2017年07月23日(日)

占星術殺人事件 (講談社文庫) 



著者:島田 荘司
発売日: 1987/7/8

評価〔B-〕 これが元ネタだったのか。
キーワード:推理、文庫化、

「この謎解きは大ざっぱにいって二つの問いかけがあると思う。一つは犯人捜し、もう一つがこのアゾート捜しだよ」(P134より抜粋)


四十年前に迷宮入りとなった殺人事件に、頭の切れる占い師・御手洗潔と、彼の友人・石岡の二人が挑みます。著者のデビュー作。

序盤の遺言状兼小説が退屈でしたが、事件の概要あたりから徐々に面白くなっていきます。古い推理小説らしく、読者への挑戦状があるので、うっかり解決編を読んでしまうことはありません。こうした著者の発言は、劇中の雰囲気を損なうこともあるので、好みが分かれそうですが。また、冗長なところあったが少々残念でした。事件の中心人物を詳しく描写するためや、推理のミスリードのためなのは分かりますが、それよりもくどいと言う印象のほうが強かったです。

事件のトリックは独創的で素晴らしかったです・・・・・・が、最後の事件のトリックに関しては、前に似たようなトリックの作品を見たことがあったので、素直に楽しめませんでした。こちらのほうが先に出版されているので、本書が元ネタだったのですね。いやー、あれに似ているなーと思ってたら、本当にあれだったとは。驚きです。最初に考えた著者は凄いですね。

実写化すれば面白そうですが、凄惨な場面があるから難しいかな。余談ではありますが、2013年に講談社文庫から改訂完全版が出版されています。読んでから完全版の存在に気がつきました。まだ未読の方はそちらを読んだほうが良さそうですね。



スポンサーサイト
[ 2017/07/23 21:13 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年06月28日(水)

南極点のピアピア動画 



著者:野尻 抱介、 KEI
発売日: 2012/2/23

評価〔B+〕 はじめが身近なところが良い。
キーワード:SF、宇宙、動画共有サイト、ボーカロイド、現代、連作短編集

「私、聞いたことあります。“ハミマ入店音シリーズ”のことですよね?」(「コンビニエンスとピアピア動画」より抜粋)


表紙や題名から推測できるのですが、動画共有サイトとボーカロイド、そして少し恋愛を加えたSFです。SFマガジンに載った3編に描き下ろし1編、合計4編からなる連作短編集です。

どのお話も、些細な思いつきからとりあえず面白そうなことを始めてみるのが発端で、ネットの動画投稿の精神がそのまま表れているのが実に現代的です。個人の願望がどんどん大きく発展していくのがテンポ良く描かれています。軽く緩い雰囲気を保ちつつ非日常へと繋がっていくのが楽しいし面白いです。2話目の「コンビニエンスとピアピア動画」が結構好みです。

元ネタがニコニコ動画と初音ミクなので、ネットやオタク文化に明るい人は親近感がわき、より楽しめると思います。著者のように動画を投稿している人は特に。逆に、そういうのが好きでない人たちにとっては、ピンとこないかもしれません。

SFらしく科学の専門用語が多い台詞もありますが、理解できなくても物語は楽しめますので心配いりません。私も分かりませんでした。全部分かる人は相当のSF好きか、宇宙ファン(と言うのでしょうか?)でしょう。

現実でタッチパネル式の端末が、突如現れた時のように、かなりワクワクしました。4話目はスピードも量も圧倒的で思わず笑ってしまいました。想像しやすい身近なSFは、なんというか世の中の可能性を感じられて楽しかったです。



[ 2017/06/28 18:53 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年06月24日(土)

イシュタム・コード 



著者:川口 祐海
発売日: 2012/10/3

評価〔C〕 終盤をじっくりやって欲しかったです。
キーワード:回顧録、SF、哲学、現代

どういうことなのか、見当がつかなかった。お母さんが戻るなり、オレはこのことを報告した。(03より抜粋)


