2017年06月08日(木)

男はなぜこんなに苦しいのか 



著者:海原純子
発売日: 2016/1/13

評価〔B〕 分かりやすく言うと時代の流れ。
キーワード:心理、男性、ジェンダー、仕事

整形外科や消化器科で抗うつ剤を処方されながら心の病気を否定している男性は多いのだ。(第1章より抜粋)


この題名ですと、男ばかりが苦労しているとも取れますが、内容は男性ならではの悩みやストレスに注目し、どうすればより良い生き方ができるのかを考察しています。

男はこうあるべしという信念や、この方法で順調だったので今後もこれでと従来の方法や価値観にとらわれ、結果として心の病で苦しむ事例が数多く挙げられています。どちらも一昔前では常識だったかもしれませんが、現代社会では柔軟に対応したほうが上手くいくことが多いと感じました。昭和的な価値観が全て悪いわけではありません。

印象に強く残ったのは、3章コラムの「男性の多くは、話を聞くなど気持ちを分け合うことが大きな支援となることに気づかない」です。確かに直接支援にばかり意識が向くことが多いので、周囲の人が困ったり悩んでいたら、声をかける等の直接支援以外の支えも心がけていきたいです。

後半は、承認欲求や自己実現願望、結婚やメンタルケアなど男女に限らず重要なことが書かれています。これらは他の本を読んで知っていたので、新鮮味はありませんでしたが、大切さを再認識しました。自分を知る手法としてエゴグラムが挙げられていたので、あとで久しぶりに診断してみようと思います。


スポンサーサイト
[ 2017/06/08 19:56 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2017年05月07日(日)

快楽の脳科学 「いい気持ち」はどこから生まれるか 



著者:廣中 直行
発売日: 2003/8/30

評価〔B〕 脳の一部だけでは決まらない。
キーワード:脳、快楽、不快、低次脳、高次脳、

私の想像ではあるが、人間は世界を制御できたと思ったときにもっとも強烈な快感を感じるのではないだろうか。(第二章5より抜粋)


気持ち良いという感情を、心理学ではなく脳科学の見地から分析した本です。題名の「快楽」とついていますが、快を知るためには不快・辛さを知る必要として、問題行動が多く取り上げられています。楽しそうだなと思って読むと、なんか違うと思ってしまうかもしれません。

脳を原始的な低次脳と人間らしい高次脳の2つに大まかに分けて、何がどのように作用しているのか細かく説明しています。私は生物には疎いので、化学物質などの専門用語を羅列されると分かりにくいのですが、詳しい人には丁寧に書かれていて分かりやすいでしょう。

他の動物も同じようにある食欲や睡眠欲から、本来避けるべきものに接近する「怖いもの見たさ」まで幅広く取り扱っています。項目により分量に差があり、もっと快の部分を多く書いてほしかったです。また、読んでいるときはあまり感じませんでしたが、全体的にまとまりに欠けるような印象を受けました。各項目では研究が進んでいるけど、それらの軸となる分かりやすい共通点がない、のかな?

正直、理解できているかどうか怪しいです。後でまた読もうかな。本書はもう十年以上前のものなので、著者が新しい本を書く時は進展がありそうなので、気長に待つのも良さそうです。




[ 2017/05/07 17:42 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2017年03月14日(火)

「自分はこんなもんじゃない」の心理 



著者:榎本 博明
発売日: 2013/5/17

評価〔C+〕 新しい知識が欲しいところです。
キーワード:若者、心理学、人生観、

「自分はこんなもんじゃない」と思うだけではダメだ。それをエネルギー源にして、現実の壁を乗り越えようとする行動につなげていくことが大切なのだ。(本文より抜粋)


若者がよく口にする台詞「自分はこんなもんじゃない」に対して、心理学者である著者が分析し助言する本ですが、現実でこの台詞をあまり聞いたことがありません。実際はどうなんでしょうか?

