、やはり闘うシーンが多かったです。

主役の曲識は「悪くない」が口癖の音楽家兼殺人鬼です。両立しなさそうな2つを組み合わせたのが面白いですね。戯言・人間シリーズの中では珍しくクールな性格です。軋識のように正面から闘うよりも、絡め手や援護なんかが得意そうな感じで、派手ではないが味のあるキャラです。読み進めていくと、なぜ彼が『少女趣味(ボルトキープ)』となったのか、どうして今のような闘い方をするようになったのかが分かるようになっています。

過去二作と比べると、人間ノックよりは好みだけど人間試験には及ばない、ぐらいかな。単純に好みの問題もあると思いますが。それとは別の話になりますが、表題の人間人間の意味がよくわかりません。どこかに書いてあったっけ?

戯言本編でも活躍の人識は今回も登場しています。そういえば双識もだっけ?いつものやりとりも健在です。人識と言えば、人間シリーズは3冊で終わりだと思っていたのですが、どうやら4冊目で最終作となる人識編もでるようですよ。もう一冊読めるので楽しみです。


スポンサーサイト



[ 2008/03/29 21:41 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)