ひっそりと起きる不気味な社会の変化を、主人公が過去を思い出しながら自分の成長とともに書く、という形式のファンタジック・ミステリー。裏表紙にはファンタジック・ミステリーとありますが、私はサスペンス風SFと解釈しました。

生物学や心理学、哲学とちょこちょこ興味深い会話がされて好みなのですが、本筋が進むのが遅く、ようやく核心に触れたかと思ったら、あっという間に幕が閉じてしまったので物足りなかったです。色々なものをちりばめて、面白くしようとしたのかもしれませんが、どうも散漫に感じられました。

確かにSFなのですが、成長物語や青春もののような感じがします。主人公と友人知人たちの日常の描写のほうが、本筋より多かったので。本筋をじっくり見せてくれれば、読後の印象が違っていたと思うんだけどなぁ。




[ 2017/06/24 10:48 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年05月19日(金)

フリーランチの時代 



著者:小川 一水
発売日: 2008/07

評価〔B〕 軽かったり重かったり色々。
キーワード:SF、短編集、

回復の見込みはゼロだった。でもこのとき世界には、Vフィールドが作られつつあった。(Live me Me.より抜粋)


表題作を含む5つの物語からなるSF短編集です。著者は名前はよく見かけるけど読んだことがなかったので、読みやすそうな短編集を試しに読んでみました。

軽い雰囲気で新時代を描いた「フリーランチの時代」があったかと思えば、現代から地続きで説得力のあるシリアスな人生の「Live me Me.」と、意外にも時代も雰囲気もバラバラな短編集です。よくある宇宙船で宇宙を旅する話もあり、これだけあればどれかは気に入った物語がありそう。印象深かったのは上で引用した「Live me Me.」と「千歳の坂も」かな。変わりゆく社会に翻弄されながらも、流されず自分の人生を生き切る意志が描かれていて目を引きます。

どれも落ち着いていて、登場人物が新たな一歩を踏み出す、というのが全体に共通する印象です。上手く表現できませんが。お腹を抱えるような笑いや、派手な展開とは縁遠いです。インパクトを求める人には、そこが弱いかもしれません。

著者の他作品「時砂の王」の外伝も収録されています。私は本編を未読だったので、そういった楽しみ方はできなかったのですが、読まなくても支障はありません。単体でも楽しめます。



[ 2017/05/19 21:35 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年04月28日(金)

体育館の殺人 (創元推理文庫) 



著者:青崎 有吾
発売日: 2015/3/12

評価〔B+〕 雰囲気は軽く、推理は真面目に。
キーワード:推理、学園、文庫化

「あの人は探偵っていうより、引きこもりでアニメオタクの駄目人間かな」(本文より抜粋)


高校で殺人事件が起き、一風変わったオタクの生徒が事件に挑む・・・・・・と書くと、ライトノベルではありがちな推理ものと感じる方が多いと思います。しかし、それらとは違って、オタク趣味はあくまで物語のアクセントであり、見どころは理詰めの推理です。第22回鮎川哲也賞受賞作。文庫化。

最初は探偵役が天才的なひらめきで即解決と思っていたのですが、意外とじっくり推理をしていて少々驚きました。ひらめきではなく、様々な可能性を一つひとつ潰していく着実な論理で真相にせまっていきます。反論を断つ方法というか、逃げ道をなくすやり方で、ラノベのような軽い雰囲気も持ちながら、こうした推理を見せるのは味があると思います。

解決編の前に「読者への挑戦」があったので、それにつられて少しだけ推理してみましたが、見事に外れました。真相の半分くらいしかわかっていませんでした。きちんと時間をかけて推理すれば良かったかも。

劇中、オタク趣味に関する発言がちらほら出てきますが、分からなくても楽しめます。分かれば、より楽しめます。推理劇は古風、人物像は今風な作品でした。




[ 2017/04/28 11:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)