2017年06月17日(土)

ねじの人々 1 (再読) 



著者:若木 民喜
発売日: 2015/10/16

評価〔B+〕 まさかの哲学漫画です。
キーワード:哲学、人生、

「君の『自分がなぜここにいるのか?』という疑問。それに答えはあると思うかい?」(本文より抜粋)


初めて見た時、まさか哲学の漫画が出るとは・・・・・・と、驚くとともに嬉しかったのを覚えています。マンガワンで連載していた時に全て読んだのですが、手元に置いておきたかったので購入しました。

主人公の根地(ねじ)が自分の存在や真理に関して疑問を持ち、周囲の人とともに答えを考えていくスタイルです。哲学の入門書によくある誰かの理論を一つずつ紹介していくのではなく、哲学者たちの考えを参考にしながら納得できる答えを探していきます。

本の帯に、著者は京都大学哲学専修を卒業と書かれてあり、全くの素人ではなく知識のある方のようです。時々さらりと専門用語が出てくるのはそのためでしょう。しかし、漫画としての面白さももちろんあるので、専門書よりはずっと読みやすいです。

内容が内容だけに、気に入る人とつまんないと言う人にはっきり分かれそうです。存在とは何か?なんて思索するのが好きな方にはお勧めですので、ぜひ読んでもらいたいですね。



スポンサーサイト
[ 2017/06/17 18:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年06月08日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 1 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2016/9/12

評価〔B+〕 2食めくらいまでなら食べてみても・・・・・・。
キーワード:グルメ、食材、

「というわけで今回の主役食材でーす」(2食めより抜粋)


グルメ漫画は食べ慣れたものを工夫してさらに美味しく!という印象がありますが、本書は多くの人が食べたことがなさそうな食材に挑戦してみる一風変わった食の漫画です。

あー、あれって食べられるらしいけれど、実際には食べたことがないぐらいのものが多く登場しています。どう調理するのか分からない食材を、下準備から紹介しているのが興味深いです。味付けはもちろん、シメる方法もきちんと・・・・・・。

基本的に主人公の女子高生・桐谷さんが、近所にすむ生物の先生を巻き込んで話は進みます。このジャンルにありがちな、女の子が妙に色っぽい感じで食べることはなく、かと言って長い説明が披露されることもなく、コミカルで勢いがあり楽しいです。あの雰囲気が気に入るかどうかは、好みがわかれるかもしれませんね。

あまりグルメに興味がない人も楽しめる作品です。食べる気になるかどうかは別として。1巻だというのに既に強烈な食材が登場していて、今後どうなってしまうのか、期待と不安が入り混じった心境です。



[ 2017/06/08 20:07 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年06月03日(土)

真夜中のX儀典 4 (完) 



著者:馬鈴薯、 山口ミコト
発売日: 2017/1/27

評価〔A-〕 なるほど。でも推理難しくない?
評価〔B+〕 なるほど。でも推理難しくない?
キーワード:サスペンス、オカルト、ホラー、

「はい・・・はい、準備できました。はい・・・覚悟もできてます」(本文より抜粋)


大詰めを迎えた2つの事件。ついに全てが明らかになります。

解決すべき事件はしっかり解決したので安心しています。「死神様」の時は、大量のヒントのみ残して終わってしまったので、急に打ち切った終わり方にならないかどうか不安だったからです。

Xの正体と霧島家殺人事件の真相は、え、それありなの?と少々戸惑ったのですが、肉体交換やX能力がありなのだから、それも可能なのでしょう。私が3巻読了時に疑問だった点も、確かに説明がつきます。まあ、祥は可愛そうだけど。

物語の発端である姉・由衣の事件も、ついに真相が暴かれます。あー、なるほど。伏線もきちんと回収しているし、こちらのほうは腑に落ちました。でも、こちらのほうは推理するのは難しいですね。♯26冒頭で浩樹が気がついたヒントが、、もう少し早くでていればピンと来た可能性も・・・・・・いえ、それでも分からなかったかも。

この原作者さんの物語は、なんか推理しようという気になります。ちょうど良い難しさなのでしょうか。面白かったです。シリーズ全体としての評価は、サスペンスが好きなのもあってA-くらいかな。もう少し長めの話でも良かったです。次回作に期待しています。


ネタばれ話は続きにて↓
[ 2017/06/03 18:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年05月27日(土)

真夜中のX儀典 3 



著者:馬鈴薯、 山口ミコト
発売日: 2016/2/26

評価〔B+〕 役者はそろったようですが・・・・・・。
キーワード:サスペンス、オカルト、ホラー、

「その中に“真犯人”がいる・・・?」(本文より抜粋)


来月ゆっくり読もうかと思っていたけれど、2巻終盤の答えが早く知りたくて読んでしまいました。

Xの可能性が高い人物を特定しましたが、事件解決には至りませんでした。しかし、新たな関係者が発覚し、その人を追うことになります。ようやく役者がそろってきたといった感じでしょうか。少しずつではありますが情報が増え、次の展開が気になります。

登場人物たちが持つX能力はどれも便利で、能力がなかったとしたらすぐ行き詰ってしまう展開でも、すんなり打破できてしまいます。便利過ぎて物語が破たんしないようにするのが難しそうですが、うまくできていると思います。

浩樹の事件も霧島家の事件も一気に解決へと近づきつつあります。あとがきに、本書を読み終わった時点で推理可能と書かれているので、最終巻を読む前に一度じっくり考えてみませんか? 私も考えてみます。




ネタばれ推理ごっこは続きにて↓

[ 2017/05/27 21:42 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年05月23日(火)

真夜中のX儀典 2 



著者:馬鈴薯、 山口ミコト
発売日: 2015/6/26

評価〔B+〕 今度は知恵比べ。
キーワード:サスペンス、オカルト、ホラー、

「ぜひあなたがたの知恵と能力をすべて使って、“X”を見つけ出してください」(本文より抜粋)


事件の真相を知るために、霧島祥を探す浩樹たち。彼を追ううちに、予想外の出来事が起きます。

体を交換しているため誰が誰か混乱しそうですが、すぐ脇に人格の顔を描いてくれるので分かりやすくて読みやすいです。サスペンスらしく、謎が一つ解けたかと思ったらまた新たな謎が現れ、読者を飽きさせません。本書の前半で、ようやく目標ができたといったところかな。

この漫画の題名にもなっている「真夜中のX儀典」とは何かが明かされます。そして、ある場所で数人を相手に知恵比べをするのですが、ここでも肉体交換が絡んできてややこしいのですが、あれこれ考えるのが面白いです。

本書の最後に、一つ問題が提示されます。3巻の冒頭で答えが明らかになると思うので、推理してみたので正解だと嬉しいです。



↓ネタばれ推理は続きにて。


[ 2017/05/23 21:49 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)