2016年12月31日(土)

2016年のまとめ 

今年は早めに年別まとめと書こうとしていたら、あっという間に大晦日になってしまいました。今年のまとめです。

2016年に読んだ本は100冊でした。昨年は124冊でしたので、だいぶ減りました。主に他の趣味に時間を割いていたためです。それでもどうにかして100は超えたいなと思っていたので、こうして達成できて良かったです。先月と今月は数を増やすため頑張りました。本の内訳は以下のとおりです。

小説 (15)
ライトノベル (7)
漫画 (47)
4コマ漫画 (1)
随筆 (1)
社会・歴史 (7)
心理・哲学 (12)
自然科学・医学 (5)
言語 (1)
実用 (4)
WEB漫画・同人漫画 (0)

総数が減ったのでほとんどの分野で減りましたが、小説と心理・哲学だけ増えています。前者は+2冊、後者は+3冊です。前者はそんなに読んだ覚えはないのですが、あまり自覚がないだけで読んだのでしょう。

漫画が相変わらず多いのですが、4コマ漫画と合わせても48冊、つまり48パーセントで半分以下です。60パーセントくらいかなと思っていたので意外でした。

いくつかの作品を完結まで読むことができたのが、今年の良かった点です。ひとたび興味が薄れると、なかなか再開する気になれないのですが、最後まで読み切ると心残りがなくなって気分が良いです。

続いて、評価別の数を紹介します。

〔S〕 2冊
〔A〕 18冊
〔B〕 61冊
〔C〕 18冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

最高の評価Sが2冊、最低のEは0冊。昨年に比べると、Bの割合が減り、評価が上下に分散しました。意図的に差をつけようと心掛けたので、こうなるのは分かっていました。でも、やはりSやDに相当する本はなかなかないですね。特にDやEはつけ辛いので、自然と少なくなります。

Sは「六花の勇者 6」と「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」。前者は本当に面白いファンタジーですし、後者は学問の総合的な興味深さを教えてくれるドキュメンタリーでした。こういう強烈な印象を残す本は好きです。何回か書いていますが、質よりも好みを優先しているところがありますので、本ブログの評価はあくまで参考までに。好みが合って喜んでもらえれば幸いです。

来年の予定は、まず今年の100冊は超えることでしょうか。あとは・・・・・・今のところ思いつきません。またSをつけたくなるような面白い本、新鮮な本に出会えればと思っています。

それでは、良いお年を。


スポンサーサイト
[ 2016/12/31 11:50 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2015年12月31日(木)

2015年のまとめ 

仕事は忙しくなかったのに、もう大晦日の午後です。それでは今年のまとめを始めましょう。

2015年に読んだ書籍は全部で124冊でした。昨年が125なので1冊だけ少なく、ほぼ同数という結果になりました。昨年より少なかった印象ですが同じくらい読んでいたようです。では中身はというと、

小説 (13)
ライトノベル (11)
漫画 (60)
4コマ漫画 (2)
随筆 (2)
社会・歴史 (16)
心理・哲学 (9)
自然科学・医学 (5)
言語 (0)
実用 (5)
WEB漫画・同人漫画 (1)

となっています。同人誌を1冊入れたので、WEB漫画をWEB漫画・同人漫画へと変更しました。商業誌以外のものは、その他として全部そこに分類してしまったほうが分かりやすいかもしれませんね。

今年も漫画をたくさん読んだなと思っていましたが、4コマ漫画を含めても約50パーセントで昨年よりわずかに少なかったです。来年は、途中まで読んで止まっている状態のものがいくつかあるので、それを完結まで読んですっきりしたいですね。

創作系が減り、新書が増えました。特に社会・歴史のものをそこそこ読んだと思います。社会学のものは時代を反映していて面白いですし、歴史も年を取ったせいか子供の頃よりはずっと興味が出てきました。歴史を扱った漫画ももう少し読んでみたいです。

続いて、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 0冊
〔A〕 17冊
〔B〕 89冊
〔C〕 16冊
〔D〕 2冊
〔E〕 0冊

今年は最高のSが0冊、最低のEも0冊。全体的に昨年より下となってしまったのが残念でした。題材が合わなかったのか、見る目がないのか・・・・・・。来年こそ文句なくSをつけたくなる本にあえますように。

