FC2ブログ







2020年05月22日(金)

ルポ 人は科学が苦手 アメリカ「科学不信」の現場から 



著者:三井 誠
発売日: 2019/5/21

評価〔B+〕 実物大のノアの方舟があるとは驚き。
キーワード:科学、宗教、政治、論理的、アメリカ、

温暖化を疑う姿勢は、その人の「知識のあるなし」に由来するのではなく、その人の「思い」から生まれているのだ。(第1章より抜粋)


科学分野でのアメリカといえば、NASAなどを見ても明らかなように世界の最先端を走っているイメージがあります。しかし、進化論を否定し人工妊娠中絶を許さない、科学よりも宗教を重んじる人々が少なくないというニュースも時々耳にします。また、科学に対する不信も深まっているそうです。なぜ科学を信じないのか、科学を専門とする記者が全米各地で生の声を聞いたノンフィクションです。

知識がないから科学者の研究結果を信じないと考えるのは著者も指摘していたように間違いで、結局人は見たいものを見て信じたいものを信じるということなのでしょう。私もネットで自分の反対意見の記事を読もうとはあまり思いません。本書ではその理由として宗教と政治に注目しています。宗教と科学が反発するのは分かります。政治とも合わないことがあるのは驚きでした。政治、政治と言っていますけど、正確には経済的な理由や反エリート主義だと思います。

問題点の列挙だけでなく、科学者たちの反科学に対する取り組みまで調べているのは良かったです。ただ知識を伝えるのではなく、アリストテレスの論理・信頼・共感の3要素をおろそかにせず相手に伝えることが大切なのは賛成です。話はよく分からないけれどあの人の言うことなら信じよう、なんてことは珍しくないですからね。

アメリカの取材だけで『人は科学が苦手』と言えるのかは疑問ですが、反科学の人々を理解するのに有益です。



[ 2020/05/22 20:52 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年05月22日(金)

もっと言ってはいけない 



著者:橘 玲
発売日: 2019/1/17

評価〔A〕 問題点を間違わないように。
キーワード:社会学、遺伝学、先天的、進化、脳科学、

もしひとびとの素朴な常識が正しいなら、成長につれて一卵性双生児の類似性は下がっていくはずだが、実際には逆に高まっていくのだ。(2、一般知能と人種差別より抜粋)


受け入れがたい冷酷な真実を数々の実験やデータから明らかにしています。本書は前作「言ってはいけない」の続編ですが、こちらだけ読んでも理解できます。ただ、本書のほうが知能と遺伝と進化に絞って前作よりも論じる範囲を狭めているので、少し読む人を選ぶかもしれません。

タブーとされる知能や人種間の違いについても遠慮せずに書いているのが特徴です。読みながらツイッターなどで発言したら大いに話題になりそうな意見が多かったです。データに基づく結論は刺激的で説得力のあるものでした。著者の個人的な意見に対しては自分の意見とは違うなと思うことが時々ありましたが。

引用した上記の「知能に及ぼす遺伝の影響は年齢とともに増加」をはじめ、「同性愛が残った理由」「遺伝子から分かったサピエンスの移動」「アメリカで成功している高知能集団」「東アジア人は幼形成熟説」など興味深いものが多く読みごたえがありました。同性愛の項目では、男性の同性愛者は一見子孫を残すのに役に立っていないようにみえるけれど、彼らは男性を引き付ける魅力があり彼らの女性の血縁者も同様に男性に対して性的魅力を持つので、結果として自分に近い遺伝子を残す機会に恵まれると説明していて疑問は残りますが面白かったです。

また3章にある、犬種の違いを論じても差別ではないのに人種の違いについては否定される、は斬新で新鮮な意見でした。反発する人は出てくるでしょう。しかし研究は進んでいて、遺伝的には東アジア人とヨーロッパ人の差よりもタンザニア北部の人と西アフリカの人の差のほうが大きいことが明らかになっています。アフリカ内でそれだけ差があるなら一言で黒人と呼ぶには大雑把過ぎます。集団の特性を論じるべきか、論じるならどこで集団を区切るのか。難しいですね。

研究や実験によって自分には不愉快な結論が導かれても認めるのが公平であると考えます。問題をタブーとせず、何がダメなのかどこが不公平なのかを議論していく姿勢が大切なのではないでしょうか。



[ 2020/05/22 20:50 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年04月14日(火)

予想どおりに不合理:行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 



著者:ダン アリエリー , Dan Ariely他
発売日: 2013/8/23

評価〔S-〕 先延ばしの章は耳が痛かったです。
キーワード:行動経済学、選択、決断、無料、買い物、

ふたつの品物からひとつを選ぶとき、わたしたちは無料のほうに過剰に反応してしまうことが少なくない。(3章より抜粋)


合理的もしくは論理的に動いているつもりでも、人間は不合理に行動していることがある、というのが本書の核です。その不合理の規則性を知ることで好ましくない癖を取り除ける可能性があり、よりよい人生よりよい社会へを得ることができます。

著者の専門は行動経済学です。判断・意思決定科学ともいうと序盤に書かれていて、私としてはこちらのほうがしっくりきますが、本書の中では行動経済学で統一されています。

何かを選択する時に、選択肢からの決断に至るまでの思考の流れを考察しています。自分では合理的と思っていても指摘されると不合理だと気づくので不思議です。実体験と照らし合わせても自分も同じ選択をしそうで、納得のいくものが多かったです。例えば、大きく値引きした商品と小さな値引きで無料になった商品なら後者を選んでしまうなどです。合理的に考えるならば前者のほうが得なのですが、後者のほうが魅力的に見えます。興味深いですね。

