FC2ブログ







2019年09月27日(金)

なぜ「それ」が買われるのか? 



著者:博報堂買物研究所
発売日: 2018/12/13

評価〔B〕 個人的に調べ物はあまり苦になりません。
キーワード:買物、商品、SNS、情報、

もはやモノの選択肢が多いということそのものが買物のストレスになっているのだ。(序章より抜粋)


欲しいモノの商品数や情報が多くなりすぎたために、企業が良いものを作っても消費者の要望に応えても買ってもらえない状況で、いかに消費者に選んでもらうかを考えた本です。目線は消費者で、そこから企画・販売へどうつなげるのかを論じています。

誰かやAIにあらかじめ商品を絞ってもらう「枠内の攻略」や、枠づくりの「これでいい/これがいい/これしかない」は分かりやすいです。ある程度譲れない条件があれば絞りやすいですが、こだわりがない場合はそれを考えるのすら手間です。私もネットで「今年のおすすめベスト10」みたいなものを参考にすることがあるので共感できました。しかし、消費者の立場からすれば詳しい友人・知人に選んでもらうのと同じであまり新鮮味は感じませんでした。

印象に残ったのは参加型の「これしかない」です。売る側からの提案のみでなく、SNSとの相性の良い参加型の売り方・イベントならば現代の消費者の心がつかめそうです。楽しそうですしね。

一つ疑問だったのは、皆が皆枠組みを作り同じような枠が数多くできてしまったら、再び情報過多になってしまうのではないでしょうか。枠を選ぶことも誰かに頼らなければならなくなるのでしょうか。また、AIにおすすめしてもらうのもよいですが、新たな出会いや発見はあまり期待できなさそうです。

分析編であった「関心高いがお任せ」の分野で、外国での事例のように日本でも新たな企業が生まれ躍進するかもしれません。なんにせよ何か買うなら満足のいく買物にしたいです。


スポンサーサイト



[ 2019/09/27 21:52 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年01月16日(金)

なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学 (ハヤカワ新書juice) 

なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学 (ハヤカワ新書juice)なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学 (ハヤカワ新書juice)
著者:パコ アンダーヒル
出版社:早川書房
出版日:2009/09

評価〔A〕 現場に行こう。
キーワード:買い物、消費者、現場、ショッピングモール、

このような経営評価の手法は、ビジネススクールでは教えてくれない。利潤差額や投資収益や通貨供給量などとは無関係だからだ。店の四方の壁のなかで何が起こっているかがすべてなのだ。(第2章より抜粋)


ショッピングの科学では、商品を買うことのみならず、お客さんが店に入ってから出るまで何をしたのかを全て調べて分析します。全てです。買う買わないはもちろん、値札を見たかどうか、試着したかどうか、誰と来たか、果てはどのくらい滞在したかなど全て記録するというのですから凄いですよね。そんなショッピングの科学の第一人者である著者が、買い物についてあれこれ語った世界的ベストセラーです。

現場で知り得た多くの情報が書かれています。消費者としては当たり前に感じることも、売り手としてはきちんと観察しないと気づかないことも多いのです。例えば、トイレが汚いからあの店に行かない、欲しいものが棚の一番下にあって取りづらいから買わないなど、実際に客として入ると分かることが、店側の人間には意外と気がつかないものです。ちなみに後者の「物がとりづらい」は年配の方の意見です。とにかく観察経験が豊富なので、非常に説得力があり肯けるものが多いです。

印象に残ったのは、お客は店に入る時は入ることしか考えていないので、掲示板や壁紙はほとんど見ていないこと、です。なるほど、確かにそうかもしれないと納得してしまいました。また、商品自身の魅力ではなく、隣に何を置くかで売れ行きが違ってくるマーチャンダイジングの手法も興味深かったです。買い物の主役である女性のみならず、男性、子供、老人にも注目しているのも良いですね。この章の最後、清涼飲料メーカーの例もなかなか面白かったです。

アメリカの小売業を中心に語られていますが、著者の会社は世界展開していて、様々な国々のショッピングや商品、サービスについても紹介しています。アメリカ人なのにアメリカのショッピングがナンバー1と言わないのは、実地調査の経験の豊富さからなのだと感じました。

興味深い内容なのは良いのですが、とにかく本が厚いです。450ページを超えます。なかなか読み終わらないなぁと、途中で何度もページ数を確認してしまいました。2冊にうまく分けることはできなかったのでしょうか。そうすれば、より効率良く(もしくは楽に)読むことができたと思うのですが。個人的な回想やインターネットに対する批評など、本筋から外れたような話もありましたが、内容の濃い有益な本でした。




[ 2015/01/16 20:25 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)