FC2ブログ







2019年06月08日(土)

数学女子 4 



著者:安田 まさえ
発売日: 2014/9/27

評価〔A-〕 なつかしいなあ。
キーワード:数学科、女性、大学、

「何よ、相談じゃなくて決意表明じゃない」(本文より抜粋)


就職する者も進学する者もついに面接や試験が始まります。

ゆみの意外な心境の変化あり、まなも大胆な決断ありと山あり谷ありです。3巻同様きちんと大学生の生活や心理の変化を描いていて、こうした現実味のある理系の日常を紹介してくれる漫画は少ないと思います。教授たちの気持ちも理解できるし、まなの母の様子もよく見る光景です。高校生や文系だった人にも雰囲気は伝わるはず。数学の難しさは別として。

次で最終巻なので、進路や恋愛も全て決着がつくのでしょうか。スパッと綺麗に終わって欲しいです。


[ 2019/06/08 21:45 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年05月11日(土)

数学女子 3 



著者:安田 まさえ
発売日: 2012/4/7

評価〔B〕 T島ってどこだ。
キーワード:数学科、女性、大学、

「数学は大の得意だったのですよ?」(本文より抜粋)


穏やかな大学生活も学年が上がるにつれ忙しくなるのはどの学科も同じようです。

試験勉強をしたり、友達と旅行したり、アルバイトしてみたりと実に日本の大学生らしい大学生活が描かれています。なかなか実態に近いんじゃないかな。進路を模索する場面なんかも良い感じです。よくある単なる日常系ではなく、今まで以上にしっかりとした数学科4コマ漫画になっています。

登場人物たちの掘り下げも忘れてはいません。お金が好きなギャンブラーさえこの意外な価値観が、ある出来事とともに語られます。また、同じく個性の強いA教授の意外な一面も明らかになります。いや、意外でもないか。いやいや個人的なイメージとしては意外でした。まなと同じ感想です。両者の見方が少し変わりました。

まなは劇中では馬鹿にされているけれど、大学の数学は難しいのに、数学科で留年なく進級できているのは凄いと思います。次もがんばれ。


[ 2019/05/11 22:16 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月11日(木)

数学女子 2 



著者:安田 まさえ
発売日: 2011/5/27

評価〔B〕 どこに進むか迷うよね。
キーワード:数学科、女性、大学、

「ゼミって何をするんですか?」(本文より抜粋)


オープンキャンパス、学園祭、研究室配属ともりだくさんです。展開の速い漫画です。

女子が数人でワイワイさわぐ漫画は単なる日常ものになりがちですが、きちんと数学や数学科について触れているのでそれらの新たな一面を知ることができて面白いです。

まなの研究室の専門はあれか……なかなか難しそうだなあ。確率と統計が分かれているのが大学らしいです。高校ですとまとめて一つの分野でしたし。

数学科の学生のイメージは暗号解読女子・ともでしたけど、読んでいくうちにパチンコ女子・さえこが一番数学者らしいと感じました。性格と意欲と才能は関係ないところとか。この調子で数学科の様子を見てみたいです。


[ 2019/04/11 21:02 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年07月29日(日)

生徒会役員共 16 



著者:氏家 ト全
発売日: 2018/3/16

評価〔B〕 森さんはこの漫画の人じゃないみたいだ。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「スタート地点そこでいいの?」(本文より抜粋)


柔道部と英稜生徒会の出番が多めです。

内容はもはや語ることの必要がないくらい同じです。そしてこれも同じですが、タカトシたちのつっこみが少しだけ違うので新鮮さはありませんが笑えます。変化があったのは絵柄で目がやや大きく描かれている・・・・・・ような気がします。今までの絵が気に入っているので、極端に大きくならないでほしいです。

参考までに、DVD付き限定版の表紙は横島先生です。出島さん並みに表紙に適さない人だと思います。



[ 2018/07/29 23:08 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月23日(土)

生徒会役員共 15 



著者:氏家 ト全
発売日: 2017/9/15

評価〔B〕 某生徒会に変化が。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「疑うなら、さわって確かめてみてもいいスよ」(本文より抜粋)


表紙は久しぶりにシノでした。いつ以来でしょうか、なんか新鮮です。この巻もDVD付き限定版があります。ちなみに限定版の表紙は時さん。

いつもどおりの日常ですが、今回も数話続くちょっとした出来事があります。運動会でも合宿でもいいですが、こうしたイベントがあることで、マンネリにならないで良いですよね。

意外だったのはある人物の名前が明らかなったことです。ずっと下の名前は秘密のままで続くのかと思っていたのですが、特にこだわりはなかったようです。合っている・・・・・・のかな、よく分からない。気になった人は巻頭の人物紹介のページを見て驚いてください。



[ 2017/09/23 22:16 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)