FC2ブログ







2020年05月05日(火)

「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術 



著者:宮竹貴久
発売日: 2014/3/20

評価〔B+〕 あの手この手で生き延びています。
キーワード:進化生物学、処世術、

状況が変わるのか、変わらないのか、そのときどきの環境に合わせた「変化」と「選択」が求められるのだ。(第2章より抜粋)


昆虫を始めとして様々な生き物の生態や行動から、現代社会を生き残る技を学びます。主に自分より力の強い者や立場が上の者に対してどうすれば生き延びていけるのか、その手法(対捕食者戦略)を考察しています。

題名や裏表紙からは処世術の本のように見えますが、実際は生物の生態の紹介が大部分なので、実用にはあまり向かないと感じました。しかし、生物の本としてみると興味深く、弱者には弱者の生き方があるのだなと感心しました。先送りにも触れていますが分量はそれほど多くありません。変容、擬態、寄生と多種多様な生態に触れています。

著者の専門である死んだふりは何の役に立つのかピンとこなかったのですが、敵が動くものに先に反応するという詳細を知ってかなり面白かったです。会議で指名されないように上司と目を合わせないあれと同じだと説いていて分かりやすかったです。授業の先生の指名も一緒ですね。また、食物連鎖の考え方よりも新しいフードウェブ(食物網)や、托卵で有名なカッコウ戦略も騙される側も変わりつつあるのも興味深かったです。

子孫を残せば満点といった進化生物学の視点は、競争社会の上昇志向とは異なり多少違和感がありますが理解できます。一見後ろ向きにも思えるこうした戦略は、人間の社会でも有効なのかもしれません。



スポンサーサイト



[ 2020/05/05 16:35 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2020年01月21日(火)

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス 



著者:スティーヴン ウェッブ, Stephen Webb, 松浦 俊輔 (翻訳)
発売日: 2004/6/1

評価〔B+〕 こういうのこそテレビ番組で見たい。
キーワード:天文学、ETC(地球外文明)、宇宙人、

あちらが見つかりたくないと思っていて、こちらからは向こうが見えないようにする技術的能力もあるだろうというわけだ。(解5 動物園シナリオより抜粋)


もし地球外文明(本書ではETCと呼ぶ)が存在するなら、なぜその兆しや証拠が見つからないかというパラドックスについて、50もの答えを紹介し考察しています。

解1の『ハンガリー人だと名乗っている』という冗談から、解34の『われわれが一番乗り』が示すように人類が宇宙で最初の知的生命体であると論じるものまで実にさまざまです。映画や小説でよく登場しそうな何らかの理由があって地球を隠れて監視している説も、解5として挙げられています。宇宙の専門家以外の一般の人が考えつきそうな答えはおそらく挙げられているでしょうから、探してその可能性と弱点を読むのも面白いと思います。

終盤の解は、知的生命体まで進化しないという意味ではすべて一緒だと思います。その原因がどの時点で起きるかで解が分かれているだけで。専門家にはその部分が重要なのでしょう。

可能性は低そうですがETCの環境のせいで天文学が発明・開発されない解29の『いつも曇り空』は、考え方として非常に盲点をついた興味深い説でした。なにかと地球や人類を基準に考えがちなのを教えてくれます。それと、解27のすでにETCが破滅している可能性を説明する際に使われているデルタ t論法も、新鮮で面白い考え方だなと感じました。

理系の、特に物理と生物を使って説明するので、高校の理系科目が大まかにわかるくらいの知識があると、より深く理解できます。まったくないと退屈かもしれません。私は生物の知識がないので、進化を論じている部分は難しかったです。分厚い本なので時間があるときにじっくり読んでもらいたい1冊です。



[ 2020/01/21 21:28 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2019年09月18日(水)

子どもの脳を傷つける親たち 



著者:友田 明美
発売日: 2017/8/8

評価〔B〕 実践するのは難しそうです。
キーワード:医学、育児、教育、脳、マルトリートメント、虐待

こうした過度なストレスを受け続けることになると、その苦しみを回避しようとするかのように、「脳が変形していく」のです。(第二章より抜粋)


虐待や育児放棄であるネグレクトなどの言葉をニュースで耳にすることがありましたけど、マルトリートメントは初めて知りました。日本語では不適切な養育と訳され、大人に加害の意図にかかわらず不適切な行為は全てマルトリートメントになるそうです。虐待もそうですし、夫婦げんかを見せたり、一人ぼっちにさせたりするのもそうです。この馴染みのない概念を詳しく説明しています。

