2017年09月07日(木)

老人喰い 高齢者を狙う詐欺の正体 



著者:鈴木 大介
発売日: 2015/2/6

評価〔B+〕 防犯対策の本ではありません。
評価〔A-〕 
キーワード:振込め詐欺、世代格差、

詐欺の現場プレイヤーのモチベーションは、異様なほど高い。これは取材を重ねるほど痛感したことだった。(第3章より抜粋)


噂で聞いたかテレビで報道していたか忘れましたけど、振り込め詐欺にはタイムカードがあると知った時は、行き当たりばったりでなく組織化されているのだなと驚きました。すぐになくなってしまうかと思っていたら、かなり長い期間流行している振り込め詐欺ですが、一体どのような人物が何を考えながら犯罪を犯しているのでしょうか。取材によって見えてきた詐欺の実態を明らかにします。

現場の雰囲気や行動を小説形式で書かれているので、臨場感があって分かりやすいです。著者もほぼノンフィクションと考えていいと断言していますので、あの物語のような集団がたくさん存在するのでしょう。予想よりも暴力の世界ではなく、連帯意識の強いブラック企業のようだと感じました。行っていることが犯罪なので読んでいて気分は良くないですが、知らない世界を見るという意味では興味深い内容です。中でも、非行少年ではなく、ごく普通の若者を詐欺集団の一員に育て上げる過程が、新興宗教の勧誘と似ているのは凄かったです。本当によくここまで取材したなあ。

著者は世代格差が原因で、貧しい若者が豊かな老人を食いものにしていて、人材と才能の浪費だと主張しています。確かに世代格差は存在して、下の世代ほど大変です。しかし、取材対象にやや肩入れしているのが気になりました。彼らの活動が違法なだけに。もし著者が言うように、彼らがやる気が旺盛で仲間思いの豪胆なら、体育会気質の会社はたくさんあるのでそこで働けば十分やっていけそう、というのは甘い考えなのでしょうか。それとも、ブラック企業は詐欺集団よりも酷いのでしょうか。そうだとしたら、それはそれで大問題です。

振込め詐欺の裏事情を知ることができる、ためになるノンフィクションでした。




スポンサーサイト
[ 2017/09/07 21:50 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2017年09月07日(木)

さ迷える心臓 二宮ひかる作品集2 



著者:二宮 ひかる
発売日: 2014/11/28

評価〔B〕 女性がたくましい。
キーワード:短編集、恋愛

・・・・・・下品な親だ。(「花火の恋」より抜粋)


著者の「アイであそぶ」に続く、恋愛もの短編集の2冊目です。

相変わらず女性たちが生き生きしていて、男性たちの印象は薄いです。日常や恋愛の一部を切り取ったものばかりですが、今回は別れに関する話が多かったと思います。しかし、ジメジメした話にはならず、読後感も悪くありません。全部で16本も収録されているので、これだけあれば読者は自分の好みに合うものがありそうですね。私は「花火の恋」「眉間と谷間」が好み。

短いものは5ページに満たないほんの一シーンを描写しただけなので、物足りなさを感じたものがありました。表題作なんて短編の中でいくつも話があるから、本当に短いです。もう少し長ければいいのになあ。・・・・・・もしかしたら感受性が鈍くなってきているのかも。



[ 2017/09/07 21:45 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月02日(土)

ラットマン (光文社文庫) 



著者:道尾 秀介
発売日: 2010/7/8

評価〔B+〕 題名がヒントです。
キーワード:推理、文庫化、

同じことをやれ。同じことを。(P130本文より抜粋)


人が何かを見るとき、直前に見ていたものが判断や理解に影響する現象を、分かりやすく体験できるのがラットマンの絵です。この先入観のようなものが、本書では重要な意味を持ちます。

事件はあるライブハウス。趣味でバンドを組んでいる主人公・姫川の恋愛と、彼の過去の不幸な出来事の2つを軸に、物語は進んでいきます。やや暗く重い雰囲気で進み、事件がなかなか起きないので推理小説ではなく青春小説っぽいですが、事件後はテンポよく進むのでご安心を。

早い段階で真相が分かってしまったと思いながら読んでいたら、案の定と言いますかやっぱり間違っていました。文脈効果というヒントをもらいながら深く考えていなかったので、うまくミスリードに引っかかってしまいました。いや、しかし、終盤までそう思い込ませるとは巧いです。

話の筋自体は好みではなかったのですが、伏線も上手でしたし、なにより予想していたより読後感が悪くなかったのが良かったです。



[ 2017/09/02 19:06 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年09月02日(土)

世界八番目の不思議 2 



著者:宇島葉
発売日: 2016/7/15

評価〔B-〕 少し慣れてしまったかな。
キーワード:短編集、オカルト、SF

「どうしたらも何も、超ヒトじゃん」(本文より抜粋)


珍しい2話連作短編集の2巻です。

今回もジャンルはバラバラですが、オカルトものが多めです。神さまも妖怪?も人間とほとんど変わらない存在として描かれているので、明らかに非日常のことなのに日常っぽくて味があります。なんか生活感があると言いますか何と言うか。

帆立の人もユニットバスのやつも面白いですが、人ならざる者の話ばかりだと新鮮味に欠けます。今回SFっぽいのありましたっけ? 個人的にはオカルトではない現代ものや、SFをもう少し入れて欲しかったです。

1巻で登場したキャラが、ちょっとした役として出ているのもなかなかいいです。あみたそは目立っていますけど。次で完結ですが、この独特の雰囲気を壊さず、コミカルなまま終わって欲しいです。



[ 2017/09/02 19:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年08月29日(火)

ヘンな論文 【電子特別版】 



著者:サンキュータツオ
発売日: 2015/3/25

評価〔B+〕 世の中ひろい。
キーワード:論文、研究、

だって湯たんぽの研究をして、湯たんぽの全貌がつかめたとして、だから何だというのだろう。(十三本目より抜粋)


お笑い芸人兼研究者という珍しい人生を歩む著者の趣味は、変な論文の収集です。変な研究と聞くと真っ先に思い出すのがイグノーベル賞ですが、それに勝るとも劣らぬ独創的な論文が紹介されています。

世間話やあくびの研究あたりは、何に役に立ちそうか分かりそうですが、中には一見真意が読めない論文があって興味深いです。一見謎な論文も、著者がその本質を分かりやすく説明してくれるので心配ありません。学者ですが一般人の目線で説明するのが上手いです。論文説明の合間にあるコラムは分かりやすくてためになりました。4つの分類は理解の助けになります。また、どの論文も著者の情熱が伝わってきます。好きなことを好きなだけ取り組めるのは幸せだなと改めて思いました。

数多く紹介するためか、1本に割ける分量が少なくなってしまったのが残念です。要点は知ることができますが、もっと無駄な、いや研究の細かいところも読みたかったです。あっさり説明されている研究も、あの意気込みならば、元の論文ではもっと情報がつまっているはずですから。

終盤の論文の無断引用、無断転載の問題も、もっと知られて欲しいですね。まだそういうことをする人がいるとは、なんとも悲しい限りです。

電子特別版には、巻末に紹介した論文の著者たちに会いに行った記録「先生訪問記」が収録されています。電子版のほうがお得です。



[ 2017/08/29 22:45 ] 実用 | TB(0) | CM(0)