行動経済学なのでお金に関することを扱っています。しかし、それだけではなくプレゼントを受け取ったときの反応や所有物を合理的に鑑定できない理由など日常的な意思決定にも触れていて、親近感のある話題も取り上げられていて興味を引きます。時には個人的な買い物について、時には社会的なジレンマや問題点と、幅広く応用のきく内容が挙げられていて知的好奇心を満たしてくれます。その個性的な研究はイグ・ノーベル賞を取るほどです。「医師の出す偽薬は高い価格のほうが効果が高い」がこの人の研究だったとは驚きと同時に納得です。

また、不信や不正など社会的に影響の大きい決断の研究も、無料などの個人的な研究同様に興味深いものでした。特に、あまり違いがないだろうと考えていた不正行為と現金と現金引換券の実験は意外な結果になり、権力者や富裕層の陥りやすい不正の構造が理解できました。

不合理にならない対策もいくつか書かれています。2章のアンカリングの罠に陥らない方法では、前の知識は捨て今の相場を調べることを以前から自分で行っていてちょっと驚きました。どの意思決定にも共通するのは、一番の対策はこの不合理を意識して買い物や決断をすることです。知っていれば間違えません。

教授の知的好奇心を満たすために何度も実験対象となったMITやハーバードの学生たちがなんか面白いです。彼ら彼女らは実験に参加してお得な買い物だったとしか思っていないかもしれませんけど。楽しそうに研究していていいなあ。著者の今後の研究に期待しています。

最後になりますが翻訳本にある読みにくさがないのも良かったです。他のハヤカワ・ノンフィクション文庫で感じた冗長さや持って回った言い方がなかったと思います。著者は読みやすい文章を心掛けていたようですし、訳者の能力の高さのおかげかもしれませんね。



[ 2020/04/14 23:39 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年03月21日(土)

家裁調査官は見た  ―家族のしがらみ― 



著者:村尾 泰弘
発売日: 2016/7/14

評価〔B〕 カウンセラー以外の側面も見たかった。
キーワード:家庭裁判所調査官、家族、臨床心理士、家族心理士

家族がうまく機能せず、まとわりついて足を引っ張る意味での「しがらみ」に姿を変えるときに見られるものに「家族神話」がある。まずこのことからお話ししていこう。(第4章より抜粋)


家裁調査官は家庭裁判所調査官の略称で、家庭裁判所のみにいる特殊国家公務員だそうです。裁判所の関係者はたいてい法律の専門家ですが、彼らは心理学、社会学、教育学などを修めた人に関する専門家です。その調査官を17年務めた著者が経験から学んだこと、特に家族のしがらみについてどのように対処していけばよいのかを書いています。

最初のうちは家裁調査官ならではの経験が語られますが、後半になってくるとカウンセラーや心理士と同じような仕事内容で、著者の仕事の独自性があまり見えなくなっていったのが残念です。もう少し家裁調査官とは何をして、カウンセラーとはどこが違うのか深く掘り下げてほしかったです。それとも働く場所が違うだけでほとんど同じ仕事なのでしょうか。

家族問題の内容そのものは夫婦の不和やDV、幼少期の恨みと考えさせられる事例が多かったです。死んだ家族の影響が残り苦しんでいる人がいることが多いのは驚きました。でもそういうものかもしれません。しがらみからのがれるための方法として、物語を書き換えるナラティブ・セラピーなどが紹介されています。ロールレタリング法は効果が得られるのかちょっと信じがたいですが、文字に書き起こすと冷静になったり心理状態に変化が起きるそうなのできっと効果があるのでしょう。不思議な治療法です。

馴染みのない職業の人の意見は興味深かったです。



[ 2020/03/21 22:08 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年01月29日(水)

なぜ、わが子を棄てるのか―「赤ちゃんポスト」10年の真実 




著者:NHK取材班
発売日: 2018/5/8

評価〔B+〕 まずは妊婦の相談にのることから。
キーワード:赤ちゃんポスト、こうのとりのゆりかご、慈恵病院、追跡取材、

ポストに預けられたから命を助けてもらえて、今の生活があるので、やはりポストがあってよかったと思います。(序章より抜粋)


何か新しいことが始まるとメディアが注目し伝えてくれるのは良いのですが、その後どうなったかは中々知る機会がありません。新しい飲食店、新しいサービス、新しい生き方……続けることのほうが難しい場合は多々あります。本書では2007年に開設された赤ちゃんポストが10年間どのように運営され、利用されてきたか伝えるドキュメンタリーです。

利用者の利用理由がいくつか挙げられていますが、本当に誰にも助けてもらえない状況ではなく身勝手な理由が結構多くて戸惑いました。不倫で世間体が悪いから、親に迷惑がかかると思って一人でなんとかしようとして、など。また、男性が認めてくれないけれどどうしても生みたくなって生んだ女性の話がありましたが、少々わがままなように感じました。妊娠するとぜひ生みたいという心境になるのでしょうか。それでも育てられないなら中絶すべきではと思ってしまいました。

民間の病院が国内で唯一しかも24時間体制で運営していることや、国が支援に消極的なことに驚きました。前者は病院の人手不足から考えると難しいですし、後者は国として親が他人に託すことを積極的に勧めたくないのでしょう。0歳の養子縁組と考えれば、他の養子縁組と変わらないように見えるのですがどうなんだろう。国に資金がないのは分かりますけど何か良い解決策はないのかな。

実親が誰か知る権利などいくつかの問題はポストのモデル発祥の地・ドイツで新しい制度が導入されているので、日本でも徐々に試していければよいと思います。このような福祉がどんどん進むとなんだかSFの世界のようです。

上記の引用はポストに託された子どもの生の声です。問題点はあるけれどこうして命が助かったのをみると、これからも存続してほしいと願っています。



[ 2020/01/29 20:35 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)