CがAに比べ多い、と書こうとしたらAのほうが多かったんですね。12月で逆転したのか。AやCは好みの部分も多いので、このブログを読んでいる方にはあくまで参考程度にしてもらいたいです。読書は、自分で読んでこそ、だと思うんですよね。何に心を動かされるかは、その人次第なのですから。

昨年よりもさらに電子書籍の割合が増えました。読んだ本の数にしては、本棚の本の整理が少なくなり助かります。目が疲れそうなので、ほどほどに上手く利用していきたいです。

来年は、今のところはまったく考えていません。他の趣味も充実させたいので、総数は減らすかもしれません。でも、面白い漫画を見つけて続けて読んでしまうかもしれませんし、シリーズものの小説を読みふけっているかもしれません。何にせよ楽しく読書できれば、それで良いと思います。

それでは、良いお年を。



[ 2015/12/31 16:03 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2014年12月30日(火)

2014年のまとめ 

もう30日、残すは大晦日のみとなりました。今年の読書の総括です。

2014年に読んだ書籍は125冊でした。昨年よりやや多いのですが、漫画がかなり多かったので、数字ほど本を読んだという感覚はありません。その内訳ですが、

小説 (20)
ライトノベル (18)
漫画 (64)
4コマ漫画 (1)
随筆 (1)
社会・歴史 (4)
心理・哲学 (2)
自然科学・医学 (10)
言語 (0)
実用 (5)
WEB漫画 (0)

となりました。

漫画が昨年の2倍以上で、全体の51パーセントを占めています。確かに漫画は良く読んだなあという記憶があります。特に夏は漫画ばかりと言っても過言ではなかったと思います。しかし、4コマ漫画はほとんどと言っていいほど読んでませんね。嫌いになったのではなく、好みに合いそうなものが見つからなかったのが原因です。じっくり探します。

小説もライトノベルも少しずつ減り、自然科学・医学が増えました。理系の新書も読みたいなと感じていたので、それが反映しているのではないでしょうか。心理・哲学が減ったのは意外でした。部屋には結構あるので、勘違いしていたようです。

また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 2冊
〔A〕 19冊
〔B〕 93冊
〔C〕 10冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

今年はSが2冊ありました。「2」と「密室殺人ゲーム2.0」ですが、後者は読み終わった直後からまた読みなおし、しばらくずっと読み返していました。S-ではなくSにすれば良かった。どちらも創作でしたので、来年は新書でSをつけたくなるような本が読みたいです。一方、悪いほうはというと、Eは0だったもののDは1冊ありました。意見の違いは仕方ないのですが、近年どんどん新書の内容が軽く、薄くなってきている気がします。数は少なくなっても、読み応えのある面白いものを出版してほしいですね。

予想よりもBの割合が多かったです。4分の3がB。今年は結構評価が散らばるようにAとCを多くしたつもりでしたが、そうでもありませんでしたね。もう少しAとCが多くても良かったかもしれません。来年はそうしよう。

昨年に続き、電子書籍を利用しています。セールの時をうまく利用して購入しています。電子書籍は読む権利をどこかの組織が一括して管理してくれれば、どの電子書籍サイトがつぶれないで長く使えそうか、などと考えずにすむのですが。長い間ずっと解決しないのを見ると、やはり難しいのでしょうね。

来年も漫画を多めに読もうかと思いますが、活字本も疎かにすることなく読む予定です。バランスが大切。娯楽のための本も良いのですが、知的好奇心を満たすような本が良いです。もしくは、良くも悪くも衝撃的なものも読みたいですね。それでは、良いお年を。



[ 2014/12/30 22:22 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2013年12月31日(火)

2013年のまとめ 

もう今年もあと数時間で終わりです。今年の読書を総括します。

2013年に読んだ書籍は107冊でした。昨年より少なくなりましたが不満はありません。その内訳ですが、

小説 (26)
ライトノベル (21)
漫画 (27)
4コマ漫画 (4)
随筆 (1)
社会・歴史 (9)
心理・哲学 (9)
自然科学・医学 (4)
言語 (2)
実用 (5)
WEB漫画 (0)

