2017年04月25日(火)

盤上の詰みと罰 2 (完) 



著者:松本渚
発売日: 2015/11/12

評価〔B〕 記憶障害の真相とは。
キーワード:将棋、記憶、

「また私と対局してくれますか?」(本文より抜粋)


記憶障害の原因となった対局相手を探すため、都は旅を続けます。

劇中で某が、将棋の一手には感情や人生観が込められていると言っています。実際将棋を指していると、確かに相手の意図や気性が出ているなと感じることがあります。それが本書のテーマなのだと強く感じました。

都が追い求めていた相手はいったいどのような人物だったのか。ぼんやり予想していた人物像とは大きくかけ離れていましたけど、この漫画らしい、彼女らしい結末だったと思います。

もうちょっと将棋旅を続けて欲しかったかなとも思いますが、だらだら引き伸ばさずスパッと終わるのも潔くて良かったです。



スポンサーサイト
[ 2017/04/25 21:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年04月12日(水)

盤上の詰みと罰 1 



著者:松本渚
発売日: 2014/11/10

評価〔B+〕 主人公は起きている間、将棋しかしてなさそう。
キーワード:将棋、記憶、

「私はもう一度、あの人と対局したいんです」(本文より抜粋)


霧島都は元プロ棋士で、全国将棋一人旅をしています。理由は、記憶障害の原因となった対局の相手を探し出すため。彼女は相手を見つけ出すことができるのか、なぜ記憶を失ってしまったのかを求める将棋の旅です。

将棋の魅力にとりつかれ、何よりも将棋が好きな彼女の生き様が実に楽しそうです。いや、記憶が1ヵ月ごとにリセットされてしまうのですから、本人にしてみたら苦しいのかもしれませんが、将棋を指している姿は生き生きとしていて目を引きます。旅先で出会う人々も将棋にいろいろな想いを持っていて、都との違いが面白いです。勝負どころは迫力があり、きっと将棋のルールを知らない人でも楽しめるかと思います。

クライマックスの対局ですが、最後にプロ棋士の解説つきで棋譜が載っています。見ただけではよく分からなかったので、実際駒を並べて見たのですが、どちらも攻め将棋で迫力がありました。96手目と97手目なんて私には高度過ぎて指せません。こういう手はプロが監修しているだけあってさすがです。

次で完結ですが、一体どのような相手とどのような将棋で終わるのか。期待しています。



[ 2017/04/12 21:09 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年03月29日(水)

死人の声をきくがよい 9 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/2/20

評価〔B+〕 ゴーストはやっぱり個性的で面白いです。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

『岸田さま、お久しぶりです』(本文より抜粋)


相変わらずの怪奇事件が目白押しです。質は下がっていないのですが、9巻にもなると多かれ少なかれ慣れてしまい、読み始めた当初のように楽しめないのが残念です。

しかし、ゴーストが登場する連作は面白かったです。ゴーストの個性の強さも面白さの一つですが、裏表紙に完結!?と書かれていてどうなるか分からなかったのも、いつもと違って緊張感がありました。クライマックスで岸田が目を覚ました時に言った、ゴーストの台詞が意外で、でもゴーストらしくて良かったです。

今後、話を進めて完結に向かうかどうかは分かりませんが、次も今回のゴースト編くらい面白いと良いなあ。



[ 2017/03/29 22:00 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年03月22日(水)

タイムマシン (光文社古典新訳文庫) 



著者:ウェルズ (著), 池 央耿 (翻訳)
発売日: 2012/4/12

評価〔B〕 意外と古さは感じませんでした。
キーワード:SF、イギリス文学、

「大方は絵空事に聞こえるだろう。それはそれで、やむを得まい。が、どう取られようと、私の話は何から何まで本当だ」(本文より抜粋)


とある会合で発明したタイムマシンを披露したタイム・トラヴェラーは、翌週の会合で痛々しい格好で現れます。そして、自分が体験してきた時間旅行について主人公たちに語り始めます。物語は大部分がタイム・トラヴェラーの語りで進みます。回想なので臨場感に欠けますが、物事を整理して語られているので読みにくいということはありません。

昔の人の予想する未来だから、現代と比較して未来像が当たったり外れてたりするのだろうなと予想していましたけど、それは大きく外れました。タイム・トラヴェラーが行ったところと現代の違いは、日本と外国ぐらいだと思っていたら、まるで別の星ではないかと思うくらいかけ離れていました。ある程度は当時のイギリス社会を反映しているのでしょうが、それを抜きにしても興味深いです。映像化したら衝撃的で面白いかもと考えながら読んでいたら、解説で既に映画化されていることを知りました。やっぱり他の人もそう思うよね。

本編の後に、著者の補遺、評論家の解説、著者の短い伝記、日本人研究家の解説、そして訳者あとがきが収録されいます。本書の3割を占めていて、本編をより深く理解したい人には良い読み物です。私は本編にだけ興味があったので、これらはさらっと読んでしまいましたけど。



[ 2017/03/22 21:45 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年03月22日(水)

Q.E.D.証明終了 43 



著者:加藤 元浩
発売日: 2012/10/17

評価〔B+〕 騙しあいは面白いです。
キーワード:推理、謎解き

「取引を成功させたきゃ相手のことを徹底的に調べるんだ・・・セールスの基本さ」(本文より抜粋)


ある殺人事件のアリバイ崩しを考える「検証」と、投資をめぐって有能セールスマンと対決する「ジンジャーのセールス」が収録されています。

「検証」は、推理物らしく殺人事件の謎を解くのですが、真相があっさりし過ぎてあまり面白くなかったです。燈馬が示した証拠も、犯人を断定するには少々弱いような気がしますし。

一方、「ジンジャーのセールス」は騙しあい、コンゲームのようで面白かったです。誰が誰を騙せるのか。敵に回ってみると分かる燈馬の恐ろしさ。(笑) 私の予想は外れましたが、結末はこの漫画らしくて好きです。



[ 2017/03/22 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)