FC2ブログ







2014年07月19日(土)

ハニカム 4 

ハニカム 4 (電撃コミックス)ハニカム 4 (電撃コミックス)
著者:桂 明日香
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2010/05/27

評価〔B〕 あまり大きな変化はないけれど。
キーワード:ファミレス、ラブコメ風

「お前もいい加減、鐘成に妙なスイッチ入れんのやめろよ」(本文より抜粋)


本棚を整理していたら奥のほうからハニカムを見つけ、読み返していたら続きが読みたくなってしまったので、4巻を手にとりました。いったいいつ以来なんだ?と疑問に思い、このブログを検索してみたら、前の巻(3巻)を読んだのがなんと2009年でした。え、もう5年も経ってるの? ……だいぶほったらかしにしてしまった。

バーベキューをしたり花火をしたりと、年が皆近いこともあってか仲の良い職場だよね。楽しそうです。おおむねいつもと変わらぬ日常なのですが、あの人の魔性に変化が訪れます。どのようになるのかは読んでのお楽しみということで。

梨狩りの時に、御手洗から一言言われた直後の鐘成の表情が素晴らしい。左上のコマね。ああいう間の取り方がうまいと面白いと思います。



[ 2014/07/19 16:38 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年07月12日(火)

パーツのぱ4 

パーツのぱ 4 (電撃コミックス EX 130-4)パーツのぱ 4 (電撃コミックス EX 130-4)
著者:藤堂 あきと
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2011/06/27

評価〔B-〕 新キャラ登場ですが
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「ナニよ、わかんないハード気になるじゃん!」(本文より抜粋)


パソコン専門店「こんぱそ」の日常を描いた漫画もはや4巻です。この巻から1話4ページとなりました。連載をしている週刊アスキーで4ページに増えたそうです。ちなみに、番外編ような存在の「菜瀬美の風景」は2ページのまま。

3巻からの引きであった荷物の謎、そしてこんぱそ社長の意図が明らかにされ、それとともに新キャラが2名が登場します。武度と詩緒州。しばらく彼らが中心となって話が進むのかと思っていたのですが、意外と目立ちませんでした。もう少し活躍して新鮮味があっても良かったと思うのですが……。

連載が長く続くと本来のテーマからずれてしまいがちですが、パーツショップならではの逸話も相変わらずあって良いです。新商品のマニュアルや福袋の回では、店側の駆け引きや苦労がわかって面白いです。個人的には、表紙カバーを外したところに書かれた漫画が好き。

だんだんと落ち着いてきた感じもします。4ページ化によって、刊行ペースも早くなるのかな? 早くなるのは嬉しいですが、あまり早いと違う心配が出てきます。最近の漫画はどれも高くってきているからなぁ。




[ 2011/07/12 20:19 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2010年12月05日(日)

パーツのぱ3 

パーツのぱ 3 (電撃コミックス EX 130-3)パーツのぱ 3 (電撃コミックス EX 130-3)
著者:藤堂 あきと
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2010/11/27

評価〔B+〕 パスタ事件の真相と謎の少女の正体が。
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「ここ何日かサプライ系をタタいてるんだけど、ライブスがクグってくるんだよ」(本文より抜粋)


パソコン専門店2ページ漫画の3巻です。ま、今回も番外編が幾つかあるので全話2ページではないのですが、長いといっても10ページに満たないので、あまり変わらないかな。

前巻からの引きであったパスタ事件の真相が明らかになります。テッキーこと手木崎のプラントPCでのお話。でも、引っぱった割にはなんか大事件でもなかったような……。それよりも、商品イベントで見せたゲーム中のテッキーの表情が印象的でした。また、2巻に少しだけ出ていた謎の少女・菜瀬美の正体が明らかになります。彼女の出番は多め。そして、こちらも少しだけ登場していたこんぱその社長も、表へ出始めました。

他店との競争も良いですが、やはりパーツショップならでは回のほうが面白いです。大きな商品を発送でなく持ち帰るお客さんや、ジャンク商品の裏、人柱募集中などなど。昔はアキバでCRTディスプレイを担いでいる外国人をたびたび目撃しましたが、最近はどうなんだろう。パソコンよりもメイドの街っぽくなっているようですが。

次回への引きは強いのですが、それはそれとして、こんな調子でゆるゆるとパーツ屋の日常をつづっていって欲しいです。





[ 2010/12/05 10:53 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2010年03月20日(土)

パーツのぱ2 

パーツのぱ 2 (電撃コミックス EX 130-2)パーツのぱ 2 (電撃コミックス EX 130-2)
著者:藤堂 あきと
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2010/02

評価〔B+〕 パーツ屋の悲喜交々
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「値切るのならほかで買ってよね」(本文より抜粋)


パソコン専門店のあれこれを面白く描いた連続超短編漫画です。登場人物も当初の3人に天戸と手木崎の二人を加え、お互いの個性をひきたあう良い感じとなってきました。

いつもよりページ数が多い番外編や数話続く話もいくつかあって、1巻よりも面白いと思います。基本的にパーツ屋を見せるというスタイルは変わらないんだけど、味がでてきたというか何というか。趣味がパソコンでなくても楽しめると思います。天戸のバイト加入前の話や、マケテクダサーイのお客さんの話が好きです。特に前者は共感する人も多いのでは。

今回は商売敵として手木崎の元同僚の西福田が登場します。大手のプラントPC所属。規模が大きいだけあって、こんぱそよりも良い商品を入手しやすく楽そうですが……ま、後は読んでのお楽しみです。

それにしても読んでいると新しいパーツが欲しくなる漫画です。HDDなんて1TB5980円なんて書いてあると、もう1台足そうかな~なんてね。この価格も次の巻が出る頃には下がってるんだろうな、きっと。





[ 2010/03/20 18:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2009年11月08日(日)

ハニカム3 

ハニカム 3 (電撃コミックス)ハニカム 3 (電撃コミックス)
著者:桂 明日香
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2009/10/27

評価〔B+〕 少しだけ話が進みます。
キーワード:ファミレス、ラブコメ風

トレーは美味いか?鐘成(本文より抜粋)


ワーキングでないパソコン雑誌で連載しているほうのファミレス漫画の3巻です。いつの間にやら3巻発売していました。

2巻から話の軸となっている御手洗争奪レースは、3巻でも継続中です。律子と守時の2人に絞られた感のあるレースですが、ここに来て萌が少しだけ浮上の気配。魔性の女キャラとして確固たる地位を築いた彼女ですが、御手洗の様子からすると可能性がなくなった訳ではないようで、彼の男心はそれなりに複雑です……いや、単純なのか?

この巻ではトッキーこと守時規子に、ある重要な出来事が起きます。背景設定みたいなことですけれど、あれが今後どう影響してくるのか。話が進んだかのようにみえるのは、王里と舞の2人ぐらいでしょうか。あれはあれで進んだのかどうか恋愛に疎い僕では判断つきませんが、後退はしていない、はず。

今まであまり気にしていなかった、各回の題名が良い味出していると気がつきました。萌の魔性っぷりが光る「この手の腐女子は実在します」が面白くも怖いです。身近にいたら色々と大変だ。




[ 2009/11/08 19:24 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)