それはそれとして、前向きな向上心と努力が人生をより良いものにする、というのが主題です。現状をただ否定するだけの「こんなもんじゃない」ではなく、理想に近づくために能力を伸ばす原動力となる「こんなもんじゃない」が好ましいという訳です。社会や人生をこんなものだと簡単に見切りをつけてしまわず、夢や自己表現に向かって行動することが大切と説くのは賛成です。

しかし、夢の追い方や自分らしさの分析では目新しさはなく、独特の手段や考え方を得られなかったのが残念でした。偶然のチャンスを生み出すのは、好奇心や柔軟性、楽観性だと再認識できたのは良かったです。

文章に説得力をつけるために、歌を多数引用しています。歌に詳しくないので、いくつも引用するのは返って読みづらかったです。1章につき1曲くらいで良いのではと思ってしまいました。





[ 2017/03/14 21:40 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年11月03日(木)

平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫) 



著者:M・スコット・ペック (著), 森英明 (翻訳)
発売日: 2011/8/5

評価〔B+〕 序盤は解説よりも具体例が興味深い。
キーワード:心理学、邪悪、善、虚偽、文庫化

これにたいして、私が邪悪と呼んでいる人たちの最も特徴的な行動としてあげられるのが、他人をスケープゴートにする、つまり、他人に罪を転嫁することである。自分は非難の対象外だと考えている彼らは、だれであろうと自分に近づいてくる人間を激しく攻撃する。(第2章より抜粋)


主題は人間の邪悪さ、邪悪な人々についてです。悪と聞くと殺人や詐欺のような犯罪を連想してしまいますが、本書で問題となる悪はそれらとは違います。自分の評価が落ちそうになると、理由をつけて否定する人たちのことです。有能で正しそうに見えるけれど、家族であれ誰であれ責任を押し付け保身を図ります。違法ではないけれど、自分に問題があることが分かっていない厄介な人です。

邪悪な人たちの例として、精神科医の著者と面談をした何人かの人たちが挙げられています。問題行動を起こす子の親や夫婦が登場しますが、著者は特徴として嫌悪感を覚えると記しています。読んでいくと、他人の立場にたって想像することができないので、説得や治療が非常に困難です。邪悪さの中核はナルシシズム(自己愛)であるとする著者の持論は、正しいのかもしれませんね。また、失敗談も隠さず挙げているので、好感が持てます。

こうした特徴を邪悪と呼んだり、邪悪性を精神病と呼ぶのは、まだ何か違和感があります。意識して行っている悪は悪ではないのだろうか、心の特徴を病気と呼ぶのはしっくりこないなあ、と色々考えてしまいます。これから研究されていく新しい分野だと思うので、概念をうまく理解できていないのかもしれません。

悪の治療も少しだけ述べられていますが、実践するのは難しそうです。著者は残念ながら亡くなってしまいましたが、誰か後を引き継いだ研究者がいるのでしょうか? 邪悪性の研究が続いていることを願います。ただ、邪悪な人たちの心配をするだけでなく、自分も邪悪な人になっていないか自問自答することを怠らないようにしたいです。



[ 2016/11/03 18:46 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年10月29日(土)

面白いほどよくわかる! 犯罪心理学 



著者:内山絢子 (監修)
発売日: 2015/1/16

評価〔C+〕 やや硬い文章ですが、分かりやすいです。
キーワード:犯罪、加害者、被害者、心理学、

なぜ「真面目な人」「よい子」は犯罪とは無関係に見えるのでしょうか。それは、社会や私たちが犯罪を行った「真面目な人」や「よい子」に無関心であったためかもしれません。(第7章より抜粋)


犯罪を行う人に注目し、加害者はなぜ犯罪に手を染めてしまったのか?を分析し分かりやすく解説した、犯罪心理学の入門書です。

犯罪を殺人、性犯罪、詐欺と系統立てて説明していて、理解しやすいのが良いです。また、加害者の心理に興味をひかれ読んだのですが、法律ではどのように扱っているのかや、逮捕後から更生までの流れも触れられていて、犯罪全般について知識を得ることができて良かったです。また、犯罪心理学を使った捜査も簡単に説明しています。

入門書としては良いのですが、用語の大まかな説明のみで終わってしまう項目では物足りなく思うこともあり、もう少し専門的な解説があっても良かったと思います。また、読み物としてはやや硬い文章、教科書のようだったのが残念です。

普段考えることはありませんが、社会で生活していく上では知っておくべきことなのかもしれませんね。




[ 2016/10/29 18:51 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)