2018年05月09日(水)

青の数学 



著者:王城 夕紀
発売日: 2016/7/28

評価〔B〕 一問も解けなさそうです。
キーワード:数学、数学オリンピック、証明、高校生、

「数学は、数字だけでできているわけじゃない」(本文より抜粋)


数学オリンピックをご存知でしょうか。その名の通り、数学の問題を解くことを競い合う大会なのです。十代のころ少し興味を持ち、どのような問題を解いているのか調べてみたのですが、どのくらい難しいのかも判断できないほどさっぱり分からなかったのを覚えています。本書はそんな学校の数学レベルを遥かに超えた証明問題を解きあう、高校生たちの物語です。

主人公の高校生・栢山(かやま)は、数学で決闘するサイト『E2』を知り、数学にのめり込んでいくわけですが、この相手と競い合うシステムは既にネットにありそうですよね。ただ解くだけでなくルールに基づいて競い合うのは、まるでスポーツのようです。題材が数学と言う珍しいものではあるものの、高校生が部活に熱中している青春ものとみればよくあるお話なのかもしれません。登場人物たちの決闘に対する姿勢の違いが表れていて興味深いです。

ただ、序盤は誰がどの台詞を喋っているのか分かりづらいし、難読名字が登場したりと読みづらさを感じました。読んでいるうちに慣れますが、戸惑いました。また、登場人物が多いので、誰が記憶すべき人物なのか混乱してしまいました。

過激さはなく雰囲気は穏やかですが、主題が主題だけに読む前から拒絶する人もいそうですし、読んでからも好みの分かれそうな青春小説です。数学はある程度知っていたほうが読みやすいです。数学が好きな人の気持ちが分からないと思っている人こそ、読んでみたら面白いのかもしれませんね。



スポンサーサイト
[ 2018/05/09 21:50 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年04月29日(日)

いたいのいたいの、とんでゆけ 



著者:三秋縋
発売日: 2014/11/21

評価〔B〕 人を選びそうな物語です。
キーワード:青春もの、現代、SF

「信じられないのも無理ありません。当人ですら、なぜ自分にそんなことができるのか、未だにわからないんですから」(本文より抜粋)


なかなか一言で表現できない読後感です。無気力な生き方をしている大学生の瑞穂はとある女子高生と出会い、彼女の復讐の手助けをすることになります。そこに少しだけSF的な要素が加えられていて、個性的な復讐劇となっています。

復讐するからスカッとするかというと、そうでもありません。むしろ物語は暗く重く、暴力的な場面も多々ありますので、悲惨な描写を受け付けない人にはお勧めできません。しかし、傷ましい話のわりには、どこか温かみのある独特の雰囲気があります。人生がうまく行かなくても、もう少しだけがんばってみようという気にさせてくれます。読んでいてどこか乙一の作品に似ていると感じました。

あの結末をどうとらえるかによって評価が分かるでしょう。すっきりせず残念だととらえるのか、幸福を見出すことができて良かったと思うのか。私はどちらとも言い切れませんが、現時点では後者のほうがやや強いかな。あとがきに書いてある「元気の出る話」の意味が分かるよう気がします。



ネタばれ話はつづきにて↓
[ 2018/04/29 18:45 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年11月29日(水)

資格の神様 



著者:十階堂 一系、 かろちー
発売日: 2017/5/10

評価〔C+〕 非常に個性的なテーマです。
キーワード:資格、学園、恋愛、

「というわけで少年!!我らが資格取得部、通称ステイタスメイカークラブ略してSMC、もしくは蔑称・勉強オタクの会へようこそ!」(本文より抜粋)


ライトノベルでないジャンルはあるのだろうかと思うほど、様々なものが題材として取り上げられていますが、本書はその中でもかなり珍しい資格取得と資格マニアにスポットが当てられています。

大雑把に話が進んでいくのかと思いきや、しっかり実在する資格を話の対象としていて驚きました。資格の勉強をしたことがある人なら共感できること、例えば参考書の選び方や過去問の重要さなども細かく書かれていて、資格マニアの実態が垣間見ることができます。終盤の資格を取ることと自分を変えることの解釈も、なかなか興味深かったです。

資格取得自体は良かったのですが、物語としてはなんだか中途半端な印象を受けました。資格と恋愛、資格と精神的成長、資格とコメディー、どれか1つに絞っていれば違っていたかもしれません。資格と生き方の関係は良かったのですが、個性豊かな部員たちや表紙の神様はもう少し活躍の場があっても良かったのでは、と思います。その点が残念でした。



[ 2017/11/29 21:19 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年12月29日(木)

恋愛しませんか? 3 (完) 



著者:タチバナ ロク
発売日: 2013/10/3

評価〔B〕 このタイトルだからこその結末です。
キーワード:恋愛、オタク、現代、

「私と手を組まない?」(本文より抜粋)


ほぼ決着がついたような感じの三角関係でしたが、新しい登場人物が加わり問題が発生します。すんなり進展するか思いきや、簡単にいかないのが面白いです。

印象に残ったのが選ばれなかった者のその後です。大抵語られないかあっさり描かれますが、本書では納得のいく結末が示されていて好感が持てます。恋愛に敗れた人は軽んじられることが多い印象があるので、しっかりその心境の変化を見せてくれるのは好ましいですね。

終盤はもう少し進展するところが見たかったのですが、本シリーズのタイトルを考慮すると、この終わり方で良かったんじゃないのかなと思います。全3巻と短いですが、恋愛もののダラダラした感じはなく潔かったです。次の作品も期待できそう。



[ 2016/12/29 21:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年12月10日(土)

恋愛しませんか? 2 



著者:タチバナ ロク
発売日: 2013/3/1

評価〔B+〕 ヒロイン二人の魅力もよく出ています。
キーワード:恋愛、オタク、現代、

「たぶん・・・あの時から私は――、不破くんのことが――」(本文より抜粋)


オタク趣味の彼と彼女たちの恋愛。三角関係はどうなるのでしょうか。

ある人物の発言から三角関係に変化が起きます。恋愛ものと言えば行ったり来たりでなかなか話が進まないのが定番ですが、この漫画の人物は結構行動力があるので、じれったさやもどかしさは感じません。結果はどうあれ、見ていて気持ちいいです。

1巻ではいまいち分からなかった主人公・利斗の魅力でしたが、るりやふわりの過去編から彼の良さが伝わってきました。2人がなぜ彼に惚れたかも分かり、ぐっと盛り上がって面白かったです。

この巻で終わっても良かったかのような感じでした。最後で新しい登場人物をにおわせていたので、3巻では何か揉め事が起きそうです。


[ 2016/12/10 21:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)