となっています。

漫画がかなり減って、心理・哲学が増えたのが目につきます。あとは少し増えたり少し減ったりと、昨年と比較してあまり変わらない結果だと思います。

漫画は4コマ漫画を含めても全体の29パーセントと3割を切りました。ブログを始めてからは初めてでしょうか。今年こそ漫画が多くなるのかな~と思っていたのですが、我ながら当てにならないものですね。(笑)

ライトノベルはあまり読んでいない印象だったのですが、それなりに読んでいますね。小説より少ないけれど。ラノベも小説も、自分に合いそうなものがよく分からず迷ってしまいます。直感で選ぶのが良いのでしょうか。


また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 0冊
〔A〕 16冊
〔B〕 73冊
〔C〕 18冊
〔D〕 0冊
〔E〕 0冊

Eに加えてDもゼロ。しかし、Sもゼロでした。悪かったのがないのは良いけれど、最高評価がないのは寂しいです。Sはつけようか迷ったものもあったのですが、悩んでA+などに。来年は迷うことなくこれはSだ!と言い切れる本と出会えることを期待しています。また、昨年よりもBの割合が減って上下に散りました。

今年の目立った出来事は、少しずつではありますが電子書籍をきちんと買い始めたことでしょうか。今のところAmazonとebookjapanの二店舗を利用しています。特に漫画は実際の本だと場所も取ることもあり、そうした欠点のない電子書籍を増やしていこうかと思っています。

来年の読書の抱負は……ネットで眺めるだけでなく、なるべく実店舗でどのような本があるのか見て回ること。意外な本との出会いが嬉しいし楽しいので。あとは、価値観が変わるような本が見つかれば良いですね。大人になってからは何かと変化が少なくなっている気がします。それと、今年こそ漫画を多く読もうと思っています。それでは、良いお年を。



[ 2013/12/31 20:46 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2012年12月29日(土)

2012年のまとめ 

昨年の大晦日更新を反省して、今年は早めに。といってももう29日ですけどね。

2012年に読んだ書籍は122冊でした。昨年より多く読むことができ、また毎月10冊くらい読めるといいなーという願望のような目標を達成できて良かったです。時間的にも経済的にも、これを超えるのは……現時点では難しそうです。

その122冊の内訳ですが、

小説 (26)
ライトノベル (24)
漫画 (34)
4コマ漫画 (7)
随筆 (3)
社会・歴史 (13)
心理・哲学 (4)
自然科学・医学 (4)
言語 (0)
実用 (7)
WEB漫画 (0)

となっています。昨年のまとめにも書いたように、推理小説のカテゴリーを廃止しました。

自然科学・医学が減って、社会・歴史がかなり増えました。それと実用が増えましたが、これはどのカテゴリーにも属さない本を全てここに収めているからだと思います。自己啓発やビジネス書は分類に迷います。新たに増設すべきなのかな。

漫画と4コマ漫画は全体の約33.6パーセントでした。昨年とほぼ同じ数字です。漫画はある程度好き勝手読むことにしたので、かなり多くなると思ったのですが予想が外れました。凄く読みたい漫画が少ないのが原因かも。面白い漫画を発掘しよう。

小説はライトノベルより多かったのでよしとします。でも、メディアファクトリー文庫をラノベとして換算すると逆転しそうです。このレーベルに限らず、表紙がイラストの小説って最近増えましたよね。何でもラノベに見えてしまいそうだ。


また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 2冊
〔A〕 15冊
〔B〕 86冊
〔C〕 18冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

昨年同様、今年もEがゼロで良かったです。結果を見るとDよりSが多くて良いように見えますが、実感としてはそれほど良好ではなかったと思います。ま、自分でも評価が辛めかなーとは思っていましたが、それを差し引いても平均点は昨年より良くなかった印象です。Sが2つのみで、しかも両方ともS-なのが寂しいですね。来年はS+をつけたくなるような凄い本に出会えますように。

今年の収穫は、野崎まどを知ったことでしょうか。あの急転回が好きです。未読の他の作品も気になります。それと、「漫画版・罪と罰」と「付喪堂骨董店」の2つのシリーズを完結まで読み終えることができて満足しています。

来年の読書の抱負はまだ何も決めていません。うーん、何も思いつかない。本を選ぶ際に、値段を重視し過ぎないとかかな?(笑) それでは、良いお年を。



[ 2012/12/29 22:45 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)