驚いたのはマルトリートメントを受けた子どもは、精神的だけでなく物理的に脳に影響が出ることです。マルトリートメントの種類によって、脳の一部が減少するというのです。脳の損傷は治る可能性があるのが救いです。

しかし、悪影響が出るとはいえマルトリートメントから自由になるのはかなり難しそうです。育児をしていれば苛立つこともありますし、手が回らなければ少しの間一人にさせてしまうこともありそうです。全ての養育者がアンガー・マネジメントで対処できるのでしょうか。それに育児だけでなく介護もしなければならない養育者は多そうですし・・・・・・時間的経済的余裕があれば良いのですが。

私は養育者ではありませんけど、まず大人たちの意識から変えることが重要だと感じました。



[ 2019/09/18 21:35 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2019年08月17日(土)

数学的決断の技術 やさしい確率で「たった一つ」の正解を導く方法 



著者:小島寛之
発売日: 2013/12/13

評価〔A-〕 便利だけど使いこなれるでしょうか。
キーワード:確率・統計、数学、

確率そのものが曖昧性を取り込んだ表現であるにもかかわらず、その確率さえも「0.8または0.9」と二股をかけてもっと曖昧性を持たせることにどんな意味があるのだろうか。(第9章より抜粋)


他人の決断について大まかな理由はよく聞きますが、それに至るまでの過程や考え方の詳細を聞くことは稀だったと思います。人によって様々な決断方法を数学的に解明できるのかと興味を持ち、本書を手に取りました。

大まかな分類で4つのタイプに分けられ、それぞれの思考の癖を読み解いています。4つのうち期待値基準、マックスミン基準、マックスマックス基準はどのようなものか知っていましたけど、最大機会損失・最小化基準だけは名前も知らなかったので興味深く読みました。概念の解説ではなかなか具体例が思いつきませんが、いくつか例を挙げているので理解の助けになります。ピンとこなかった最大機会損失・最小化基準の例として、恋愛の告白が書かれていてなるほどと納得しました。

マックスミンの章でゲーム理論とホームズ対モリアティ教授のゲームが紹介されていますが、どちらも最適解・結論までは知らなったのでためになりました。確かに数学的に解いていているのが分かります。また、マックスマックスを選ぶ人の心理を数字を使って説明していた点も面白かったです。少しはギャンブラーの気持ちが分かったかもしれません。

他にも和が1にならないシェーファーの信念度関数や複数信念の確率論も、決断するものによってはかなり有効そうなので覚えておきたいです。前者の考え方は新鮮でした。最後に著者も書いていますが、迷ったときはなんとか数値化してより良い決断がくだせるようになりたいものです。



[ 2019/08/17 22:12 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2019年06月24日(月)

その症状、本当に認知症ですか 



著者:神谷 達司
発売日: 2016/4/30

評価〔B〕 医師でなくても知っておくと良いこと。
キーワード:認知症、アルツハイマー病、加齢、誤認、介護、

認知症にあまりくわしくない医師が診断する機会が非常に多くなり、結果として誤診につながっていると思われます。(本文より抜粋)


高齢社会の問題の一つとして認知症があります。一度なってしまうと完治することはないやっかいな病気です。有名となってしまった病気ですが、正しい知識を持っている人はどのくらいいるのでしょうか。題名にあるように誤診の危険性も含めて、専門医の立場から認知症について解説した一般向け入門書です。

違いが分からなかった認知症とアルツハイマー病の違いや、疑問に思っていた認知症のもの忘れと加齢のそれの違いが書かれていてためになります。アルツハイマー病は認知症の一種ですが、認知症は状態を表す言葉だそうです。また、症状が似ている病気が多いことや、専門知識のない医師の診察により誤診が多いことにも触れています。誤診しやすいケースや事例を挙げているので分かりやすいです。誤診を防ぐために家族ができることは、医師に患者の普段の様子を正確に伝えることだと説いています。

病気の違いを要点を絞って説明しているのは良かったです。アルツハイマー患者が立体を模写できないのは興味深いし、何かの役に立つかもしれません。しかし、正確に説明しようと専門用語ばかりとなってしまったところは、素人には分かりづらかったです。
専門家でない限りはそこまでの知識は要らないかな。

最後の章では認知症発症の危険性を下げる対策が書かれています。だいたいは予想したとおりでしたが、アロマセラピーや肥満が影響あるとは知りませんでした。こうした対策は頭の中に入れておこうと思います。



[ 2019/06/24 19:19 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)