2017年07月16日(日)

白熱日本酒教室 



著者:杉村 啓、 アザミ ユウコ
発売日: 2014/11/26

評価〔A-〕 美味しく健康的に飲みましょう。
評価〔B+〕 美味しく健康的に飲みましょう。
キーワード:アルコール、日本酒、特定名称酒、居酒屋、

あ(本文より抜粋)


今年になって日本酒に興味を持ち始めました。蔵元や銘柄によって味に差があるみたいなのですが、知識がないので少しずつ調べながら味見しています。人気があるかどうかはネットを見ればだいたい分かりますが、知識がほとんどないので分からないことばかり。興味を持った今が良い機会だと思い、本で学ぶことにしました。という訳で本書です。

題名は呑兵衛のための本っぽいですが、初心者向けです。新書にも関わらず、いきなり数ページの漫画から始まるので読みやすいです。説明も堅苦しくなく、一つの項目も長くないので気軽に読めます。ラベルの読み方からお酒の選び方はもちろん、悪酔い防止法や保存法、温度と味の関係と、毎日呑んでいるいる人でも知らないかもしれないことにも触れています。

勉強になったのは、製法による名称の違いの説明です。山廃や生酒、無濾過の違いが分かって良かったです。でも、それらの味の違いももう少し説明して欲しかったかな。また、器で味わいが変わるのは初めて知りました。どうりで「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」なんてものがあるわけだ。

これらの知識を参考にして、まだ飲んだことのない自分の舌に合う酒を見つけ、二日酔いしない程度に楽しむつもりです。



スポンサーサイト
[ 2017/07/16 23:09 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2017年04月25日(火)

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫) 



著者:山田ズーニー
発売日:2006/12/6

評価〔A〕 よく考えて喋るのが重要。
キーワード:会話、コミュニケーション、実用、

問いを発見しよう。あなたが抱く問いには、かけがえのない価値がある。

(第2章4より抜粋)


人と話していると、どうにも用件や感情が伝わっていないと感じることがあります。逆に、相手の言わんとしていることが、よく把握できない時もあります。なぜ意思疎通がうまくいかないのでしょうか? 何が問題点で、どうすればより理解が深まるのか。編集者として長年小論文を担当してきた著者が、うそをつかずに通じ合える技術を丁寧に教えてくれます。

コミュニケーション技術を扱った本は多いと思いますが、本書ほど事細かく丁寧に書かれたものはあまりないと思います。会話の目的から論理的に話す方法、共感と信頼を得る心得と、本質を分かりやすく説明しています。この台詞さえ覚えておけば大丈夫、なんてお手軽な会話術ではなく、その場限りでない良い関係を構築するための考え方が、具体例とともに示されていて良いです。送別会でのコメントの例は、誰しも一度は似たような言葉を聞いたことがあると思うので理解しやすいですし、その直前の問いの見つけ方は会話以外にも役立つことでしょう。

正論はなぜ人を動かさないのか?は興味深かったです。理由を見て、なるほどと感心しました。また、著者が短い時間で全幅の信頼を置いた人物の話も、説得力がありました。こうした、おそらく皆が曖昧な感覚として知っていることを、きちんと言葉にして説明できているのが本書の素晴らしいところです。

得た知識をすぐ使いこなすことはできません。しかし、少しずつ意識しながら話をすることで考える技術を磨き、信頼を得ることによって多くの人と通じ合えることができるようになるのでしょう。前に読んだ「伝わる・揺さぶる!文章を書く」同様、良書でした。




[ 2017/04/25 21:55 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2017年01月28日(土)

非言語表現の威力 パフォーマンス学実践講義 



著者:佐藤 綾子
発売日: 2014/7/18

評価〔C+〕 名演説は一日にしてならず。
キーワード:パフォーマンス学、プレゼンテーション、言語学、心理、

七人の映像をたった二秒間見ただけで、被験者はこの大学院生たちが正直なのか、頼りないのか、まじめなのか、日頃の大学院生たちの個性を正確に見抜いているのです。(第3章より抜粋)


人と話をする時、喋った内容よりも話者の表情や身振り手振りから多くの情報を得ている、と耳にしたことがあります。言葉だけでは分からない感情や思惑が、態度から強く伝わってくることは珍しくありません。一般的に、表情や仕種は非言語表現と呼ばれています。パフォーマンス学の第一人者である著者が、その非言語表現の重要さを分かりやすく解説します。

