FC2ブログ







2008年01月27日(日)

ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド  

ブギーポップ・クエスチョン沈黙ピラミッド (電撃文庫 か 7-21)ブギーポップ・クエスチョン沈黙ピラミッド (電撃文庫 か 7-21)
著者:上遠野浩平
画  :緒方剛志
出版:メディアワークス
発行:2008/01

評価〔C〕 人生は中二階。
キーワード:シリアス・SF

「君はおそらく、この混乱を終わらせることだけはできる――それを選ぶかどうかは、君次第だ」(本文より抜粋)


久しぶりなような気がするブギーポップの新刊です。えー、この本を買うのに本屋を何件も探してまわりました。『狼と香辛料』や『灼眼のシャナ』ならどの本屋も沢山あったのに、ブギーポップがないとはこれいかに。

春休みを過ごす2人の少女が、元クラスメイトの少年と再会するところから始まります。この3人組と組織から追われるチーム、それを追う始末屋を巡る物語です。チームが追われる発端となった3年前に何が起こったのか?事件は3年の時を経て、再び動き出します。

時間は少し遡って、イマジネーターの頃の話です。シリーズとしては新しい展開はありません。あの頃、違う場所では違う世界の危機があったと描かれる、ブギーポップでは多々見かける作りです。登場人物たちの繋がりが見え世界観がしっかりしてくるのは良いのですが、
話が停滞気味なのは残念です。また、時系列ごとに書かれていないので、どの物語の後にどの話に続くのか混乱しそうです。

【ここからネタばれ】
メザニーンが実体なき怪物――しかも本物は3年前に消えていて、残っているのはその残滓にしか過ぎない設定は凝ってるなあ。残滓でなくてメザニーンそのものでも、別によかったと思いますけど。

セピアのストーンズ・キャストは言われているほど強くないと思うし、逆にフィクスのヘビー・ヒートのほうが断然強そうです。しかし、チームの話のはずなのに、一番目立っていたのはメローでしょう。年齢が低い(低そうな)キャラは珍しいですし。やきそばシーンが切ない。

イマジネーターは他の巻のみならず、ナイトウォッチシリーズなど他の作品にも登場するので驚きはしませんが、何度も何度も出されると飽きそうです……。

【ネタばれここまで】

各章の扉絵に、『~~ってなんですか?』とデフォルメされた登場人物と共に描かれています。質問の内容もヒントも味があっていいです。あの扉絵もそうだけど、挿絵を見ていてチームの誰がどのイラストなのかよくわかりませんでした。タンクトップの奴がロデオだと思うんだけど、自信ありません。あってるの?

今回は登場人物が多いせいか、あまり触れられていないキャラがいました。話の構成は相変わらず良かったのですが、他の巻と比べると何かちょっと足りない感じもしました。相変わらずあの口笛は格好良いです。僕も吹きたい。

最初の『笑わない』から10年くらいたつのに、雰囲気も質もあまり変わらず続いているのは嬉しいです。次回は話が進むことを願って。

スポンサーサイト
[ 2008/01/27 22:36 ] ライトノベル | TB(0) | CM(2)