2017年07月16日(日)

語彙力を鍛える 



著者:石黒 圭
発売日: 2016/5/19

評価〔B+〕 言葉に品や知性がでるよね。
キーワード:語彙力、書き言葉、話し言葉、類義語、敬語、

「最も最強」のように、漢字が重なる重言はすぐに気づくのですが、漢字が重ならない重言は気づきにくいので、注意が必要です。(本文より抜粋)


当ブログを書きはじめてかなりの月日が経ちますが、未だに辞書サイトを違うタブで開きつつ書いています。少し自信のない単語は調べてから書くので、この感想文を書くのにかかる時間は、あまり短くないほうだと思います。時間のかかっていないような感想ばかり書いていますが。何度も同じような感想を書いていると、国語力、特に語彙力は重要だと痛感します。稚拙なまたは何度も使っている言葉ばかりになってしまいますし、細かいニュアンスが表現できていないと思うことが多いです。そんなわけで、本書です。

前半は言葉の数を増やす方法、後半は使う言葉の質、表現力を豊かにする方法を解説しています。どちらかと言うと、前半に興味を持って読み始めたのですが、印象に残ったのは後半のほうです。適切な時に適切な単語や表現を使うのは、なかなか難しいことです。とっさに正確に、かつふさわしい表現で意思を伝えるのは技術が要ると思います。後になって考えてみたら、なんか言い方がしっくりこなかったことは度々あります。

具体例として挙げている、幼い子供や留学生の言い間違いは、どこが間違っているのか分かりやすくて良いです。母語だから感じ取れる違和感なのですが、語彙力は適切な表現を使うことで、豊かになるものだと理解できました。それ相応の連語(語の組み合わせ)を使うと効果的なので、良い表現を見聞きしたら覚えておこうと思います。

少し驚いたのは「まず最初に」の説明で、これが重言で間違っているとは気がつきませんでした。「事前予約」も自分では使いませんがよく聞く単語です。でも、これも間違い。指摘してくれる人がいないと、間違って覚えてしまう可能性があります。また、2章の『文字種を考える』では、続柄の読みは「つづきがら」、貼付は「ちょうふ」とあり、いつも迷うので今回再確認できてよかったです。あまり馴染みがない言葉なので、覚えてもすぐ忘れてしまいます。Amazonの書評で、続柄を間違えて覚えていたと書かれていた人がいて、なんか親近感がわきました。

最後に紹介された兄弟子と弟弟子の逸話のように、大切な場面で真に力のある言葉が出てくるように、言葉には気をつけようと再認識しました。


スポンサーサイト
[ 2017/07/16 23:14 ] 言語 | TB(0) | CM(0)