2018年02月04日(日)

Q.E.D.証明終了 50 〔完〕 



著者:加藤 元浩
発売日: 2015/2/17

評価〔B+〕 ひとまず終了で、まだまだ続きます。
キーワード:推理、謎解き

「ソウ、私が困ったときはまた助けてね」(本文より抜粋)


ついに50巻、最終巻です。本書も49巻と同様、2話描き下ろしです。

「観測」は燈馬が大学の友人を助ける話で、宇宙物理学の暗黒物質がテーマとなっています。この暗黒物質と問題となった事件をうまく繋なげているのが巧みです。LHC内部の消えた犯人のトリックは、答えを聞けば簡単ですが感心してしまいました。また、真犯人の動機が印象に残ります。ただの推理もので終わらないのが良いですね。最終巻で最先端の科学がテーマとなった話が収録されているのはよかったです。

「脱出」は、過去の事件になぞらえた脱出ゲームが登場します。この脱出ゲームというイベントは、内容は違うと思いますが最近実際に開催されているようで楽しそうです。機会があったら参加してみたい。本シリーズの最後の問題が密室なのは、著者は密室が推理ものの基本と考えているのかな?

初期に比べて推理の部分が弱まり、物語性が少し強くなっていた気がします。そのせいかどうかは分かりませんが、Q.E.Dもひとまずこれで終了し、『Q.E.D iff』と題名を改め新章に突入します。突入して既に始まっています。同じくらいの面白さを期待しています。



スポンサーサイト
[ 2018/02/04 18:17 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年02月04日(日)

日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら薫る折々の酒 



著者:つるみ犬丸
発売日: 2016/4/23

評価〔B+〕 ためしに飲んでみたくなりました。
キーワード:日本酒バー、唎酒師(ききさけし)、

「日本酒に詳しい人と一緒に、ずっとやりたいことがあったの!」(一章より抜粋)


最近漫画ではグルメものが流行っていますけど、本書は小説で、しかも扱うものは日本酒です。珍しいと思います。

家出した酒蔵の息子・北条冴蔵(さくら)は食べるものも住むところもない中、四季という店・赤橋楓の主人に助けれます。彼女は冴蔵の知識と能力を知り、彼女の夢を実現させるため動き出します。

本書の特徴は、なんと言っても実在する日本酒が登場する点です。私が知らないものが多かったのですが、飲んだことのあるお酒も出てきて嬉しいというか共感しました。日本酒版ソムリエである唎酒師の資格を持つ冴蔵(さくら)が、お客の境遇や気持ちに合ったお酒を提供するのが見所です。どの人の人生も異なるように、どの銘柄にも異なる物語があるのだなと知らさせます。

予想外の事件や奇想天外な人は出てきません。もう少し刺激的でも良かったかなとも思いますが、グルメものはこうした落ち着いた雰囲気のほうが似合っているのかもしれませんね。



[ 2018/02/04 18:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年01月27日(土)

Q.E.D.証明終了 49 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/10/17

評価〔B〕 自分の推理が当たって嬉しい。
キーワード:推理、謎解き

「弾は正面の路地からだ!!」(本文より抜粋)


今回もいつもどおり2話構成ですが、どちらも描き下ろしです。

「無関係な事件」は、香港の暴力団の抗争に就職活動中の若者が巻き込まれて・・・・・・といったお話です。1話では終わらなさそうな内容をすっきりまとめて、渦中の人物にも言動に応じた結末が用意されているのが良かったです。

久しぶりにきちんと推理しようとして読みました。意外にも大筋は当たっていました。この推理は無理があるかなーと思っていたのですが、あれで正解だったのか。肝心のトリックを当てられたので、嬉しいし満足しています。

「ラブストーリー」は、かつて映画研究会で映画を撮影した老人が未完の作品を完成させようとします。なかなか決まらない映画のラストが謎となっているのですが、燈馬でさえあっさり解決とはいきません。この話、もちろん真相までたどり着くのですが、どうもしっくりこないんですよね。推理も監督の心情もわかるだけに、なんとも言えない気持ち。



ネタばれ話を少々↓
[ 2018/01/27 11:22 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年01月27日(土)

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 



著者:藤田孝典
発売日: 2015/6/12

評価〔B-〕 健康が一番の財産なのかも。
キーワード:貧困、老後、介護、家族、

下流老人とは、言いかえれば「あらゆるセーフティネットを失った状態」と言える。(第一章より抜粋)


貧困はメディアで何度も取り上げられているテーマですが、高齢者の貧困に絞って分析・解説した書籍です。著者はNPO法人理事兼研修者で、現場にもデータにも精通している方です。現在30代と若くて意外でした。

少し前に、老後を安心して暮らすにはこれだけ必要です!とテレビでも紹介しているのを見かけて、それなら大部分の人が下流老人になりそうと思っていたのですが、本書を読むと予想ではなく現実のものとなりそうだと実感しました。膨大な貯蓄や頼れる支援者がいる人は少数派で、今後も増えていくようです。

社会保障が申請制度を採用していて、告知が十分でないのも問題だと述べています。確かに役所の制度やイベントは探そうと思わないと見つけられないことのほうが多い気がします。また、自己責任論の章で責任と権利は別のものであるという説明をして、問題に対する理解が深まりました。どちらも勉強になります。

子や孫には頼れそうにない時代、生活保護は恥ではなく権利だと主張しています。少なくなったとはいえ、生活保護をもらうをためらう人がいて、もらうべき人がもらっていないのは問題です。さらに問題解決のためには社会保障の充実だと説いています。始めは国頼みなのかと少々がっかりしたのですが、読み進めていくうちに、問題が大きすぎるので社会の仕組みから変えていくしかないのかもと思うようになりました。ただ、もう少し希望の持てる対策があったらなあとも思ってしまいます。

問題を再確認できた一冊でした。



[ 2018/01/27 11:19 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2018年01月19日(金)

おとなのほうかご 2 



著者:イチヒ
発売日: 2017/7/22

評価〔B+〕 何度見ても園田さんで笑ってしまう。
キーワード:超短編、ギャグ、オムニバス、恋愛、

「これから昼食なんですが、その写真を気まぐれに撮っていました」(本文より抜粋)


様々な立場や状況の男女を面白く描いた、超短編ギャグ漫画の2巻です。

1巻と同じような感じでクスッと笑ってしまう内容です。違うのは1巻と比べて少しだけ時間が流れていることです。こういう漫画って時間が止まったかのような世界であることが多いので新鮮でした。

登場人物相関図が載っていますが、この漫画の名前に対するいい加減さがよく分かります。未だにフルネームが分かる人が一人もいない・・・・・・まあ面白いから良いのですが、ちょっとだけ不憫。

巻末のおまけは普段は接点のない人物たちが遭遇していた4コマ漫画で、こうした意外な組み合わせは目新しくて好きです。




[ 2018/01/19 22:24 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)