読むとすぐ気づきますが、本題はパフォーマンス学のほうで、非言語表現はその一部として取り扱っています。パフォーマンス学はコミュニケーション学や心理学などを含む自己表現のための複合的な学問で、本書ではプレゼンテーションや演説をメインに説明しています。演説の具体的な練習の仕方など、大勢の前で話をする機会のある方には有益なものですが、私のようにそういった機会のない人にとっては実用的とは言えません。とはいえ、自己紹介や交渉のポイントは役に立ちそうなので、知っておいたほうが得だと思います。

残念なのは非言語表現を扱ったところが少ないことと、一つひとつの表現の解説が浅いことです。意見を聞く際、相手を指差すのは良いことか悪いことか、悪いならどうした仕種なら良いのか、どうした仕種や表情が相手の発言を促すことができるのか、など細かいことが知りたかったのですが書かれていませんでした。プレゼンの指導を生業とし、人間嘘発見器とまで呼ばれているならば、もっと具体的なことを教えて欲しかったです・・・・・・というのは欲張りなのかな?



[ 2017/01/28 21:46 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2016年09月20日(火)

「超」集中法 成功するのは2割を制する人 



著者:野口 悠紀雄
発売日: 2015/9/17

評価〔C〕 その2割を見つけるのが難しい。
キーワード:実用、勉強、仕事、

世の中では、「重要なのは2割程度であり、それで全体の8割程度の効果が得られる」場合が多いのです。(本文より抜粋)


学校の勉強でも職場の仕事でも、本当に大切な部分は全体の2割ぐらいで、その部分に力を入れれば全体の8割くらい把握するのと同じことである、というのが著者の主張する法則です。どこかで見聞きした「2:8の法則」と同じですが、これがいかに日常生活に当てはまるのか、そしてどうすれば効率よく物事を進められるのかについて検討しています。

何事も一様ではないことは経験から知っていますが、問題はどこか重要なのか知ること、発見することです。それについては本書でも述べられていますが、その核心部分(コア)の見つけ方が『能力のある人から教えてもらう又は見て盗む』で、あまり参考にならなかったのが残念です。もう少し具体的な方法が欲しかったです。難しいとは思いますが。

また、終盤で残り8割の部分は無視できないとしながら、しかしやはり2割が重要であるとも強調していて、少々混乱しました。このような書き方ですと、結局どちらが大切なのかよく分からなくなってしまいそうです。

一方、書類整理やべき乗分布のくだりは興味深かったです。特に前者の使う頻度の高いものを揃える手法は、物が多い場合は有効かもしれませんね。私も本棚で似たようなことをしています。こうした良い点もありましたが、全体的には良くなかった点が目立ってしまいました。



[ 2016/09/20 20:45 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2016年08月14日(日)

人間は脳で食べている 



著者:伏木 亨
発売日: 2005/12

評価〔B-〕 「美味しい」を分解して考察しています。
キーワード:食事、食生活、文化、脳、情報、おいしさ、

なぜ人間は情報のおいしさに頼ろうとするのか。口や舌の感覚よりも情報が気になるのはなぜか。ひとことで言うと、食の安全対策である。(本文より抜粋)


美味しいものが食べたいのは、いつの時代もどの国でも共通の欲求だと思います。中には、食事は本来必要なエネルギーを得るために取るものなのに、美味しい食べ物の虜となり、食べること自体が目的となってしまった人たち――美食家、グルメな人もいます。しかし、そもそも美味しいとは一体どういうことでしょうか。この根本的ですが複雑な疑問を、本書は分かりやすく解説しています。

栄養素はもちろん、文化・体内の生理メカニズム・情報など、内容は多岐にわたります。その中で最も現代的で重要なものは情報で、安全や権威が関与していると説いていて興味深かったです。それと、「匂いの判断は味よりもかなり正確」なのは、意外でした。確かに食べる前に分かったほうが安全ですからね。また、現代人の食生活についても触れていて、どちらかというとそちらのほうが豆知識っぽくて面白かったです。食の好き嫌いの説明は説得力がありました。

ところどころ読者を代表するかのような発言を挟み込んで、会話のようなやりとりで説明しているのが特徴です。慣れるまで違和感がありましたが、慣れてしまえばこれはこれで良いかなと思いました。個人的には、対話方式で書かれていたほうが、より分かりやすいので好みです。

食事や食生活に関してぼんやり思っていたことが、やはりそうだったと再確認できました。あっと驚くようなことはありませんでしたが、複合的な感覚・現象を調べる難しさも分かりました。簡単そうにみえる題材ほど研究は難しいようです。




[ 2016/08/14 21:17 ] 実用 | TB(0) | CM(0)