2017年11月16日(木)

Q.E.D.証明終了 48 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/6/17

評価〔B+〕 ミステリと物語、どちらも良いです
キーワード:推理、謎解き

「そいつを捕まえられたら原稿を渡すよ」(本文より抜粋)


有名小説家のエージェント殺害の真相を探る「代理人」と、集団密航船の事件とある少女の行方を追う「ファイハの画集」が収録されています。本書も47巻と同じく、後者は描き下ろしです。

「代理人」は本シリーズではよくあるタイプの事件・・・・・・と思ってたのですが、犯人が意外で面白かったです。著者のミスリードに見事に引っかかってしまいました。なんか違和感があるなぁと思ったところにきちんとヒントが隠されていて、うまくできていると感心しました。解決編を読むと、すぐ最初から確認したくなります。

「ファイハの画集」はモロッコとスペインが舞台の大きな物語です。「代理人」がミステリとして面白いなら、これは物語として面白いです。正直事件の真相よりも、どのように一連の出来事が終結するのか?が気になったのですが、彼女の出した結論は意外で子供らしいものだと感じました。自分だったら・・・・・・と思うと、いろいろ考えてしまいますね。



スポンサーサイト
[ 2017/11/16 21:26 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年11月05日(日)

エンバンメイズ 2 



著者:田中一行
発売日: 2015/3/6

評価〔B+〕 裏社会って感じの対決でした。
キーワード:ダーツ、賭け事、心理戦、

「この二つの矢こそが己の命を守り、そして敵を死へと導く鍵となるのです!!」(本文より抜粋)


1巻終盤から続く徨の過去編は、現在悪魔と称される彼がいかにして作られたかが明らかになります。どれほど鍛錬すれば、どのくらい才能があればあのレベルに達するのかが分かります。実際あったら相当怖いよね、あの施設。

今回も、お互いに対戦相手を出し抜こうとする心理戦が見物です。ダーツプレイヤーたちがどのような作戦を使ってくるのか、徨のびびびびに注目しながら読んでみましたが、うまく騙されてしまいました。やはりダーツが上手いだけでは、勝つのは難しそうです。あの腕だけでも尋常ではないですけど・・・・・・実際のトップレベルのプレイヤーは180点連発できるのでしょうか?

ゲームは少々複雑なルールでしたけど、簡単なほうが小細工できなさそうなので、騙された時の衝撃が強いですね。複雑ですと何か勘違いしていそうな感覚が残ります。次の対決は簡単なルールだと分かり易くて良いですね。



[ 2017/11/05 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月31日(火)

エンバンメイズ 1 



著者:田中一行
発売日: 2014/11/7

評価〔A-〕 競技が上手いだけじゃダメなんです。
キーワード:ダーツ、賭け事、心理戦、

「・・・・・・お前が噂の“悪魔くん”か。実在する人間だったとは驚いたよ」(本文より抜粋)


裏世界の賭けダーツで迷路の悪魔と呼ばれる烏丸徨が、凄腕ダーツプレイヤーたちと勝負する漫画です。

こうしたゲームでダーツが題材のものは珍しいと思いますが、珍しいのはそこではありません。どのプレイヤーも狙ったところに当たるのが当たり前の凄腕ばかりなので、本来問われるはずのダーツ技術は勝負に影響しません。心理戦がメインになるので、どのような結末になるのか分からないのところが良いです。最初の対決で彼が見せた迷路が強烈で良かったです。

ホラーっぽい表現を使うので、少しでも怖いのがダメな人にはおすすめできません。実は絵柄がそれほど好みではなかったのですが、それを差し引いても面白かったですね。ダーツのルールも細かく覚えてなくてよいのも楽です。テンポも良いし。

読み終わってからすぐ読み返しました。自分が思っていたよりも気に入っていたようです。



[ 2017/10/31 19:05 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月27日(金)

ナナマルサンバツ 13 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2016/12/31

評価〔A〕 分かってはいたけれど盛り上がりました。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「みんな!次の作戦よ!」(本文より抜粋)


前の巻の強豪対決に決着がつき、文蔵チームの一戦が始まります。

文蔵チームの対決は個々の知識量だけでは簡単に決まらず、ある人物の戦略により意外な展開になります。部活ものではよくあるパターンですが、それでも見せ方が巧みなせいか、最後の一問まで大いに盛り上がりました。競技クイズとしてのレベルは12巻のほうが上ですが、面白さでは本書のほうが上回っていました。

問題の難度も練られているようで、分かりそうで分からない、答えを聞けば聞いたことのある言葉も多く興味深いです。笹島には簡単だったかもしれないけど・・・・・・。某の「俺も言ってみてーわ」に同感。

巻末はあるテーマに沿った35問。結果は14問正解でした。難し過ぎませんかね、これ。



[ 2017/10/27 20:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月19日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 3 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2017/8/10

評価〔B+〕 雑食以外にも話に動きが?
キーワード:グルメ、食材、

「我々雑食探究者にも、触れてはいけない領域というものが存在します」(17食めより抜粋)


そろそろ日本人が食べている姿を見たことない食材ばかりとなってきた3巻です。

思い返せば身近にいるのに、食べようとしたことのない生き物がいます。その一例が、劇中で唐揚げにされてしまったアレ。味の感想も特徴が伝わってきて良かったです。しかし、この生き物も地域によっては家庭で普通に食べられていて、そう考えると日本も結構文化が多様だなと思います。

また、この巻では、桐谷さんに匹敵する新しい人物が登場します。見ようによっては彼女以上の人物なので、今後も活躍が期待できます。サラブレッドだしね。

なんかもう、生きているものは何でも食べられるのでは? そういう心境にさせてくれました。



[ 2017/10/19 22:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)