2017年02月04日(土)

犯人がわかりますん。 



著者:黒沼 昇 (著), ふさたか 式部 (イラスト)
発売日: 2014/10/10

評価〔C〕 まさに軽い推理ラノベ。
キーワード:推理、超能力、コミカル、

「お母さんはある日突然いなくなってしまったの。何の前触れもなく、まるで神隠しに遭ったみたいに・・・・・・」(本文より抜粋)


元超能力者の干支川圭一と、天才女子高生推理作家である小町柚葉のコンビが、過去の不可解な事件に挑むドタバタ・コミカル・ミステリーです。

推理と呼ぶにはそれほど重くなく、気軽に読めます。探偵役があっさり真相を見破る場面は良かったですし、クライマックスでのあの突飛な解決策はなかなか楽しめました。しかし、話の流れにどこかまとまりがなかったように感じました。登場人物たちの見せ場をそれぞれ作ったら、全体的に薄まってしまったような。惜しいもしくは少々物足りない、というのが正直な感想です。

推理か恋愛か超能力か、どれか一つに絞っていればガラリと印象が変わりそうです。株価の件も少々都合が良い気がしますが、なるほどと感心したので、個人的には推理に重点を置いた作品が読んでみたいです。



スポンサーサイト
[ 2017/02/04 10:57 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2017年01月21日(土)

六花の勇者 archive1 Don’t pray to the flower 



著者:山形石雄 (著), 宮城 (その他)
発売日: 2016/3/25

評価〔B+〕 勇者たちの前日譚。
キーワード:ファンタジー、ミステリー、サスペンス、

「あなたに頼みがあります。あなたにハンスさんを見せたのは、この頼みが可能かどうかを、確かめてもらうため」(「密偵と猫」より抜粋)


六花の勇者シリーズの短編集です。彼らが勇者に選ばれる前の日常を描いた前日譚です。

どのエピソードも登場人物たちの個性がよく出ています。特に、ハンスやフレミーは印象に残りました。なかなか内面が読めない二人を、より理解できるようになります。ハンスの異性の好みは昔からのようです。また、中には本編で起きる事件を仄めかしている場面もあります。本編を読み直す時に思い返すでしょうし、本編の続きを読む時に物語の深みに繋がると思います。

ふと思ったのですが、現在の六花ではなく過去の六花の話でも面白いかもしれませんね。多少語られていますが、過去にどのような戦いが繰り広げられた詳しく知りたいです。短編でいいから読んでみたいです。

本書を読まなくても差し支えありませんが、シリーズのファンでしたら読んでおくことをお勧めします。




[ 2017/01/21 21:24 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年11月26日(土)

俺の棒銀と女王の穴熊 6 



著者:アライコウ
出版社:アライクリエイト事務所
出版日:2016/8/10

評価〔B〕 そろそろ終わりが見えてきた?
キーワード:将棋、高校、部活、

そう、棒銀こそが自分の将棋の原点ではなかったか。(本文より抜粋)


来是たちは進級し、彩分学園将棋部は増々活発になっていきます。

ほとんどゼロから将棋を始めた来是が、とうとうここまで強くなったかと感慨深いです。それにつれて戦法の紹介が減っていくのは寂しいですが、まぁ仕方がないのかもしれませんね。強い人の棋譜をあげて、一手一手解説するとライトノベルではなくなってしまいますし。

3人とも成長したところで、長らく停滞していた恋愛問題が再浮上します。まだしばらく決着はつかなそうだなと思っていたのですが、そろそろこの三角関係にも決着がつきそうな気配がしてきました。もう結果が見えている気もしますが・・・・・・読者も登場人物たちも納得のいく結末だと良いですね。

将棋よりも恋愛のほうが主になりつつあります。もう少し将棋が見たいので、少々残念かな。次の巻で最終巻となるのか、来是と紗津姫の勝負はいつどのように行われるのか注目です。



[ 2016/11/26 21:12 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年09月25日(日)

俺の棒銀と女王の穴熊 5 



著者:アライコウ (著), 瑞月シノ (イラスト)
発売日: 2015/7/27

評価〔A-〕 プロ棋士も十人十色の人生です。
キーワード:将棋、高校、部活、

「簡単に言うわよ。もう一花、咲かせたいんでしょう? これが最後のチャンスよ」(本文より抜粋)


来是たちの彩文学園将棋部ではなく、プロ棋士たちが主役の短編集です。外伝のような1冊。完全に独立した話ではなく緩く繋がっているので、連作短編集と呼んで差支えないと思います。

対局だけでなく、仕事として将棋を指すプロたちの日常もきちんと描かれています。棋士だからといって突拍子もないことばかりではなく、一般的な社会人と似たような悩みもあると思います。現実味もあり、彼らが身近に感じられて良かったです。一方、対局では彼らは並々ならぬ熱意を示します。これぐらいでなければプロになれないのでしょう。厳しい世界ですね。

3話目では最近話題のコンピュータ将棋も絡めて話が進み、終盤は盛り上がりました。あの勝負の結果は賛否両論ありそうですが、仮に現実に起きたとしたら作中と同じ展開になりそうな気がします。

この巻はライトノベル独特の雰囲気は薄まり、一般書籍に近いです。趣味として将棋は指すけれど観戦しない自分にとって、かなり面白かったです。将棋好きの人におすすめできそう。



[ 2016/09/25 21:52 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年08月10日(水)

空ろの箱と零のマリア 7 (完) 



著者:御影 瑛路
発売日: 2015/6/10

評価〔A-〕 無事完結して嬉しいです。
キーワード:サスペンス、学園、殺人ゲーム

僕は、マリアを唯一救い出せる存在である、『騎士』なのだ。(プロローグより抜粋)


ついに最後の対決です。一輝はマリアを救うために、箱が生んだ「出来損ないの世界」と戦います。

前半は、1巻を彷彿させる、先の見えない緊張感あふれる展開でのめり込みました。どうなってしまうのか?という不安と、どのように予想を外してくれるのかという期待が混じった気持ちになり、このシリーズを読んでいるだなという実感がありました。面白いです。途中、記憶や思考が途切れる場面がありますが、いかにも現実味があって怖いですね。また、“O”の正体と起源の詳細もついに明かされますが、これは1巻を書いたときから決まっていたのでしょうか。ここまで決まっていたのなら、よくできた世界だと思います。

後半の決着が、今までのような意外性がなかったのが残念です。目的や敵味方がころころ入れ替わり、読者を翻弄するのが魅力だったので、それが最終巻でほとんど見られなかったのが惜しい。欲を言えば、もう一回くらいどんでん返しが欲しかったです。

エピローグは概ね予想通りでしたが、各登場人物のその後が丁寧に描かれていて好印象でした。まあ納得の結末です。それよりも、この物語をきちんと完結してくれたのが良かったです。途中で続刊が出なくなって未完、のようなラノベはたくさんありそうですし、結末を見届けることができて本当に良かったです。という訳で、シリーズ全体としての評価はAからA-です。本書単体としては、B+からBくらいかな。次回作も期待しています。


[ 2016/08/10 22:10 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)