FC2ブログ







2018年08月11日(土)

シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感 



著者:中野 信子
発売日: 2018/1/18

評価〔B+〕 協調性の欠点のお話。
キーワード:シャーデンフロイデ、オキシトシン、向社会性、集団、正義感、

攻撃に伴うメリットをなんとしても捻出する必要がありました。それが、社会的排除を執行する際に脳で生み出される「快楽」です。(第2章より抜粋)


題名の単語はドイツ語で、他人の失敗を喜ぶ感情という意味だそうです。誰もが持っている心の動きだけれども、恥ずかしさも覚えます。なぜこのような感情を抱くのかを、脳内物質や心理実験によって分析しています。

この心の働きにはオキシトシンなる物質が関係しているようです。幸せホルモンとも呼ばれるこの物質の働きが、人にどのような影響を与えるのか、欠点はあるのか、そしてシャーデンフロイデとはどのように繋がっていくのかを分かりやすく説明しています。また、動物実験によるとこれの分泌量が多いと、他の個体を認識できる能力が高まるとあったのが興味深いです。私は人の顔を覚えるのが大変苦手なので、分泌量がが少ないのかもしれませんね。

多くの実験や研究が挙げられていてためになります。稲作と稲作以外の地域の集団意識の違いは視点が面白いです。また、本筋から少しそれますが、数種類のジャムを選ぶ実験やある歴史の先生が試みたサード・ウェーブ実験なども良かったです。

本書では危険性と対策の難しさが指摘されていますが、協調性と寛容さのバランスが大切なのではと考えています。昨今のネットでは当事者でもないのに激しく批判する出来事をときどき目にしますので、もう少し寛容になれば息苦しさも緩和されるのではないでしょうか。承認欲求と上手く付き合っていかねば。




スポンサーサイト
[ 2018/08/11 23:52 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2015年03月31日(火)

人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学 

人はなぜ集団になると怠けるのか - 「社会的手抜き」の心理学 (中公新書)人はなぜ集団になると怠けるのか - 「社会的手抜き」の心理学 (中公新書)
著者:釘原 直樹
出版社:中央公論新社
出版日:2013/10/22

評価〔B+〕 意外と研究されているようです。
キーワード:集団、社会的手抜き、怠惰、

彼は、集団サイズが大きくなればなるほど集団全体のアウトプットと個人のアウトプットの合計の差が拡大することも明らかにしている。(第1章より抜粋)


テレビドラマや漫画で「力を合わせれば1+1が2でなく、3にも4にもなる!」なんて台詞をよく見たりします。しかし、研究によると集団で行っているぶん責任感がなくなり、むしろ2よりも小さくなってしまうそうです。各々が全力を出しているにも関わらず、です。この個人の能力の低下を社会的手抜きと呼び、様々な角度から解説しています。

綱引きをはじめとする分かりやすい例からはじまり、どのような作業の時に発生しやすいのか、個人の性格、集団のサイズ、性差、文化と実に多くの項目で研究がなされていることに驚きました。もっと簡単にまとめた本かと思っていたので。ブレーンストーミングの効果の調査や、一つの作業を複数人が確認する多重チェックの落とし穴は具体的で興味深く、いろいろと応用が利きそうです。

スポーツの手抜きとしてプロ野球の敵地での勝率の悪さ、国家の手抜きとして第二次世界大戦の真珠湾攻撃を例に挙げていますが、これらは社会的手抜きと断言できるか疑問が残ります。前者であればファンの目がなくても成績のために頑張るでしょうし、後者は手抜きというより油断なのではないでしょうか。関係なくはないけれど・・・・・・といったところです。

手抜きには罰を与える考えは一見良さそうなのですが、実は効果が期待できないそうです。集団の上に立つ人は、こういうことを頭に入れ人を動かしてほしいですね。




[ 2015/03/31 17:33 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2010年04月25日(日)

「空気」と「世間」  

「空気」と「世間」 (講談社現代新書)「空気」と「世間」 (講談社現代新書)
著者:鴻上尚史
出版:講談社
発行:2009/07/17

評価〔A-〕 心の拠りどころの変遷とでも言うのかな
キーワード:空気、世間、社会、セーフティネット

あなたが「世間」や「空気」をうっとうしいと思い、息が詰まるようだと感じ、時には、恐ろしいとさえ思うのなら、その重苦しさを取り払う方法は、ここにあります。(はじめにより抜粋)


「空気を読む」という言葉を良く耳にしますが、ではその空気とは一体何なのかを解き明かす本です。ただ単に会話術を書いたものではなく、集団における無言の圧力のようなものそれ自体の正体にせまります。空気はともかく、世間が嫌いな僕は、とても興味をひかれました。

「空気」は「世間」が流動化したものと仮説を立て、まずはかつて強大な力を持っていた世間について考えます。次に空気を、そして世間のない世界にできた社会と対比しながら分析していきます。世間の5つのルールは、言葉にできなかったもやもやを明確にし、なるほどと唸ってしまいました。

全てが著者独自の考察ではなく、阿部謹也や山本七平の研究から引用しているところが多数あります。先人の意見をふまえた上で分かりやすく持論を説明しています。セーフティネットとしての世間の崩壊から個人と社会の繋がりまで書かれているのは、とても興味深くて良かったです。それにしても世間原理主義者とはなかなかスゴイ表現です。

始めはテレビの例え話だったので、なんか嫌だなあと思いながら読み始めたのですが、読み易い文章のおかげか徐々にのめり込んでいきました。引用元の本も少し難しそうですが、後で読んでみたいです。





[ 2010/04/25 19:03 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)