FC2ブログ







2019年05月28日(火)

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル 



著者:宮澤 伊織
発売日: 2017/2/23

評価〔B〕 一番見せたいのはホラーの部分だと思う。
キーワード:都市伝説、ネットロア、SF、裏側、現代、ホラー、

「そうそう、そういえば、くねくねってどういうところに出るお化けなの?」(本文より抜粋)


異世界から連想するのはゲームでよくあるファンタジーの世界ですが、本書に登場する異世界は現代と似ているけれど人はいない得体の知れないそれです。女子大生・紙越空魚(そらを)は異世界探検中に、金髪の女性・鳥子に助けれたことが縁で行動を共にします。日常と非日常を行き来する探検物語です。

ハヤカワ文庫なので近未来SFなのかと思い込んでいましたが、SFのようでもあり、オカルトもののようでもあり何とも断言しにくいです。都市伝説や怪談、ネットの都市伝説であるネットロアを参考にしているのでそう感じるのかもしれません。不思議な現象や存在をつめこんだ人間のいない廃墟の現代、といったところでしょうか。

難しい機械や理論は出ないので気軽に読めます。平凡な場所から一歩踏み出すと謎に満ちた世界と未知の生物(?)というのもワクワクします。しかし、のめり込むほど面白いかと聞かれれば、残念ながらそうでもありませんでした。好きな題材なのですが。もう少し怖くても良かったかな。

文庫本には珍しく挿絵があります。どちらかというとライトノベル寄りのSF小説でした。


スポンサーサイト
[ 2019/05/28 22:17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

はっぴぃヱンド。 5 〔完〕 



著者:有田イマリ
発売日: 2019/1/22

評価〔B+〕 読後感は悪くなかったかな。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「さて、答え合わせをしようか」(本文より抜粋)


首謀者との賭け、茜の作戦の結末が描かれます。最終巻です。

村の秘密や首謀者の意図など明かされた真実もありますが、全てがすっきり終結するわけではないのが残念でした。まだまだ物語は続くので半端な印象を受けますが、個人的に知りたかった事柄は分かったので不満よりは満足のほうが大きいです。あまりに半端なところで終わってしまうと物足りなさばかりが目立ってしまうので、切りが良いのが救いです。

あとがきを読む限りでは考えなしの結末とは思えないので、できればこの事件の全貌を見たかったですね。辻褄を合わせるのは容易ではないけれど、著者ならできそうですので。

駆け足で終わった感もあるので、きちんと理解できていない箇所が多そうです。後で1巻から読み直します。


少しだけネタばれ話↓
[ 2019/04/06 21:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月16日(土)

はっぴぃヱンド。 4 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/9/21

評価〔B〕 賭けの行方。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「もうすぐ・・・私が全部終わらせるから」(本文より抜粋)


あの人物との賭けに勝つため、茜が奮闘します。

序盤12話の茜の答えは私も勘でそうじゃないかなと思っていた答えと同じで、なんだかちょっと嬉しかったです。結構あの結論に達した人はいるんじゃないのかな。

また同じ12話で某が「別の・・・」と言っていたのもかなり気になります。茜にも読者にも明かされていない何かが確実にあり、それを知らない限り答えに行く着くのは難しいと思います。

前も書きましたけど読者が推理できるようになっているのでしょうか? それともその点はあまり重要ではないのかな。次で最終巻ですが果たして説得力のある終わり方になるのか。納得できる結末であって欲しいです。



[ 2019/03/16 18:41 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月16日(土)

はっぴぃヱンド。 3 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/4/21

評価〔B+〕 一歩進んだけど。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

あぁそうか―――やっと繋がった(本文より抜粋)


いくつかのヒントを見つけ、真相解明に全力を尽くす茜。仮説を立ててついにある真実にたどり着きますが、これは予想していませんでした。驚きです。いやー、まあしかしこれならば納得できる、かな。

真実を知り大きく前進しましたが、新たなる謎も出現しました。明確な目標ができ、なんだかホラーからミステリーっぽくなってきた気がします。やはり訳が分からない状況のほうがずっと怖いということですね。

最後のページで早くも・・・・・・となっていますけど、うーん、まだ何か謎が残されていそう。


[ 2019/03/16 18:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年02月11日(月)

はっぴぃヱンド。 2 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/1/22

評価〔B+〕 物理的ではなく精神的な恐怖。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「それは私達の知っている・・・誰か・・・?」(本文より抜粋)


状況は解決へと少しずつ進んでいるかに見えましたが、思わぬ事件が発生し謎は深まるばかり。彼女にしてみればまさに絶望とも思える事態なのですが、諦めずにもがき続ける姿が印象に残ります。

1巻同様テンポは良いし、怖いところはきちんと怖いので面白いです。平常時の絵柄や雰囲気と非常時のそれの落差があるので、分かっていても少し驚いてしまいます。

黒幕の存在を臭わせてきたので、単なる自然現象ではないことは確かなのですが・・・・・・これって真相を推理できるたぐいのものなのでしょうか。最後の茜の台詞をヒントにちょっと考えてみようかな。



[ 2019/02/11 17:10 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)