2018年02月04日(日)

日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら薫る折々の酒 



著者:つるみ犬丸
発売日: 2016/4/23

評価〔B+〕 ためしに飲んでみたくなりました。
キーワード:日本酒バー、唎酒師(ききさけし)、

「日本酒に詳しい人と一緒に、ずっとやりたいことがあったの!」(一章より抜粋)


最近漫画ではグルメものが流行っていますけど、本書は小説で、しかも扱うものは日本酒です。珍しいと思います。

家出した酒蔵の息子・北条冴蔵(さくら)は食べるものも住むところもない中、四季という店・赤橋楓の主人に助けれます。彼女は冴蔵の知識と能力を知り、彼女の夢を実現させるため動き出します。

本書の特徴は、なんと言っても実在する日本酒が登場する点です。私が知らないものが多かったのですが、飲んだことのあるお酒も出てきて嬉しいというか共感しました。日本酒版ソムリエである唎酒師の資格を持つ冴蔵(さくら)が、お客の境遇や気持ちに合ったお酒を提供するのが見所です。どの人の人生も異なるように、どの銘柄にも異なる物語があるのだなと知らさせます。

予想外の事件や奇想天外な人は出てきません。もう少し刺激的でも良かったかなとも思いますが、グルメものはこうした落ち着いた雰囲気のほうが似合っているのかもしれませんね。



スポンサーサイト
[ 2018/02/04 18:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年01月11日(木)

誰も僕を裁けない 



著者:早坂 吝
発売日: 2016/3/3

評価〔B+〕 面白いけどお勧めしずらい推理もの。
キーワード:推理、館、殺人事件、アリバイ崩し、

「あの、さっき紙をもらった者なんですけど。SOSの。」(本文より抜粋)


テレビでは様々な職の人が探偵役となって事件を解決していますが、本書では女子高生探偵、もっと詳しく言えば「援助交際探偵」上木らいちが事件に挑みます。

彼女が招かれた家は何か事情がありそうな住人たち、奇妙な形をしたいかにも何かありそうな館と、推理小説にはありがちな舞台ですが、そこはやはりこの著者のこと、一筋縄ではいきません。そして、高校生・戸田公平がある女性と出会い親密になっていく様子も、並行して語られます。

探偵役のせいで色事は避けられませんが、単なるサービスではなく、必要なシーンであったのは良かったです。それにしても、あのトリックは本当にできるのだろうか・・・・・・。また、戸田のほうの恋愛は思わぬ方向へと進み、あまり知られていなさそうなことを教えてくれます。裏表紙にはエロミスと社会派の融合とあり、結構的を射た表現だと思います。ためになりました。冒頭の裁判はどのような意味なのか最後まで読めば分かるのですが、途中で当てるのはなかなか難しいです。

少なくない伏線も巧妙に張られていて、注意して読んでいて伏線も怪しいと気づいたのですが、真意が読めずしてやられました。くやしいが面白かったです。次の作品では騙されないようがんばろう。




[ 2018/01/11 23:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年11月23日(木)

The Book jojo’s bizarre adventure 4th another day 



著者:乙一 、 ‎荒木 飛呂彦
発売日: 2012/11/20

評価〔B〕 ジョジョだけど乙一らしい物語でした。
キーワード:スタンド、超能力、第4部、小説化、文庫化、

何者もその文章を拒否することはできない。(第三章より抜粋)


人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を小説化したものです。ただし原作ではなく第4部の外伝として、杜王町に新たなスタンド使いが登場します。文章担当は乙一。挿絵は本人が描いています。

不可解な事件が発生し、スタンド使い同士は引かれあい対峙する。原作を踏襲した展開で、違和感はあまり感じませんでした。現在起きている出来事と、全ての発端となった事件が交互に語られ、徐々に繋がりが見えてくるのが良かったです。新登場のスタンドは、個人的にはあまり強くないと思うけれど、使用者が使い方を熟知していて戦闘も盛り上がりました。

しかし、全て原作通りかと言えばそうでもなく、良くも悪くも別の人が書いたものだと感じました。特に、物語の締め方に乙一らしさが強く出ています。物悲しいというか切ないというか。著者の他の小説を読んだことのある方なら分かるかと思います。

できれば終業式の夜、家での出来事を全部書いてほしかったかな。見方によっては一番肝心な場面だったので。




[ 2017/11/23 21:38 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年10月19日(木)

日本以外全部沈没 パニック短篇集 



著者:筒井 康隆
発売日: 2006/6/24

評価〔C〕 確かに勢いはあります。
キーワード:短編集、SF、高度成長期

「ブワナ・ヤス。ミサイルの仕入れ、あなたも来てほしい」(「アフリカの爆弾」より抜粋)


表題作を含む11編の、パニックを主題とした短編集です。

まず題名のインパクトが凄い表題作ですが、元ネタは小松左京の「日本沈没」です。しかし、それを未読でも十分楽しめます。私も読んでいませんし。時代は経済高度成長期の頃でしょうか、当時の有名人が次から次へと登場します。今では昔の人ですが、この頃に読んだらもっと面白かったことでしょう。他の短編「新宿祭」「農協月へ行く」など、この時代の影響を強く受けたものが多めでした。

滅茶苦茶な設定ばかりですが、どこか現実味があり、社会風刺のようでした。皮肉が効いている、とでも言うのかな。どれもテンポが良く、ドタバタ劇のようでした。「アフリカの爆弾」はあまり時代を感じさせない内容ですし、「黄金の家」は短編らしい切れがあって良かったです。

しかし、結末は投げっぱなしで、この後も暴走は続きます的なものが多かったのが残念でした。綺麗にオチがついているのもあるので、もう少し終わりが良ければなあ。



[ 2017/10/19 22:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年09月14日(木)

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫) 



著者:米澤 穂信
発売日: 2011/6/26

評価〔B+〕 人の持つ残酷さが強烈。
キーワード:連作短編集、暗黒ミステリ、ホラー、文庫化

わたしは初めて、疑問を持ちました。変わった買い物には、どんな意味があるのだろうか、と。(北の館の罪人より抜粋)


時代は昭和初期あたり、旧家や本家という呼び方が似合う裕福な家々で起きる事件を綴った連作短編集です。裏表紙には暗黒ミステリとありますが、サスペンスホラーと呼んだほうがしっくりくる内容です。

どの逸話もバベルの会という読書会が登場し、これによって5つの短編が繋がっていることがわかります。前から順に読んだほうがよいと思いますが、各々独立していますので読む順番はそれほど気にすることはありません。もう少し強い繋がりのほうが、連作短編らしくて良かったかな。

途中で結末が読めてしまったものもありましたが、「身内に不幸がありまして」や「北の館の罪人」は、意外なオチで面白かったし怖かったです。推理小説とはまた違った面白さですね。使用人や料理人が当たり前のようにいる昔の上流階級の様子や、彼らの価値観も描かれていて、もしかしたらこういう人々や事件があったのかもしれないなと思ってしまいました。

著者の作品は、古典部シリーズや小市民シリーズでおなじみの、日常の謎の印象が強いので、本書のようなホラーも書けるとは驚きました。この作風の短編でこれなら、長編はどうなるのだろうかと思ってしまいます。



[ 2017/09/14 22:38 ] 小説 | TB(0) | CM(0)